プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈blogram〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

ミケの同胞達Part3

AM7:25 今朝は遅く家を出たので、日は既に昇っていた。風景091129-01.jpg
抜ける様な青空だ。午後から天気が崩れる予報が信じられない。


ミケは、柵の上にいた。
ミケ091129-01.jpg
私の姿を認めると、柵の外に出てきた。


昨日から防風林の中に干してあったミケのタオルが乾いてないので、日当
たりの良い南側に干し替えた。

ミケ091129-02.jpg
風で飛ばないように上に竹を置き柵の針金で固定した。


そのタオルの下で柵をガリガリするミケ。
ミケ091129-03.jpg
「何だ、そのしたり顔は?」


無防備な格好で毛繕いを始めるが‥‥、
ミケ091129-04.jpg
犬が通ると警戒の目を向ける。


撮る角度によってミケも美人に見えるから不思議だ。
ミケ091129-05.jpg


「これから東のエサ場へ行って、お前の仲間達の様子を見てくるからな」
ミケ091129-06.jpg
「帰りにまた寄るから、待ってろよ」


風景091129-02.jpg


東のエサ場A
手前のエサ場に野良の姿はない。
エサ場A091129-01.jpg


奥のエサ場から六号が現れた。私が呼ぶと、小走りで近づいてきた。クロ091128-01.jpg
私のことを覚えていてくれた様だ。


クロ091128-02.jpg
「六号、お前に勝手に名前を付ける。今日からお前の名は《ロク》だ」
六号だからロクということもあるが、この猫の種類はクロトラ、そのクロを逆読みするとロクになる。
この偶然の符合に気が付いたのは、ごく最近のことだ。メスの名としてはどうかと思ったが、他に浮かばない。


その様子を植え込みから見つめる一対の眼。五号だ。
五号091128-01.jpg
この直後、五号は防風林の奥へ逃げてしまった。


次は東のエサ場B。ここには人懐こいソックスがいる。
しかし、今日は何度呼んでも現れない。このエサ場には四匹の野良がいるはずだが、一匹もいない。
エサ場B091128-01.jpg
しばらく待ってみたが無駄だった。ここまで来てソックスに会えないのは
残念だ。



その時、何気なく近くの防砂林の中を見たら、そこには不似合いな物が眼
に入ってきた。
鮮やかな朱色の鳥居が防風林の中に建っているのだ
八大龍王091128-01.jpg
鳥居の奥に祠はなく『八大龍王』と書かれた石碑が建っている。
後で調べると【八大龍王】とは仏法を守る八体の龍神で、雨や水に関係するとのこと。
熊手や箒などが置かれているところをみると、ここを管理している人がいるわけだ。
しかし、石碑の傍らに置かれた陶器製の人形が、これまた不似合いだ。


今日は休日、天気も今のところは良いので、さらに東にエサ場を求めて行
くことにする。
(どうしてこんなに野良が気になるのか自分でもよく分からない)
風景091128-03.jpg


そのうちに、開けた場所に行き着いた。
風景091128-04.jpg
江ノ島が目と鼻の先だ。そう感じるだけで、実際はまだまだ距離がある。


釣人がやけに多い。
釣果の自慢でもしているのかと思えば、「今日はダメだ」「見ての通りだ」と釣りを諦めている様子。
風景091128-05.jpg
私がエサ場捜しを諦めて、引き返した場所は『S-24』だ。


ミケのエサ場に戻ってみたが、ミケもいない。
ミケエサ場091128-01.jpg
干してあったタオルを小屋の中に敷き直し、その上にクッションを置く。


そういえば、前回この『ミケ』のアップリケに気づかず逆さに撮ってしまった。
「ゆきママさん、ごめんなさい」
ミケクッション091128-01.jpg
今回撮り直しておきます。


最後はいつもボスのところへ行くことにしている。
ボスエリア091128-01.jpg
しかし、そのボスの姿もない。
結局、今日ミケ以外でまともに接することができた野良はロクのみ。
「今日は海岸猫が防砂林の中で集会でもやっているのか?」





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます





スポンサーサイト

臆病猫

湘南海岸‥‥そこは既に夏本番を迎えていた。
風景-01.jpg


私が『東のエサ場』と呼ぶ場所。
ここには10匹ほどの野良が暮らしている。

東のエサ場-02.jpg
そのうちの一匹を紹介しよう。
もうじき顔を出すはずだから‥‥。



こいつは、いつも物陰に隠れている臆病で内気なヤツだ。
東のエサ場-03.jpg
周りをしきりと見回し、自分に危害を加える者がいないか確認している。


しばらくすると、やっと姿を現した。
東のエサ場-04.jpg
しかしよく見ると、耳を後に向け警戒モード継続中だ。


この野良、肥っているせいか、それとも元来そうなのか‥‥、
東のエサ場-05.jpg
ひどく足が短く見える。


この野良には、もうひとつ他の猫にはない特徴がある‥‥。
東のエサ場-06.jpg
それが、この毛繕いのポーズだ。
以前も見たことがあるが、何かに縋って毛繕いをする。



