プロフィール

wabi

Author:wabi


2008年にうつ病と診断される。
治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈webはくしゅ〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト




検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

ペットのおうち

この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない







東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

葉っぱの首輪

PM03:30
夏日を記録した湘南海岸には紺碧の空から強い陽射しが降りそそぎ、夏に逆戻りした錯覚をおぼえる。

海岸101011-01.jpg


捨て猫の茶トラ
私がいくら呼んでも出てこなかった茶トラが、どこからともなく姿を現した。
茶トラ101011-01.jpg
それは、心を許したこの女性の訪問を知ったからだった。


茶トラ101011-02.jpg
今日もチクワを手ずから貰う茶トラ。


茶トラ101011-03.jpg
この女性は親しみをこめて茶トラのことを「チャチャ」と呼び、茶トラもその呼びかけに応える。


茶トラ101011-04.jpg
食事が終わったら、お遊びタイムの始まりだ。


茶トラ101011-06.jpg
猫じゃらし代わりに草を眼の前へ差し出すと‥‥


すぐに茶トラは反応した。
茶トラ101011-06-07.jpg
まだまだ遊び盛りのこの幼い野良にも同い年の兄弟がいたはず‥‥


茶トラ101011-07.jpg
捨てられずに家猫のままでいたら毎日遊んでくれただろう兄弟を、茶トラは思い出しているのかもしれない。


女性が歩くと茶トラも歩調を合わせてついていく。
茶トラ101011-08.jpg
そして女性が立ち止まると、茶トラも立ち止まる。


茶トラ101011-09.jpg
その様子を見ていた私の目には、まるで生き別れた母猫の面影を茶トラが追っているように映った。


茶トラは女性から素敵なプレゼントを貰った。
茶トラ101011-10.jpg
それは葉っぱの首輪だった。
そうされても茶トラは嫌がりはしないが、何故か寂しげな表情でこちらを見た。










これから数分間の写真は、1枚もない。

理由は私にその余裕が全くなかったからだ。

茶トラが心から信頼しているその女性に協力を頼み、私は茶トラの捕獲を試みた。

この茶トラの里親が見つかったからだ。

しかし幼い野良の必死の抵抗は想像以上で、危うく取り逃がすところだった。

用意した洗濯ネットに押し込める時、私は渾身の力を振り絞った‥‥

それくらい茶トラの力は強かった。












キャリーケースの中に囚われてからも、茶トラは怒りの鳴き声を上げつづけた。
茶トラ101011-11.jpg
捕獲の際、女性は茶トラの牙で手に傷を負ってしまった。
私の手渡したティッシュが鮮血でみるみる染まっていく。
可愛がっていた茶トラの信頼を失うだけでも彼女にとっては苦痛だったはず‥‥。
彼女の心中を忖度するにつけ、私は本当に申し訳なかったと心から思い、そして感謝した。



茶トラ101011-12.jpg
この捕獲にはTさんも協力してくれていた。洗濯ネットもキャリーケースもTさんが用意したものだ。


茶トラと最後の別れをする際「野に暮らしても良いことないのよ」と諭すように彼女は言った。
茶トラ101011-13.jpg
そして1度もふり返らず、その場をあとにした。


その女性の後ろ姿を見送った茶トラは、悲しげな声で泣きつづけた。
茶トラ101011-14.jpg
しばらくすると泣き疲れたのか、茶トラは無言で女性が去った方を見つめるだけになった。


茶トラはこれから自分がどうなるのか、その運命を、まだ知らない。
茶トラ101011-15.jpg
私はそんな茶トラに言った。
「お前はもう冷たい雨に濡れることも、凍てつく風に震えることもないんだよ」





重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
茶トラを里親さんに届けるため、今日はミリオンのエサ場へ行くことができなかった。
しかしゆきママさんから、午前9時頃訪ねたらエサ場の奥にいて食欲もあったという報告が届いている。






ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます







東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~