プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
おきてがみ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

臆病な猫 (中編)




ビクは野良猫の母親から生まれた、言うところの『 生粋の野良 』だ。

以前暮らしていたエリア内にかつてあった、小さな掘っ立て小屋の中で生まれたと、当時世話をしていたKさんが教えてくれた。

つまりビクはニンゲンと生活を共にした経験をまったく持っていない。

私はだから、ビクに会うたびについ考えてしまう、彼女にとってニンゲンとはどんな存在なのだろうか、と。


160228b_040.jpg

160228b_041.jpg
海岸で生まれ育ったビクにとっては、防砂林と隣接する砂浜が世界のすべてだ。
ただしビクが砂浜へ足を踏み入れた光景を、私はついぞ見たことがない。



陽が落ちてからのビクの行動を私は知る由もないが、少なくとも日中は防砂林の奥で隠遁者のようにひっそりと暮らしているようだ。
160228b_048.jpg

160228b_049.jpg
そして自分のホームグラウンドともいうべきその防砂林のなかにいても、ビクが警戒心を解くことはほとんどないように見受けられる。


こうして食事しているときも例外ではない。
160228b_042.jpg

160228b_043.jpg

160228b_044.jpg

というより、自ずと無防備になる食事中の方が警戒モードをより高いものに引き上げている

たとえそこが人目につき難い場所であったとしても、だ。

むろん他の海岸猫も食事中には外敵の接近に注意をはらっているが、ビクほど神経質な動きは見せない。

160228b_045.jpg

160228b_046.jpg

160228b_047.jpg

ちなみに私が海岸猫を撮影する際は、カメラの腕が未熟ということもあり、「下手な鉄砲も数打てば当たる」の諺にならって、多くのカットを撮るようにしている。

しかしすべての瞬間をカメラに収めるのは、当然のことながら現実的に不可能である。

さて、いささか婉曲な言い回しになったが、私が読者諸氏に伝えたいのは、以下の事実だ‥‥。

160228b_050.jpg

160228b_051.jpg

さっきからビクが執拗と思えるほどあたりに目を配っているが、「実際はもっと頻繁に視線を巡らせていた」ということ。

もちろん正確な回数は憶えていない。

ただ写真に記録されている回数の倍近くの頻度だったと、おぼろげながら記憶している。

160228b_052.jpg

160228b_053.jpg

猫の性格は「臆病」と「大胆」に大別され、それを決定するのは父親から伝搬される遺伝子というのが通説になっている。

だがそれだけでは、どうしてビクが他の海岸猫よりも警戒心が強く怯懦な性格になったのかの理由としてははなはだ弱い。

160228b_054.jpg

160228b_055.jpg

だから私としては、あの “おぞましい事件” がビクの性格形成に暗くて深刻な影を落としているのでは、と思わずにはいられない。

猫も喜怒哀楽の感情を持つ生き物であるからには、『心的外傷(トラウマ) 』を抱えこんだとしても不思議ではないだろう。

160228b_056.jpg

160228b_057.jpg

160228b_058.jpg
食事を終えたビクは、このあとどうするかを決めかねているようだ。

私はあえてビクの歓心を買うような言動をとらないで、彼女の自由意志にまかせてただ傍観していることにした。

ややあってビクはトレイから離れると、短い脚をちょこちょこと動かして私の眼の前を横切っていく。まるで私の存在など眼中にないかのように。
160228b_059.jpg

