プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです
おきてがみ
バナーをクリックしてURLを記入すると
訪問履歴を残せます
ログインしないで閲覧するFC2の方も
利用してください

最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

未だ盛夏 (前編)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



実際には夏は終わりを告げて朝晩は肌寒さを感じるくらいすっかり秋めいてきたが、当ブログはまだまだ夏まっただ中である。

何故こんな差異が生じるのか、それは『 猫ブログに即時性は必要なく、さらに季節感は邪魔でさえある 』という持論を墨守しているからだ。

というのは空言で、本当はただ更新が遅れているだけであり、我ながらはなはだ遺憾なことだと思っている。

キリストは説いた。『 新しい酒は新しい革袋に盛れ 』、と。

これは新しいものを表現するには、それにふさわしい新しい形態が必要、という意味だ。


しかしキリストの教えに背くようで非常に心苦しいのだが、私の枯渇した頭脳に新機軸のアイディアなどあるはずもなく、旧ブログと何ら変わりない旧態依然とした内容に留まっている。

今回がブログ移転後初めての更新となるが、とどのつまり “古い酒を(少し)新しい革袋に盛った” ブログになったと諦観して読んでもらえば、そんなに落胆しないだろう。

それでは、そのことを踏まえたうえで、いざ本編へ


藍色の蒼穹、そして紺碧の海、見まごうことない “夏” である。













ここにひとりの茶トラの雄猫がいる。彼は外で暮らす、言うところの “野良猫” である。





ただしカットされた左耳を見れば分かるように、ボランティアさんによってすでに去勢手術をされている。
同じ男として同情を禁じ得ないが、これも同じ野良猫を増やさないための緊急避難的な処置と思えば致し方ない。



こうして海岸猫の実情を述べておかないと、『 野良猫を無責任に増やすな 』などという、短絡的かつ皮相的なコメントが寄せられる。

いちいち反駁するのも業腹なので承認していないが、さらには『 猫に餌付けをするのは法律違反だ、保健所に通報してやる 』というコメントを投稿してくる無知蒙昧な輩さえいる。

ちなみに、私自身も “無責任な” エサ遣りには反対である。住宅地域であれば、近隣に迷惑をかけないよう適切な対策を講じる必要がある。

それを怠った結果、もし世話をしている野良猫が誰かの私有財産を損なったら、エサ遣りさんが猫の所有者と見なされ、損害賠償を求められる場合だってあり得る。

それに無責任なエサ遣りさんのせいで、真面目に対処しているボランティアさんまで側杖を食ってしまう。

海岸猫の世話をしているボランティアさんたちは、不妊手術にも積極的に取り組んでいて、私のブログに出てくる子たちのほとんどが手術済みだ。

ただ、数匹不妊手術をしていない子がいるが、これは捕獲が困難なためであって、ボランティアさんの怠慢ではない。


ところで、当ブログおよび旧ブログは、いわゆる “啓蒙ブログ” でも “啓発ブログ” でもない。
だから本来は上記のような、話のテーマと無関係な事柄など記したくないのだ。


しかし何ごとも最初が肝心、新ブログ1回目にあたり、コメントで苦情を訴える際の留意点をはっきり述べておく。

その壱 ほかのサイトで野良猫問題に関することを調べてからコメントすること。
その弐 少なくとも過去ログを通読してからコメントすること。
(当ブログの場合は旧ブログ)
その参 これらが面倒で実行できないならコメンしないこと。


以上。



この茶トラは昨年、どこからか分からないが、よそから流れてきた新参者だ。
一見強面風だが、実際は小心者で、シロベエに追われて一目散に逃げるのを目撃している。


またこの茶トラは、野良猫にしては珍しく “饒舌” だ。
自分の存在を知らしめて危険を招くことを本能的に察知しているのだろう、たいていの野良猫は寡黙で、鳴く状況はごく限られている。



