プロフィール

wabi

Author:wabi


2008年にうつ病と診断される。
治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈webはくしゅ〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト




検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

ペットのおうち

この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない







東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

臆病猫 その四

今日は3連休の最終日。
午後4時近いこの時刻になっても、湘南海岸は多くの人で賑わっていた。

風景-01.jpg


私は今日も、ミケに逢いに行き‥‥そして話をした。
ミケエリア-01.jpg
話の内容は、ほとんどが私の愚痴になってしまったので、ここではとても紹介できない。


重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
ミリオンのエサ場には先客がいた。

ミリオン-01.jpg
ミリオンは、貰った猫缶をガツガツと食べていた。


この夫妻とは、ミケのエサ場で何度か会っていた。
ミリオン-02.jpg
月に数回、こうやってミリオンに逢いにくると言う。
ミリオンも、この夫妻に親しみを持っているようだ。



夫妻が去ると、ミリオンはエサ場の中へ戻っていった。
ミリオン-03.jpg
そして、再びエサに食らいついた。
私はミリオンの食欲旺盛な様子を見て、思わず微笑んだ。






私は、臆病猫にもエサを与えてみた。
東のエサ場-10.jpg
すると、まず右を見て‥‥


次に、左を見て‥‥
東のエサ場-11.jpg
そして、やっとエサへ口をつけた。


この臆病猫は、常にビクビクと何かに怯えている。
東のエサ場-12.jpg
私は思った‥‥この野良に心安らぐ時はあるのだろうかと‥‥


その臆病猫が、『地面ゴロゴロ』を披露してくれた。
勿論、私は初めて目にする。

東のエサ場-13.jpg
だが、地面ゴロゴロはこれだけで終わりを告げた。
臆病猫と呼ばれる所以が、ここにある。



いつもビクビクしているこの野良を、私はいつしか『ビク』と呼んでいた。
東のエサ場-14.jpg
『ビク』‥‥その謂れを本人が知ったら嫌がるだろうが、私の乏しい語彙からはこれ以上の呼び名は浮かんでこない気がした。


と云うことで、今日からこの野良のことを『ビク』と呼ぶことにした。
東のエサ場-15.jpg
ちなみに、ビクはレディーだ。
ビク自身は捨て猫ではなく‥‥捨て猫の母から生まれた。



だからビクは人の温もりを、ほとんど知らずに育った。
東のエサ場-16.jpg
ただ、ビク本人がそれを望んでいるかどうかは‥‥まだ、分からない‥‥


その時、ウォーキング中の人が休憩のためエサ場に入ってきた。
東のエサ場-17.jpg
ビクは、固まった。


東のエサ場-18.jpg
私がちょっと目を離している隙に、人もビクも姿を消していた。


ときどき間の抜けた隠れ方をするが、総じて猫は隠れるのが巧い。
東のエサ場-19.jpg
私は、敢えてビクを捜さなかった。





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます





大胆な臆病猫

今日は防災の日‥‥しかし湘南海岸に、それを感じさせるものは何もない。
厳しい残暑のなか、海で興じる人が僅かにいるばかりだ。

海岸100901-01.jpg


海岸100901-02.jpg
海の家の解体が始まっていた‥‥数日もすると、ここは元の砂浜に戻る。


重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
今日も、ミリオンが姿を現すことはなかった。
ミリオン100901-01.jpg
ゆきママさんからの報告によると‥‥
昨日は、TNさんがハムに巻いた薬をミリオンに与えたら一飲みしたとあった。
そして今朝は、ゆきママさんがチーズに包んだ薬の投与に成功している。






東のエサ場
東のエサ場811-01.jpg
臆病猫のビクが、私を迎えるように姿を見せた。


そして、私が写真を撮るためしゃがむと‥‥
東のエサ場811-02.jpg
私の足元に擦り寄ってくる。


いかにも撫でて欲しそうな態度を見ると、撮影は一時ストップせざるを得ない。
東のエサ場811-03.jpg
最近は、いつもこんな調子だ‥‥ミケもそうだったが、慣れ過ぎた野良は被写体に適さない。


その時、私達のすぐ側に一羽のカラスが、いきなり舞い降りてきた。
東のエサ場811-04.jpg
そして小さく跳ねながら、エサ場へ近づいていった。


どうやら、野良達の食べ残したエサがないか確かめに来たようだ。
東のエサ場811-05.jpg
何を思ったのか、私の側を離れたビクがそのカラスへ近づいていった。


東のエサ場811-06.jpg
いったいビクは、何をするつもりなのか‥‥?


