プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです
おきてがみ
バナーをクリックしてURLを記入すると
訪問履歴を残せます
ログインしないで閲覧するFC2の方も
利用してください

最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

残された猫

私がいないあいだの湘南海岸に起こった変事は、海岸猫だけにとどまらなかった。
その情報をもたらしてくれたのは、久しぶりに会った『猫おじさん猫おばさん夫妻』だった。
※〔1〕
120906-01.jpg
そのとき夫妻は、昨秋国道で交通事故死したボスの母親の世話を終え、同様に面倒を見ているほかの海岸猫のもとへ移動中だった。
ところが自転車で並走していた私を置き去りにして、ずいぶん手前の防砂林の脇道へと二人は入っていく。



私は慌てて二人のあとを追い「ここにも世話をする猫がいるんですか?」と問うたら、猫おばさんが「チビの世話を頼まれているの」と少し悲しそうに言った。
120906-01-02.jpg
「チビって、あのチビ太郎のこと?」と私が訊くと「そう、おじさんが病気になって病院へ入院したから」と猫おばさんは答えた。私はことの重大さに気づき、二人に同行して防砂林の中へ入っていった。


長靴おじさんの小屋を最後に訪れたのはミケが亡くなったときだから、もう2年以上の月日が経過していた。
120906-02.jpg
茶トラのチビ太郎‥‥。この海岸猫に会うのもその時以来になる。


元気にしていたことはグッドニュースだが、飼い主である長靴おじさんがいなくなったのは、この猫の行く末を思うとバッドニュースだ。
120906-03.jpg
そういえば、複数の人からチビ太郎らしき猫が数百メートル離れたほかのエサ場に出没していると仄聞していた。


おそらく空腹のせいで、食べ物を求めて遠くまで出張っていたのだろう。
120906-04.jpg
ミケの存命中もよくエサ場へきて、サンマと何度も睨み合っていた。


真偽のほどは定かでないが、飼い主の長靴おじさん曰く “茶トラのオスが一番喧嘩が強い” そうだ。
120906-05.jpg
でもこの海岸猫がほかの猫と取っ組み合いの喧嘩をしているところを目撃したことは一度もない。ひょっとしたら、チビ太郎の見た目の迫力に相手が怯んでいただけかもしれない。


不敵な笑いを浮かべているように見えるが、これがチビ太郎の常態である。
120906-06.jpg
当時、頻繁にミケとサンマのエサ場に来ては騒ぎを起こしていたので、少々手荒な方法で撃退したことがある。だからチビ太郎は、私にいい印象を持っていないはずだ。


120906-06-07.jpg
猫おじさんと猫おばさんは別の海岸猫に食事を与えるため、慌ただしく小屋をあとにした。


それにしても、いったいチビ太郎はいつから独りで暮らしているのだろう?
120906-07.jpg
また長靴おじさんはいつごろ退院できるのか?そして回復したら此処へ帰ってくるのか?
猫おじさんたちに肝心なことを訊けなかった。



私はチビ太郎に向きなおった。「チビ太郎、久しぶりにだな。元気そうでなによりだ」
120906-08.jpg
チビ太郎は今年で7歳になる。捨て猫だったチビ太郎は長靴おじさんに引き取られ、以来この小屋で一緒に暮らしていた。


猫の平均寿命は野良猫が4~6歳、家猫が10~16歳だとされているが、チビ太郎のような特殊な環境にいる猫はどちらの範疇に属するのか、はなはだ曖昧だ。
120906-11.jpg
ともあれこれまでは家猫に近い境遇だったかもしれないが、しかし今は違う。そして、これから先がどうなるかはまったく分からない。


仔猫で拾われたチビ太郎はそのとき既に眼を病んでいた。
120906-10b.jpg
おじさんの看病で病の進行は止まったが、眼には一生消えない傷痕が残った。


強面に見えるのはそのためで、彼自身も本意ではないはずだ。
120906-12.jpg


小屋に戻ったチビ太郎はいきなり大きな鳴き声をあげた。1回、2回、3回と。その声音は突然いなくなった長靴おじさんを呼んでいるのか、やけに悲しげに響いた。
120906-13.jpg
だがいくら呼んでもおじさんの返事はない。
するとチビ太郎は、私の目にも分かるほど悄然としてうなだれた。



私はそんなチビ太郎にゆっくりと近づいていった。
120906-14.jpg
そして抵抗されるのを覚悟の上で、後ろからそっと手を差し伸べ、そのままチビ太郎の身体に触れた。


すると案に相違して、チビ太郎自ら私の掌に頭をすり付けてきた。
120906-15.jpg
「チビ太郎、おじさんがいなくなって寂しいのか?」私は優しく語りかける。


人の優しさを求めていたのだろう、チビ太郎はますます力をこめて頭を押し付けてくる。
120906-15.jpg
そんなチビ太郎を見ているうちに、不覚にも涙が溢れてきた。
チビ太郎のおかれた苦境、そしてそのチビ太郎を独り残して小屋を離れざるをえなかった長靴おじさんの心情を思ってのことだ。



ふと足もとに視線を移すと、愛称の由来となった長靴が置いてあった。
120906-19.jpg
長靴おじさんがこの長靴を履いて、再び生業である石鯛釣りをすることはあるのだろうか?


