プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

青天の霹靂 (後編 1)

シシマルエリア、夕刻。
scenery150806_07.jpg


駐車場に腹ばってから一度も後ろを振り返らないシンゲンだが、シロベエが背後から凝視していることに気づいていないのだろうか。
150806_060.jpg
いや、おそらく気配くらいは察知しているだろう。シンゲンの耳の向きを見れば、猫の特性である優れた聴力を後方へ集中しているのが分かる。


やがてシンゲンはおもむろに起き上がると、耳を後ろに向けたままゆっくりとした足取りで歩きだした。
150806_061.jpg

150806_062.jpg
てっきり自分のテリトリーへ戻るのかと思ったのだが、シンゲンは2、3メートル進んだところで再び地面に身体を横たえた。


150806_063.jpg
ややあってシンゲンは初めて後ろを振り返る。


どうしてシンゲンはシロベエから距離を置いてから振り返ったのか。

私は何度も経験しているが、これは猫が持つ不思議な習性のひとつだ

たとえば人馴れしていない猫にニンゲンが近づいた場合、それを察知した猫はすぐに逃げ出すが、なぜかそのまま走り去らずに途中で立ち止ると、振り返って相手の挙動を改めて観察する。

そしてもしニンゲンがわずかでもその間合いを詰めようとしたら、今度は一目散に遁走してしまう。
(一定の距離を保ちながら、逃げる立ち止まるという行為をくりかえす猫もいる)

この行動から推すと、ニンゲンも持っている『パーソナルスペース』が、猫の場合はより画然としていると考えられる。


150806_064.jpg


さてパーソナルスペースとは如何なるものか‥‥、知っている人も多いと思うが、念のため概要を記しておく。


パーソナルスペースとは他人に近づかれると不快に感じる空間のことで、パーソナルエリアとも言う。

一般的に親近感をいだく相手に対してはパーソナルスペースは狭く、逆に敵視している相手に対しては広い。

1966年、アメリカの文化人類学者エドワード・ホールは、パーソナルスペースを4つのゾーンに大別し、それらをさらに近接相と遠方相の2つに分類した。

密接距離 ごく親しい人に許される空間。
・近接相(0~15cm)抱きしめられる距離。
・遠方相(15~45cm)頭や腰、脚が簡単に触れあわないが、手で相手に触れるくらいの距離。


個体距離 相手の表情が読みとれる空間。
・近接相(45~75cm)相手を捕まえられる距離。
・遠方相(75~120cm)両方が手を伸ばせば指先が触れあうことができる距離。


社会距離 相手に手は届きづらいが、容易に会話ができる空間。
・近接相(1.2~2m)知らない人同士が会話をしたり、商談をする場合に用いられる距離。
・遠方相(2~3.5m)公式な商談でもちいられる距離。


公共距離 複数の相手が見渡せる空間。
・近接相(3.5~7m)2者の関係が個人的なものではなく、講演者と聴衆というような場合の距離。
・遠方相(7m以上)一般人が社会的な要職にある人物と面会するような場合におかれる距離。

※〔1〕


上記は相手によるパーソナルスペースの分類だが、個人差や男女差、また文化によっても違うと言われている。

ちなみに我々日本人のパーソナルスペースは、欧米や他のアジア諸国の人に比べてかなり広い。


150806_066.jpg

150806_065.jpg

150806_067.jpg


猫はなわばり意識の強い動物なので、先述したようにニンゲンのパーソナルスペースより明確かつシビアに線引きされているはずだ。

そして野良猫の場合は自分の命にかかわることでもあるから、さらに厳格に意識されているのは想像に難くない。


150806_068b.jpg

150806_069.jpg

150806_070.jpg
この家のご主人の厚意により、海岸猫たちのために飲料水が常時バケツに汲み置かれている。


150806_076.jpg


その水を飲むシロベエの耳の形を見てもらえば分かると思うが、こういうときもけっして警戒を緩めない。
150806_072.jpg

150806_073.jpg

150806_110.jpg
さっそく高性能な耳が後方の不審な物音をキャッチしたようだ。


先ほどのシンゲンもそうだったが、このように猫の寝かせた耳を一般的には『イカ耳』と言う。
150806_074.jpg
しかし私はその呼称がピンと来ず、形がステルス戦闘機の翼に似ていることから以前より『ステルス耳』と呼んでいる。


ネットで検索したところ、少数派ながら私と同じ考えからステルス耳と呼ぶ人がいることを知り、内心ひそかにほくそ笑んだものだ。
150806_075.jpg

150806_071.jpg
まあこの際、耳の形の呼び方などという瑣末なことは閑話休題として、カラスが感知するほどのシロベエとシンゲンの張りつめた睨み合いに再び注目しよう。