ビクの様子をしばらく観察していた私は、気づいた‥‥
東のエサ場811-07.jpg
ビクの目的はカラスと同じだ‥‥ビクは、カラスの行動を見てエサが残っていると思ったのだ。


次の瞬間、カラスが大きく羽ばたくと‥‥
東のエサ場811-08.jpg
ビクは大慌てで駆け出した。


ビクがいなくなると、カラスは悠然と地面に下りてきた。
東のエサ場811-09.jpg
そして、ゆっくりとエサ場の探索を再開した。


東のエサ場811-10.jpg
この野良‥‥臆病なくせに時折大胆な行動をとる。


東のエサ場811-12.jpg
道路から死角になるトタンの陰‥‥ビクお気に入りの場所だ。


東のエサ場811-13.jpg
でも、そんな場所にいても、ビクが周囲への警戒を怠ることは‥‥決してない。





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます





2年半振りの再会 (前編)

私はその海岸猫と2年半近く会っていない。

そのあいだに母が他界し実家に長期滞在を強いられたが、神奈川にいる時には幾度かエリアに足を運んでいる。

しかしその海岸猫は一度も私に姿を見せてくれなかった。
出現率の高い猫にもかかわらず、だ。


そしてこの日も無駄足になることを覚悟して、私はその海岸猫の住むエリアに赴いた。


湘南海岸、夕刻。
scenery14Aug04-01c.jpg

scenery14Aug04-02c.jpg

scenery14Aug04-03c.jpg
この日は海岸に向かって強い海風が吹きつけていた。しかし私にとっては追い風となって、いつもより自転車のペダルが軽い。


scenery14Aug04-04c.jpg

scenery14Aug04-05c.jpg
強い風が吹くとサーファーの姿はほとんどなく、海上はウィンドサーファーたちの独壇場と化する。


scenery14Aug04-11d.jpg

scenery14Aug04-12d.jpg


彼らはセイルで海風を巧みに捉えて、海面を滑走していく。そのスピードは50km/h以上にもなる。
scenery14Aug04-09c.jpg

scenery14Aug04-10c.jpg


目的の海岸猫が住んでいると思われる防砂林の中へ、私は足を踏み入れた。
scenery14Aug04-13d.jpg
そして四囲に視線を巡らせながら、ゆっくりと防砂林の奥へ進んでいった。


エリアの中ほどで私はその海岸猫の名を小さな声で呼んでみた。《 聴覚の優れた猫なら聞き取れるはずだ 》
scenery14Aug04-14c.jpg
ややあって、か細い猫の鳴き声が聞こえた。さらに名を呼ぶと再び小さな声で応えてきた。
私は声がした方向に見当をつけて、さらに防砂林の奥へ歩を進めていく。










すると、樹木を背にしてぽつねんと佇んでいる海岸猫の姿が目に入った。
Barea14Aug04-001c.jpg

Barea14Aug04-006c.jpg
“ ビク ” は以前と変わらないころころした体型で私を迎えてくれた。


「ビク、元気だったか‥‥」
この海岸猫が達者でいることは仄聞していたが、やはり自分の目で見ると深い感慨を覚える。

Barea14Aug04-002c.jpg

Barea14Aug04-047c.jpg

Barea14Aug04-003d.jpg
ビクは元々『 東のエサ場 』の住人だった。ところがチビ太郎の出現で、ほかの海岸猫ともども生まれ育ったエリアを離れ去ったのだ。


いつ頃ここに移り住んだのか私は知らないが、今はたった独りでこのエリアで暮らしている。
Barea14Aug04-004c.jpg

Barea14Aug04-005c.jpg
私のことを憶えていたのか、ビクはこちらに歩み寄ってくる。


ところが途中で歩みを止めると‥‥。
Barea14Aug04-048c.jpg

Barea14Aug04-007c.jpg
進路を右にとって私から遠ざかっていった。



Barea14Aug04-008c.jpg
以前のビクは私の姿を認めるとすぐに足許に近づいて来ていた。2年半という空白期間が彼女の頭から私のデータを消去させてしまったのだろうか。


しかしそれなら私から離れていくことはあっても、近づいて来ないはずだ。
Barea14Aug04-009c.jpg

Barea14Aug04-050c.jpg
なんとなれば、この海岸猫は警戒心が強い怯懦な性格を持っているからだ。
その性格ゆえ私は彼女のことを密かに “ 臆病猫のビク ” と呼んでいる。



ビクという名も、いつも何かに怯えたようにびくびくしているから私が付けたものだ。
Barea14Aug04-010c.jpg

Barea14Aug04-011d.jpg

Barea14Aug04-049c.jpg
だから私のことをすっかり忘れた訳ではなく、少なくともビクの頭には私が害意のないニンゲンだというデータだけは残っているようだ。


