プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
おきてがみ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

献身

6月19日 PM 04:20
私は2日ぶりに海岸を訪れた。ある目的を持って‥‥。

風景100619-01.jpg
休日の海岸は、この時刻でも多くの人で賑わっていた。


皮肉なものだ、会いたいと願ったときには会えず、願っていないと遭遇する。
海を眺める人をよく見ると、Iおばさんだった。この時刻にIおばさんが海岸へ来るのは珍しい。

海岸100619-01b.jpg
実は、このブログにコメントを寄せてくれたニャン丸さんのお母さんとIおばさんは知り合いだった。


ニャン丸さんのお母さんがミケのことをIおばさんに知らせてくれていた。

だから私はここ数日のミケとサンマの様子を簡単に伝えるだけで済んだ。

「もうあのエサ場には行きたくない」とIおばさんが言った。

私もそうだと答えた。


私にはどうしても直接会ってミケの事を伝えたい人がいた。
海岸100619-02.jpg
その人はこの隘路の奥に住んでいる。


私が長靴おじさんの小屋を訪れるのは、これが3回目になる。
先の2回はチビ太郎を届けにきたときだ。
ミケはこのおじさんの小屋でしばらく暮らしていた。その辺の経緯は『ミケの過去』に詳しい。

海岸100619-03.jpg
どうやらおじさんは在宅のようだ。私は小屋に向かって「おじさーん、いるかーい!」と声をかけた。


長靴おじさんは髭を剃っている最中だった。
海岸100619-04.jpg
ミケが重篤であることは、私のブログを見た人から聞いて知っている、とおじさんは言った。
しかし私がブログの記事に未だ書けない診察結果と最近のミケの容態を話すと、おじさんは沈痛な面持ちになった。



最近チビ太郎はおとなしく小屋にいると言う。
海岸100619-05.jpg
「おいチビ太郎、遊び相手がいなくなって寂しいか?」


「お前も犬には気をつけろよ」
こうしてチビ太郎に触れるのは長靴おじさんが側にいるからだ。

海岸100619-06.jpg


この場所でも毎日白い犬を連れてきてリードを放すヤツがいる、とおじさんは言う。

さらに「その度にコイツは松の木に登るか、俺にしがみつくんだ」と言った。

私が「今度そいつ来たら、怒鳴ってやればいい」と言うと、おじさんは下を向いて黙ってしまった。

怒鳴りたくても怒鳴れないおじさんの弱い立場に思い至った私も同じように口をつぐんだ。



長靴おじさんが名を呼ぶとチビ太郎はすぐに歩み寄っていく。
海岸100619-07.jpg


おじさんはチビ太郎を慣れた手つきで膝に乗せる。
海岸100619-08.jpg
人の膝に乗ったチビ太郎を私は初めて見た。


チビ太郎はおじさんに甘えている。
海岸100619-09.jpg
チビ太郎は知っているのだ。頼れるのはこの人しかいないことを。


海岸100619-10.jpg


チビ太郎は眼を病んでいる。強面に見えるのはそのせいだ。
海岸100619-11.jpg
5年前、長靴おじさんに拾われた仔猫のときからチビ太郎の眼は病んでいたそうだ。
「だから、こいつは捨てられたんだ」とおじさんは吐き捨てるように言った。



幸い進行する病ではないので、チビ太郎が失明するようなことはないと言う。
海岸100619-12.jpg
私たちの話し声を子守唄代わりに、チビ太郎は眠ってしまった。


しばらくして私は長靴おじさんに暇乞いを告げた。
海岸100619-13.jpg
するとおじさんは「もしミケが逝ったら、俺のところへ連れてきてくれないか」と独りごちるように言った。
私は言下に「そうする」と約束した。



おじさんは私の背中に向かって「ありがとね」と言うと、チビ太郎を抱いて小屋へ入っていった。
海岸100619-14.jpg


サイクリングロードでKさんと遭遇する。
海岸100619-15.jpg
それから私達はミケとサンマのことで長い時間話しこんでしまった。


結局、Kさんとの立ち話は1時間近くに及んだ。
風景100619-02.jpg





6月17日 夕刻のつづき。
ブースカさんが帰った直後、再びミケの口から水を催促する音がした。
今度もねこタカイさんがすぐにミケの口元に水を差しだした

ミケ100617-14.jpg
水を飲むときのミケの表情は相変わらず険しい。


おそらくミケは自分の本能のおもむくままに水を飲んでいるのだろう。ただ生きるためだけに。ミケ100617-15.jpg


水を飲み終えたミケは再び力なくソファーに横たわった。
ミケ100617-16.jpg


ミケ100617-17.jpg
ねこタカイさん、こうして朝からひとりミケに付きっ切りで看病をつづけている。
その姿をモニター越しに見ていた私の目頭は、何故だか少し熱くなった。



薄く開かれたミケの眼は何を見ているのだろう‥‥?
ミケ100617-18.jpg
「ミケ、頑張れよ。また私の膝に乗って一緒に海を眺めよう」私は心の中でつぶやいた。


スープ状の食事ならミケは口をつける。
ミケ100617-19.jpg
しかし、ミケはそのスープを残した。


ねこタカイさんがミケの口のまわりを丁寧に拭きとる。
ミケ100617-20.jpg


ミケがそのねこタカイさんを見つめている。
ミケ100617-21.jpg
ミケは分かっているのだろう。献身的に尽くしてくれるねこタカイさんのありがたさが。


その後もミケは眠るわけでもなく、かといって立ち上がるわけでもなく、ただその場に横たわっていた。
ミケ100617-22.jpg


ミケが動くのは尿意を催したときだけだ。
ミケ100617-22-23.jpg
隣に敷かれた専用シートまで歩いていき、そこでオシッコをする。


ミケの可愛い寝姿を見るとよけいに切なさがつのる。
ミケ100617-23.jpg
そこへ仕事を終えたねこみどりさんが帰宅した。ねこみどりさんはすぐにミケの側へ駆け寄ってきた。


タカイ夫妻は毎日協力してミケに点滴をしている。
ミケ100617-24.jpg
でもねこタカイさんはこの点滴が苦手だ。ミケが可哀相でうまく針が刺せないからだ。
この時も、誤って自分の指に針を刺してしまった。
鮮血に染まったねこタカイさんの指を見た私は、胸がいっぱいになった。



点滴を終えたミケにねこみどりさんが優しく語りかけている。
ミケ100617-25.jpg
私は心の中で言った。「ねこみどりさん、ミケは分かっていますよ。おふたりの気持ちを」





以下、ねこタカイさん撮影。
6月17日 PM 09:52
この直後、ねこみどりさんはこのままの格好で眠ってしまった、とあとからねこタカイさんに聞いた。

ミケ100617-26.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




スポンサーサイト


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~