プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです
おきてがみ
バナーをクリックしてURLを記入すると
訪問履歴を残せます
ログインしないで閲覧するFC2の方も
利用してください

最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

パフォーマンス (後編 1)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



以前、高所作業に従事している人と話す機会があり、とても興味深いことをおしえられた。

そのときその人は、とあるコーヒーメーカーの倉庫を建設している現場で、屋上からつり下げられたゴンドラにのって外壁に金属パネルを貼る仕事をうけおっていた。

建設中のその倉庫は高さが60メートルもあり、さらに山の中腹に建っているので風が吹いてゴンドラがよくゆれると、その人は言う。

そこで私は素朴な質問をしてみた。「そんな高いところで作業していて怖くないですか?」と。

すると、彼の口からは私がまったく予想もしていなかった答えがかえってきた。


160406_131.jpg


彼はまずこう言った。「この仕事をながくやっていると、ゴンドラの高さが60メートルでも恐怖はほとんど感じなくなります」

そしてつぎに、我々がもっとも恐怖心をおぼえるのは、ゴンドラが17、8メートルの高さにあるときなんです、と言った。

「17、8メートル‥‥、それはまたどうして?」私は疑問をすなおに彼へぶつけてみた。


160406_132.jpg

160406_133.jpg


そのあと彼が語ってくれたはなしの概要を以下に記す。


15メートル以下から転落したばあい、大怪我をしても命がたすかる可能性があるからあまり恐怖は感じない。

いっぽうゴンドラの高さが20メートル以上なら、それがいくら高くなっても墜落したら即死するという事実は同じなのであきらめがつく。

それで、ある程度の高さ以上になると腹がすわって、かえって恐怖はなくなる。

でも15~20メートルの高さから落ちたばあいは、即死しないで苦しみながら死んでいくかもしれない、と思ってしまう。

“だから地面から17、8メートルの高さで作業するときがいちばん怖い”。


彼のはなしを聞いて目からウロコが落ちる思いだったが、ただ20メートル以上ならいくら高くなっても恐怖を感じないということがどうしても理解できなかった。

日常的に不安定な高所で作業をしている人とそんな状況とは無縁でいる私などとでは、やはり高さにたいする感覚がちがっているんだな、と思ったのをおぼえている。

ところで‥‥。


160406_135.jpg


ニンゲンと同様に、高いところがきらいな “高所恐怖症の猫” はいるのだろうか?

ひょとしたらなかにはそういう猫がいるかもしれないけれど、いたとしてもおそらく少数派で、大多数の猫は高いところを好む、 “高所嗜好症” とでもいうべき性質をもっていると思われる。

そうはいっても高所から降りられなくなる猫がいるからには、彼らにも恐怖を感じる高さがある。


160406_134.jpg

160406_136.jpg

たとえ木にのぼるのが得意なリンにしても、高さにたいする恐怖をもっているはずだ。

それが5メートルなのか10メートルなのか、はたまた20メートルなのかは分からないけれど。


160406_137.jpg

あたりをひとしきり眺めていたリンだが、先に進めないことを悟ったのか、ゆっくりと身体を反転させていく。

それにしても、彼女は今の状況をどうやって切りぬけるつもりなのだろう。

この “キャットウォーク” から降りる手立てはあるのだろうか‥‥?