160228b_060.jpg

160228b_061.jpg
ビクはそれから、その軽快な歩度を保ったままで灌木のあいだを縫うように進んでいった。


やがて防砂ネットくぐり抜けると、そのまま防砂林のあいだに設けられた通路を横断してゆく。
160228b_062.jpg

160228b_063.jpg

160228b_064.jpg
ビクのその後ろ姿を見送る私の心は複雑だった。

なんとなれば自分を忘れられたのは寂しいけれど、ニンゲンを安易に信用しないビクの行動に安堵感を覚えたからだ。

ビクがとなりの防砂林に足を踏み入れた、まさにその刹那だった。ビクは私の方をちらりと顧みた。
160228b_065.jpg

160228b_066.jpg

160228b_067.jpg
ほんの一瞬間ではあるが、確かにビクは私の顔を一瞥した。

「今の目顔は何かの意思表示なのか‥‥?」私は慌ただしく思いを巡らせる。


scenery160228_09.jpg

私は考えあぐねた末にビクの後を追って、となりの防砂林に入っていくことにした。

そして、とりあえず防砂ネットの裂け目から中をのぞきこんだ。

すると‥‥。

ビクは私がやって来ることをあらかじめ知っていたかのように、防砂ネットから3メートル程のところにこちらを向いて端座していた。
160228b_068.jpg

160228b_069b.jpg
「ビク‥‥!」思いがけないビクの応対に私は驚き、防砂ネットの外で立ちすくんでしまった。


ビクと私は数秒間そのまま向かいあっていただろうか‥‥、先に動いたのはビクだった
160228b_070.jpg
おもむろに腰をあげたビクは、迷いのない足付きでこちらへ向かって歩きだした。ビクの動きが予測できない私は、思わず後ずさる。


あたかも明確な目印でもあるかのように、ビクは防砂林と通路との境界線で立ちどまった。
160228b_071.jpg

160228b_072.jpg
だがそれも寸秒のあいだで、ビクはすぐに足を踏み出した。


そうして‥‥、小さなハスキーボイスを発しながら、私の脚に身体をすり寄せてきた
160228b_073.jpg
ビクは私のことを忘れた訳ではなかったのだ。どうやら1年半の空白も、ビクの記憶を消去するのには不十分だったようだ。


海岸猫(野良猫)と関わっていると、辛く悲しいことばかり体験する。それでもこうして海岸猫の親愛の情に接すると、心に温かいものが湧いてくる。
160228b_074.jpg

160228b_075.jpg
とはいえ、そんな気持ちになれるのは束の間のことだ。


ビクは私を先導するように薄暗い防砂林の奥へと進んでいく。まるで大型船を曳航するタグボートのように。
160228b_076b.jpg

160228b_090.jpg
ビクが向かっているのは行く手に見えてきた、発泡スチロールと色とりどりの食器が雑然と取り散らされた場所のようだ。


160228b_077.jpg

160228b_078.jpg
ビクは発泡スチロールの板の上に載っかるとしずかに腰をおろした。


この区画の防砂林には幾度か入ったことはあるが、こんな深部まで足を踏み入れたのは私にとって今回が初めてのことだ。
160228b_079.jpg


あらためて周囲を見まわすと、いくつもの食器が散乱していた。
「そうか、ここはビクにとっての『 エサ場 』なんだ」と私は思わず独りごちる。

160228b_080.jpg

それにしては、いささか乱雑だと思われる読者の方もいるだろうが、いくら整頓しても軽量の食器などはカラスによって散らかされてしまうのだ。

160228b_081.jpg
その証拠にカラスが咥えるには重すぎる陶製の食器は、所定の場所(おそらく)に置かれている。


更に周辺を探索すると、しっかりした作りの『 猫ハウス 』が二つ並べてあった。
160228b_089.jpg

160228b_088.jpg
私もその姿を数回目撃しているが、このエリアにはもうひとり、黒シロ(キジ白かもしれない)の海岸猫が住んでいる。おそらくはその子とビクのための猫ハウスだろう。


160228b_082.jpg

160228b_083.jpg

私はこれまでビクのエサ場の場所を特定できないでいた。

海岸猫のエサ場は通常、人目につかない防砂林の中などに設置する。

とはいえ防砂林でもあまり奥深いところだと、世話をするボランティアの人の出入りが難儀になる。

160228b_084.jpg

160228b_085.jpg

そこで多くの場合は防砂ネットの近くで、なおかつ人目につかない場所にエサ場は設けられる。

このエリアのエサ場をあえて防砂林の深部に設置したのは、ボランティアの女性が、臆病で神経質なビクの性格を考慮したからかもしれない。

これといった明白な根拠がある訳ではないが、そんな気がした。

160228b_086.jpg

160228b_087.jpg

会った当初のビクの態度を、私はただにべもないものだと考えていたが、今はビクの本当の意図が理解できる。

ビクは私を招待したかったのだ。

防砂林の奥のひそやかな場所にある自分の「住まい」に。

私はそんなビクの心づくしが嬉しかった。



〈つづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

臆病な猫 (前編)