そして見知らぬ人間を目にすると、毛繕いを中断する。
東のエサ場-07.jpg
その人間が見えなくなると‥‥、


すぐに同じポーズで、毛繕いを再開する。
東のエサ場-08.jpg
このように、こいつは臆病で内気な野良である。


この野良がどうしてこれほど臆病になったのか、それには理由があった‥‥。
東のエサ場-09.jpg
その理由を知ったとき、思わず息を呑んでしまったことを今でもはっきり覚えている。


しばらくすると、臆病猫は再び元いた物陰に隠れてしまった。
東のエサ場-10.jpg
そこへ、新たな野良が現れた。


私を見つめる、その野良の眼は険しいものだった。
東のエサ場-11.jpg
果たしてこいつの性格は、臆病なのか、それとも豪胆なのか‥‥。





本日のミリオン
いつもの場所にミリオンの姿は‥‥なかった。

ミリオン-01.jpg
ミリオンがエサ場から出歩くことは、ほとんどないはずだが‥‥


奥のねぐらも覗いてみたが‥‥
ミリオン-02.jpg
ミリオンの姿はどこにもなかった。





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます





テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

臆病猫 その弐

東のエサ場
東のエサ場-12.jpg


私が再度レンズを向けると、その野良は材木の陰に引き返してしまった。
東のエサ場-13.jpg
そして、そこからこちらの様子を窺いはじめた。


そこで私は左へ廻りこみ、その野良と相対した。
東のエサ場-14.jpg
ある程度の距離を保てば撮影はOKのようだ。


その時、ひとりの女性がエサ場に現れた。
すると、臆病猫がすぐにあとを追った。
そして私が以前『ロク』と名づけた野良もどこからか現れ、その女性の許へ急いだ。

東のエサ場-15.jpg
どうやらこの女性は、このエサ場を担当するボランティアのようだ。


ロクと臆病猫がエサに食らいついた。
東のエサ場-16.jpg
エサ場の奥から貫禄ある野良が悠然と歩いてきた。
この野良とは、これが初見だ。



東のエサ場-17.jpg


どこのエサ場でもそうだが、ボランティアの人が来るとカラスが集まってくる。
カラスはちゃんと憶えているのだ‥‥エサを持ってくる人の顔を‥‥

東のエサ場-18.jpg
そのことを熟知しているその女性は、カラスにもエサを与えた。
ところが何を思ったのか、先ほどの貫禄猫がそのエサにつられてカラスに近づいていく。



その女性が声をかけると、貫禄猫はちらりと振り返った。
東のエサ場-19.jpg
しかし貫禄猫は、その制止を聞かず、カラスと奪い合うようにエサを食べはじめた。
この野良、貫禄あるのは体だけではないようだ‥‥



この女性の名は、他のボランティアの人から何度も聞かされていた。
東のエサ場-20.jpg
Kさんは、野良の世話をはじめて8年ほどになると言う。
このエサ場は野良の数が多いから、その世話も大変だと思われた。



私達はしばらくその場で話しこんだ。
東のエサ場-21.jpg
そのうちKさんの話が、この臆病猫に及んだ。
この野良は、過去にとんでもない経験をしていた‥‥



臆病猫はミケと全く同じ危難に遭っていたのだ。
東のエサ場-22.jpg
ミケの場合は首だったが、臆病猫は頭だった‥‥
そのボウガンの矢は、この小さな頭を射抜いていたと言う。
さらにKさんは言った「私が矢を抜こうとしても抜けなかったの」と。
結局病院で矢を抜いてもらったそうだ。



そんな経験をしたら臆病になって当たり前だ。
東のエサ場-23.jpg


この野良は最後まで私を警戒して、近づいてこなかった。
東のエサ場-24.jpg
「それでいい」


「お前もそうだ‥‥」
東のエサ場-25.jpg
これからも臆病でいた方がいい。「見知らぬ人が近づいて来たら、逃げろよ‥‥いいな、臆病猫‥‥」





今日、私はある人に会うため、久し振りに早朝の海岸へ足を運んだ。
風景-01.jpg
約束を交わした訳ではないが、運よくその人と会うことができた。


さらに、昨日姿を見せなかったミリオンにも会えた。
ミリオン-01.jpg
「ミリオン、昨日はどこへ行ってたんだ、心配したぞ」


そう言った私を、ミリオンはクールな眼で見返した。
ミリオン-02.jpg
そして私の目の前で毛繕いする余裕をみせた。





今日の午後、ミケに逢うため、ひとりの若い女性が東京からやって来た。
ミケエリア-01.jpg
この続きは、明日にでも紹介するつもりだ。





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます







東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~