プロフィール

wabi

Author:wabi


2008年にうつ病と診断される。
治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈webはくしゅ〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト




検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

ペットのおうち

この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない







東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

トラウマ

PM 02:55
湘南海岸には数十m置きに、こういう看板が立っている。

ミケエリア100605-01.jpg
しかし、遊歩道やサイクリングロードでリードをしていない犬と何度も遭遇する。
小型犬ならまだしもリードなしの大型犬に近づかれると、私でさえ怯む時がある。
実際、今年の一月三日にミケとサンマは、私の目の前で大型犬の急襲を受けた。
たしか日本の文盲率は世界の中でも低いはず‥‥では何故、リードなしの犬が平然と歩いているのだろう。まさか、ここに住む人たちの文盲率が殊更高いってこともあるまい‥‥
私には、この事がどうしても理解できない。

ちなみに、私は毎日海岸へ行っているが、今まで一度も野良犬を見たことがない。
発症すると死亡率ほぼ100%の狂犬病を持つ可能性がある野良犬を放っておくほど、日本は平和ボケしていないと思っている。



ミケは、昨日と寸分違わない場所にうずくまっていた。
ミケエリア100605-02.jpg
この場所が安全であることを、ミケは知っているのだろう。


私の存在に気づいても、ミケは以前のように擦り寄って来なくなった。
ミケエリア100605-03.jpg
私をチラリと見ただけで、ミケはすぐに眠りに就いた。


今日は、これからミケとサンマの小屋を移動させる。
ミケエリア100605-04.jpg
勿論小屋を移動しても、同じことが二度と起こらないと云う保証はない。
でも、私はそうせずにいられない。サンマのあの惨状を目の当たりにしたからには‥‥



じきにやって来たKおじさんと、小屋の移動作業を始めた。
ミケエリア100605-05.jpg
私たちは、元の場所から必要な物全てを運び出した。


そこへ、あらしさんとKおばさんがやって来た。あらしさんがサンマの近況を話しはじめる。
ミケエリア100605-06.jpg
あらしさんはサンマを毎日病院へ連れて行き、傷の手当を受けている。
その甲斐あって、損傷を受けた箇所には少しずつ肉がついてきているそうだ。
そして、自宅では朝晩飲み薬を与えている。
しかし仕事を抱える身のあらしさんは、十分な看護ができないと悩みを打ち明けた。
本当はサンマを病院に預けたいのだが、そうなると費用の問題に直面すると言う。
私はサンマに直接関わっている人や、このブログを見た人からカンパの申し出があることをあらしさんに伝えた。
しかし、あらしさんは自分の名前や口座番号をネットへ載せることに抵抗を示した。
実は、私もあらしさんの本名を知らされていない。何か良い方法はないものだろうか‥‥



ミケエリア100605-07.jpg
遊歩道から見づらい場所を、私は慎重に探した。


ミケエリア100605-08.jpg
安全性、世話をする人の出入り、日当たりなどを考慮した末、私は小屋を置く場所を決定した。


TANYさんも小屋の移動が気になるのか、しばらく我々の様子を見ていた。
ミケエリア100605-09.jpg


ミケを捜すと、これまた見事に昨日と寸分違わない場所で丸くなっていた。
ミケエリア100605-10.jpg
今のミケにとって、日当たりとか寝心地の良さはどうでもよく、外敵から発見されないことが必須の条件なのだ。


エサ場を訪れた、ねこみどりさんとIke君がそのミケを心配そうに見ている。
ミケエリア100605-11.jpg
猫好きおじさんもミケの様子を見にやって来た。


さらに、以前会ったことのある町田市に住むご夫婦が、二匹のことを心配してエサ場にやって来た。
ミケエリア100605-12.jpg
サンマの怪我のことも、このブログを見て知っていた。


私は昨日同様、植込みにいるミケを抱きかかえ、ねこみどりさんに託した。
ミケエリア100605-13.jpg
しかし、大好きなねこみどりさんに抱っこされても、ミケの表情は険しいままだった。


