プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト


検索フォーム
里親募集


偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

パフォーマンス (前編)




しきりとグルーミングする、適当な部材があれば取りあえず爪を研ぐ、狹いところがあるともぐり込む、高い場所に好んで登るなど、猫には様々な習い性がある。

それらの習性は数万年をかけて彼らの遺伝子に書き込まれたもので、猫と接するうちにその行動原理が徐々に理解できるようになる。

しかし、猫は我々の想像を超えた不可解な行動をとることがある。

今回はそんな猫の不思議な行動のいくつかを紹介しよう。


scenery160406_01.jpg

scenery160406_02.jpg

scenery160406_03.jpg

薄雲が広がる夕刻の海岸に人影はまばらで、いつになく閑散としている。

海は静かに横たわり、風も凪いでいる、そんなひっそりとした海岸を私はリンエリアへと自転車のペダルを漕いだ。


160406_001.jpg

160406_002.jpg

自転車から降りてあたりをうかがっていると、灌木の茂みからリンが姿を現し、足早に近づいてきた。

灌木の中から私の姿を視認したか、さもなくばその優れた聴覚で私の自転車が発する固有の “音” を聞き分けたのだろう。


160406_003.jpg


「猫は三年の恩を三日で忘れる」という諺があるように、日本では昔から “猫は情が薄い” などと巷間言われている。

けれど、悪意があるとまでは言わないが、この説はまったく見当はずれで間違ったものだ、と私自身は思っている。


160406_004.jpg

160406_005.jpg

リンと知り合って4年余りが経つが、会うたびにこうやって短い尻尾を目いっぱい挙げながら身体をすり付け、歓迎の意思表示をしてくれる。

たとえ数ヵ月間会わないでいても、彼女が私のことを忘れたことはない。これまで一度も。


160406_006.jpg

飼い猫ならまだしも、野良猫のリンがたまに訪れる私のようなニンゲンにさえ親愛の情を表してくれる、この事実を見れば「猫は薄情」などとはとても思えない。

だから行動に気まぐれなところはあるものの、猫は受けた恩義をそうそう簡単には忘れない生き物だ、と私は信じている。


160406_007.jpg

160406_008.jpg

その場で佇んでいた私に、リンは「ついて来て」という仕草を見せながらゆっくりと歩き始めた。


160406_009.jpg

160406_010.jpg

私はリンに促されるまま、後をついて行くことにした。


160406_011.jpg

160406_012.jpg

やがてリンは防砂ネットの端を回り込み、防砂林の中に足を踏み入れた。

明らかにリンは私を先導している。

なんとなれば、リンが防砂ネットの反対側に行くのなら、こんな迂遠なルートを通らないで、至るところにあるネットの切れ目から簡単にくぐり抜けられるからだ。


160406_013.jpg

160406_014.jpg

リンは突然歩を止めると、踏み分け道の脇にある松の若木に頭を押しつけるようにしがみついた。

《爪を研ぐつもりなのか‥‥?》 それにしてはいっこうに前足を動かさないのは何故だ。


160406_034.jpg

そんな疑問をリンに投げかけようとしたのだが、彼女の真剣な表情を見て、私は口をつぐんだ。


160406_015.jpg

160406_016.jpg

160406_017.jpg

やがてリンはがくりとこうべを垂れると、松の木にかけてあった前足を静かに下ろした。

その様子からは、まるで何かを成し遂げて精根尽き果てたような印象を受ける。


160406_018.jpg


冒頭で述べたように、猫は置かれた状況やそのときの感情で様々な行動パターンをとる。


160406_019.jpg

160406_046c.jpg


その行動からある程度猫の気持ちが推測できるのだが、今リンがおこなったパフォーマンスは初めて目にするもので、私にはその意図が皆目分からない。


160406_020.jpg

160406_021.jpg

リンはエサ場に着くやいなや、そこに置かれた段ボール箱にもぐり込んだ。


160406_022.jpg

160406_023.jpg


人に飼われている、飼われていないにかかわらず、猫はこういった狭い場所を好む習性をもっている。

その理由としては、彼らの祖先が捕食していた小動物の多くが小さな穴に棲んでいたからであり、また狹い場所は外敵から身を守るために都合がいいからだと言われている。


160406_024b.jpg

160406_025.jpg

そのとき、今までどこに隠れていたのか分からないが、灰シロ猫が颯爽とした足どりで登場した。


160406_026.jpg

