プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

落日(ミイロと観た最後の夕陽)

2012年11月某日、夕刻。
よもやこの日が、私にとって生涯忘れ得ぬ日になろうとは、このときは夢想だにしなかった。

121122-01.jpg
エリアを訪れた私を迎えてくれたのは、大抵の場合そうであったように、釣宿の看板娘のミイロだった。


でもこの日は、親しげに擦り寄ってくることもなく、険しい面持ちで佇むばかりだ。
121122-02_20121204090907.jpg
そこへエリアの頭領であるシシマルも姿を現した。


だがコジローは、私の姿を認めても車の下から出てくる気配すらない。
121122-02-03-01.jpg
その表情は僅かな緊張をはらんでいて、私を歓待する余裕など無さそうだ。


その理由はすぐに分かった。
この新参者の海岸猫、ユキムラを警戒してのことだった。

121122-02-03-02.jpg
ユキムラは、まるでゴロツキのように伝法な態度で近づいてくると、ガードレールの土台に悠然とうずくまった。


そして車の下にいるコジローと正面から向き合った。
121122-03.jpg
その威圧的で横柄なユキムラを見て、コジローの表情はさらに曇る。


そしてコジローは、ユキムラと対峙するのを嫌って、駐車中の車の下をつたって遁走した。コジローを心配してシシマルが後を追う。
121122-04.jpg
ミイロも途中まで後を追ったが、私が呼び止めるまでもなく自ら踵を返した。


自分が行っても、どうなるものでもないことが分かっているようだ。
121122-05.jpg
利口なミイロだから、おそらく、膂力ではオスであるユキムラに敵わないと悟っているのだろう。


121122-06.jpg
オス猫たちが姿を消したので、私は独り海岸の方へ足を運んだ。


すると、やはり独り残されたミイロが私の後を追ってきた。
121122-07.jpg
「ミイロ、私に付き合ってくれるのか」私の心には、外気とは違う暖かな風が吹いてきた。


121122-09.jpg
そして、ミイロと一緒に晩秋の湘南海岸の夕景を、しばしのあいだ眺めていた。


元飼い猫のミイロが夕陽を観て何を感じているのか、残念ながら私には想像が出来ない。
121122-08.jpg
首輪をされたまま、ミイロがこのエリアへ遺棄されて2年が経つ。


忘れもしない2010年11月25日の黄昏時のことだ。
121122-32-10112501b.jpg


薄暗い船宿の水場で不安げな鳴き声をあげていたのを、最初に発見したのは私だった。
121122-32-10112503.jpg


以後すんなりとエリアに溶け込み、ボランティアのSさんや他のエサやりさん、そして釣宿の船長さんたちに愛される存在になった。
121122-10.jpg


性格は気丈だが、幼い猫には優しく、ツバサや新入り仔猫の代理母をりっぱに務めあげた。
121122-11.jpg
おそらくここへ遺棄される前にも、子供を産み育てた経験があるのだろう。


ただニンゲンにも言えることだが、我が子の育児を放棄する猫も珍しくない。
ましてや、ほかの子供の面倒を見る猫は稀だと思うのだが‥‥。

121122-12.jpg
そういう意味でミイロという猫は、豊かな母性の持ち主なのだろう。


私には聴こえない音をキャッチしたのか、ミイロがいきなり小走りでエリアの方へ向かった。
121122-14.jpg
オス猫たちの争う鳴き声でも耳にしたのだろうか?


だが、シシマルとコジローは車の下で何事もない様子でうずくまっている。
121122-13.jpg
ただ2匹の表情は厳しく、コジローに至ってはいつでも逃げ出せる態勢のままだ。


と、そのとき、同じ車の下から這い出たユキムラが、ゆっくりとした足取りでこちらへ向かってきた。
121122-15.jpg
私の目の前を通りすぎ、そのまま道路を横断していく。


その様子をシシマルとコジローがじっと見つめている。ミイロだけは我関せずと明後日の方を向いていた。
121122-16.jpg
道路を渡りきったユキムラは後ろを振り返って、不敵な顔でシシマルたちに一瞥をくれた。


