プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈blogram〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

釣り餌屋前

今日の湘南海岸には7~8m/sの強い海風が吹きつけていた。
沖合いに目をやると、色取り取りのセイルが海上を滑走しているのが見えた。

海岸100814-01.jpg


海岸100814-02.jpg
その海風に煽られた砂が、勢いよく北へ飛んでいく。


重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
激しい海風を嫌ってか、ミリオンは防砂林の奥でうずくまっていた。
ミリオン100814-01.jpg
私が名を呼んでも、その場から離れようとしない。
そこは潅木とネットに挟まれた狭い場所で、私は容易に近づけなかった。
私は、仕方なくネットの外で待つことにした。



しばらくすると、ミリオンが防砂ネットから出てきた。
ミリオン100814-02.jpg
そして甘えた鳴き声を上げ、私の側にきてうずくまった。


ミリオン100814-03.jpg
今日も薬入りのチーズを、素直に食べてくれた。


猛烈な海風が、ミリオンの毛を逆立てている。
ミリオン100814-04.jpg
見かねた私は、ミリオンを抱いてエサ場の中へ入った。


ミリオン100814-05.jpg
すると、ミリオンは海風が適度に吹き込むエサ場の入口で、気持ち良さそうに涼を取りはじめた。





釣り餌屋前
釣り餌屋82-01.jpg
最初、先日同様夫婦猫だけしかいないと思っていた。


ところが、私が近づくと車の下から仔猫が姿を現した。
釣り餌屋82-02.jpg
臆病なこの子は、外へ出ることも珍しいので意外な感じがした。
ふと横を見ると、車の下に白いモノが見えた。



シャムミックスの仔猫だ。
釣り餌屋82-03.jpg
私が車の下を覗くと、つぶらな瞳とかち合った。


釣り餌屋の人から『シロ』と呼ばれる仔猫は、やおら伸びをした。
釣り餌屋82-04.jpg
そして車の下から出てくると、『トラ』と呼ばれる兄弟とポーズを揃えた。


釣り餌屋82-05.jpg
トラは横になったまま、アクビと一緒に大きな伸びをした。


釣り餌屋82-06.jpg
生後2ヶ月のシロは、この世界をどう感じているのだろう。


そしてそのつぶらな瞳で、いったい何を学んでいるのか‥‥?
釣り餌屋82-07.jpg
両親と暮らす間に、多くの生きる術を学んで欲しいと、願わずにはいられない。


釣り餌屋82-08.jpg
この子が5年後、10年後どこでどうしているのか‥‥私には分からない。


釣り餌屋82-09.jpg
父猫の足を枕にして、トラは盛んに甘えている。


釣り餌屋82-10.jpg
シロはさっきから、私が構えるカメラに興味津々の様子だ。
カメラから出る音に何度も反応する。



釣り餌屋82-12.jpg
私のカメラに飽きると、シロの興味は周囲の景色に移った。





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます





スポンサーサイト

戯れる猫

今日は盂蘭盆‥‥。しかしサーファーたちには全く関係ないようだ、
海岸100815-01.jpg



重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
ミリオンは、昨日と全く同じ場所にいた。
ミリオン100815-01.jpg
今日も私が名を何度呼んでも、ミリオンはその場から出てこようとしない。
防砂ネットに囲まれた防砂林は蒸し暑く、ジッとしているだけでも汗が出てきた。



どうして、ミリオンはその場から離れないのか?
今日は砂浜でイベントが行われ、人出が多い。そのことが関係しているのかも知れない。

ミリオン100815-02.jpg
私はミリオンが出てくるのをしばらく待ったが、30分経ってもミリオンに動く気配は見られない。今日の薬投与は諦めざるを得なかった。