夏の海岸はいつもより賑わいを見せる。
海辺は海水浴をする人たちで活気にあふれて、音楽が大音量で流れ、若者たちの笑い声や喚声が絶え間なく聞こえてくる。






通りを往来する人の数も増える。この茶トラ、どうもそれらのことが気に入らないらしく、行き交う人に向かってさかんに “吠える”。


おおかた昼寝の邪魔をされて、怒りを覚えているのだろう。



ならば自分が海辺から離れればすむこと、しかしこの茶トラは意固地なようで、自分の領域に無断で入ってきたニンゲンに非があると思っているようだ。


茶トラの表情を撮ろうと、私はカメラを地面すれすれまで下ろし、ゆっくり近づいていく。



と、その私の動きを察知した茶トラがギロリと睨み返してきた。
その眼は「それ以上近づいてきたら吠えるぞ」と雄弁に語っている。茶トラとの確執を避けるためにここは退散したほうがよさそうだ。



エリアの中心にある駐車場に行くと、“シロベエ” の姿が目に入った。



茶トラと違い、シロベエは実に穏やかな顔つきをしていた。こんな柔和な表情のシロベエを見るのは久し振りのことだ。


そこで私はシロベエに声をかけてみた。「シロベエ久し振りだな、元気だったかい」



するとシロベエは甘えた鳴き声を上げて身体を起こすと、こちらに近づいてくる。


心的変化を起こした原因は未だに不明なのだが、シロベエの態度は去年のある時期を境に明らかに変移した。



いや、正確には “以前のシロベエ” に戻ったと言うべきだ。


おそらく心無いニンゲンに遺棄されたのだろう、シロベエは2010年7月に突然このエリアに姿を現した。

当初は捨てられたショックもあり警戒心をあらわにしていたシロベエだったが、元飼い猫らしく徐々に人馴れした海岸猫に変わっていった。


そんな折現れたときと同様に、シロベエは忽然とエリアから姿を消す。

そして2週間後に再び戻ってきたときには、後ろ脚を引きずる変わり果てた姿になっていた。


以来4年近くものあいだ顔見知りのニンゲンをも警戒し、語りかければ応えるが決して近づいて来なかった。

そんなシロベエに明らかな変化が表れたのは、昨年の夏頃で、名を呼ぶとすぐに近づいてきて体をすり寄せるようになる。


そのときだった!

しゃがんだ私の腰に、後ろから何かがぶつかってきたのは。

その衝撃で前のめりになった私は、思わず片膝を付いた。


私は体勢を立て直すと、急いで後ろを振り返った。するとさっきの茶トラが私の脚に頭突きをするような格好で体をすり寄せてきた。



旧ブログでは紹介できなかったが、私とこの茶トラは去年のうちに交誼を結んでいる。
強面だが気はいい奴だ。



ところがこのあと、どういうわけか、シロベエと茶トラが腹ばいの姿勢で対峙した。
「ん、こ、これは‥‥?」このとき、私はあることに気づいて、思わず笑ってしまった。




強い陽射しを避けて、シロベエと茶トラは電柱の影に沿って体を横たえている。
茶トラは尻尾以外は影の中に収まっているが、シロベエは下半身を真夏の太陽にさらしたままだ。



なんだか我慢比べの様相を呈してきたふたりだが、これでは暑くてシロベエが先に音を上げるだろう。



がしかし、意外にも先にギブアップしたのは茶トラだった。
この結果を生んだのは、単にシロベエが我慢強いせいなのか、それとも全ての光を反射する “白色” の被毛のせいなのか、私には判断ができない。



