プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈blogram〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

里親募集記事へのリンク

『危険な防砂林から仔猫たちを救って!』
拡散記事を掲載してくださる場合は、上記の専用ページにリンクを張ってください。
数種類の専用バナーを同じページに公開しています。
どうかよろしくお願いいたします。

防砂林の奥で (前編)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



交通量が多くこれまでにも幾多の野良猫の命をうばってきた海岸沿いを走る国道。

その剣呑な国道わきの歩道に横たわる猫がいた。

以前『死線上の猫』のタイトルで紹介した人なつこいキジ白だ。


scenery181002_01.jpg

scenery181002_03.jpg

その後ながらく姿を見なかったが、歩道を通っているときなどに防砂林のなかにひとりでたたずんでいる彼女の姿をときおり目撃することがあった。

そこで‥‥。


scenery181002_04.jpg

scenery181002_05b.jpg

普段は入らないその防砂林のなかへ私は足を踏みいれた。


181002_01.jpg

キジ白がカリカリに興味を示さなかったので、試しにたまたま持参していた猫用の煮干しを与えてみた。


181002_02.jpg

181002_03.jpg

するとどうだろう、彼女の嗜好に合ったのかむさぼるように食べはじめた。


181002_04.jpg

181002_05.jpg

やがてキジ白はトレイから離れると満足そうに舌なめずりをした。


181002_054.jpg

181002_055.jpg

見ると10尾ほどあった煮干しはトレイの外にこぼれた1尾を残してきれいになくなっている。


181002_008.jpg

181002_009.jpg

キジ白はそれから私の足元をすり抜け、そばにあった松の木に跳び乗るといきなり爪を研ぎはじめた。


181002_010.jpg

181002_011.jpg

松の木は猫の爪研ぎにうってつけの形状をしていて、おそらくキジ白はいつもこうしているのだろう、一心に爪を研ぎつづけている。


181002_012.jpg

181002_013.jpg

そんなキジ白が急に動きを止め、樹上に目をやる。


181002_014.jpg

そしてゆっくり松の木を登りはじめた。

「ここままこの木を登るつもりなのか?」そこで私はその動きに即応できるようにみがまえた。


181002_015.jpg

181002_016.jpg

しかしキジ白は私の予想に反して木に登るのをやめてしまった。


181002_017.jpg

そしてそのまま幹の上で器用に身体を反転させるキジ白。

「気が変わって今度は木から降りるつもりなのか‥‥」


181002_019.jpg

だが今回も私の予測をキジ白はみごとに裏切り、ふたたび爪を研ぎだした。


181002_020.jpg

181002_018.jpg

見ているとキジ白は目をほそめ楽しそうに爪を研いでいる。

そのようすは無邪気に嬉戯するニンゲンの子どもを彷彿とさせる。


181002_021.jpg

181002_022.jpg

ひとしきり爪研ぎをして気分が落ちついたのか、キジ白は松の幹に腰を下ろし、開けた防砂林の中心部を眺めはじめた。


181002_023.jpg

181002_024.jpg

しばらくそうしていたキジ白だったが、何かを察知したようにふいに視線を移した。


181002_025.jpg

さっきまで辺りを眺めていたときとはちがって、対象物を仔細に観察するような目つきだ。

私はキジ白の視線をたどり背後をふり返った。

すると‥‥。


181002_026.jpg

181002_027.jpg

灌木の茂みのなかからひとりの黒シロ猫が姿をあらわし、カリカリが入ったトレイに近づいてきた。


181002_028.jpg

181002_029.jpg

黒シロは一歩一歩確かめるように慎重に足を運ぶ。

警戒しているのだろうが、なぜか目の前にいる私には一顧の注意もはらわない。


181002_030.jpg

181002_031.jpg

この黒シロに会うのはこれで2度目になる。

国道わきの歩道でキジ白に遭遇したさいに、防砂林のなかから盛んに鳴き声をあげていたのがこの黒シロだった。


181002_039.jpg

181002_040.jpg

「それにしても‥‥」と私は思った。

このエリアに暮らしているのはキジ白と黒シロのふたりだけ、なのに黒シロの動きに注意をはらっているようなキジ白の態度は何を物語っているのだろう


181002_032.jpg

181002_033.jpg

黒シロはカリカリを目の前にしてはじめて私の顔を見た。

だがその双眸からは警戒感や緊張感があまり感じられない。


181002_034.jpg

181002_035.jpg

181002_036.jpg

やがて黒シロはトレイにあるカリカリを口に運びはじめた。毒味でもするように一粒一粒ゆっくりと。


181002_037.jpg

181002_038.jpg

食事を中断しふたたび私の動向をさぐるように視線を投げかける黒シロ。

私との距離は4メートルほどだが、やはりその瞳には野良猫にありがちなニンゲンに対する拒絶感がうすいように思える。


181002_041.jpg

181002_042.jpg

カリカリが残り少なくなったころ、私は回りこみながら黒シロとの距離を縮めていった。

それでも黒シロは慌てて逃げたり、歯をむいて威嚇したりせず、その場にとどまったまま比較的穏やかな眼で私をみつめかえしてくる。


181002_051.jpg

181002_052.jpg

キジ白はさっきからずっと身じろぎしないで黒シロを凝視しつづけている。


181002_043.jpg

181002_044.jpg

181002_045.jpg

やがてトレイのカリカリをほぼ完食した黒シロは身体をひるがえした。


181002_046.jpg

181002_047.jpg

181002_048.jpg

警戒心がうすいながらもやはり私の動静が気になるのだろう、黒シロの眼は前方に向けられているが、耳はこちらに向けられている。


181002_049.jpg

181002_050b.jpg

カメラを構えて自分のあとをつけてくる私を胡乱なニンゲンと感じはじめたのか、黒シロはさっきよりは明らかに鋭い視線を私に投げかけてきた。


181002_053.jpg

キジ白と黒シロの世話をしている人が置いてあると思われる陶製の食器、そのなかに入った水を飲みながらも黒シロは私から眼を離さない。


181002_058.jpg

そしてキジ白はそんな黒シロから眼を離さない。


181002_059.jpg

181002_060.jpg

水を飲みおえた黒シロは踏み分け道を防砂林の奥へと進み、そのまま灌木のなかへ入っていく。

私は警戒心を強めた黒シロを追わず、その場にとどまることにした。


181002_061.jpg

181002_062.jpg

よほど黒シロの存在が気になるのだろう、キジ白も私と同じように黒シロのうしろ姿を見送っている。


181002_063.jpg

181002_064.jpg

同じエリアに暮らしているキジ白と黒シロ、そもそもこのふたりはどんな関係にあるのだろう?

きょうだい、親子などの血縁関係にある眷属なのか、それともたまたま同じ時期にここに住みついた、ただそれだけの間柄なのだろうか?


181002_065.jpg

海岸で暮らすようになったいきさつもそうだが、このふたりの出自や生い立ちについて私は何も知らない。

海岸猫に関わっている人たちに訊いても皆一様に首をかしげるばかりだ。

私が初めてふたりに会った去年の夏には両者ともすでに成猫だったので、ここで生まれた生粋の海岸猫ではないと思われる。

わかっていることといえば、キジ白が女子で黒シロが男子であること、そして特定の女性の世話を受けていることくらいだ。



〈つづく〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です
◆非公開コメントも可能です
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください




スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~