ニンゲンには媚を売り、エリアの仲間には邪険に接するユキムラ。出自の分からないこのハチワレをどう扱うべきなのか、私は未だに決めかねている。
121122-17.jpg
それはほかの海岸猫も同じだろうと思われる。


ユキムラが公然と敵意を表し、シシマルの前に立ち塞がった。シシマルも甲高い威嚇の鳴き声を上げる。
121122-18.jpg
ユキムラの表情は死角で見えないが、シシマルの顔には微かな怯えが見て取れる。


しかしさすがはこのエリアを統べる頭領、ユキムラの顔をしっかり見据え、一歩も引かない覚悟を決めたようだ。
121122-19.jpg
相手の出方やその場の状況によって、ユキムラは態度を柔軟に変える。こういう無節操さが、この野良を策士と称する所以である。


ユキムラはあっさりと引き下がると、私の足許に擦り寄ってきて「ニャ~ニャ~」と傲岸な態度からは想像できない可愛い声で鳴きはじめた。
121122-20.jpg
シシマルは変わり身の速いユキムラを、珍しい生き物のようにしげしげと見つめている。


ミイロはコンクリの柱の上から、2匹のオスの正面対峙の様子をずっと静観していた。
121122-21.jpg
ここにもう1匹、エリアの覇権争いを草むらの陰からそっと窺っている海岸猫がいる。


シシマルがユキムラを追い払ってくれると期待していたのか、叶わぬと見るやコジローは踵を返して、足早にその場を離れていく。
121122-22.jpg
クールな“浜の伊達男”は野暮な暴力沙汰が大嫌いで、その兆しを察知するといち早く避難する。


121122-23.jpg
ミイロとユキムラ‥‥。思えば不思議なツーショットである。
すぐにエリアに受け入れられたミイロ、片や自分の行動に原因があるとはいえ、エリアの猫から厭われているユキムラ。



121122-24.jpg
それでもまったくめげずに、このエリアで一番大きな態度を押し通すユキムラは、ある意味大物ではある。


一歩間違えば、このエリアの傑物に化けるかもしれないユキムラは、颯爽と去っていった。
121122-25_20121205001006.jpg
残された3匹は、台風一過のような脱力感を含んだ穏やかさに包まれた。


121122-26_20121205001008.jpg
頭上を警戒する必要がなく、人も安易に潜り込めない車の下は確かに安全地帯ではある。
だがしかし‥‥。



昨年、カポネがエンジンルームへ潜り込んで頭に大怪我を負ったように、事故に遭う危険性もはらんでいる。
121122-27.jpg
けれども、そのことを海岸猫たちに諭しても無駄だし、冬場の暖かいエンジンルームの誘惑に惑わされるなと言っても詮無いことだ。


この時間すでに食事を終えていると思ったのだが、シシマルの食べっぷりからして、そうであっても腹にはまだスペースがあるようだ。
121122-28.jpg
横柄なユキムラには、わざわざデリバリーしてやった。


慎重居士のコジローも猫缶の匂いには勝てず、何処からか姿を現した。
121122-29.jpg
ミイロは相変わらず、この時間に猫缶を口にすることはない。


やがてミイロはトレイから離れると、飄然と歩き去っていった。
121122-30.jpg
そしてこの後ろ姿が、私が見た生前のミイロの最後の姿になった。



12月3日午後8時過ぎ、ミイロはその短い生涯を閉じた。


3日午後1時ころ、私の友人である高校生の美衣さんが道路で頭から血を流してのたうち回っているミイロを発見した。

すぐにボランティアのSさんに連絡をし、急いで病院へ搬送したが、治療の甲斐なく、その日の夜、ミイロは虹の橋を渡ってしまった。

状況から、駐車中の車の下にいたまま轢かれたようだという。


3日午後、ゆきママさんからのメールで一報を受け取った私はしかし、しばらく文面が理解できなかった。信じたくないという自衛本能が脳を麻痺させていたようだ。

そのうち、目の前の光景がズームアウトするようにすーっと、遠ざかっていった。

121122-41.jpg
そして、その直後に襲ってきたのは、臓腑を捩じ上げられるような激しい悲嘆だった。
断腸の思いとは、正にこのこと。

やがて我慢出来ずに、私の口から嗚咽が漏れてきた。一度落涙すると、後は堰を切ったように涙が止めどなく溢れてくる。
身体中の水分が全て涙になってもいいと思った。それでこの苦悶が少しでも軽減されるのなら。

