プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈blogram〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

ミケの同胞達

AM6:15 久し振りに見る朝焼けだ。風景091115-01


サイクリングロードも休日とあって、多くの人が行き交う。
ミケ091115-01
そんな道行く人を、ミケはクールな面持ちで見つめている。


いつものおばあさんにナデナデされるミケ。
ミケ091115-02


そして、ゆきパパさんとゆきママさんが訪ねてきた。
ちなみに、おふたりの自宅からここまでは片道三3.5kmもある。往復7kmの散歩になるわけだ。
ミケ091115-03
お約束の“顔グニュッ”をされるミケ。


ゆきママさん手ずからエサを貰うミケ。「ミケ、この幸せ者め」
ミケ091115-04
ふたりは用事があるらしく、やがて慌ただしく帰っていった。



ふと視線を移すと、見覚えのある自転車が置いてあった。
dodoさん自転車091115
「これは、もしかして……」


「やっぱり、dodoさんの自転車だ」
ミケ091115-05
dodoさんに撫でられても、ミケは愛想を振りまくこともなく淡々としている。



ミケの目が大きく見開かれた。
ミケ091115-06
大型犬の接近に驚いたのだ。犬が遠ざかると、ミケはホッと安堵の表情を
見せた。



風景091115-02


東のエサ場を訪問した。
すると、いきなり2匹の海岸猫が姿を現した。三号と四号か‥‥?エサ場A091115-01
四号のひょうきんな表情には、思わす笑ってしまった。


三号がエサを食べるのを、背後から凝視する野良一匹。
この野良に会うのは初めてだ。すると、七号ということになるのか‥‥。
エサ場A091115-02
三号が去った後、七号にもエサを与える。


この七号、手招きしても近づいてこない。七号091115-01
警戒心を露わにしたまま、防砂林の中へ去っていった。


このエサ場Aからさらに100mほど東に行ったところにエサ場Bがある。
(便宜上、さっきのエサ場を“エサ場A”,このエサ場を“エサ場B”と呼ぶ)
エサ場に足を踏み入れると、どこからか一匹のキジ白が現れた。
socks091115-01
足先が白く、靴下を履いているように見えるので“
ソックス”と呼ぶことにする。


エサ場に茶トラが現れたのでエサを与えてみたが、このチャトラ警戒心が強く、
私が近づくと、エサを食べるのをやめ植込みの中へ逃げてしまう。

socks+チャトラ091115-01
ソックスはその茶トラが食事する様子をじっと見つめている。


それにしてもこのキジ白のソックス、妙に人慣れしている。socks091115-03
「ねえ、君とは初対面のはずだよなぁ」


その人懐こさに負けて、ついついエサを与えてしまう。
socks091115-04
が、おっとりとした食べ方で、飢えている印象は受けない。


その様子を羨ましそうに見つめる茶トラ。
socks+チャトラ091115-02
そこでエサを載せた皿を持ってゆっくりと近づき側に置いてやると、茶トラは
警戒しながらも食べはじめた。



ミケのところに寄ると、ミケは少年にナデナデ、ゴシゴシされていた。
ミケ091115-07
「ミケ、おじさんより若い男の子のほうがいいだろ」


風景091115-03
結局、今日もボスには会えなかった‥‥。






ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます





スポンサーサイト

ミケの同胞達Part5

AM6:35 上空は低い雲に覆われているが、東の空は朱に染まっている。
そして、朝日は雲の僅かな隙間から陽光を放つ。
 
風景091205-01.jpg


今朝も、ミケは柵の外へ迎えに出て来てくれた。
ミケ091205-01.jpg


そのとき、チビのことを話題にしているおばさま方が通りかかった。ミケエリア091205-01.jpg
私がチビが保護された経緯を話すと「可愛かったからね」と納得した様子。