「そういえば‥‥」私は以前にもビクが同じような態度をとったことを思い出した。
それは父の他界でやはり実家に長期滞在した私が久し振りに東のエサ場を訪ねた時だった。

Barea14Aug04-012c.jpg

Barea14Aug04-013c.jpg
その際のビクも長く顔を見せなかった私に抗議するようにつれない態度で接してきた。
(その時の様子は【5ヶ月ぶりの訪問 その弐】を参照)



こういう場合、私は自分から行動を起こさないと心に決めている。
具体的にはその猫のパーソナルスペースを侵さない十分な距離をとって、けっしてこちらから近づかないようにする。

Barea14Aug04-027d.jpg
そして目を合わさず、こちらもあらぬ方向に視線をやり、素っ気ない態度に徹するのだ。


Barea14Aug04-028c.jpg
これが犬の場合だと対応が全く違ってくる。私は犬も猫同様大好きで、大人しい犬と出会うとつい近づいて頭を撫でてしまう。


世間には “ 犬派 ”“ 猫派 ” という人達がいて、論戦を繰り広げていると聞いているが、私にすれば『 目くそ鼻くそを笑う 』とおっつかっつの内容空疎な争いに思える。
Barea14Aug04-014c.jpg

Barea14Aug04-029c.jpg
犬には犬の、猫には猫の良いところがあり、どちらかを選ぶことなど私にはできない。
飽くまでも偏向した私見だが「自分は○○派だから△△は嫌い」と公言する自称動物好きは似非だと思っている。



「ん?」
ビクの顔にズームで寄った時だった。ビクの目の異常に気付いたのは。

Barea14Aug04-015c.jpg

Barea14Aug04-016d.jpg
眼球の下半分が充血し、大量の目ヤニが目頭に溜まっている。右目ほど酷くはないが、左目にも充血が見られる。


眼病には外傷や異物などが原因の外因性と細菌やウイルスなどが原因の内因性に大別されるという。
Barea14Aug04-026c.jpg
そして内因性なら、感染して両目が冒されるとも聞いている。私に病名が分かるはずもないが、ビクの場合は内因性の眼病の可能性が高い、と思われた。


ただ病状の悪化が進んでいないのか、それとも治癒に向かっているのか、目を気にしている様子は見られない。
Barea14Aug04-017c.jpg

Barea14Aug04-018c.jpg
痒みや痛みがあれば足で引っ掻いたり、目を何かにこすり付けたりするはずだ。


その後もビクはかたくなに私を無視し、目を合わせようともしない。
Barea14Aug04-019c.jpg

Barea14Aug04-020c.jpg
爪研ぎをしている時に目線を貰おうと思って名を呼んでみたが、私に一瞥もくれないのだ。
「こりゃ相当へそを曲げてるな‥‥」私は2年半におよぶ空白の重さを改めて思い知った。



ビクとしては「今頃、何しに来たのよ。目付きの悪い茶トラがエサ場を荒している時に助けに来てくれなかったくせに」とでも言いたいのだろう。
Barea14Aug04-021c.jpg

Barea14Aug04-022c.jpg

Barea14Aug04-023c.jpg
そう言われたら私に返す言葉はない。なんとなれば、私は海岸猫たちを実際的に救う力を殆ど持ち合わせていないからだ。


猫は何者にも媚びへつらわない気高い生き物である。とすれば、これ以上ここに留まっていてもビクは私を以前のように受け容れてくれないだろう。
Barea14Aug04-024c.jpg


《 野良猫がニンゲンに懐かないのは悪いことではない。今回はこのままエリアを離れよう 》
私がそう思った直後だった‥‥。

Barea14Aug04-025c.jpg
ビクが真っ直ぐ私のほうへ近づいてきたのは。


そして私の足許まで来ると、ぴたりと歩みを止めた。
Barea14Aug04-052d.jpg

Barea14Aug04-030c.jpg
この体勢が意味するのは「しばらくじっとしてあげるから、背中を優しく撫でなさい」という彼女の下知である。


久し振りにビクの身体を触ったが、野良猫とは思えない艶やかな毛並みは以前と変わらない。
Barea14Aug04-031c.jpg

Barea14Aug04-032c.jpg

Barea14Aug04-033c.jpg
私はビクを撫でながら《 空白の2年半のあいだに、ビクは私などが想像できない艱難辛苦を経験したんだろうな 》と思った。


〈つづく〉





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます







東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~