プロフィール

wabi

Author:wabi


2008年にうつ病と診断される。
治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈webはくしゅ〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない







東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

里親募集記事へのリンク

『危険な防砂林から仔猫たちを救って!』
拡散記事を掲載してくださる場合は、上記の専用ページにリンクを張ってください。
数種類の専用バナーを同じページに公開しています。
どうかよろしくお願いいたします。

幸せのかたち (中編)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村




20190315_022.jpg

神奈川県清川村にある犬猫の保護シェルター『清川しっぽ村』。

私がこの清川しっぽ村を訪れてまで会いたかった猫、それは海岸猫のリンだ。


20190315_020.jpg

20190315_021.jpg

私がケージの扉を開けて近づくと、リンはおもむろに顔を上げた。

リンの視線は私の背後にいるスタッフに注がれている。


20190315_023.jpg

目の前にいる私より事務所のなかを動き回っているスタッフのほうが気になるようだ。

リンがこの施設に収容されてから20日ほど経っていると聞いているが、まだスタッフに馴れていないのだろうか。


20190315_024.jpg

リンは2010年4月に海岸に住むホームレスのテント小屋で生まれ、その後2年間は海岸猫ではめずらしい “完全室内飼い” の状態にあった。

そしてそのホームレスの人が海岸を去る際にほかの眷属ともどもテントの外へ放たれた。


20190315_025.jpg

20190315_026.jpg

その後リンは己が生きていくため、そして子供を育てるための最適な環境を求めて防砂林のなかを転々と移動することになる。

リンはここに連れてこられる直前まで2015年の春に生まれた娘のサキと防砂林で仲睦まじく暮らしていた。


20190315_027.jpg

20190315_028.jpg

そんなリンがなぜ保護シェルターであるこの施設に収容されることになったのか。

そして娘のサキはどうなったのか‥‥。


20190315_029.jpg

「リン、つらい目に遭ったね」と私はリンに話しかけた。


20190315_030.jpg

このときようやく私だと気づいたのか、リンは私の手に頭をすりつけてきた。


20190315_031.jpg

さらに私の指に噛みついた。

が、もちろん本気ではなくいわゆる “甘噛み” という親愛表現の一種である。


20190315_032.jpg

これら一連の行為は私が海岸にリンを訪ねたときにやってくれたものだ。

環境や境遇が変わってもリンは私のことを忘れていなかった。

私の胸のうちに熱いものがこみ上げてくる。


20190315_040.jpg

20190315_041.jpg

20190315_042.jpg

こうして保護シェルターに収容されたリンは、生まれ育った海岸へ戻ることは二度とない。

悠然と毛づくろいをしているリンを見ながら私はふと思った。「リンはそのことを理解しているのだろうか?」

そして海岸へ帰れないと悟ったときにリンはどう思うのだろう?


20190315_036.jpg

20190315_037.jpg

だが彼女が今の状況をどう認識しているのか、スタッフを見つめるリンの表情からはうかがい知ることができない。


20190315_034.jpg

20190315_039.jpg

我々ニンゲンは、外敵や危険の多い海岸よりもこの保護シェルターで生きるほうが猫にとっては幸せだ、と考える。


20190315_035.jpg

たとえ生まれ育った外の世界に比べて狭いところであっても、毎日食事を与えてくれるし暑さや寒さに苦しむこともなく安全に終生暮らせるんだから‥‥。


20190315_043.jpg

この日は偶然にもリンの世話をしていたボランティアの人たちが施設に収容されたリンの様子を見るために清川しっぽ村を訪れていた。

向かって右側のふたりの女性が大塚さん姉妹、奥にいるキャップを被った男性が当ブログに何度も登場している宮本さんだ。(共に仮名)

そして、手前のオレンジ色のジャケットの女性は県内に住む私の知り合いで、ボランティアの人たちとはこの日が初対面になる。

じつはこの女性が清川しっぽ村にやって来たのは “ある決意” をしたからである。

しかもその決意は今後のリンの運命を左右するものだった。



〈つづく〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です
◆非公開コメントも可能です
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください




スポンサーサイト



テーマ:猫の写真
ジャンル:写真



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~