ねこみどりさんは、ミケに優しく語りかける。
以前のミケは、こういう時小さな声で返事をしていた。

ミケエリア100605-14.jpg
しかし今のミケは、ねこみどりさんの顔を見ることさえできなくなっていた。
自分が今いる、この場所が嫌なのだ。
サンマが襲われたエサ場は、ミケにとって忌避したい場所でしかない。



ミケは逃げるように、防風林の中へ入っていった。
ミケエリア100605-15.jpg
好物であるカツブシのスティックを差し出されても、ミケは見ようともしない。
以前はサンマの分まで食べていたのに‥‥



いったいミケは、あの日何を目撃したのだろう‥‥
ミケエリア100605-16.jpg
いや、ミケ自身もサンマと同じ恐怖を味わったはずだ。
でないと、ミケのこの変わりようを説明できない。



ミケエリア100605-17.jpg


小屋の移動が完了した。
ミケエリア100605-18.jpg


ミケエリア100605-19.jpg
果たして、この小屋へ以前のようにミケとサンマが入ることはあるのだろうか?


ミケがねこみどりさんの膝から跳び降りて、再び植込みの中へ入っていった。
ねこみどりさんの膝からミケ自ら降りるなんて、これが初めてのことだ。

ミケエリア100605-20.jpg
さすがにみんな心配になり、ミケを覗きこんだ。


好物のスティックは半分以上食べたと、ねこみどりさんが教えてくれた。
ミケエリア100605-21.jpg
「Kおじさん、お疲れ様でした」


ミケの心の扉は日毎閉じられているのではないだろうか‥‥?
ミケエリア100605-22.jpg
今夜もミケはここで夜を明かす。
今朝植込みの一番奥から姿を現したミケは、昨夜の雨に打たれて全身びしょ濡れだったと、ゆきママさんから報告を受けた。
さらに、そこへ居合わせたTさんがティッシュでミケを優しく拭いてくれたことも併せて報告してくれた。



ミケエリア100605-23.jpg
ねこみどりさんは、長い間その場から離れようとしなかった。


ミケエリア100605-25.jpg





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます





心の扉

PM 03:20
エサ場にはK夫妻が来ていた。
私が「ミケは?」と尋ねると、Kおばさんが「あそこにいるわよ」と教えてくれた。

ミケエリア100606-01.jpg
いつもの場所に、ミケはいた。
最近のミケは、以前のお気に入りである、よしずの上や、日向ぼっこデッキには一切近づかなくなった。


ミケエリア100606-02.jpg
ミケは明らかに何かを恐れ、警戒している。


ミケの食事の世話を終えたKおじさんは、最後に傘の汚れを落とした。
ミケエリア100606-03.jpg
そしてふたりは、いつものように肩を並べて帰っていった。


K夫妻と入れ違いにTさんがやって来た。Tさんは毎朝このエサ場を訪れている。
昨日の朝は、姿が見えないミケをゆきママさんとふたり、広範囲に渡って捜した。
そして見つけた全身ずぶ濡れのミケを、Tさんがティッシュで優しく拭いたと、ゆきママさんから聞いた。
このTさんも怪我をした野良猫を引き取り、育てている。

ミケエリア100606-04.jpg
そこへ、ウータンさんブースカさん夫妻が来訪した。ふたりは今日、三度目の訪問だと言う。
一度目は店が終わった夜中過ぎ、そして午前中もミケの様子を見に来ていた。
午前中には、やはりミケのことを心配してエサ場へ向かうねこみどりさんと遭遇したと言う。
夜中の訪問時、ミケの姿はどこにもなかった。
ところが、エサ場の前にいると、ミケが浜の方から駆け寄ってきて、ウータンさんの膝の上に乗ってきた。
その時のミケは、昨夜の雨に打たれ全身ずぶ濡れだったそうだ。
それは先月の27日、私が雨の中エサ場を訪れた時と全く同じ状況だった。
すると、ミケは二日続けて雨に濡れそぼっていたことになる。