そうしているうちに私の胸中からは悲しみが薄らぎ、代わってにわかに怒りが増大してきた。
怒りは沸き立ち、たちまち沸点に達した。

その怒りの矛先は、ミイロを誤って轢いたドライバーにではなく、首輪を付けたまま遺棄した元飼い主に対して向けられている。

勿論、ミイロを遺棄したニンゲンに限らず、同じ行為をした輩は、たとえこの世で断罪されなくても、あの世で地獄の業火に焼かれる運命なのは承知している。


が、それでも人倫にもとる鬼畜のごとき行いを看過出来ないし、許すことも出来ない。

そいつらを見返すためにも、ミイロ、お前には幸せで長生きして欲しかった。
「無念だ。ミイロ、本当に無念だ!」



もう二度と、釣宿前で店番をするミイロの姿を見ることは叶わない。
121122-33-121002.jpg

121122-35.jpg


そして、エリアを訪れた私を真っ先に迎えてくれることも、もう二度とない。
121122-36_20121205101452.jpg


それに、前脚を上げて座る独特のポーズも、もう見ることが出来ない。
121122-37.jpg


凛としたミイロの佇まいが大好きだった。
121122-38_20121205101047.jpg



4日午後、ゆきママさんの家にミイロの遺体は引き取られた。


花に囲まれたミイロは、想像していたより綺麗な状態だった。
121204-miiro-01_20121205030652.jpg
でもやはり事故の損傷のせいで、かつての面影は消えて、苦痛の跡が窺える。


その後、訃報を知った数人の弔問客が訪れ、ミイロはさらに飾られた。
121204-miiro-02.jpg
それでもミイロは表情を和らげることなく、静かに、そして密やかに眠りつづけていた。


121122-40.jpg
ミイロ、あの日お前と一緒に夕陽を観たことは忘れないよ、いつまでも‥‥。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

ミイロ無惨

ミイロの非業の死は、病んだ私の心に思いの外大きなダメージを与えた。
だから私は、本気で考えていた‥‥。

110516-01_20121210055150.jpg
これからもこんな悲しい思いをするなら、猫との交誼を深めず、通りがかりの旅人のように距離をおいて写真を撮るだけに留めた方がいいのでは、と。


でも私は、野良猫に出会うと、つい近づいて話しかけ、さらに触れたくなる衝動を抑えることが出来ない。さらにその猫の置かれた状況や出自来歴を知りたくなる。
110516-02_20121210055151.jpg
ならばいっそのこと、野良猫ブログなどやめてしまった方がよいとまで思い始めていた。


傍観者の立場で野良猫を撮影する、そういうブログはネット上に数多もあるのだから、わざわざ私の拙い写真でブログを続ける意味などないからだ。
110516-03_20121210055149.jpg
また読者の方からは、私のブログを読むと切なくなるというコメントやメールがしばしば寄せられる。そうであれば‥‥、と私は思った。


野良猫の存在そのものが常に、ある種の悲哀を内包しているとはいえ、読者をしてそんな気持ちにさせるブログに、存在価値など、果たしてあるのだろうか?
120911-01_20121210070103.jpg
さらに、そもそも私のブログは、野良猫たちに幾ばくかでも貢献をしているのだろうか、とも。


実際私は、苦境に陥ったミイロを救い出すことが出来なかった。
120911-02.jpg
思い上がるな!お前の力など端から当てにしていない、と言われれば返す言葉はない。
その通りなのだから‥‥。



それにいくら私が、動物を遺棄したらいずれ報いを受けると訴えても、そんなニンゲンはこのブログを見ないだろうし、たとえ見たとしても自責の念など毛ほども感じはしないだろう。
120911-03_20121210070108.jpg
ミイロの元飼い主に対してはこれまでも何度か、強い言葉で糾弾したが、それでもまだまだ手緩いと思っている。