猫おじさんと猫おばさんは早朝にだけこの小屋を訪れる。
120906-17.jpg
そこで保存の効くカリカリを置いていくことにした。


「おいチビ太郎、お前はさっき猫缶を食べたばかりだろう」私は笑いながら言った。
120906-18.jpg


結局、チビ太郎はカリカリをほんの少し口にして、食べるのを止めてしまった。
120906-20c.jpg
どうやら味見のために試食をしただけのようだ。


名もない虚空を見つめるチビ太郎。
120906-21c.jpg
彼の脳裏に去来するものは、いったい何なんだろう?


「チビ太郎、時々様子を見に来るから、寂しいだろうが、辛抱しろ」
120906-22.jpg
更に私は念を押すように言った。「そしてこれからはほかのエサ場へ行って、トラブルを起こすなよ」


私が去るのを察したのか、チビ太郎は見送るように小屋の前に佇んだ。
120906-23.jpg
こうして海岸猫に見送られるのを私は苦手としている。


彼らの気持ちを想うと切なくなり、加えて自分の無力さに後ろめたさを感じるからだ。
120906-24.jpg
私はやり場のない情動をその場に打ち捨てるように小屋をあとにした。


120906-25.jpg
海岸猫と関わっていると嬉しく感じることなど稀で、たいていの場合は辛く切なくなる。



脚注
※〔1〕この呼称はご本人の申し出によるものです。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。





スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

サブとの再会

ゆきママさんから一通のメールが届いたのは、私が故郷から戻って数日経った深夜だった。
120911-19.jpg
件名 “ベンチ猫情報” というそのメール本文には、ゆきママさんの友人が保護されたサブを目撃したと記されていた。


メールを読み終えた私は、思わず心のなかで歓喜の声をあげた。
ただ、ゆきママさん自身はまだ未確認で、その情報も南口の◯◯屋さんにいるという曖昧なものだった。
そこでゆきママさんにその店の具体的な場所を教えてくれるよう、返信メールを送ることにした。

120911-20.jpg
ゆきママさんのメールの内容だけで、サブの物語をハッピーエンドで終わらすわけにはいかない。
サブの姿を自分の目で見て、保護したという人物が真にサブのことを考えて保護したのか確認しなくてはならないと思った。それはサブのことを紹介してきたブロガーとしての責任感と矜持によるものだ。



翌日、ゆきママさんからの返事を待ったが、午後になってもメールは届かず、居ても立ってもいられなくなった私は、自転車を駆って駅前へ向かった。
120911-00.jpg
だがその店は、今までの私には縁がなく、いったい何軒の店舗がこの街にあるのか見当もつかなかったし、場所にいたってはまったく不案内だった。


事前にネットで店舗の場所を検索するという手段も当然考えられたが、私は敢えてそれをせず、無作為で恣意的な行動に頼ることにした。
120911-01.jpg
それでも私には、サブに会えるという確信があった。
何故そんなに楽観的に思えるのか説明は困難だが、“自分の勘” と “猫の導き” を信じれば、きっとサブに会える
という根拠はないが確固たる自恃のようなものを私は持っていたのだ。


まず駅を中心として東へ行くか、西へ行くかの選択を迫られたが、私は迷うことなく西を選んだ。
120911-01-02b.jpg
私は駅前の商店街をゆっっくりと自転車のペダルを漕いでいった。


そして交差点が現れるたびに、それらしき看板がないか通りに目を凝らした。
120911-02c.jpg


やがて駅の近くに一軒目の◯◯屋を発見した。
120911-03.jpg
しかし私の抱いているイメージとは、かなりかけ離れた店構えと雰囲気だったので、ここはすぐに除外する。


そして自分の勘を頼りに、さらに商店街を西へと進んでいった。
120911-04.jpg
その商店街が終わったところで左折し、海岸へ向かう道をしばらく辿ったが、ほどなくこの道ではないと感じた。


