プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈blogram〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

里親募集記事へのリンク

『危険な防砂林から仔猫たちを救って!』
拡散記事を掲載してくださる場合は、上記の専用ページにリンクを張ってください。
数種類の専用バナーを同じページに公開しています。
どうかよろしくお願いいたします。

防砂林の奥で (後編)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



同じエリアに暮らすキジ白と黒シロだが、なぜか性格は対照的である。

キジ白は人なつこく、いっぽうの黒シロは警戒心が強いのだ。

とはいっても黒シロが野良猫としてとりわけ警戒心が強いわけではない。

人の姿を見ただけで脱兎のごとく遁走する野良猫にいくども遭遇している私からすれば。


181002_067.jpg

181002_068.jpg

181002_069.jpg

黒シロを用心深い猫と感じるのは、あくまでもこのキジ白との対比である。

つまりキジ白は野良猫とは思えないほどニンゲンに対してあまりにも無防備すぎるのだ。


181002_071.jpg

181002_072.jpg

初見のときにいきなり私の脚に身体をすり付けてきたキジ白。

おそらくこのキジ白は仔猫のときにニンゲンと親しく触れ合ったために、こんなにも人馴れしているのだろうと私は推測している。


181002_073.jpg

おでこが出た愛らしい横顔のこのキジ白はいったいどんな生い立ちや来歴をもっているのだろう。

人なつこいこの子に会うたびに、私はそのことを考えずにはいられない。


181002_074.jpg

突然海岸に姿をあらわしたキジ白と黒シロ‥‥、自らの足で危険な国道を渡ってやってきのだろうか、それとも誰かの手によって海岸まで運ばれてきたのだろうか。

けれど彼ら自身はなにも語ってくれないし、事情を教えてくれる人もいない。

だからこの子に会うと、応えてくれないのを承知で、「お前はどこで生まれどうやってここにたどり着いたんだ?」とつい私は口走ってしまう。


181002_075.jpg

181002_076.jpg

しかしそんな私の問いかけなど意に介さないとばかりに、キジ白はいきなりおおきく口を開けて気持ちよさそうにあくびをした。


181002_077.jpg

181002_078.jpg

数回しか会っていないニンゲンを目の前にしても、いかに安心し完全にリラックスしているのがこの行為を見ただけでもよくわかる。


181002_066b.jpg

私も目撃したことがあるが、防砂林の中央に開けたこの場所にはかつて掘ったて小屋がふたつあった。

仄聞しただけなので真偽のほどはわからないが、大きめの小屋にはホームレスの夫婦が住み、小さい方は猫専用の小屋だったという。


181002_080.jpg

でもそれはもう10年近くも前のことだ。

実際にそのころこのエリアには10数匹の海岸猫が暮らしていた。

ホームレスの夫婦もエサを与えていたようだったが、毎日給餌し、不妊手術を受けさせたのは『Iおばさん』というボランティアの女性だった。


181002_097.jpg

181002_098.jpg

やがて櫛の歯が欠けるようにエリアからひとりふたりと猫たちは姿を消し、そしてついには誰もいなくなってしまった。

その後、ランとリンが子育てのためにこのエリアで一時期暮らしたが、それも4年前のこと。


181002_079.jpg

181002_081.jpg

それから3年後、突然このエリアに出現したのがこのキジ白と黒シロだ。

だから彼らがどうしてここに住みつくようになったのか、私は訝っている。


181002_082.jpg

それまで周りの景色をのんびり眺めていたキジ白が、慌てたように背後をふり返った。


181002_083.jpg

キジ白の視線をたどると、先ほど灌木のなかへ身を隠したはずの黒シロの姿が眼に飛びこんできた。


181002_084.jpg

「ニンゲンを忌避しているなら、こうしてふたたび姿を現すことはないはずだ」


181002_085.jpg

181002_086.jpg

ひとしきりこちらを見つめていた黒シロはおもむろに身体を起こし、ゆっくりとした足取りで移動しはじめる。


181002_087.jpg

やがて灌木の間に腰を下ろすと、まず私の顔に視線を投げてよこした。

が、その眼光に怖れや憎悪などは感じられない。少なくとも私には。


181002_088.jpg

そして視線をすっと下方に移し、私の背後を凝視しはじめた。

「いったい何を見つめているのだろう」怪訝に思った私は後ろをふり返った。


181002_089.jpg

するといつの間に移動したのか、私のすぐ後ろにキジ白がたたずんでいた。

黒シロの視線はそのキジ白に向けられている。


181002_090.jpg

181002_091.jpg

キジ白も黒シロの視線に気づいたようで、同じように黒シロの動きを探るように見つめ返している。


181002_092.jpg

黒シロはキジ白から眼を離さないままその場にうずくまった。

私は黒シロを刺激しないように言葉をかけながらゆっくりと近づいていく。


181002_093.jpg

181002_094.jpg

私との距離が4メートルほどになっても、黒シロは気だるそうに私を見つめるだけで逃げる素振りすらみせない。

それは灌木の茂みに護られていることを承知しているからだろうが、たとえそうであっても私にはやはり黒シロがとくべつ警戒心の強い猫には思えないのだ。

もしかしたら彼の心のなかではニンゲンへの疑念と興味が葛藤しているのかもしれない。


181002_095.jpg

181002_096.jpg

これまでにも同じエリアに暮らしていながら仲の良くない海岸猫はいたが、こうして不即不離の関係をたもっているのはあまり見たことがない。


scenery181002_07.jpg

scenery181002_08.jpg

人がほとんど足を踏み入れない防砂林の奥でひっそりと暮らすキジ白と黒シロ。

この対照的な性格をもつふたりの海岸猫がこれからも穏やかに過ごしていけるのか、誰にもわからない。

外で暮らす猫たちの身にはなにが起こるか予測できないからだ。



〈了〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です
◆非公開コメントも可能です
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください




スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~