ふたりの隔たりはおおよそ10メートル。この距離が互いの持つパーソナルスペースのどの範疇にあたるのか、私には知る由もない。
150806_081.jpg

150806_082.jpg
ここでシンゲンが身体を反転させ、シロベエと向かい合った。後ろ向きの態勢では、やはり不利だと感じたのだろう。


次に動いたのはシロベエだった。
150806_083.jpg

150806_084.jpg

150806_085.jpg
不自由な後ろ脚を引きずりながら、シロベエはゆっくりとした歩度でじゃり道を横断していく。


あくまでも素人の私の見立てだが、シロベエは股関節が脱臼していると思われる。
150806_086.jpg

150806_087.jpg
脱臼はたいてい外部からの強い衝撃で起こり、猫の場合は転倒、落下、衝突、交通事故などが原因となることが多い。ただし野良猫の場合は故意による虐待の可能性もありえる。


シロベエの移動によって、ふたりの隔たりは6、7メートルにまで縮まった。
150806_088.jpg

150806_089.jpg
シロベエが移動した意図は分からないが、先刻までの険しい表情はいくぶん和らいでいるようだ。


と思ったのも束の間、シロベエが不意に身体を起こした。
150806_091.jpg

150806_092.jpg
「さあどうするシンゲン、その距離、その態勢で逃げきれる自信はあるのか?」


「シロベエは後ろ脚を脱臼しているけれど、走ることに関してはなんの支障もないんだぞ」
信玄#01b
信玄#02b
信玄#03b
信玄#04b
信玄#05b
「そのことはお前自身も体験して知っているはずだ」


ところがシロベエは前進も後退もせず再びその場に腹ばいになった。
150806_093.jpg

150806_090.jpg
そうしてシンゲンとシロベエの無言の睨み合いは続行された。


scenery150806_08b.jpg

scenery150806_09b.jpg


緊張感に耐えられなくなったのか、シンゲンは哀れげな鳴き声をあげながら、足早に私の足許へ歩み寄ってくる。
150806_094.jpg

150806_095.jpg

150806_096.jpg
私はシンゲンのその声を聞きながら思った。この期に及んで逃げだすなら、もっと早くシロベエの目の届かない場所へ行けばよかったものを、と。


「シンゲン、悪いけど私は諍いの仲裁をするつもりはないんだ。シロベエと係わりたくないなら自分のなわばりに戻ればいい」
150806_097.jpg

150806_098.jpg
そのとき、私の脳裏にある情景が鮮明に浮かび上がってきた。


そう言えば、シンゲンが私に心を開いたのも “あの日” だった。

2014年秋、その頃のコジローとシンゲンは、義兄弟のような間柄になっていた。
まるでTV ドラマ『傷だらけの天使』の『修』と『亨』のような。
※〔2〕

シンゲン「待ってくれよ!兄貴イーーッ!」
小次郎#01
小次郎#02
シンゲン「俺をおいてひとりでどこかに行こうなんて、兄貴冷たいヨ」


コジロー「しつこいンだよ、おめエは!金魚のフンみたいに俺のあとをついてくンじゃねエッ!」

ぺシィィッ!!
小次郎#04
小次郎#13d
シンゲン「ひ、ひどいヨ兄貴、いきなりブツなんて‥‥‥」


シンゲン「イイよわかったよ、兄貴が相手にしてくンないなら、カメラのおっさんと仲良くするから」
小次郎#05
コジロー「!?‥‥‥」


シンゲン「ネエネエ、おっさん、兄貴なンか放っといて俺と遊ぼうよォ!」

小次郎#07
小次郎#08
小次郎#09
というような遣り取りをふたりが交わしたのかどうかは分からないが、シンゲンは唐突に私の脚に身体をすり寄せてきた。


何はともあれ、シンゲンが私に身体を触れさせることを許したのはこのときが初めてだ。
小次郎#10


私は試しに猫同士の挨拶である『鼻キス』のつもりで、人差し指をシンゲンの鼻先へ近づけていった。 もちろん恐るおそると。
小次郎#11
小次郎#12
したところシンゲンは、鼻をくっつけてこないで私の指にいきなり咬みついた。
甘噛みでなかったら、私は指をそのままシンゲンの口の奥へ突っ込んで怪我を防ぐつもりだった。



コジローは身動ぎせずに、私と戯れるシンゲンをただじっと見つめていた。
小次郎#06

数日後に体調を大きくくずした私は、それ以降何ヵ月も海岸へ行けなくなり、結局ずっとあとになって確認した。

私がコジローの姿を見たのは、この日が最後だったことを。



〈つづく〉



脚注
※〔1〕出典 パーソナルスペース - Wikipedia
※〔2〕『傷だらけの天使』1974年10月5日~1975年3月29日に日本テレビ系で放送された異色の探偵ドラマ。
   監督:深作欣二・工藤栄一・児玉進 音楽:井上堯之・大野克夫 出演:萩原健一・水谷豊・岸田今日子・岸田森



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~