160406_138.jpg

160406_139.jpg

そんな私の思いをよそに、リンは迷いのないしっかりとした足どりで鉄パイプを歩いていく。


160406_140.jpg

リンはふいに立ちどまると、目の前の松の枝を仔細に見つめはじめる。

「何か気になるものでも発見したのかな」私はただ漠然とそう思っていた。

ところが、この直後にリンがとった行動は意外なものだった。









160406_141.jpg

160406_142.jpg

「あ‥‥」私は思わず声を発した。

フェンスから降りるのにこんな方法があったのかと、私は虚をつかれた思いだった。


160406_143.jpg

160406_144.jpg

160406_145.jpg

眼前の事象を皮相的にただ漫然と眺めていた私には、こういう発想がまったく浮かんでこなかった。

さながら、不可能だと思いこんでためすことすらしないでいたら、目のまえでいとも簡単に卵をテーブルに立てられたような心持ちがする。


160406_146b.jpg

160406_147.jpg

野生の本能をいまだに堅持している猫は、身体と同様に頭もしなやかだということかもしれない。

少なくとも “頑固、堅物、石部金吉” などと、しばしば揶揄される私などよりは。


160406_148.jpg

ズームを広角側にすると、リンを見あげているテルの姿がファインダーに入った。

それまでリンにばかりレンズを向けていて気づかなかったが、テルも私と同じようにフェンスにのぼったリンを追って移動していたのかもしれない。


160406_149b.jpg

160406_150b.jpg

地面にたいして70~80度もの角度がある松の木を、リンは頭を下にして降りてくる。

こんな離れわざのようなマネが可能なのは、『回外』という手のひらが上を向くように前腕を回転する動作を猫が獲得しているからだ。

この回外を難なくやってのけるのは霊長類以外だとネコ科の動物くらいで、だから彼らは幹や枝を両腕で抱えこむようにして高い木にものぼれる。


160406_164.jpg

エサ場につく直前にリンがおこなった、この不思議な行為の前腕のかたちを見れば理解しやすい。

ちなみに猫は普段の生活において前足の親指をつかわないが、木などにのぼるときはほかの4本の指を補助する役目をになう。

いっぽう、後ろ足の親指は木のぼりのさいにも不要なので退化消失している。


160406_165.jpg

もしかしたら‥‥。

防砂フェンスにのぼるパフォーマンスを見せるため、その準備運動としてリンはこの不可解な行動をとったのではないだろうか。

まあ、いささか穿った見解だが、猫は用心深い動物だからありえなくはない。


160406_151.jpg

リンが地面まで1メートルほどのところにたっしたときだった。

それまで身を低くかまえてリンを眼で追っていたテルがいきなり駆けだした


160406_152.jpg

160406_153.jpg

そして着地したリンのそばまでかけ寄ってきた。

まるで「すごいすごい、あんな高いところへのぼるなんて、やっぱりボクが尊敬するリンおばさんだ」とでも言わんばかりに。


160406_166b.jpg

160406_154.jpg

ふたりのあいだで無言のうちにどんなやり取りがあったのか不明だが、リンが脱兎のごとく逃げ去ると、テルもすぐにあとを追って、ふたりともネットのすきまから外へでてしまった。

(予期しない動きだったのでシャッターチャンスを逸し、リンが柱の陰に隠れている)


160406_155.jpg

ところが何を思ったのか、テルはリンのあとを追わずにとなりの防砂林へ飛びこんでいく。


160406_156.jpg

リンはというと、後ろもふり返らずにそのままレンガ道を駆けていった。

彼らのようにネットのすきまから抜けられない私はフェンスの端までいき、ネットを回りこんだ。


160406_158.jpg

160406_157.jpg

灌木の茂みの前で、うずくまっているリンをまず発見した。

ただ、あたりを見まわしてもテルの姿はない。


160406_159.jpg

160406_160.jpg

やがてリンはおもむろに身体を起こすと、ゆっくりとした足はこびで道路へでていく。

そして私がリンのあとから付いていこうとしたときだった。


160406_161.jpg

突然、前方の防砂林からテルが走りでてきた。


160406_162.jpg

160406_163.jpg

テルはスピードを緩めずに、そのままリンのわきをすり抜けていった。


160406_167.jpg

160406_168.jpg

それをきっかけに、前日とは立場をいれかえたリンとテルの追走劇がはじまった。

テルのテンションが異常に高いのは、リンのパフォーマンスから受けた興奮が冷めやらずにいるからかもしれない。



〈つづく〉



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


#猫バンバン プロジェクト

日産自動車が提唱している『#猫バンバン プロジェクト』を紹介します。




外で暮らす猫たちは寒い冬場に暖かさを求めて、停まっている車のエンジンルームや
足回りに潜りこむことがある。


それを知らずにエンジンを始動すると、猫が負傷したり、最悪の場合は死亡します。

実際に駐車中の車にひそんでいたふたりの海岸猫(ミイロ・シシマル)が
発進した車のタイヤに轢かれて死亡し、
ひとりの海岸猫(カポネ)が始動したエンジンで怪我をしている。