160406_027.jpg

そしてすぐ側にいる私を見向きもしないで、いきなり爪を研ぎ始めた。


160406_028.jpg

160406_029.jpg


さて、いつまでもこの幼い海岸猫を “灰シロ猫” と記すのは煩わしく、それに親近感も湧かないので名前を付けることにした。

灰色の被毛をもっていることから、今後この子を『テル(照)』と呼ぶことにする。

灰色⇒グレイ⇒◯◯◯◯⇒◯◯◯◯⇒照、という単純な演繹的連想から決定した。


160406_030.jpg

爪研ぎを終えたテルは私の眼の前を平然とした足付きで横切っていく。

《やはりこの子は父親譲りの大胆不敵な性格をもっているようだ》 私はあらためてそう思った。


160406_031.jpg

160406_032.jpg

そしてそのままリンがひそんでいる段ボール箱に近づいていく。

1、2分のタイムラグがあるからリンが段ボール箱に入るところをテルは目撃していないはず。

それでも迷うことなく近づいてきたということは、その鋭敏な聴覚と臭覚で感知したのかもしれない。


160406_033.jpg

ここにきてテルは初めて私に視線を向けた。その眼差しに警戒や猜疑の色は感じられない。


160406_062.jpg

160406_063.jpg

捨て猫のテルはリンを母のように慕っているフシがある。

だからリンのことが気になるのだろう、おずおずしながらも段ボール箱の中をしきりにうかがっている。


160406_046.jpg

しばらくそうしていたテルだったが、小さな段ボール箱にいるリンには接近できないと悟ったのか、不服そうな顔を私に向けながら少し離れたところに腰を下ろした。


160406_072.jpg

160406_047b.jpg

160406_048.jpg

テルは名もない虚空をひとしきり眺めると、今度はいきなり大きなあくびをした。

顔の造作が崩れるくらい猫のあくびは豪快だ。

ちらりと見えたテルの口腔には、白くて健康そうな歯が欠損することなくきれいに並んでいる。

犬歯の先端は鋭くとがり、歯茎もピンク色をしていて、ひと目で若い猫だと分かる。


160406_035.jpg

リンへの接近を諦めたかに見えたテルだったが、やはり気にかかるようで、ちらちらと傘のやぶれ目を顧みる。


160406_036.jpg

160406_037.jpg

160406_038.jpg

やがて心を決めたように伸びをすると、おそるおそる段ボール箱に近づいていった。


160406_073.jpg

160406_039.jpg

160406_040.jpg

段ボール箱の中を覗き込んでいたテルがあわてた様子で身を引いた。

リンが威嚇的な行動に出たのかもしれない。


160406_041.jpg

それでもテルは生来の放胆な性格に突き動かされるように、再び段ボール箱に近づいていく。


160406_043.jpg

160406_044.jpg

160406_045.jpg

どうせまたリンに追い払われるのが関の山だろうと私は思っていた。

ところがあに図らんや、テルはすんなりと壊れた傘の下へもぐり込んでいった。


160406_057.jpg

160406_058.jpg

近づいてみると、段ボール箱の中にテルがちゃっかり収まっている。

「え、それじゃあリンは何処へ行ったんだ?」


160406_059.jpg

テルの表情も若干戸惑っているように見える。


160406_035b.jpg

それからややあって、テルは段ボール箱からあっさりと出てきた。

テルとしては段ボール箱に執着したわけではなく、リンに近づきたかったのだから当然の行動だろう。


160406_036b.jpg

160406_043b.jpg

160406_044b.jpg

灌木の茂みに近づいたテルは、何かを探し求めるようにあたりを盛んに見まわしている。


160406_045b.jpg

どうやらテルもリンが何処へ身を隠したのか分からないようだ。


160406_049b.jpg


ネコ科全般に言えることだが、しなやかな身体と抜群の運動能力を具え、足音を立てずに歩ける肉球をもつ彼らは隠密行動を得意としている。

それに息を殺して長時間じっとしていることも彼らは苦にしない。


160406_065.jpg


私も何度か経験しているが、家の中のような限られたスペースであっても、猫が本気で隠れると簡単には発見できない。

そのたびに、ひょっとしたらある種の猫は異次元への出入り口を知っていて、『ワームホール』ならぬ “キャットホール” を通って行き来できるのではないか、と真剣に考えてしまうほどだ。


160406_066.jpg


もし猫とかくれんぼや缶蹴りをしたなら、いつまでも鬼をやらされるハメになるのは確実だ。

しかしニンゲン相手ならいざ知らず、幼いとはいえ優れた探知能力を有する同じ猫を尻目にかけて、完全に姿をくらますなどということが、果たして可能なのだろうか?