その海岸猫と最初に出会ったのはいつだったのか、私はなかなか思い出せないでいた。

そこで撮りためている写真から検索することにしたのだが‥‥。

2012年以前の写真データはハードディスクからDVDへ移動してあるので、思いのほか時間を要する作業になった。

091101_ビク_002

検索する前は、その海岸猫との初見は旧ブログを開設してから2、3ヵ月経ってからだと思っていたのだが、あに図らんやわずか8日後の2009年11月初旬だったことが判明した。

つまりはこの海岸猫と知り合ってから、すでに6年半もの歳月が経っていることになり、私が関わってきた海岸猫の中では最長である。

091101_ビク_001b

下に掲載したのが初見のときのワンショット目の写真だ。
091101_ビク_003

さて、『 東のエサ場 』と呼んでいたエリアに棲む、このキジ白柄の海岸猫に対して私がいだいた第一印象を端的にいうと “臆病な猫” だ。

091101_ビク_005
091101_ビク_004
常に周りを警戒し、小さな物音やちょっとした気配に過敏ともいえる反応を見せてびくびく怯えているから、私はいつしかこの海岸猫を『 ビク 』と呼ぶようになる。


ビクは当時5歳で、ニンゲンでいえば30代半ばのレディーだった。

やや太り肉(じし)ではあったが‥‥。

2012年の秋ころから『 東のエサ場 』に出没するようになったチビ太郎を、ビクは蛇蝎のごとく嫌い、ついには別のエリアに移動してしまった。

そして、それまで高かったビクの出現率はこれを契機に急低下する。


2016年初春、私はビクに会うために海岸へ赴いた。
scenery160228_08.jpg


防砂林へ向かって名を呼びつづけていると、10分ほど経ったころに、周囲を気にしながらおどおどした様子でビクが姿を見せた。
160228b_001.jpg

160228b_002.jpg
そして、いったい誰に向かって何を訴えようとしているのか、ビクは小さな鳴き声をあげる。


160228b_003.jpg

160228b_004.jpg
さらに私の背後を見つめながら「ミャオ」と鳴いた。念のために振り返って確認したが、ビクの視線の先には誰もいない。


私はビクに話しかける。「ビク、久しぶりだな。また会えて嬉しいよ」
だがビクは私を一瞥もせず、名もない虚空を凝視するばかりだ。

160228b_005.jpg

160228b_006.jpg
数秒間そうしていたと思ったら、今度はいきなり「ミャーオッ!」と大きな鳴き声を発した。


その直後、ビクは凛然とした態度で向き直ると、私の顔を正面からひたと見据えた。
160228b_007.jpg
ビクの無垢な双眸に見つめられた私は、彼女にその気がないとしても、日頃の無沙汰を責められているようで、自ずと居心地の悪さを覚えてしまう。


