プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

海岸で暮らすということ (中編)

仔猫と私のあいだには、およそ5メートルの距離がある。
150814_43.jpg
この状況で5メートルという距離は、サバ白の子にとってまだ安全圏なのだろう。私がいきなり近づいても逃げきれる自信のある距離なのだ。


まあそれも当然で、サバ白の子の目の前にはニンゲンが容易に入り込めない灌木の密集地が広がっている。
150814_44.jpg

150814_45.jpg
だから安心して寝転がっていられるのだ。もしとっさに身を隠す場所が近くになければ、言うところの『パーソナルスペース』も拡大されるに違いない。


それでも初めて会った私への警戒は常に怠らない。
サバ白の子は、私が姿勢を変えたりカメラを操作する際に発する微かな音を敏感に感知する。

150814_46.jpg

150814_47.jpg
そして咥えていた小石が口からこぼれたことに気づかないほどの集中力で、私を凝視し始める。


やがて私が1ミリも近づいていないことを確認すると、サバ白の子はあらためて小石を拾いあげた。
150814_48.jpg

150814_49.jpg
安全圏にいるとはいえ、こうして人前に姿をさらしているということは、二つに大別されている猫の先天的性格のうち、この子は間違いなく『 大胆な性格 』にあてはまる。


猫はたいてい一度に2~6匹の子供を出産する。となると無事に育っていれば、このサバ白の子にはあと1~5匹の兄弟がいることになる。
150814_50.jpg

150814_51.jpg
そうであるなら、姿を見せていない他の子は『 臆病な性格 』なのかもしれない。


小石をおもちゃにして遊ぶことに飽いたのか、サバ白の子はまわりの状況を仔細に観察し始める。
150814_52.jpg

150814_53.jpg

150814_54.jpg
私を見つめる眼差しに怯えの色は見えない。母親が側にいると、仔猫は未知のものに対する恐怖心を抱かなくなる、という説を実証しているようだ。


仔猫の社会化期は生後2~8週齢と言われている。

この期間に仔猫は生きていくうえで必要不可欠な行動規範を身につけていく。

その際にロールモデルとなるのは身近にいる成猫であり、野良猫の場合だと必然的に母猫ということになる。

ちなみに生後まもなく母猫から引き離された仔猫は、その後に異常行動や情緒不安を見せるようになったという実験結果がある。

ニンゲンもそうだが、猫も幼いころの親との親密度が性格形成に大きな影響を与えるのだ。


サバ白の子はおもむろに立ち上がると、ゆっくりとした歩度で歩き始めた。
150814_37.jpg

150814_38.jpg

150814_40c.jpg
てっきりリンの側へ行くのかと思ったら、すぐ手前の灌木の茂みへ姿を消した。


150814_41.jpg

150814_42.jpg
リンは初見のときから人懐こかった。それはきっと幼い時期にホームレスの人達と一緒に暮らしていたことが、リンの性格形成に作用したのだろう。


サバ白の子がまた姿を現した。
150814_55.jpg

150814_56.jpg
今度は鼻歌でも歌っている風に軽快な足取りで近づいてくる。


が、私への警戒心を解いたわけではない。
150814_57.jpg

150814_58.jpg

150814_59.jpg
この子は母親が側にいないと不安に襲われるのだろうか?


だから母の愛情を、そしてぬくもりや匂いをいつも身近に感じていたいのかもしれない。
150814_60.jpg

150814_61.jpg
たとえ母ににべもなく無視されても、視界の中にその姿を常に認めていたいのかもしれない。


現在のニンゲン社会では親子の関係が希薄になっている。そしてまた “家族の絆” も昔より不安定になっていると思わせる事件が後を絶たない。
150814_62.jpg

150814_63.jpg
野良猫の社会ではそのあたりの事情はどうなっているのだろう?ニンゲンと密接不離に結びついている野良猫だから、やはりニンゲン社会の時勢の変遷に影響を受けるのだろうか‥‥。


私は寛いでいる母子の側を離れ、久しぶりに訪れた防砂林を散策することにした。(海岸猫の姿を求めて)


このエリアはここ数年海岸猫が棲みついていない、いわば “空白地” だ。とはいっても、私が知らないだけで、リン母子のほかにも新たな海岸猫が暮らしている可能性がなくもない。
scenery150814_11.jpg
遊歩道を外れて防砂林の中も探索したが、猫のいる気配はまったく感じられなかった。


元の場所に戻って佇んでいると、幼稚園の先生よろしく仔猫を先導しているリンの姿が目に入った。
当然のことながら、リンのすぐ後ろを歩いているキジトラの仔猫とは初対面になる。

150814_64.jpg

150814_65.jpg
猫は自分が信頼するニンゲンに子供を紹介するという習性を持っている。リンもその習性に則って私に自分の子供を引き合わせようとしているのかもしれない。


リンがいきなり立ち止まった。前方、つまりは私の後方に胡乱な影を感知したのだろうか。
150814_66.jpg

150814_67.jpg
どうやらそうではなく、にわかに毛繕いをしたくなったようだ。まあこれも、融通無碍な生き方を旨とする猫らしい行動の一例だと言える。


そうしたところが、キジトラの子がすぐ脇を通り過ぎたとたん、リンは悪鬼のごとき形相で激昂した。
150814_68.jpg

150814_69.jpg
母の剣幕に驚いたのか、キジトラの子は一目散に灌木の陰に逃げ込んだ。突然の出来事とはいえ、カメラに収められないほどのスピードで、だ。


150814_70.jpg

150814_75.jpg
毛繕いを続けるリンの後方から、途中で道草を食ったサバ白の子がやってきた。


迷いのない足取りで近づいてくるサバ白の子だが、今しがた兄弟がリンに叱り飛ばされたことは知っているのだろうか。
150814_71.jpg

150814_72.jpg
サバ白の子が背後に接近した瞬間、注視する私の目の前でリンは “猫パンチ” を一閃させた。
呆気にとられた表情でサバ白の子は体をくねらせる。



更にはリンの激しい怒声がサバ白の子に追い打ちをかける。
150814_73.jpg

150814_74.jpg
サバ白の子は、ほうほうの体で灌木の中へ逃走した。
いったいふたりの子供の何がリンの逆鱗に触れたのだろう。



親を追い越して前に出ようとしたからなのか、それとも毛繕いの邪魔をしたからなのか?

しかし目撃者として証言すると、キジトラの子はともかくサバ白の子はリンの前に出ていないし、直接毛繕いの邪魔もしていない。

この件についての考察はあとに譲って、ここは取りあえず食事を与えることにした。

短絡的すぎるかもしれないが、猫だって腹が減っているときは訳もなくイライラするだろうと思ったからだ。


猫缶を開けると全員が集まってきた。
150814_76.jpg

150814_77.jpg
リンとキジトラの子は先刻の出来事が無かったように、仲良くひとつのトレイをシェアしている。


ただ注意深く見ると、キジトラの子はいくぶん遠慮気味に猫缶を口へ運んでいるのが分かる。
150814_78.jpg

150814_79.jpg
それは母の叱責の余韻がいまだにキジトラの子の脳裏に残っているからかもしれないし、この子が身につけた習慣や礼節がそうさせるのかもしれない。


いずれにしろ、以前の居住エリアから遠く離れたこの場所で暮らすリン一家をいま少し観察することにした。



〈つづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


あなたのちょっとした配慮で小さな命が救われる。


#猫バンバン PROJECT MOVIE by NISSAN
#KnockKnockCats






スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~