プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈blogram〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

ミケの同胞達Part6

AM6:35 今朝の相模湾は海面から立ち上がる水蒸気で幻想的な様相を
呈している。江ノ島も灯台の先端が確認できるのみだ。
風景091206-01.jpg
あたかも、スモークで演出されたステージに登場する様に、朝日が昇ってくる。


手を海水に浸してみると、微かな温かさを感じる。
風景091206-02.jpg


しばらくミケのエサ場の前にいたが、今朝は出迎えに出てこない。
小屋に近づくと、小屋の中からミケが駆け寄ってきた。
ミケ091206-01.jpg
腹はそんなに減っていない様だ。


ゆきママさんの“おむすび”に対抗して“またたび”のワザをミケに試してみる。ミケ091206-02.jpg
写真には撮れなかったが、初め私の指にスリスリしていたのに、次の瞬間には
いきなり猫パンチを繰り出してきた。

他の野良でも同じ反応をされたことがあるので、驚きはしなかったが、温厚なミケの猫パンチは意外だった。


そこへゆきママさんがやって来た。
ミケ091206-03.jpg
ゆきママさんが手ずからエサを与えたが、やはりお腹は満たされている様で、
ミケは口をつけようともしない。



撮影を終えたdodoさんがやって来た。
ミケ091206-04.jpg
そして、ミケをナデナデ、ゴシゴシ。


ミケ091206-05.jpg
dodoさんは海岸の清掃活動後、海に入るそうだ。
ゆきママさんの江ノ島へのウォーキングは今月20日の予定。



ミケは柵の中にできた陽溜まりがよほど心地いいのか、動こうとしない。
ミケ091206-06.jpg


そこで昨日と同じ様にフラッシュを使って撮影をしたが‥‥、
ミケ091206-07.jpg
何故か昨日のように拒絶せず、逆にまんざらでもない表情を見せる。


こういう猫の気まぐれを嫌う人もいるが、猫好きに言わせると、そこがいいのである。
ミケ091206-08.jpg
日向で気持ち良さそうにしているミケをそのままにして、私はボスエリアへ向かう
ことにした。



風景091206-03.jpg


途中、玄ママさんと玄ちゃんに遭遇。
玄ちゃん091206-01.jpg
ここ湘南もそうだが、日本には洋犬を飼う人が多い。玄ママさんも、柴犬が起こした事件で肩身が狭いとまで言う。
そこで、玄ちゃんに「ここは日本だ。玄ちゃんがんばれ」と言ってやった。


ボスも日向でくつろいでいた。
ボス091206-01.jpg


そんなボスがいきなり倒れた!わけではなく、私の足元で横になり甘えてきたのだ。 
ボス091206-02.jpg
ボスが身体を起こし、おもむろに身構えた。


するとボスと私の傍らをゼッケンを付けた集団が通り抜けていく。どうやら
マラソン大会が開催されれいるようだ。

ボス091206-03.jpg
そこで、私もマラソンランナーと同じ西へ向かうことにした。


ミリオンを訪ねたが、姿はなかった。
ミリオン091206-01.jpg


私はさらに西を目指して歩を進めた。
風景漁港091206-04.jpg


風景漁港091206-05.jpg


日向ぼっこをしている漁港野良一号発見。
漁港1号091206-01.jpg
私が近づいても、逃げる素振りも見せない。


そこで、持っていたカリカリを与えてみた。
漁港1号091206-02.jpg
エサを貰ったので気を許したか、初対面の私に体を触らせる。


こっちもエサの追加で応える。
漁港1号091206-03.jpg
その野良は立ち去る私のあとをしばらく追ってきた。


風景漁港091206-06.jpg


漁港野良二号発見。最初は警戒して逃げていたが‥‥、
漁港2号091206-01.jpg
エサを見せると、釣られて近づいてくる。


すると、どこからか同じ模様の三号が現れた。
漁港3号091206-01.jpg
この三号、左眼が塞がっている。


初めは警戒心剥き出しだった三号に、再びエサを与えると‥‥、
漁港3号091206-02.jpg
初対面で、いきなりこの状態になった。


この三号の左眼、完全には塞がっていないが、その日はそう遠くない様に思える。
漁港3号091206-03.jpg
こういう病気や怪我をしている野良を見るのは辛い。


駐車場で四号発見。漁港4号091206-01.jpg


この野良は、警戒心が強く近づくことができない。 
漁港4号091206-02.jpg


風景漁港091206-07.jpg


西のエサ場で、ボランティアの人に遭遇する。
チビを里子に出したのがこの人だ。ちなみに、チビは今鎌倉にいると言う。
西のエサ場091206-01.jpg
今日は長毛のこの子だけしか姿を現さない


