プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈blogram〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

里親募集記事へのリンク

『危険な防砂林から仔猫たちを救って!』
拡散記事を掲載してくださる場合は、上記の専用ページにリンクを張ってください。
数種類の専用バナーを同じページに公開しています。
どうかよろしくお願いいたします。

逆鱗に触れる (前編)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



『逆鱗』とは何か?

伝説上の生き物である龍の81枚の鱗(うろこ)のなかで、あごの下に1枚だけさかさに生えている鱗があり、この鱗のことを “逆鱗” という。

そして龍はその逆鱗に触れられるのを嫌い、もしさわられると激怒してその者を殺してしまう。


この故事にならい、自分の言動が原因で目上の人の怒りを買ったときに『逆鱗に触れる』と言いあらわすようになった。


180902_001.jpg

180902_002.jpg

夕刻の海岸へおもむいた私をまず迎えてくれたのはリンだった。


180902_003.jpg

180902_004.jpg

180902_005.jpg

灌木の茂みから姿をあらわしたリンはゆったりとした足取りで私へ近づいてきた。

猫としては小柄なリンだが、こうしてファインダー越しに見る彼女は威風堂々としていて、ライオンや虎などの大型ネコ科のイメージをいつも私に連想させる。


180902_006.jpg

180902_007.jpg

リンは私の足元をとおって後ろへまわり込むと、レンガ道の上へ無造作に横座りになった。

声をかけている私には目もくれないで。


180902_008.jpg

180902_009.jpg

そんな彼女の態度は気にしないで、私はさらにリンに話しかけた。「リン、サキとは一緒じゃないのか、どこにいるんだサキは?」

が、リンは私の存在など気にかけるようすもなく、あらぬ方向を眺めている。


180902_010.jpg

しばらくそうしていたリンだったが、ふいに身体を起こすとレンガ道の端っこに移動した。

そうして私の背後を険しい表情で見つめる。


180902_011.jpg

180902_012.jpg

やがてひとりの男性が私の横をとおり抜け、そして道端に避難したリンには一顧の注意もはらわずに歩き去った。

ホームレスの小屋で生まれ、2歳までニンゲンと一緒に暮らしていたリンはだから、基本的には人懐こいけれど、野良猫の習性としてやはり見知らぬ人への警戒はおこたらない。


180902_013.jpg

男性がとおり抜けたとたんにリンはグルーミングをしはじめた。


180902_014.jpg

180902_015.jpg

このグルーミングは転位行動によるものなのか、それとも通常のものなのか、私には判断がつきかねる。


180902_016.jpg

180902_017.jpg

あまり人が往来しないレンガ道だが、それでもリンたち海岸猫にとってはやはり緊張を強いられる場所である。

そこで私は防砂林のなかにいくつかある、まず人が通ることのない踏み分け道へリンと一緒に入っていった。


180902_018.jpg

180902_019.jpg

すると灌木の陰からでも我々を見ていたのか、リンの後方にサキがひょっこりと姿をあらわした。


180902_020.jpg

180902_021.jpg

180902_022.jpg

何を訴えているのだろう、サキは歩きながら盛んに鳴き声をあげている。

こういうとき、私はいつもある思いにとらわれてしまう。

それは、「猫語が理解できたらどんなにいいだろう」という思いだ。


180902_023.jpg

180902_024.jpg

180902_026.jpg

180902_027.jpg

サキは私のわきをとおり抜け、リンの背後へまわり込むと、母にならって地面に腹ばいになった。


180902_028.jpg

ほかの猫の痕跡でも感知したのだろうか、リンは突然防砂林のなかへ入っていくとあたりの匂いを嗅ぎはじめる。


180902_029.jpg

180902_030.jpg

180902_031.jpg

リンはまだ探索をつづけるようで、さらに防砂林の奥へと進んでいった。


180902_054.jpg

180902_055.jpg

若いサキには縄張りをまもるという意識があまりないのか、それともエリアのパトロールは母に任せておけば安心だと思っているのか、同じ場所でのんびり毛づくろいをしている。


180902_032.jpg

180902_033.jpg

周辺にこれといった胡乱な匂いや痕跡はなかったのだろう、リンは地面に腰を下ろすと穏やかな表情であたりを眺めだす。


180902_034.jpg

180902_035.jpg

そこへサキが甘えた仕草でリンに近寄ってきた。

するとリンはそれに応えるようにサキの頭をやさしくグルーミングしはじめる。


180902_036.jpg

180902_037.jpg

猫がほかの猫の身体をグルーミングするのを『アログルーミング』といい、親和行動の一環である。

たいていは猫が自分で毛づくろいできない頭部や首に対しておこなわれる。


180902_038.jpg

180902_039.jpg

180902_040.jpg

リンが毛づくろいをやめると、今度はサキがお返しとばかりに母をグルーミングしはじめた。


180902_041.jpg

180902_042.jpg

ちなみに雌猫は相手の性別に関係なくアログルーミングをするが、雄猫はなぜか雌猫だけにしかおこなわない。


180902_043.jpg

180902_044.jpg

私はこれまでにも仲の良い海岸猫の母子をいくつか見てきたけれど、これほどむつまじい母子ははじめてだ。


180902_045.jpg

サキは前に進みながらリンに身体をすりつける。

相手に身体をこすりつける行為は自分の匂いを相手につけて仲間であることをしめす挨拶であり、愛情表現である。

この行為は仲間の猫にだけでなく、慕っているニンゲンに対してもおこなわれる。


180902_046.jpg

サキがさらに身体をすり寄せ、リンの表情がにわかに変化したつぎの瞬間だった。


180902_047.jpg

「シャーーーッ!!」リンがいきなり怒声を張りあげた。


180902_048.jpg

サキはリンが怒鳴り声を発したとたんに身をひるがえすと、一目散に駆けだした。


180902_049b.jpg

それからサキは近くの踏み分け道に腹を見せて寝転がり、瞠目したまま母を見た。


180902_050b.jpg

このように猫が無防備に腹を見せて寝転がるポーズは俗に『ヘソ天』と呼ばれている。

猫がヘソ天になるのは、まずひとつにはくつろぐためや親や飼い主に遊んでほしいなど、比較的気持ちが落ちついている状態のときだ。


180902_051b.jpg

そしていまひとつは「まいりました、降参するのでカンベンしてください」と恭順の意思をしめすときだ。

今回のサキの場合は明らかに後者で、「お母さんごめんなさい、許してください」と訴えているのだろう。


180902_052b.jpg

サキが身体をすり寄せたとたんに激高したリン。

先述したように身体をすり寄せるのは親愛の情をあらわす行為であり、仲間の猫どうしで普通におこなわれている。

だから私にはリンがどういった理由でサキを叱りつけたのかわからない。


180902_053b.jpg

リンが娘のサキにたいして軽くとがめるような現場はこれまでにいくどか目にしているが、ここまで怒りをあらわにしたのを見たのは初めてのような気がする。

いずれにしろ、サキが母の逆鱗に触れてしまったことだけは確かなようだ。

「本来は仲の良い母娘だから、気晴らしに毛づくろいでもすれば何事もなかったようにもとに戻るだろう」

ところが私がそう思ったのも束の間、サキはふたたびリンの逆鱗に触れる行動をとってしまう。



〈つづく〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です
◆非公開コメントも可能です
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください




スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~