そんな事故を防ぐため、 “エンジンをかける前” にボンネットを叩いて猫たちの命を救うのが
『#猫バンバン プロジェクト』の趣意です。


『#猫バンバン プロジェクト』の詳細は下の画像をクリックしてください。
日産のページへジャンプします。







ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。






スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

パフォーマンス (中編)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



昼間に気温の低い海面から気温の高い陸地にむかって吹きつける風を『海風』という。

遮るもののない海面を渡ってくる海風は、その威力を減ずることなく海岸に到達する。

それゆえ海風の風力は想像以上に強く、ときとして風上にむかって歩けないほどの風速になる。

さらに海風は砂浜の砂を舞いあげては、『飛砂(ひさ)』として内陸へ飛散させてしまう。

その飛砂によって農地や家屋が埋没する被害をふせぐために、『防砂林』や『防砂ネット』が海岸線に沿ってもうけられている。※〔1〕


160406_090b.jpg

160406_091b.jpg

160406_092b.jpg

強い海風にあおられて支柱が歪んだりかしいだりしないための補強なのか、それともべつの目的のためなのか私には分からないが、フェンスの胴縁と平行に一本の鉄パイプが渡してある。

ネットをよじ登ってきたリンは、その鉄パイプに器用にのりうつった。


160406_093b.jpg

160406_115.jpg

「なるほど、これはキャットウォークだ」私はつぶやいた。

『キャットウォーク』をネットで調べると、「高所にあるネコの通り道のことで、自然にできたもののほか、人為的に作られたものも含む。転じて、高所用の通路や足場の代名詞となった」とある。


160406_094c.jpg

160406_116b.jpg


無論このフェンスを設置した施工者にそんな意図はなく偶然の産物だろうが、高さといい幅といい海岸猫にとってはかっこうのキャットウォークだ。


160406_095c.jpg

160406_117b.jpg


私も過去にキャットウォークなるものを利用した経験がある。

屋内に設けられたそれは下のフロアーから5~6メートルの高さがあり、幅は40センチほど、そして床面が粗いメッシュという剣呑な代物だったが、華奢ながらも墜落防止の手すりが取りつけてあった。


160406_096c.jpg

だがリンが立っているのは幅10センチほどの丸い鉄パイプで、墜落をふせぐものは何もない。

普通のニンゲンなら歩くどころか、立ちつづけることさえ不可能だろう。


160406_097b.jpg

160406_098b.jpg


この事実ひとつをとってみても、猫の平衡感覚と運動能力がいかに優れているかが分かる。

まあ、ニンゲンにも猫のような肉球があれば数メートルくらいは歩ける‥‥、かもしれない。


160406_099.jpg

リンは立ちどまるとちらりと地面を見おろした。


160406_100.jpg

そういえば、さっき方向転換する直前にも同じ素振りを見せたが‥‥。「まさか、登ったものの降りられないってことはないよな、リン?」

160406_101c.jpg

160406_102c.jpg

身軽なリンも垂直に立ったネットをつたって下へ降りることはできないのか。


160406_103c.jpg

160406_104.jpg

以前にも述べたが、猫は高いところへ登るのが得意でも降りるのは苦手なのだ。


160406_105c.jpg

160406_106c.jpg

こんな場所、こういう状況でグルーミングとは‥‥、余裕の表れなのか、それとも昂ぶった気持ちを抑えるためにおこなっているのか、残念ながら私にはリンの表情が読みとれない。