ミケは知らぬ間に、いつもの植込みへ移動していた。
ミケエリア100606-05.jpg
ふたりは心配そうにミケを見つめている。


私は今日も柵を越えた。そしてミケを抱きかかえ、ブースカさんに託した。
ミケエリア100606-06.jpg
ふたりはミケが安心できる防風林へ入っていった。


そこへ、TANYさんも加わった。TANYさんも毎日ミケの顔を見にやって来る。
ミケエリア100606-07.jpg


ご主人のウータンさんが開店準備のため店へ向かっても、ブースカさんはその場へ残った。
ミケエリア100606-09.jpg
そのブースカさんの膝の上で、ミケは身体を丸くしている。


ミケエリア100606-08.jpg
ブースカさんは、閉じられたミケの心の扉を開けようとしているのだ。


ミケエリア100606-10.jpg


ミケエリア100606-11.jpg


ミケエリア100606-12.jpg
ブースカさんが、ミケを膝に乗せてから既に一時間以上経っていた。


タイムリミットを迎えたブースカさんが、ミケを膝から降ろそうとした。
ミケエリア100606-13.jpg
しかし、ミケは逆らった。そして再びブースカさんの膝にしがみついた。


ミケエリア100606-14.jpg
ブースカさんは「ねこみどりさんの気持ちがよく分かります」と言った。
ねこみどりさんは以前私にこう言った「夕方ミケちゃんを膝に乗せると切なくなるの」と。


再びブースカさんが、ミケを膝から降ろそうと試みた。
ミケエリア100606-15.jpg
ミケは必死に抵抗する。


ミケエリア100606-16.jpg
「夕方ミケちゃんを膝に乗せると切なくなるの」
私の頭の中で、ねこみどりさんの言葉がリフレインする。



ブースカさん、三度目の試み。
ミケエリア100606-17.jpg
ミケの滑稽な姿を見ても、私は笑うことができなかった。


ブースカさんも笑顔を見せているが、笑ってはいない。
ミケエリア100606-18.jpg
真っ暗な砂浜で独り雨に打たれていたミケを知るブースカさんは、いつまでもミケを抱いてあげたいのだ。


ミケエリア100606-19.jpg


ブースカさんは、ご主人の待つ店へ小走りで向かって行った。
ミケエリア100606-20.jpg


残されたミケは、いつもの場所にうずくまった。
ミケエリア100606-27.jpg
ミケの心の扉を開く鍵はどこにあるのだろう。


ふと前方を見ると、チビ太郎がいた。
ミケエリア100606-29.jpg
長靴おじさんの飼い猫チビ太郎は、サンマのライバルである。


ミケエリア100606-30.jpg
私はチビ太郎に近づき、言った。「サンマはいないよ。犬に咬まれて大怪我したんだ」


「チビ太郎、お前も気をつけろよ」
ミケエリア100606-31.jpg
チビ太郎が私の足元にうずくまった。私はそんなチビ太郎をしばらく撫でてやった。


風景100606-01.jpg





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます





乾き

昨夜遅く、あらしさんから一通のメールが届いた。



そのメールに添付された写真には、一匹の猫が写っていた。



写真の猫は、こちらに背を向けて寝ているので表情を窺うことはできない。



しかし、きっと安らかな表情で眠っているに違いないと、私は思った。











サンマ近影100607-01.jpg
サンマは今、病院で借りた大型犬用のケージの中で暮らしている。
その中にはトイレ、エサ、水、そして寝床がある。
通院によるストレスを軽減させるため、病院には数日置きに通っていると言う。
傷の手当はあらしさんがしている。
食欲はかなり戻り、よく眠っているそうだ。夜はイビキをかいていると言う。
医者からも、思ったより治りが早いかもしれないと言われたそうだ。
右の写真は、サンマの自宅用治療セットだ。
抗生物質の飲み薬、傷口を洗うスポイド、化膿止めの塗り薬、そして包帯‥‥