そこへ、昨日も会った元ハンターの男性がやって来た。西のエサ場091206-02.jpg
今日は積極的に野良に触る。ただまだ素手では触れないので手袋をしている
という。



次に現れたのは、熟年のご夫婦。奥さんは、ここの野良達を以前からよく知っている。
西のエサ場091206-03.jpg
ご主人は猫嫌いではなく“猫恐怖症”だそうだ。そこで私が勧めると、恐る恐る
野良の体に触った。



風景091206-08.jpg





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます





スポンサーサイト

看板娘?

湘南海岸。
ビーチ100711-01.jpg


とある釣り宿の店先。
そのあまりに嵌り過ぎたシチュエーションに、私は思わず苦笑してしまった。

船宿エリア100711-01.jpg
『看板娘』と呼びたいところだが、生憎この野良はオスだ。


この野良、私と目が合ってからずっと警戒心を露にしている。
今まで何度か顔を合わせているが、いつもこの調子だ。

船宿エリア100711-02.jpg
私がさらにレンズで追うと、ついには釣り宿の屋根に登ってしまった。


そして店先の軒へ跳び降りた。
船宿エリア100711-03.jpg


その野良は私に一瞥をくれたあと、悠然と毛繕いをはじめた。
船宿エリア100711-04.jpg
なるほど『看板娘』ならぬ『看板息子』と云うわけか‥‥。


軒の野良から目を離し、ふと横を見ると、もう一匹野良がいた。
船宿エリア100711-05.jpg
その野良は雨で湿気たカリカリを黙々と食べていた。





本日のミリオン
昨日とまったく同じ場所、同じ格好、同じ表情で私を迎えたくれた。
まるでここだけ時間が止まっているようだ。

ミリオン100712-01.jpg
ミリオンの治療には薬の塗布が必要となる。
そうするにはミリオンとある程度の信頼関係を築かなければならない。
私はこれから頻繁にここへ通うことにした。






ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます





隻眼猫

湘南海岸
ビーチ100711-02.jpg


カリカリを食べていた野良が、ようやく体を起こした。
船宿エリア100711-06.jpg
それは見知った隻眼の野良だった。


私はスクーターに乗るのが好きな野良を、もう一匹知っている。
船宿エリア100711-07.jpg
「おい、あの新入りはどうした、里親が見つかったのか?」


そんな私の問いかけにも知らん顔で、隻眼猫は毛繕いをはじめた。
船宿エリア100711-08.jpg
最後に会った時は、新入りの仔猫と仲良く一緒にいたのだが‥‥


しばらくすると、隻眼猫はスクーターから降り、釣り宿の方へ近づいてきた。
船宿エリア100711-10.jpg
今日からこの野良を『マサムネ』と呼ぶことにした。
右眼と左眼の違いはあるが、よしとする。



船宿エリア100711-11.jpg
どうやらマサムネは何かを待っている様子だ。


すると釣り宿から船長さんらしき人が出てきて、マサムネに小魚を与えた。
船宿エリア100711-12.jpg
「なるほど、待っていたのはコレだったのか‥‥」
しかしこのあと、小魚が原因でちょっとした騒ぎになった。



マサムネが小魚を貰う直前、私は近くの物陰に隠れていた新入りの仔猫を発見した。
船宿エリア100711-09.jpg
「なんだ、お前まだ貰われずにここにいたのか」
私は複雑な気持ちで仔猫の顔にレンズを向けた‥‥






本日のミリオン
私はこうして毎回デジャビュを体験することになりそうだ。

ミリオン100713-01.jpg
ここには昨日と今日の区別がない‥‥おそらく明日とも‥‥


試しに、持ってきたカリカリをミリオンに与えたみた。
ミリオン100713-02.jpg
これはほぼ完食した。
食欲はまだ旺盛なようだ。






ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます







東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~