こういうとき、ニンゲンは思わず弁解したくなるものだが‥‥。

それが建前であろうが本音であろうが、ニンゲン社会で通用する言い訳など、実直に生きている猫たちにはいっさい通用しない。

ニンゲンの虚実の仮面など、研ぎ澄まされた猫の本能の前では何の役にも立ちはしないのだ。

だから猫と真剣につきあいたければ本意からの言葉に加えて、実際的な行動が必須になる。


160228b_008.jpg
ビクはくるりと身を翻すと、軽快な足付きで植込みの方へ歩いていく。私を忘れてしまったのだろうかと、一抹の不安が脳裏をかすめる。


そんな私の想いを知ってか知らでか、ビクはおもむろに防砂柵へ前足をかけた。
160228b_009.jpg

160228b_010.jpg
腰を引いた珍妙な格好で伸びをしているように見えるが、爪を研ごうとしているのだ。おそらくは。


160228b_011.jpg

160228b_012.jpg
ところがビクは防砂柵にかけた前足を1ミリも動かすことなく体勢を立てなおした。


結局ビクは何をしようと思ったのだろう‥‥?
160228b_013.jpg

160228b_014b.jpg
このように猫の行動はニンゲンにはなかなか見通せない。けれどこういう融通無碍ぶりも猫の魅力のひとつなのだ。


以前のビクなら私を認めると、足もとに寄ってきては背中を撫でることを強要していた。しかしこの日はどうも様子が違う。
160228b_015.jpg

160228b_017.jpg

160228b_016.jpg
前回会ってから1年半という空白がある。もしかしたら、そのことがビクの心境に何らかの変化をもたらしたのかもしれない。


ビクに言い訳は通用しないが、読者の方には一言断っておきたい。
160228b_018.jpg
その1年半の間に、私は何度かビクを訪ねている。ところがビクは一度も姿を現してくれなかったのだ。


160228b_019.jpg

160228b_020.jpg
警戒心の強いビクの性格を考慮し、私は人目につかない防砂林のなかへ足を踏み入れた。


160228b_036.jpg

160228b_037.jpg

160228b_038.jpg
ビクも私のあとを追って防砂林に入ってきた。だがネット近くで歩みを止め、それ以上奥へ進むのを逡巡している。


160228b_021.jpg
そこでいささか姑息な手段ではあるが、食べ物で懐柔することにした。


160228b_022.jpg

160228b_023.jpg
生憎こちらが風下だが、犬には及ばないものの、猫の臭覚はニンゲンの1万倍から10万倍もあると言われているので、ビクは猫缶の匂いを感じとっているはずだ。


160228b_024.jpg
こういう場合はただひたすら待つしかない。焦ってこちらからモーションを起こすと、人馴れした猫でも逃げてしまう。


ちなみに猫は他のネコ科の動物と同様に優秀なハンターだ。

ネコ科の狩りの方法には、待ち伏せ作戦と忍び寄り作戦がある。

待ち伏せ作戦でいうと、野生のトラは獲物を得るためなら丸一日でも身じろぎしないで潜んでいられるという。


160228b_025.jpg

160228b_026.jpg


そんな辛抱強いネコ科の動物とつきあうには、こちらにも相応の忍耐力が求められる。

だからけっして焦らず、自若とした態度で臨まなければならない。


160228b_027b.jpg

160228b_039.jpg


とはいうものの、防砂林に入ってそろそろ15分が経とうとしていた。

丸々と太ったビクの体型からは食事環境の良さがうかがえる。

つまり飢えてはいないということで、猫缶での懐柔作戦も効果がなさそうだ。

致し方ない、今日は顔を見られただけで良しとして引きあげよう、と私が諦めかけたそのときだった。








ビクが慎重な足取りで、猫缶を盛ったトレイに近づいてきたのは。
160228b_028.jpg

160228b_029.jpg

160228b_030.jpg
そしてビクはトレイの少し手前で立ち止まると、まるで毒でも入っていないか吟味するようにトレイの中身を仔細に眺める。


160228b_031.jpg
やがて納得したようで、おずおずとしながらも猫缶に口を付けた。


160228b_032.jpg

160228b_033.jpg
ただその食し方はきわめて悠揚としている。やはり推測したようにあまり空腹ではないようだ。


こうして間近でビクを見ていると、あの “おぞましい事件” が否が応でも想起される。
160228b_034.jpg

160228b_035.jpg


その事件とは、2歳のビクの身に降りかかった凄惨な出来事だ。

幸いにも、当時世話をしていたKさんの適切な判断と敏速な行動によって、ビクは奇跡的に一命を取りとめたのだが‥‥。



〈つづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




テーマ:猫の写真
ジャンル:写真



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~