プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈blogram〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

マサムネとカポネ

断続的に小雨が降る夕刻の湘南海岸に人影はほとんどなく、凪いだ海へ向かう釣人がいるばかりだった。
海岸100930-01.jpg

海岸100930-02.jpg


重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
ミリオン100930-01.jpg
どこへ出かけたのか、ミリオンの姿は見えず、仄暗いエサ場の中は静まり返っていた。
ただ、今朝届いたゆきママさんからのメールにはミリオンが元気でいたと記されていた。



海岸100930-03.jpg
それにしても、一昨日の夕刻以来姿を見せない幼い黒猫はどこでこの雨をしのいでいるのか、私は気になって仕方がない。





9月某日
船宿921-00.jpg
海の家が跡形もなく姿を消してしまった砂浜に、秋の陽射しが優しく降りそそいでいる。


船宿に続く砂利道へ入ったとたん、私はマサムネと目が合った。
船宿921-01.jpg
そのマサムネに私を歓待する素振りはなく、ただその場に佇んでいた。


ほかの野良は私の顔を見て、そわそわと落ち着かない様子だ。
船宿921-01-02.jpg
とその時、彼らの動きが突然止まり、表情を一変させた。


野良たちの表情は強張り、眼に怯えの色が見える。
船宿921-02.jpg
何かの気配に気づき、私はふり返った。
その私の目に飛び込んできたのは、カポネだった。



カポネは、動揺を隠せない他の野良と堂々と向かい合った。
船宿921-03.jpg
ただ独りマサムネだけは、私と目を合わせた時と同じ姿勢で微動だにしない。


船宿921-04.jpg
やがてカポネがゆっくりと歩を進めはじめた。


船宿921-05.jpg
そうして、まるで測ったかのように皆の真ん中に陣取った。


その態度は威厳に満ち、ある種の風格さえ醸しだしていた。
船宿921-06.jpg
周りにいる野良たちを悠然と見廻すカポネ。


船宿921-07.jpg
皆そのカポネの迫力に気圧され押し黙っている。


カポネがいきなり吼えた‥‥のではなく、大きなアクビをした。
船宿921-08.jpg


だが、ただのアクビでさえ緊張しきっていた野良たちは脅威と感じたようだ。
船宿921-09.jpg
数匹の野良が慌ててカポネとの距離を広げた。


船宿921-10.jpg
カポネはそんな周りの野良たちには眼もくれず、身だしなみのためか、はたまた明日の天気を占っているつもりか、やおら顔を洗いはじめた。


若いコジローは、カポネの貫禄ある態度にすっかり呑まれている。
船宿921-11.jpg
ただこの野良、同じ猫に対しては威勢がいいが、人間には必要以上に怯えすぐシッポを巻く。
私にとってはそれが最大の謎だ。



そんなカポネを放っておいて、私は姿を見せぬクロベエを捜すことにした‥‥
クロベエは難なく見つかった。

船宿921-12.jpg
この青いドラム缶はクロベエのお気に入りだ。
自分の体が無彩色だから敢えて鮮やかな青を選ぶのだろうか‥‥?今度訊いてみよう。



私が振り向くと、野良たちが足元まで近づいて来ていた。
船宿921-13.jpg
コジローも背中にカポネの視線を感じながら、そろりそろりこっちへ近づいてくる。


船宿921-14.jpg
カポネの側には、マサムネとその母である三毛猫が残るだけになった。


緊張で凝った体を大きく伸ばすコジロー。
船宿921-15.jpg
体をほぐし終えたコジローは、カポネの側に残った母と兄を心配そうに見つめはじめた。


船宿921-16.jpg
そんな息子の想いが通じたのか、母が慎重な足取りで近づいてきた。


そうして船宿前に残されたのは、マサムネとカポネだけになった。
船宿921-17.jpg
カポネを大の苦手にしているクロベエには、このまま毛繕いを続けてほしいと、私は思った。


