プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈blogram〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

ミリオンの変化

今日、このブログでミケのことをずっと見守っていたふたりの女性がミケに逢いにきた。
東京に住むふたりがミケに会うのは、今日が初めてだ。

100731-01.jpg
私も、おなかさん(左)、はなさん(右)とはコメントやメールのやり取りで知っていたが、直接会うのは今日が初めてだ。


今年の5月、ふたりはミケとサンマに逢いにくる予定だったが、都合が悪くなり延期した。
その直後だった、サンマが犬に咬まれ大怪我をしたのは。
そしてそれをきっかけにミケが腎臓を悪化させ、虹の橋を渡ってしまった。
ふたりが生前のミケに逢うことは、ついに叶わなかった。

100731-02.jpg
今日もK夫妻がミケの世話のため、エサ場を訪れていた。
何故かKおばさんの姿を撮っていなかった。


はなさんとおなかさんは、ミケとサンマが暮らした場所を興味深そうに見ていた。
100731-03.jpg
そしてミケが好んだ場所、日向ぼっこデッキも。


それから私たちは、曇り空の湘南海岸を西へ向かっていった。
100731-04.jpg



重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
ミリオンは、今日も薬入りのチーズを素直に嚥下した。
はなさんとおなかさんとは初対面だが、何故かミリオンはすんなりとふたりを受け入れた。

100731-05.jpg
エサを眼の前にしたからか、


ミリオンの食欲は旺盛だった。
100731-06.jpg
エサは毎日何人かから貰っているはずだが、最初の猫缶をあっと言う間に平らげた。


ミリオンは、お代わりを貰った。
100731-07.jpg


はなさんが、ミリオンを優しく撫ではじめた。
100731-08.jpg
気持ち良いのか、ミリオンは目を細めうっとりした表情を作った。


今度は、おなかさんがミリオンの咽を撫でる。
100731-09.jpg
するとミリオンは眼を閉じ、咽を鳴らしはじめた。


100731-10.jpg
そして、ついには撫でられながら食事をするという、人間でも滅多にない厚遇を受けた。


それからしばらくの間、ミリオンは優しい四つの手で撫でられつづけた。
100731-11.jpg
私はこの時、ミリオンのある変化に気づいていた。


ミリオンは今日、右耳をほとんど引掻いていない。
100731-12.jpg
さらに、頭を振る回数も激減していた。


早くも薬の効果が表れたのか‥‥?
100731-13.jpg
そんなことを思い巡らしているうちに、ミリオンはすっかりふたりに懐いてしまった。
私は、軽い嫉妬を覚えた。


この続きは後日紹介します。





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます





スポンサーサイト

病魔と闘う猫 その壱『出逢い』

2011年1月6日、この診察台で一匹の野良が手術を受けた。
病院110105-01.jpg
その手術は困難を極めたという‥‥




私がこの野良の存在を知ったのは、2008年の秋だった‥‥




2008年秋
その頃の私は、夕刻の海岸散策を日課にしていた。
それは『西のエサ場』へ通うためでもあった。

西のエサ場08-01.jpg
当時の『西のエサ場』は、十数匹の野良が暮らす大所帯のエサ場だった。
だが、ここにいた野良のほとんどは、この後行方知れずになる。
よく見ると、ブッチの側にサンマがいる。



右の長毛の子は私が『モップ』と名づけたが、2010年の春に突然海岸から姿を消した。
西のエサ場08-02.jpg
これは、寒さを凌ぐための『猫だんご』だ。一番奥にサンマの顔が見える。




その野良の名は、当時のボランティアの人たちから幾度も聞かされていたが、私の散歩コースから遠く離れていたのでなかなか逢えずにいた。





その年の晩秋、私はその野良のエサ場へ初めて足を延ばした。
ミリオン08-01.jpg
しかし警戒心の強いその野良は、植込みの奥へ身を隠し近づいてくることはなかった。