「おはようミケ。しかし相変わらず愛想のない顔してるな‥‥」
ミケ091205-02.jpg


太陽が昇ってきたので、ミケを日向に誘った。
「午後から雨が降るそうだ。今のうちに暖かいお日様浴びておけ」

ミケ091205-03.jpg
ミケは犬への警戒は常に怠らない。


空を見上げると、青空が広がり始めている。
風景091205-02.jpg


そこへ、ゆきママさんがやって来た。
エサを与えようとするが、ミケは無視。そこでゆきママさんは、新しいワザを披露してくれた。
ミケ091205-04.jpg
ミケは“おむすび”に閉口したのか、植込みの中へ逃げ込んだ。
一方ゆきママさんは、地曳網のしらすを買うため足早に帰って行った。



「ミケ、大丈夫か?ゆきママさんは時々大胆なことするからな」
ミケ091205-05.jpg


いつものおばあちゃんは普通のナデナデ。
ミケ091205-06.jpg
しかしミケは“おむすび”のショックが残っているのか、イマイチ反応が鈍い。


上空はさらに青空が広がり、飛行機雲が綺麗に西へ向かって伸びていた
風景091205-03.jpg
しかし、予報では午後から天気が崩れると告げている。


dodoさんの顔を見ると、ミケは擦り寄って行く。
dodoさんも普通のナデナデ、ゴシゴシだ。
ミケ091205-07.jpg
しばしミケと戯れたdodoさんは、撮影のため東へ向かった。


ミケ091205-08.jpg
「ウ、ウインク‥‥?」


フラッシュを使って撮影していると‥‥、
ミケ091205-10.jpg
ミケはおもむろに柵に顔を向けて、撮影されるのを無言で拒絶した。


それからいくら宥めすかしても、振り向いてくれない。どうやら、ミケは機嫌
を完全に損ねたようだ。

ミケ091205-11.jpg
こういう時の最善策は‥‥、しばらくそっとしておくことだ。


私はミケのエサ場をあとにし、ボスエリアへ向かった。
風景091205-04.jpg


ボスは猫兄ちゃんに貰ったエサを食べていた。しかしその食べ方はいかに
も慎重で、一粒一粒味を確かめるように口へ運んでいる。

ボス091205-01.jpg
そして完食することなく、逃げるようにエサから離れてしまった。


で、いつもの頭カリカリ。
ボス091205-02.jpg


そこへ、チビがいた頃にミケのエサ場でよく会っていた女性が立ち寄った。
ボスも顔見知りらしく、盛んに甘えた声で鳴く。、
ボス091205-03.jpg
ボスは、女性から貰った牛乳を美味しそうに飲み干した。