そこで駅近くまで引き返し、横道に入っていった。
120911-04-05d.jpg
すると、じきに新たな商店街に行きあたる。


その商店街をしばらく進むと、数台のトラックが道路の半分を占拠していた。
120911-05c.jpg
私がガードマンの指示に従い道路の左に寄ったときだった。前方に二軒目の◯◯屋の看板が見えたのは。


その店の佇まいは、私が持つイメージに近いものだったので、拍動が一気にたかまった。
120911-07b.jpg
店に近づいてみると、ショーウィンドーに何枚もの写真が展示されていた。
それも犬猫の写真ばかりだ。そして‥‥。



その中の1枚に私の目は釘付けになった。


その写真に写っているのは、まぎれもなくここ数日私が捜し求めていたベンチ猫のサブだったからだ。
120911-08.jpg
私は2軒目にして、サブの保護先に行き着いたのだ。
これは偶然ではなく、やはり何かの “力” が導いてくれたのだと、私は思わずにはいられなかった。



興奮を抑えきれないまま、私は慌てて自転車から降りると、躊躇うことなく店内に入っていった。
120911-09.jpg
店内にいた女性に対して挨拶もそこそこに、私はショーウィンドーの写真のサブのことを尋ねた。


すると女性は笑顔を見せて「奥の部屋にいるから、ちょっと待ってね」と言い、一度奥へ引っ込み、しばらくするとサブを抱っこして戻ってきた。
120911-10.jpg
ほぼ2ヶ月振りに再会したサブは、おそらく昼寝の途中で無理やり起こされたのだろう、不機嫌で虚ろな表情をしている。


私がブログでサブのことを紹介していたこと、そして急に姿を消したので心配していたことを話すと、「わたしも保護したことを貼紙か何かで報せたほうが良いとは思っていたの」と女性は申し訳なさそうに応えた。
120911-11b.jpg
女性の話によると、7月頃より海岸を散歩するようになり、その際サブのことを知って、左目と鼻の疾患が気になっていたという。


そこで8月1日に保護するつもりでキャリーバッグを持って行ったら、サブは自らすんなりとその中へ入ったそうだ。
120911-12.jpg
それから動物病院に通院し、目と鼻はだいぶ治ってきたらしい。


元飼い猫で春先に海岸へ捨てられたらしいと伝えると、「去勢手術をしてあったから、そうだと思った」と女性。
120911-13.jpg
この家に来てからも、サブは前脚を頭上に上げる独特のポーズで寝ているという。


茶トラだから “チャトラン” という新たな名前をもらい、オスなのに敢えて選んだという赤い首輪もなかなか似合っていた。
120911-14.jpg
気のせいかもしれないが、海岸で暮らしていたときよりサブの表情が穏やかに見える。


店主であるこの女性も猫好きで、これまで数匹の猫を飼い、そして最期まで看取っている。
今も数年前に引き取った野良歴13年の先住猫がいるという。

120911-15.jpg
「サブ、本当に良かったな、善い人に保護してもらって。そのうち先住猫と2匹、看板猫としてお客さんをたくさん招いて、恩を返すんだぞ」


店を辞去してから、私はもう一度ショーウィンドーの写真を見た。
そうしていると、サブが海岸にいた現実感が徐々に薄れて、サブと関わった日々も夢のなかの出来事にように思えて仕方がなかった。

120911-16c.jpg
「サブ‥‥、いや、チャトラン、海岸で苦労した分を穴埋めするほど幸せになれよ!」


湘南海岸には、弧形のベンチが置かれたテラスがある。


そしてここには、かつてベンチ猫と呼ばれた人懐こい海岸猫が暮らしていた。
120911-18.jpg
だが8月以降、多くの人に愛されたその猫の姿を見た者は、一人もいない‥‥。



〈付記〉
今回海岸猫を保護していただいた方にはブログ掲載の許可を得ています。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


お詫び

最新記事にあるとおり、私はベンチ猫のサブと再会することが出来ました。
しかしこれは最近のことではなく、先月11日の出来事なのです。

実は、実家から戻った翌日からほぼ毎日早朝の海岸へ赴き、海岸猫と会っていますが、
日中は睡眠障害が原因の睡魔と薬の副作用からくる倦怠感のせいで、
ブログの更新もままならない状態が続いています。
そのためサブ保護のご報告が遅れ、皆様に余計なご心配をおかけする結果になったことを
深くお詫びいたします。

サブの記事に対して多くの方からコメントやメールを頂いて、私自身大いに驚き、
彼が如何に皆様から愛されていたかを思い知った次第です。

サブ改めチャトランへの温かいお言葉、本当にありがとうございます。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。






東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~