160406_067.jpg


グルーミングほどの頻度ではないが、猫は事あるごとにこうして爪を研ぐ習性がある。

獲物を狩るときや敵と戦うときには武器となり、外敵から逃げるときには木に登るための道具となる爪は猫にとって重要な部位で、常に鋭利にしておく必要がある。

そして縄張りを示すためのマーキングや他の猫に対して自分を示威するためにも爪を研ぐ。


160406_068.jpg

160406_069.jpg


さらにはグルーミングと同様に、葛藤状況に陥った際の『転位行動』として爪を研ぐこともある

さて一心不乱に爪を研いでいるテルの場合は、リンが煙のように姿を消してしまったせいで混乱した頭を沈静化させための転位行動だと私は想像しているのだが‥‥。

そのときだった。


160406_071.jpg

リンがいきなり姿を現して、ゆっくりとした足どりでこちらに向かってきた。


160406_086.jpg

「リン、今まで何処にいたんだ?」やはり猫にしか行けない異次元に隠れていたのだろうか。


160406_089b.jpg

160406_074b.jpg

だがリンは私の問いかけに何も答えない。そして私の足元をすり抜けると、出し抜けに防砂ネットに取りついた。

《リンは何をしようとしているんだ?》 先ほどの松の木を相手にした不可解なパフォーマンスといい、今日のリンの行動は謎だらけだ。


160406_075b.jpg

160406_087b.jpg

リンの動きが止まった。

ネットを手がかかりにしてフェンスを登ろうとしているのだろうが、どうやら太い胴縁が妨げになって先に進めないようだ。


160406_088b.jpg

賢明なリンのことだから無理はしないで、じきにネットから降りてくるだろうと私は思っていた。

ところがリンはネットにしがみついたままじっとしている。

そして‥‥。


160406_076c.jpg

つぎの瞬間、リンは垂直に張ってあるネットでジャンプをして胴縁を越えると、前足だけで上部のネットにぶらさがった。

「すごい‥‥!」私は思わず声をあげた。

体操競技でいえばD難度くらいか‥‥、いや、私としてはE難度としたい。


160406_077c.jpg

160406_078c.jpg

160406_079.jpg

先日テルの追走から逃れるために仕方なくおこなったように、緊急避難的に防砂ネットを駆けあがるリンを目撃したことはある。

しかし私の記憶違いでなければ、こうして自分の意志でネットを登るリンを目にしたのはこのときが初めてだ。


160406_080.jpg

160406_081.jpg

「また跳んだ!」

胴縁のような障害物がないにもかかわらず、リンはネットを足がかりにして再びジャンプした。


160406_085.jpg

160406_082.jpg

さらにふたつ目の胴縁を飛び越えると、今度は前足一本でネットに掴まった

「‥‥!」私は眼を瞠り息を呑んだ。

リンが身軽なことは以前から承知していたが、これほどの運動能力を有しているとは、正直思っていなかった。

リンがニンゲンなら体操選手としてもオリンピック級だろうが、フリークライマーとしても間違いなく一流選手になっていただろう。


160406_083.jpg

160406_084.jpg

頭上のリンの姿を仰ぎ見ているうちに、私を迎えてくれたときのリンの行動がふと脳裏に浮かんできた。

なんとなれば、リンが私を此処へ招いたのはこのパフォーマンスを見せるためかもしれない、という穿った見方もできそうだからだ。

それにしても‥‥、リンは何処まで登るつもりなのだろう?そして目的は何なんだろう?

この防砂フェンスは地面から5~6メートルの高さがあり、リンはすでにその半ばまで達している。



〈つづく〉



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


日産自動車が提唱している『#猫バンバン プロジェクト』を紹介します。


#猫バンバン プロジェクト



外で暮らす猫たちは寒い冬場に暖かさを求めて、停まっている車のエンジンルームや
足回りに潜りこむことがある。


それを知らずにエンジンを始動すると、猫が負傷したり、最悪の場合は死亡します。

実際に駐車中の車にひそんでいたふたりの海岸猫(ミイロ・シシマル)が
発進した車のタイヤに轢かれて死亡し、
ひとりの海岸猫(カポネ)が始動したエンジンで怪我をしている。