160406_107b.jpg

160406_118.jpg

「リン、大丈夫なのか、お前はそこから降りられるのか?」私は少々心配になってきた。


160406_108.jpg

それまで平坦なところを歩いているときと同じ姿勢だったリンが急に身体を低くかまえ、慎重に足を運びはじめた。


160406_109.jpg

リンが差しかかったのはフェンスの角で、鉄パイプも緩やかなカーブを描いている。

よく見ると、そのパイプと直角に曲がったフェンスとのあいだに隙間がある。


160406_110.jpg

その隙間は小柄なリンでも通り抜けるほどの広さがあり、足をすべらすと転落してしまうだろう。

リンはその危険性を察知して注意深く行動しているのだ。


160406_111.jpg

さらにフェンスの支柱が傾かないために設置された『控え柱』が進行のさまたげになっている。

リンは控え柱に身体を密着させながら、ゆっくりと方向転換していく。


160406_112.jpg

鉄パイプとネットの間に生じた隙間、覆いかぶさるように張りだした控え柱、それらの障害を持ち前のしなやかな身体と抜群のバランス感覚で難なくきりぬけるリン。


160406_113.jpg

160406_114.jpg

こういう状況でも猫の動きはじつに優雅で華麗で、気品すら感じさせてくれる。


160406_120.jpg

160406_121.jpg

ただ高所にいる緊張感からか、リンの眼つきはいつもより真剣で、瞳孔も若干ひらいているようだ。


160406_122.jpg

160406_123.jpg

リンが歩いている鉄パイプは、私の目測だと地面から3メートルほどの高さにある。

たとえこの高さから落下したとしても、生来の優れた平衡感覚と反射神経をもつ猫なら怪我をしないで着地できるはずだ。

それに浜辺の砂ほど柔らかくないが、防砂林の地面が砂地という条件も味方するだろう。


160406_124.jpg

160406_125.jpg

160406_126.jpg


とはいっても現実世界には予期しない出来事、いわゆる “万が一” という現象がときおり起こり、「猿も木から落ちる」とか「河童の川流れ」といった諺もそのことを示唆し、慢心をいましめている。

つまり、リンがフェンスから降りられなくなったり、飛び降りたさいに怪我をする可能性がゼロではない、というわけだ。


160406_127.jpg


東京に住んでいたときに飼っていた愛猫が、隣家の庇から降りられなくなったのをハシゴをつかって救ったことがある。

だがここにはハシゴに代わるものなど見あたらず、そもそもあれから20年余の年月がたった今、足がかりがほとんどないフェンスをよじ登る体力がはたして私にあるのかどうか‥‥、はなはだ心許ない。

ちなみに私は『高所恐怖症』ではないが、しかし高いところが好きかと問われれば、「できることなら避けたい」と答えるだろう。


160406_128.jpg

やがて鉄パイプが支柱と平行に地面へむかっている場所までくると、リンはおもむろに腰を下ろして前方を凝視し始めた。

“キャットウォーク” はそこで終わっていた。


160406_129b.jpg

160406_130.jpg

表記すべきものもない虚空を見つめつづけるリンの表情は、心なしか張りつめているように感じられる。

そのリンの顔を見ているうちに、私のなかにあった危惧の念が徐々に大きくなってきた。

稀にみる身体能力をもったリンにしても、垂直に立っているフェンスからは降りることができないのかもしれないと‥‥。

いずれにしろリンがこの状況をどう打開するのか、私は最後まで見届ける決心をした。



〈つづく〉



脚注
※〔1〕防砂林は砂防林、防砂ネットは防風ネットと呼ばれることもある。
以上は同義語ではなく、厳密には別物だが当ブログでは慣例に倣った。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


#猫バンバン プロジェクト

日産自動車が提唱している『#猫バンバン プロジェクト』を紹介します。



外で暮らす猫たちは寒い冬場に暖かさを求めて、停まっている車のエンジンルームや
足回りに潜りこむことがある。


それを知らずにエンジンを始動すると、猫が負傷したり、最悪の場合は死亡します。

実際に駐車中の車にひそんでいたふたりの海岸猫(ミイロ・シシマル)が
発進した車のタイヤに轢かれて死亡し、
ひとりの海岸猫(カポネ)が始動したエンジンで怪我をしている。


そんな事故を防ぐため、 “エンジンをかける前” にボンネットを叩いて猫たちの命を救うのが
『#猫バンバン プロジェクト』の趣意です。


『#猫バンバン プロジェクト』の詳細は下の画像をクリックしてください。
日産のページへジャンプします。







ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




テーマ:猫の写真
ジャンル:写真



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~