女性が西のエサ場へ行くと言うので、同行することにした。
ボス091205-04.jpg


このエサ場を訪れたのは10月以来になる。
西のエサ場091205-01.jpg


去年の秋初めて会ったとき仔猫だった子が、今は立派なオトナになってい
る。

西のエサ場091205-02.jpg
この二匹は、仔猫のときから仲が良く、いつも一緒にいたのを覚えている。


だがこの子は警戒心が強く、その頃は近づくこともできなかった。
西のエサ場091205-03.jpg
当然、この野良の体をこうやって触るのは今日が初めてになる。


このブチの野良は、初見の時にはすでにオトナだった。
西のエサ場091205-04.jpg
しかし、こんなに太ってはいなかったはずだが‥‥。


改めてこのエリアの野良を観察すると、全員栄養状態が良く丸々と太って
いる。

西のエサ場091205-08.jpg
つまり、それだけ多くの人からエサを貰っているということだ。


去年の秋に撮影した写真を引っぱり出して、確認してみた。
やはり黒ブチは今よりずっと痩せていた。

西のエサ場091205-05.jpg
チビ達はこの1年でホントに大きくなった。


長毛のこの野良は、当時海岸のアイドルだった。
西のエサ場091205-06.jpg


そこへ、元ハンターだったという男性がやって来て、「あなた、よく馴らした
ねぇ」と話しかけてきた。

西のエサ場091205-07.jpg
このハンターさんとの話は、機会があれば後日紹介するつもりだ。


風景091205-05.jpg





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます





ミケの同胞達Part7

AM6:35 湘南海岸の空は、灰色の雲に覆われている。
風景091212-01.jpg
しかし気温はこの時期としては高く、風が吹くと心地良いくらいだ。


ミケは、名を呼ぶ前に植込みから出て来た。
ミケ091212-01.jpg
「ミケ、おはよう。今日も元気そうだな」


今日の爪とぎはあっさりとしたものだ。無論、カメラ目線もなし。
ミケ091212-02.jpg
「なんだよ、あれじゃぁ効果音いれる価値なし」


砂が入り、残り少なくなった水を入れ替えてやる。
ミケ091212-03.jpg


ところがミケはエサを食べたあと、小屋に入ってそのまま出て来なくなった。
ミケ091212-04.jpg
後は向いてないが、昨日とまったく同じだ。
さっき、水を飲む写真をフラッシュを使って撮ったのが嫌だった様だ。



仕方ないので、ミケの機嫌が直るまで風景写真を撮ることにした。
200912121924345b8c.jpg


30分後に戻っても、ミケは小屋の中から動かない。
ミケ091212-05.jpg
「よし、こうなったら持久戦だ。今日は時間がたっぷりあるから、出て来るまで私も帰らないぞ」


それから20分後、猫おばちゃんが来てエサを皿に入れると、ミケはあっさりと小屋から出て来た。
ミケ091212-06.jpg


ミケの損ねた機嫌を直そうと、久し振りのブラッシング。
ミケ091212-07.jpgミケは気持ち良さそうにじっとしている。


でも、頭をブラッシングするとミケの顔に徐々に変化が表れ‥‥、
ミケ091212-08.jpg
何とも言えない表情になる。逃げないでいるということは、ミケは気持ちが良いはずだ。


撮影を終えたdodoさんがやって来て、いつもより長めにナデナデ、ゴシゴシをする。
ミケ091212-09.jpg
ミケも時折、至福の表情を見せる。


ミケ091212-10.jpg
「これから家に帰ってパンをかじったら、すぐに海に入りまーす」と言い残しdodoさんは帰って行った。


風景091212-03.jpg


ボスはぽつねんと海を眺めていた。
私の姿を認めると、ボスの方から近づいてきた。

ボス091212-01.jpg
そこで、頭カリカリをして応えてやる。

試しにエサを与えてみたら、ゆっくりだが口に運び始めた。
ボス091212-02.jpg
最初のエサを完食し、追加分もほぼ完食した。


ボスの体調は徐々に元に戻っているのかも知れない。「ボス、がんばれよ」
ボス091212-03.jpg


天気が急速に回復し、気温も上がってきた。
風景091212-04.jpg
今日は東のエサ場に行く予定だ。予報で昼間の最高気温が19℃にもなると聞いた。
そこで、今着ているダウンジャケットを荷物にしたくないので、一度帰宅して出直すことにする。



AM10:50 予報どおり太陽が昇るにつれて気温もぐんぐん上昇し、汗ばむほどだ。
風景091212-05.jpg


東のエサ場A
初めに姿を現したのは一号だ。

一号091212-01.jpg
そしていきなりの“遊んでちょうだい”ポーズ。


しかしこの一号、かなりの臆病者でちょっとした物音にも驚き、慌ててシートの陰に身を隠す。
一号091212-02.jpg


次に現れたのは、このエサ場で一番人懐こいロクだ。
ロク091212-02.jpg
こいつは、自ら人に近づいて来る。


そのロクの“地面ゴロゴロ”の連続写真。
ロク091212-01.jpg


シートの奥に眼だけ光っている。よく見ると、黒猫の二号だ。
二号091212-01.jpg
この野良は警戒心が強く、決して見知らぬ人間には近づいて来ない。


次のエサ場Bで初めて見る野良がいた。
ソックスやタビと同じキジ白だ。ソックスの父親か‥‥?