私とその野良の出逢いは、こうしてあっけなく終わった。
海岸100714-04.jpg
その後も数回訪ねてみたが、顔を見ることも叶わなかった。




2009年春、睡眠障害が悪化した私は、日課としていた海岸散策をやめた。
そしてその野良のことは、いつしか記憶の深奥に埋没してしまった。






私が海岸散策を再開したのは、その年の晩夏だった。
海岸100714-06.jpg
睡眠剤を服用しても眠れない私は、それならばと早朝の海岸へ足を運んだのだ。


そして私は、ミケとチビという二匹の野良と邂逅した。
ミケ&チビ.jpg
私がこのブログを始めたのは、この野良たちに巡り合ったのがきっかけだ。





そして晩秋‥‥私は1年ぶりにあの野良に逢いにいった。
その時の衝撃を、私は未だに忘れられない‥‥






何故なら、その野良には右耳が無かったからだ。





『ミリオン』‥‥それがその野良の名だった。
ミリオン09-01.jpg
ミリオンは右の耳殻を全て失っていた。


私が与えたカリカリを、ミリオンは用心深く口に運んだ。
ミリオン09-02.jpg
時折私に警戒の眼を向ける。


ミリオン09-03.jpg
カリカリを食べ終えたミリオンは、潅木の陰へ身を隠し私の顔をしげしげと見つめた。


私はこの時、耳疥癬に罹ったミリオンが、その痒さのため自分で右耳を削ぎ落としたのだろうと思った。
ミリオン09-04.jpg
しかしミリオンの病名は、私の想像とは違っていた。





ミリオンの右耳は、耳疥癬より重度な病魔に侵されていたのだ。
そのことを、私はずっと後になってから知ることになる。






<つづく>





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます





病魔と闘う猫 その弐『診断』

ミリオンの耳の状態を知った私は、彼女に係わる人たちと遇う度に、話を訊いた。
すると幾人かの人から「医者に診てもらっている」「薬を与えている」という応えが返ってきた。
私は安心したと同時に、世話をしている人がいるなら口を出す必要はないと思った。





だが実際にはこんな事実は一切無く、ミリオンが医師の治療を受けているというのは”嘘”だったのだ。
エサ場09-01.jpg
いったい誰が何のために、こんな嘘の情報を流布したのか!?その時には”ある男性”ということしか分からなかった‥‥




ともかく、この時失った時間は実に貴重で、なお且つ取り返しがつかないモノとなった。


しかし私は真相を知らなかった‥‥この時はまだ‥‥




その後の私は、毎日ミケのエサ場へ通い、ミケとサンマの日常観察に没頭することになる。
海岸100714-07.jpg
そして半年が過ぎようとした時だった‥‥あの惨劇が起こったのは。


2010年6月1日‥‥リードを離された飼い犬にサンマが襲われ全治1カ月の重傷を負った。
サンマ10-01.jpg



2010年6月27日‥‥サンマの惨事を目撃したミケが腎不全を悪化させ、永久(とわ)の眠りに就いた。
ミケ10-01.jpg
ブログの主役である野良二匹をほぼ同時に失った私は、ブログの継続を諦めかけていた。




しかしミケから恩を受けたままではどうしても得心がゆかない私は、ブログ継続を決意した。




湘南海岸に棲む野良は他にも沢山いた。私はそれらの野良を紹介しようと考えたのだ。
海岸100714-08.jpg
そしてもし出来るものなら、ミケの代わりに恩返ししたいと思っていた。




私の念頭にまず浮かんだのが、耳疥癬に苦しむミリオンだった。




久しぶりに訪れた私の姿を見ても、ミリオンは逃げなかった。
ミリオン100711-01.jpg
でも私がいくら話しかけても、妖艶な眼で見つめるだけで、心を開く様子も、またなかった‥‥


ミリオン100711-02.jpg
ミリオンの右耳は、確実に以前見たときより病魔に侵蝕されていた。


加療中であるはずの右耳が何故悪化しているのか‥‥私は不可解でならなかった。
ミリオン100711-04.jpg
この時の記事を見た知人から一通のメールが届いた。
それには、懇意にしている医師にミリオンの耳を診てもらうので、モザイク処理していない写真を送って欲しいとあった。





メールに添付してミリオンの写真を送ってから数日後、私は驚くべき診断結果を知らされた。




海岸100714-01.jpg




ミリオンの右耳は疥癬などではなかった‥‥

『扁平上皮癌』 これがミリオンを苦しめている病魔の正体だった。




<つづく>





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます







東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~