海岸100815-02.jpg





釣り餌屋前
釣り餌屋82-13.jpg
私は葉っぱを猫じゃらし代わりにして、シロを誘ってみた。


釣り餌屋82-14.jpg
しかし、シロは私の葉っぱにはあまり反応せず、眼の前にある別の葉っぱに戯れはじめた。


釣り餌屋82-15.jpg
そして、時折車の下を振り返った


釣り餌屋82-16.jpg
トラは、まだ父猫に甘えていた。


釣り餌屋82-17.jpg
そこで、父猫に代わって私がシロと遊ぶことにした。


しばらく私の手で遊んだシロは‥‥、
釣り餌屋82-18.jpg
最後に、力強く咬みついた。でも、私には心地よい刺激としか感じなかった。


釣り餌屋82-19.jpg
シロは車の下へ戻り、再びつぶらな瞳で私を見つめた。


釣り餌屋82-20.jpg
だが、シロの興味はすぐ別のモノへと替わった。


釣り餌屋82-22.jpg
母猫は、独り車の側にいた。


釣り餌屋82-23.jpg
母猫のお腹には、授乳の跡が残っている。


そのとき、シロが急接近してきた。
釣り餌屋82-24.jpg
そして時折音を出す、四角いモノを見つめはじめた。
どうやら私のカメラはシロの興味を、まだ惹いていたようだ。



釣り餌屋82-25.jpg
トラは‥‥しつこく父猫に甘えつづけている。




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます





甘える猫

夕刻の湘南海岸‥‥この時刻になっても気温は30℃を超えていた。
海岸100816-01.jpg



重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
ミリオン100816-01.jpg
ミリオンのエサ場には先客がいた。
母娘と思われるこのふたりとは、先日ここで会ったばかりだ。



ミリオン100816-02.jpg
少してこずったが、今日も薬入りチーズを嚥下した。


今日はいつもの薬に加え、耳ダニ駆除の薬を滴下するつもりでいた。
ミリオン100816-03.jpg
そのため、先日その部分の毛をカットしておいた。


しかし、いつもと違う私の行動と、強烈な薬の臭いにミリオンは敏感に反応した。
ミリオンは、エサ場の奥へ逃げこんでしまった。

ミリオン100816-04.jpg
私は辛抱強く、ミリオンが出てくるのを待った。


1時間以上待ったが、ミリオンは私の前に姿を現さなかった。
ミリオン100816-05.jpg
薬は滴下できず、またその薬も無駄にし、さらにミリオンに警戒されると云う最悪の結果になってしまった。
野良の治療がどれほど困難か、私は改めて思い知った。






釣り餌屋前
釣り餌屋82-25-26.jpg
シロが側へ座り込むと‥‥、


母猫は、そのシロのお尻を舐めはじめた。
釣り餌屋82-26.jpg
するとシロは、嬉しいのか、くすぐったいのか判らない表情を作った。


今度は、シロが母猫に擦り寄っていく。
釣り餌屋82-27.jpg

釣り餌屋82-28.jpg
それからしばらく、シロは母猫の足を相手に遊びつづけた。


人間の子供と一緒で、シロに手加減という配慮は、ない。
釣り餌屋82-29.jpg
母猫は疲れた表情で地面に伏せた。


釣り餌屋82-30.jpg
シロもそんな母猫の様子を見て、遊ぶのを諦めたようだ。


その時、トラが車の下から飛び出してきた。
釣り餌屋82-31.jpg
どうやら、車の持ち主が開けたドアの音に驚いたようだ。


釣り餌屋82-32.jpg
それからトラは、車の下から垣間見える足から眼を離さなくなった。


釣り餌屋82-33.jpg
父猫も車の下から出てきたが、虫でも見つけたのか、家族そっちのけでしばらく戯れていた。


その時、私は気配を感じ、何気に後ろを振り返った。
釣り餌屋82-34.jpg
すると野良らしき猫が一匹、ゆっくりと私の目の前を横切っていった。


その猫は、塀の上から4匹家族の様子を窺っている。
釣り餌屋82-35.jpg
よく見ると‥‥、それは船宿エリアにも時折姿を見せる強面猫だった。





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます







東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~