父猫?091212-01.jpg
オスかメスかは確認できなかったが、角ばった大きな顔、髭に似た模様などからオスの様な気がする。と、いうよりオスであって欲しい。


そこへ真打のソックスが登場。
この野良に会うのは二週間振りになる。

ソックス091212-01.jpg
名を呼ぶと、自ら近づいて来る。


背中をナデナデ、ゴシゴシしてやる。
ソックス091212-02.jpg


そこへ、偶然ミケのエサ場でときどき顔を合わせる猫好きおじさんが通りかかった。
ソックス091212-03.jpg


ソックスが私の手にじゃれる連続写真。
ソックス091212-04.jpg
私の手の甲に、ソックスの爪による引っかき傷ができたのは言うまでもない。


そして、そのまま体を撫でていると‥‥、
ソックス091212-05.jpg
ソックスは眠ってしまった。
前回も同じことを言ったが、こいつはホントに可愛過ぎる。



ソックス091212-06.jpg
「ソックス、今日はお前と遊べて楽しかったよ。ありがとね」



ソックス091212-07.jpg
「ソックス、また今度な。それまで元気でいろよ」



風景091212-06.jpg


ミケのエサ場に行くと、ミケもこの日の暖かさで気分が良いのか、サイクリングロードまで出て来た。ミケ091212-11.jpg
そして、ミケがお腹を見せて横になろうとしたまさにその時、自転車がエサ場に入って来て、せっかくのシャッターチャンスを逃す。


一言何か言ってやろうと自転車の主を見たら、先週も西のエサ場で会ったボランティアのIおばさんだった。
ミケ091212-12.jpg無論、私は笑顔を見せて「おはようございます」と言った。


その時、東側の植込みから一匹の野良が現れて、ミケのエサ場へ座り込んだ。
すると、Iおばさんが「サンマちゃん、サンマちゃんじゃないの!?」と驚いた声を上げた。

ミケ091212-13.jpg
Iおばさんの声に驚いたのか、縄張りに闖入してきた野良を恐れたのか、ミケはサイクリングロードへ飛び出してしまった。


サンマちゃんとは、先週行った西のエサ場にいたオス猫である。
しかし、Iおばさんも半信半疑の様子。姿を見せなくなって二、三ヶ月になるので、サンマちゃんは死んだと思い、周りの人にもそう言いふらしていた。

ミケ091212-14.jpg
Iおばさんは「やっぱり違う猫かな」などと言い、最後まで確信を持てないまま別の野良にエサを与えに行ってしまった。


西のエサ場の野良なら私も何匹か知っている。この野良にも見覚えがあった。
しかし、その頃より綺麗な猫になっている。毛の艶も以前より良い。

ミケ091212-15.jpg帰宅して以前の写真を探し、今日の写真と比べてみると、間違いなく西のエサ場にいた野良だった。


サイクリングロードに飛び出してから30分後、今度はミケが東側の植込みから姿を現した。
ミケ091212-16.jpg
警戒しながら植込みから出て来て、さっきさんまがいた辺りを凝視するミケ。


ミケはしばらく同じ場所から動かず、自分のエサ場の様子を窺っている。
ミケ091212-17.jpg


柵の外へ出てからも、自分のエサ場を盛んに気にしている。
ミケ091212-18.jpgそして、エサ場の方を向いたまま動かなくなった。


ミケ091212-19.jpg
そのうち、エサ場を向いたまま寝転んでしまった。


ミケ091212-20.jpg
「ミケ、おじさんはこれで帰るけど、あの通りすがりの野良のことは、あまり心配するなよ」


風景091212-07.jpg


風景091212-08.jpg


風景091212-09.jpg
今日は時間を忘れて野良達と遊び、ミケのエサ場ではちょっとしたハプニングで時間を取られ帰宅したのは午後二時半。それから、遅い昼食をとった。





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます







東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~