遺棄された当時は関係者が迷惑を被る可能性があったので、どうしても書けなかったことがある。だがミイロの死によって、自ら決めたその禁忌を解く。
120911-03-04.jpg
これを知れば、ミイロが故意に遺棄されたことに疑念を挟む人は少ないと思うし、私の激しい憤りも理解出来るはずだ。


それでもなお、ミイロが遺棄されたことに納得出来ない人は、猫の習性を知らないか、ニンゲン・性善説の熱狂的な信奉者だろう。
120911-04_20121210070107.jpg


2年前首輪をしたままこのエリアへ現れたとき、ミイロは妊娠していた。
101126-02_20121210222532.jpg
だからしばらく後に、関係者が中絶を兼ねてミイロに不妊手術を受けさせたのだ。


下の写真をよく見れば、乳房が張っているのが分かるはずだ。
101126-01_20121210222528.jpg
2010年11月25日の黄昏時、ミイロは臨月の腹を抱えて悲痛な鳴き声を上げていたのだ。


そんな状態のメス猫が交通量の多い国道を越えて、自らの足で海岸までやって来るだろうか?
101126-03_20121210222529.jpg
普通、出産前のメス猫は、子供を産むために安全で落ち着ける場所を探すものだ。
自分のテリトリーから遠く離れた海岸へわざわざやって来るとは、私には到底思えない。



遺棄したなら、そのときに首輪を外すだろうと、反駁する人がいるかもしれない。
101126-04_20121210222531.jpg
だが、何の特徴もない匿名性の高い首輪など反証の材料になり得ないと思う。


それに遺棄する直前に首輪を外しても、数日間はその跡が残るから、飼い猫だとすぐ分かってしまうことに違いはない。
101126-05_20121210222523.jpg
おそらく元飼い主も同じように考え、外す手間をさえ、惜しんだのだろう。





前回は、生前の愛らしいミイロの顔の印象を損ないたくなかったから、大幅に画像を加工したが、今回は最小限の加工に留める。
もし万が一にも元飼い主がこのブログを見ていたら、自分のしたことの結果を知るべきだと思ったからだ。






眼を瞠ってよく見るといい。
車のタイヤは一瞬にしてミイロの頭蓋を破壊し、その顔貌を無惨に変えてしまった。
121204-02.jpg
そして、死ぬまで、少なくとも7時間以上、ミイロは血の涙を流して苦しんだのだ。


だから私は、妊娠して面倒が見切れなくなったミイロを遺棄した、酷薄な元飼い主の所業をどうしても許すことが出来ない。
120620-01.jpg
この私の説に誤謬があると感じる人がいれば、コメントで駁論を寄こしてほしい。


畢竟、ミイロのあふれる母性愛は、生まれてくることが出来なかった自分の子供たちへの哀惜の情からもたらされていたのだろう。
120620-02.jpg
今回のミイロの事故死に際して、私の心は一生消えない大きく深い疵を負った。
しかしいつまでも嘆き悲しんでいては、ミイロも新たな世界へ旅立てない。



それに、私にはまだ気掛かりな海岸猫が何匹かいる。
ミイロの通夜の翌々日、最近知り合ったボランティアのWさんから気になる情報が寄せられた。

121206-01-02.jpg
チビ太郎のねぐらでもある、長靴おじさんのテント小屋が無くなっているというのだ。


その日の夕刻、私はさっそくチビ太郎が棲む防砂林を訪ねた。
121206-02.jpg
私は自分の目を疑った。
先月末まで、確かに存在してした長靴おじさんのテント小屋が消えていた。



ゴミひとつ残さず、まさしく跡形も無くなっていた‥‥。
121206-03.jpg
唯一残されたのは、松の木に提げられた1枚の白い書状だった。


この書状は、私が先月ここを訪れた際にもこうして提げられていた。
121206-04.jpg
どうやら、役人の辞書に“温情”とか“慈悲”という言葉は無いらしい。


名を呼びながら、防砂林の中をチビ太郎の姿を求めてしばらく歩き回ったが、近くにいる気配は感じられなかった。
121206-08.jpg
チビ太郎、お前はいったい何処へ行ったんだ‥‥?



〈つづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




テーマ:猫の写真
ジャンル:写真



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~