そんな事故を防ぐため、 “エンジンをかける前” にボンネットを叩いて猫たちの命を救うのが
『#猫バンバン プロジェクト』の趣意です。


『#猫バンバン プロジェクト』の詳細は下の画像をクリックしてください。
日産のページへジャンプします。







ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

思慕 (後編 2)




強固なカラス対策をしないと、防砂林の中にあるエサ場に置き餌はできない。

そして防砂林という場所においては、奸智に長けたカラスを完全に排除することは不可能にちかい。


160328_167.jpg


カラスは霊長類に匹敵するほど知能の高い動物として知られているが、家族間や仲間間での情報伝達能力にも長けていることが分かっている。(私も薄々気づいていた)

つまり彼らは我々ニンゲンと同じように情報の共有と拡散を行っている数少ない生き物なのだ。


160328_212.jpg

「生きていくためにお前たちも食べ物を必死で探しているんだろうけど、この場所で容易に手に入るなどと、持ち前のよく通る声で仲間に喧伝されてはちと困るんだ」

「悪いけど、余った猫缶はこっちで処分させてもらうよ」


160328_168.jpg


「行きはよいよい、帰りはこわい」という『通りゃんせ』の歌詞ではないが、猫は木に登るのは得意でも木から降りるのは不得手で、ときとして自力で降りられなくなることすらある。

なかんずく外敵などの追撃にあってやみくもに登った場合、こういった悲劇に見舞われる。

これは何も木に限ったことではなく、建物の屋根や庇などの高所であれば起こりえることだ。


160328_169.jpg

160328_170.jpg

垂直にちかい枝から難なく地面におりた灰シロ猫。この子は腕白なだけあって優れた運動神経を持っているようだ。

この能力は野良として生きていくうえで貴重な資質であり、将来においてはこの先灰シロ猫の命運を左右するかもしれない、と私は思った。


160328_171.jpg

160328_172.jpg

ちなみに、サキは木登り巧者のリンの娘でありながら木登りがあまり得意ではない。

リンのあとを追って木に登っても、途中であきらめて引き返すサキの姿を何度も目にしている。


160328_174.jpg

160328_175.jpg

先ほどは「食べ盛り」の実際の食べっぷりを披露してくれた灰シロ猫だが、今度は「遊び盛り」の実際の遊びっぷりを披露してくれるようだ。

たとえ相手がいなくても、猫は『単独遊び』という独自の遊びを心得ている。


160328_177.jpg

160328_178.jpg

灰シロ猫の場合は虫を捕まえてもてあそんでいるのかと思ったのだが、どうもそうではないようだ。

動きが速くて見定められないのでファインダーから眼を離して肉眼でよく見てみると、薄くて黒っぽい物を懸命につかみ取ろうとしている。


160328_179.jpg

160328_180.jpg

「枯れ葉‥‥?いや、羽根だ」、灰シロ猫はカラスの羽根をオモチャにして遊んでいた。

健康な成猫にとってカラスはあまり脅威とはならないが、身体の弱った成猫や仔猫にとっては獰猛な捕食者となりえる。

そんなカラスに日頃の恨みを晴らす代わりとして、灰シロ猫は彼らの羽根を仮想の敵と見なしているのかもしれない。


160328_181.jpg

160328_182.jpg

160328_183.jpg

それにしても、この幼い海岸猫は実にアクティブでタフだ。

身体の内側に自分でも抑制できないほどのエネルギーが湧きおこり、それが奔流となって外へほとばしり出ている感じだ。

忘我の境というかトランス状態というか、はた目には恍惚として踊っているように見える。


003d.gif

004e.gif


単独遊びは多くの場合、このように適当な小物を獲物に見立てて捕獲のシミュレーションを行うのだが、猫はたとえ何もなくても頭のなかに描いた架空の状況で遊ぶことができ、その行動を『空想遊び』と呼ぶ。


160328_184.jpg

灰シロ猫はカラスの羽根にじゃれるのを止めると、いきなり防砂ネットに駆けあがった。

防砂ネットにそれらしい “標的” が見あたらないところをみると、これが灰シロ猫なりの『空想遊び』かもしれない。


160328_185.jpg

160328_186.jpg

160328_187.jpg

160328_188.jpg

灰シロ猫は頭のなかに何を思い描いているのだろう?

