プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト


検索フォーム
里親募集


偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

速報 シシマル哀惜

また1匹、海岸猫が車の犠牲になった‥‥。

4月22日、シシマルがエリア内で車に轢かれて命を落とした。

事故の詳細は誰も知らない。遺骸を発見した近隣の人が砂浜に埋葬した。


関係者はシシマルが姿を現さないことを不審に思い、近所の人に訊いて初めてシシマルの横死を知ったという。

砂浜は墓に適さないと思った関係者は、やはり去年車に轢かれて他界したミイロが眠る場所へシシマルを移した。



長毛の野良猫、シシマル。
エリアのボスとして、仲間を護り仲間を癒してきた心優しい巨漢猫。

知り合った頃は、警戒心が強く、けっして体を触らせなかった。しかしどういう心境の変化か、1年ほど前から自ら身体をすり寄せてくるようになった。

130121-02_20130426085115.jpg
故郷から帰った直後に体調を崩し、未だ複調の兆しが見えない私は、久しくシシマルエリアを訪れていない。


写真データを調べると、最後にシシマルエリアへ行ったのは1月下旬だった。
130121-03_20130426085116.jpg
この日もアイが真っ先に駆け寄ってきて、私を歓待してくれた。


珍しく “浜の伊達男” コジローが、尻尾を立てて側まで近づいてきた。
130121-04_20130426085119.jpg
彼らが何を期待し、私の側から離れないのか、私にはひしひしと伝わってくる。


そこで彼らの期待に応えて、猫缶をふるまった。
130121-05_20130426085112.jpg
食欲旺盛なアイを見ると安心する。


シシマルとコジローも健啖な食欲を見せている。
130121-06_20130426085141.jpg
巨漢故か、シシマルの食べる量はほかの海岸猫より多い。


130121-07_20130426085137.jpg


一皿目を平らげたコジローが、まだ物欲しそうにしていたので、さらに猫缶を与えた。
130121-08_20130426085143.jpg
コジローと同じ量だと、当然シシマルには不足だ。猫缶を追加すると、シシマルはガツガツと食べはじめた。


腹が満たされると、コジローは足早に立ち去った。こういう現金でにべない性格も“浜の伊達男”と呼ばれる所以である。
130121-09_20130426085142.jpg
コジローはカリカリを選り分け、猫缶だけをほぼ完食していた。


食事を終えたアイがシシマルの側にやってきた。
130121-10_20130426085134.jpg
シシマルとアイ、この2匹に血縁の繋がりはない。しかしまるで兄妹のように仲がいい。


アイはシシマルを兄のように慕い甘える。シシマルはそんなアイを優しく慈しむ。
130121-11_20130426085231.jpg
仲睦まじいシシマルとアイは、見る者の心を和ませる。


なかんずく、シシマルの優しさは特筆すべき美質である。
130121-12_20130426085235.jpg
日本男児の理想とされる“気は優しくて力持ち”を具現しているような猫だ。









そんな頼り甲斐のあるシシマルが、突然いなくなった‥‥。
130121-13_20130426085234.jpg
残されたアイの気持ちを慮ると、遣り切れない。


「アイ、シシマル兄ちゃんはもういない。これからは自分ことは自分で護るんだよ」
130121-14_20130426085236.jpg
恐らくアイにはシシマルの不在の意味が理解出来ないだろう。


ボランティアの人が献身的に世話をしても、海岸猫を四六時中見守ることは不可能だ。
130121-15.jpg
車が存在する限り、これからも事故に遭う海岸猫が後を絶つことはない。


この2年の間だけでも、ボス、ミイロ、シシマルが車によって命を落としている。
130121-01_20130426085116.jpg
たとえ車を運転するニンゲンが細心の注意を払っても、不可抗力による事故は避けられない。
と、理屈では分かっていても、惨事が繰り返されるたびに、胸が裂けんばかりの悲しみに襲われる。



「シシマル‥‥、お前の存在はエリアの仲間にとっても、世話をする関係者にとっても極めて大きなものだった。私にしても、そんなお前の死をすんなり受け容れることなど、とても出来そうにない」

「そして今の私の状態では、我が身を切られるような、こんな辛い思いばかりする野良猫ブログをつづけることが、いっそう困難になってきた‥‥」




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~