でも、その中に傷ついたサンマの心を治す薬はなかった。




PM 03:30
今や定席となった植込みに、ミケはいた。

ミケエリア100607-01.jpg


ミケが私の姿を認め、顔を上げた。
ミケエリア100607-02.jpg
ミケの表情は今日も冴えない。


ややあって、ミケは私の存在を無視するように再び眼を閉じた。
ミケエリア100607-03.jpg
私は今日も柵を越えた。


そしてミケを膝に乗せた。
ミケエリア100607-04.jpg


私はそのまま柵越しに海を眺めることにした。
その間サイクリングロードを、何人もの人が行き交った。

ミケエリア100607-05.jpg
道行く人からは私の頭しか見えない。
その人達の反応は‥‥一瞬驚く、奇異な目で見る、慌てて目を逸らすなど、様々だ。
私はそういう人達の表情も、景色と一緒に楽しんだ。



今日も、近くで重機が砂を掘っていた。
ミケエリア100607-06.jpg
その重機が時折大きな音を立てる。


するとミケは、その度に体をビクンと震わせる。
ミケエリア100607-07.jpg
そのミケの怯えが、私の膝に直接伝わってきた。


そこへ現れたK夫妻にミケを手渡した。
ミケエリア100607-08.jpg


Kおじさんがミケのために新しい缶詰を開けたが、ミケは見ようともしない。
ミケエリア100607-10.jpg
ミケが満腹なのか、それとも食欲が失せているのか‥‥その時の私には分からなかった。


Kおじさんも、そんなミケの様子を見て心配顔だ。
ミケエリア100607-11.jpg
水だけはたっぷりと飲むが、エサに口をつけることは、ついになかった。


K夫妻と入れ違うようにTANYさんがやって来た。
そして地面へ腰を下ろし、ミケを膝に乗せた。

ミケエリア100607-12.jpg



ミケエリア100607-13.jpg



ミケエリア100607-14.jpg
「ここを揉んでやると猫は喜ぶんですよ」とTANYさんは言い、ミケの首を優しく揉みはじめた。


ねこみどりさんが、ミケの好物であるカツブシのスティックを持ってきた。
ミケエリア100607-15.jpg
しかし、ミケは見つめるだけで口をつけようとしない。


そこで、ねこみどりさんは持参してきたトレーにスティックを移し、ミケの眼の前に置いた。
ミケエリア100607-16.jpg
そのねこみどりさんを、ミケは申し訳なさそうな眼で見つめている。


この時も、ミケは水だけを飲み‥‥
ミケエリア100607-17.jpg
TANYさんの膝へ駆け登っていった。


ミケエリア100607-18.jpg
その様子を見た私は知った‥‥ミケの食欲が失せていることを。


ねこみどりさんも、ミケの変わりように戸惑い気味だ。
ミケエリア100607-19.jpg
その時、TANYさんが「ミケの鼻、乾いてますね。病気かもしれませんよ」と言った。


TANYさんは「ミケ、食べないとお前死んじゃうよ」と言いながら、ミケを再びエサの前に連れていった。
ミケエリア100607-20.jpg
しかし、ミケは頑として好物に口をつけなかった。


「それじゃ、また」と言って、TANYさんは帰っていった。
ミケエリア100607-21.jpg


ミケエリア100607-22.jpg
ミケは、ねこみどりさんに委ねられた。


ミケエリア100607-23.jpg
しばらくすると、ミケは寝息を立てはじめた。


ミケエリア100607-24.jpg


Ike君のお母さんが、ミケを心配して訪ねてきていた。
ミケエリア100607-25.jpg
サンマの事は、このブログを見て知ったと言う。


ミケエリア100607-26.jpg
猫好きおじさんは、日に何度もミケの様子を見にくる。
「昼間エサをやったけど、ミケは食べなかった」とおじさんは言った。



以前にも書いたが、猫も夢を見ると、私は信じている。
ミケエリア100607-27.jpg
ねこみどりさんの膝で眠るミケがどんな夢を見ているのか‥‥知る由もないが‥‥


ミケエリア100607-28.jpg


ミケエリア100607-29.jpg
せめて夢の中だけは平穏であってほしいと、私は切願した。


風景100607-01.jpg





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます







東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~