私には見えないが、真剣な表情から推すと、おそらく灰シロ猫の眼には自分で想定した獲物がはっきり見えているようだ。


160328_189.jpg

160328_190b.jpg


猫は耳の奥にある三半規管の働きだけでなく、視覚で水平を検出する能力に秀でていて、これにより空中で上下を素早く判断して足から着地することができる。

(まったくの余談で恐縮だが‥‥、この能力を極めた猫としては、漫画『いなかっぺ大将』において、主人公の大左衛門に『キャット空中三回転』という受け身を伝授したニャンコ先生をつい思い出してしまう)


160328_195.jpg

160328_196.jpg

視線を前方の一点に集中する灰シロ猫‥‥。どうやら彼の眼はあらたな “仮想の獲物” を発見したようだ。

私はカメラのズームを広角側にして、灰シロ猫のつぎの行動に備えた。


160328_197.jpg

ところが灰シロ猫は、私の予想に反して視線とはまったく違う方向へ駆け出した。


160328_198.jpg

160328_199.jpg

そして地面に転がっていた、小石とは言えないそこそこ大きな石をかかえこんだ。

猫の行動を予測するのは容易ではない、と私はあらためて思い知った。


160328_200.jpg

さらに半ば感嘆しながら思う‥‥、この子の辞書にはそもそも『疲弊』とか『困憊』という文字はないのかもしれない、と。


160328_201.jpg

160328_202.jpg

160328_203.jpg

160328_204.jpg


『単独遊び』は、兄弟のいない仔猫や何らかの理由で疎外された仔猫がよく見せる行動だと言われている。


160328_205.jpg

160328_206.jpg

160328_207.jpg

160328_208.jpg


考えてみれば、生後2~3ヵ月で親兄弟から引き離されて此処に遺棄された灰シロ猫の場合は、好むと好まざるとにかかわらず、独りで遊ぶしかなかった

それというのも、排斥こそされていないが、灰シロ猫はリンとサキの母娘から無視に近い扱いをうけているからだ。


160328_209.jpg

今まであまり使う機会がなかったのだが、私のバッグには猫缶と一緒にこんな物も入っている。

まだ遊び足りない顔をしている灰シロ猫に私は言った。「そんなの遊びたいのなら、私が相手をしてやろうか?」


160328_210.jpg

160328_211.jpg

「おっと、そんな簡単に掴んではつまらない。もっと楽しまないと‥‥」

灰シロ猫がポンポン様の玉に触れた瞬間、私は猫じゃらしを素早く引きあげた。


160328_213.jpg

160328_214.jpg

捕まえたと思った玉がするりと逃げたので、灰シロ猫もにわかに本気モードになったようだ。

舌なめずりをする顔からは、「今度こそは」と捲土重来の機会をうかがう意志がありありと見てとれる。


160328_215.jpg

160328_216.jpg


俊敏な猫を相手に、それも元気があり余っているこの子を相手にして、撮影をしながら左手だけで猫じゃらしを操るのはいささか心許ない。

またそんな半端な姿勢は、真剣になっている灰シロ猫に対しても非礼にあたるというもの。

そこで私はカメラをバッグに収め、本腰を入れて灰シロ猫と遊ぶことにした。

ということで、これ以降の写真はない。


scenery160328_07.jpg

scenery160328_06.jpg

scenery160328_09.jpg

scenery160328_08.jpg

灰シロ猫とひとしきり遊んだあとで海岸に出ると、夕日があたりを朱色に染めあげていた。

そして心地良い疲労感を覚える私の身体もまた、同じ色に彩られた。



〈了〉



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


さて、今年も寒い季節が到来しました。

そこで‥‥。

昨年も取りあげた日産自動車が提唱している『#猫バンバン プロジェクト』を紹介します。


#猫バンバン プロジェクト



外で暮らす猫たちは寒い冬場に暖かさを求めて、停まっている車のエンジンルームや
足回りに潜りこむことがある。


それを知らずにエンジンを始動すると、猫が負傷したり、最悪の場合は死亡します。

実際に駐車中の車にひそんでいたふたりの海岸猫(ミイロ・シシマル)が
発進した車のタイヤに轢かれて死亡し、
ひとりの海岸猫(カポネ)が始動したエンジンで怪我をしている。


そんな事故を防ぐため、 “エンジンをかける前” にボンネットを叩いて猫たちの命を救うのが
『#猫バンバン プロジェクト』の趣意です。


『#猫バンバン プロジェクト』の詳細は下の画像をクリックしてください。
日産のページへジャンプします。







ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




テーマ:猫の写真
ジャンル:写真


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~