威光を表に出し、ほかの野良とは群れず独りで生きてきたカポネ‥‥
船宿921-18.jpg
あくまでも仲間を想い、身を引くことを美学として生きてきたマサムネ‥‥
まさに対照的な二匹だった。
私はことの成り行きを固唾を飲んで見守った。


<つづく>





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます





スポンサーサイト

マサムネの現実

湘南海岸、夕刻。
午前中晴間を見せていた空には新たな雲が広がり、海岸に暗い影を落としていた。

海岸100929-01.jpg

海岸100929-02.jpg
明日も雨の1日になると予報が告げている。秋の空は、やっぱり気紛れだ。


今日は懐かしいふたつの顔に遭遇した。
まずは、長靴おじさんの飼い猫チビ太郎。ネット越しの再会はちと味気なかったが。
海岸100929-03.jpg
そしてウォーキングを日課としているTANYさん


盛夏の時期も毎日同じ時間に数kmのウォーキングを敢行していたと、TANYさんが教えてくれた。
今日は用事で出かけたため遅くなったと言う。

海岸100929-04.jpg
TANYさんは、6月27日以降も毎日ミケに逢うためエサ場を訪ねている。
もしTANYさんに逢いたければ、午後3時過ぎにミケのところで待っていればいい。



重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
今日もミリオンは姿を現さない。
ミリオン100929-01.jpg
ところが名を呼ぶと、微かな鳴き声がする。
その声がミリオンのものなのか、それとも幼い黒猫のものなのか、私は判らなかった。



私はそっとエサ場の中へ入っていき、声を頼りにその主を捜すと、柵の隅にミリオンを発見した。
ミリオン100929-02.jpg
こんな場所にいるミリオンを見るのは初めてのことだった。


声をかけても何かに怯えているかのように、ミリオンはその場から動こうとしない。
ミリオン100929-03.jpg
昨日ここいた幼い黒猫がミリオンの怯えの原因かも知れないと、このとき私は思った。


3日前に猫の影を目撃した防風ネットの裂け目。
ミリオン100929-04.jpg
そこはまるで原生林のような様相を呈していた。
ここに幼い黒猫が潜んでいるかもしれないと思うと何だか心が痛んだ。



海岸100929-05.jpg
ミリオンの無事を確認できたのは良かったが、いつもと違う様子に一抹の不安が残った。





船宿エリア
船宿902-28.jpg
マサムネは悲しそうな表情で、彼方の海を眺めるクロベエをただ見上げている。


コジローとクロベエの兄であるマサムネ‥‥
船宿902-29.jpg
そのマサムネも高みに登って、兄弟と一緒に夕映えの海を眺めたいと思っているはず。


軽トラに前足をかけ荷台を覗こうとしたマサムネだが、その視線はあまりに低すぎた。
私の思ったとおり、やはりマサムネも軽トラへ跳び乗りたいのだ。

船宿902-30.jpg
そして弟と一緒に海を眺めたいのだ‥‥


だがマサムネは軽トラに跳び乗ることを諦め、独り広い駐車場の真ん中へ進んでいった。
でもそこから海を眺めることは、できない。

船宿902-31.jpg
さっきまでマサムネが昼寝をしていた水上バイク‥‥あれより高いところに登るマサムネを、私はついぞ見たことがない。


船宿902-32.jpg
コジローは兄の想いなど我関せずと、屋根の上で眠っている。


マサムネは自分の視線が届かないところには登りたくても登れないのだ‥‥
船宿902-33.jpg
それは距離感が掴めない隻眼ゆえの悲しい現実。


船宿902-34.jpg


マサムネは富士の頂に沈む太陽や朝靄に煙る江ノ島を見たことがあるのだろうか‥‥?
船宿902-35.jpg
私はいつか、どこかの高みからマサムネと一緒にそれらを眺めたいと思った。