日影へ向かって足早に私の眼の前を横切っていく茶トラ。



そしてワゴン車が作る大きな日影に改めて体を横たえた。


だが日向と日影が作る、鮮明な境界線が茶トラの身体を二分している。



これでは先ほどのシロベエと同様、上半身は涼しくても下半身は夏の熱い太陽光をまともに受けたままだ。


しかし茶トラは頓着しないで毛繕いを始める。
その様子を見ながら、私はある考察を頭の中でめぐらせていた。


やがて、私なりの結論に至った。
猫は上半身(おそらくは頭)が快適なら、それで良しとする習性を持っているのではないだろうか。



つまりは、諺にある『 頭隠して尻隠さず 』を地でいっている、ということだ。
ちなみにこの諺は雉の行動を揶揄した言葉が元になっている。




そんな益体もないことを私が考えていると、茶トラはいきなり毛繕いをやめて、険しい表情で辺りをゆっくり見回し始めた。そして‥‥。


茶トラは、やっと気がついたようだ。



日影にいるにもかかわらず、何故自分の尻が熱いのかと、いうことに。


私がほかの海岸猫を捜すために移動すると、シロベエが鳴きながらあとを追ってきた。



この海岸猫も当初からお喋り好きで、いつも哀しげな鳴き声を発する。
今日は姿を見せていないがユキムラも多弁だから、このエリアは期せずして饒舌な猫が揃ってしまった。



シロベエは仲間とは群れず、独りでいることが多い。ことに脚を負傷してからは、その傾向が顕著になった。



右後ろ脚が脱臼しているようで、足を蹴るたびに、がくっがくっと腰が沈む。


はた目には痛々しく見えるが、シロベエ自身はなんらの痛痒も感じていないらしく、駆けることにも跳躍することにも支障はない。





シロベエは「ニャーニャー」と鳴きながら、私の眼の前を横切っていく。



どうやら私の後を追ってきたわけではなさそうだ。







やがて、シロベエは道路の奥にある空地に姿を消した。


ふと上空を見上げると、鳶の姿が目に入った。
鳶は「ピーヒョロロ‥‥」と独特の鳴き声を発しながら上昇気流をとらえ、輪をえがいて滑空する。




タカ目タカ科の猛禽類である鳶は、空の生物の頂点捕食者であり、外敵はいない。
強いて言えば、飛道具を持ったニンゲンが唯一の外敵となり得る。



そのニンゲンも捕食者として食物連鎖の頂点に君臨しているが、鳶と決定的に違うのは、彼らは生きるために小動物を捕食し、ニンゲンは慰みや金儲けのためにも弱者である動物を殺すところだ。





傲岸不遜なニンゲンは、早晩己の犯した罪科のために滅びるだろうが、その際にほかの生き物たちを巻き添えにするのはやめるべきだ。


再びこのエリアにいるはずの海岸猫を捜し始めた私は、意外なものを発見した。



ある有名アーティストに模したこの塑像に私は見覚えがあった。


地元の土産物などを販売している店舗の外壁に飾ってあったものだ。
それがこんなところにあるということは、その店はすでに閉めてしまって、用済みになったのだろう。




でも長年店の看板代わりを務めてくれたから、ゴミとするのをためらったのかもしれない。
アーティスト本人が知れば哀しいと思うだろうし、私としても複雑な心境だ。



視線をめぐらすと、道路の端でぽつねんと佇んでいるシロベエの姿が見えた。



シロベエは困惑顔で前方を見つめている。


〈つづく〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます





* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

『 あとがき 』

記念すべき(?)『~しっぽを持った天使~』の1回目をようやく更新しました。

ただ以前の記事の引越し作業は今少し時間がかかる予定です。

冒頭で述べたように旧ブログと変わらない内容に、
訪問者の皆様がどんな感想を抱いたのか、いさかか気にかかるところ。


旧ブログと変わらない内容と構成に安堵感を得た人もいれば、
旧態を脱し切れないことに失望感を覚えた人もいるでしょう。


しかし私のスタンスとスタイルは今さら変えようがなく、
そうなると当然表現方法も限定されます。


そんな不器用で狭量な私ですが、寛容な心を持って、
これからもお付き合いください。



管理人:wabi




【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~