船宿902-36.jpg




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます





海を眺望する猫

湘南海岸、夕刻。
昨日から降り続いた雨は昼頃に止んだが、灰色の雲がまだ上空に居座っていた。

海岸100928-01.jpg

海岸100928-02.jpg
西の空に目をやると、雲の切れ目から柔らかな陽射しが差し込んでいるのが見えた。


砂浜に下りようとした時、Kおばさんに声をかけられた。
海岸100928-00.jpg
ところが声をかけたKおばさんは、挨拶もそこそこにミケのエサ場へと足早に向かっていった。
Kおじさんと私は、Kおばさんの後ろ姿を見送りながら時候の挨拶を交わした。



重度の耳疥癬に苦しむ白猫、ミリオン
今日もミリオンの姿はエサ場の中になかった。
ミリオン100928-01.jpg
この時、どこからか猫の鳴き声が聞こえてきた。
私はてっきりミリオンの声だと思い「ミリオン、どこにいる?」と夕闇に包まれたエサ場の奥へ向かって応えた。
これくらいの暗さなら白いミリオンの体は仄かに見えるはず‥‥だが、いくら目を凝らしてもそれらしいモノはいなかった。



私はエサ場の奥へ向かって適当にシャッターを押した。
フラッシュの明かりの先に確かに猫がいた‥‥しかしそれは、ミリオンとは似ても似つかない黒い体をした猫だった。

ミリオン100928-02.jpg
黒い体をしたその猫は、まだ幼かった。
腹を空かしているのか、か細い声で盛んに鳴いている。



そこで私は、持っていたカリカリを与えた。
ミリオン100928-03.jpg
いったいこの子はどこからやって来たのだろう?
国道を越えて街からやって来た迷い猫か、それともここへ遺棄された捨て猫なのか‥‥?
一昨日の夕刻、私はミリオンのエサ場近くで一匹の猫を目撃していた。
その時は、夕闇迫る防砂林に逃げこむ影のような後ろ姿を見送っただけだった。


カリカリを少しだけ食べた幼い黒猫は、逃げるように防砂林の奥へ姿を消した。

海岸100928-03.jpg
湘南海岸に新たな野良が棲みついたのを確信した私は、重い足取りで帰路についた。





船宿エリア
船宿902-16.jpg
コジローは夕陽に染まるプレハブ小屋の屋根にいた。


船宿902-17.jpg
一度遠くを見やったコジローは、屋根の上でやにわに毛繕いを始めた。


そのコジローを見上げる白猫。
船宿902-18.jpg
そこへクロベエも駆けつけてきた。


船宿902-19.jpg
さらにコジロー、クロベエの母である三毛猫もあとを追ってきた。


船宿902-20.jpg
マサムネはボートの上から弟のコジローをただ見つめているだけだ。


船宿902-21.jpg
コジローはそんな下界の様子をゆっくりと見渡した。


船宿902-21-22.jpg
それから自分の足を枕にコジローは、眼の前に広がる海を眺め始めた。
生命の源である海を見て、コジローは何を想っているのだろう‥‥?



船宿902-22.jpg
いつの間に跳び乗ったのか、軽トラの荷台で白猫が寛いでいた。


船宿902-23.jpg
クロベエも軽トラに同乗した。


船宿902-24.jpg


コジローと同じ血が流れるクロベエ‥‥高いところが好きなのはDNAのせいかもしれない。
船宿902-25.jpg


船宿902-26.jpg
クロベエもコジローと同じように彼方の水平線を見つめ始めた。
これもDNAの成せる業か‥‥?



船宿902-27.jpg
とそこへ、やはり同じDNAを持つマサムネが近づいてきた。
やはり遺伝子の赴くまま海を眺めに来たのだろうか‥‥?



船宿902-28.jpg
だが軽トラを見上げるマサムネの表情は‥‥何故か悲しそうだった

<つづく>





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます







東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~