プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです
おきてがみ
バナーをクリックしてURLを記入すると
訪問履歴を残せます
ログインしないで閲覧するFC2の方も
利用してください

最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

シシマルエリアの変事 (中編)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



猫は単独で行動し、たとえ同じエサ場で暮らす仲間とも基本的に群れることはなく、言うところのヒエラルキーは存在しない。

だから猿山のボスのような、集団を支配する絶対的な個体もまた存在しない。

ただ猫は習性として強い縄張り意識を持ち、その領域にほかの猫が侵入してくると排除しようとする。

一般的にオス猫は縄張り意識が強く、その範囲はメス猫の3~5倍にもおよぶといわれている。


1607012-069.jpg

また去勢されていないオス猫は、去勢されているオス猫に比べておおよそ2倍の縄張りを持つとされている。

ただ、人から給餌されている猫の場合は、食べ物を探す必要がないので縄張りの領域は狭くなる。


1607012-070.jpg

1607012-071.jpg

だから多くの海岸猫は強固な縄張りを持っていないが、それでもやはりほかの猫を寄せつけないスペースというものがある。

それは我々ニンゲンにも他人に近づかれると不快に感じる『パーソナルスペース』という領域を持っているからおおよそのことは想像できるだろう。


1607012-083b.jpg

1607012-084b.jpg

シロベエの場合は、エリアの中心にある駐車場が縄張りであり、生え抜きの海岸猫がいなくなってからはその領域を固守している。

だから縄張りを侵犯した幼いキジ白を、シロベエがすんなりと受け容れるとは思えないのだが‥‥。



1607012-036.jpg

1607012-037.jpg

キジ白が潜り込んだ車のところへ戻ってみると、身を低くかまえ、忍び足で車の下から出てくるキジ白の姿が目に入った。


1607012-038.jpg

1607012-039.jpg

キジ白は周囲の物音に耳をそばだてながら、慎重な足どりで猫缶が入ったトレイに近づいてくる。


1607012-040.jpg

1607012-041.jpg

何か胡乱な物音を捉えたのだろう、猫缶をひとくち口にしたところで、キジ白は警戒のこもった鋭い視線を私の背後に投げかける。

しかし悲しいかな、鈍麻したニンゲンの聴覚ではその音がなんなのか判別できない。


1607012-044.jpg

1607012-045.jpg

1607012-046.jpg

それにしても食事中にこうも気を張りつめてばかりいたら、食べ物の味も分からないのでは、と私などは思ってしまう。


1607012-047.jpg

1607012-048.jpg

1607012-049.jpg

やはり周りの様子が気になるのか、キジ白はトレイから顔を上げると、大きく眼を見開いて周囲を見まわし始める。


1607012-074.jpg

1607012-075.jpg

その視線は眼の前にいる私に向けられているのではなく、明らかに別の何かに焦点が合わされている。

私もキジ白の視線を辿ってあたりを見まわしてみたが、それらしき対象は確認できなかった。


1607012-085.jpg

1607012-086.jpg

1607012-076b.jpg

ニンゲンの手によってここへ捨てられた幼いこの子の眼は、これまで何を見てきたのだろう?

産んでくれた母親のことや、一緒に生まれてきたきょうだいのことは覚えているのだろうか?

そして‥‥、


1607012-077.jpg

1607012-078.jpg

その家族と無理やり引き離されて見知らぬ場所へ連れてこられたときのことは覚えているのだろうか?

それまで信じていたニンゲンに、ゴミのごとく捨てられた現実がこの小さな心に深い傷を残しているとしたら、そしていまだに血を流しているとしたら、とても遣りきれない。


1607012-079.jpg

1607012-080.jpg

前かがみの姿勢で、足早に車の下へ戻っていくキジ白の後ろ姿を見送りながら私は思った。


1607012-081.jpg

1607012-082.jpg

手酷い裏切りにあったこの幼い猫に今必要なのはおそらく、猫缶などではなく温かい愛情なのだろう、と。


1607012-087.jpg

1607012-088.jpg

駐車場の一画で動くものがあったので視線を移すと、茶トラ猫のシンゲンの姿があった。


1607012-089.jpg

シンゲンはけっして愛想のいい猫ではない。

つまりは私の訪問を知って姿を現したわけではない、ということだ。


1607012-090.jpg

1607012-091.jpg

近づいた私には一顧だに与えず、完全に黙殺していることからもほかに目的があってやってきたに違いない。


1607012-092.jpg

シートの上にいるシロベエに向かってシンゲンは鳴いた。とても小さく、かわいい声で。


1607012-100.jpg

シロベエは片方の耳をわずかに動かしただけで、眼を開けようともしない。

その強面の相貌とは裏腹に、力関係では一方的にシロベエに押え込まれているシンゲンだからシロベエの動向は常に気になるのだろう。

それでシロベエのご機嫌をうかがうために一声かけたのかもしれない。


1607012-093.jpg

駐車場を通行する許可をシロベエから得たと思ったのだろうか、シンゲンはその場で身体をくるりと反転させた。


1607012-094.jpg

1607012-095.jpg

やがてシロベエからあるていど離れた場所までくると、シンゲンはいきなり大きな鳴き声をあげた。


1607012-096.jpg

1607012-101.jpg

そして、さらに大きな声で “吠えた”。

もしかしたら「シロベエの奴デカイ態度しやがって、今に見ていろ!」などと陰口をたたきながら、捲土重来を目論んでいるのかもしれない。


1607012-098.jpg

1607012-099.jpg

私の眼から見れば、やはりシロベエの態度は解せない。

なんとなれば、以前のシロベエならシンゲンの姿を見ただけで執拗に威嚇して、自分の縄張りである駐車場にけっして侵入させなかったのだから。


1607012-102.jpg

牢名主よろしく一段高いシートの上で安楽そうに横たわっているシロベエだが、このエリアにおける彼のポジションになんらかの変化があったのかもしれない。

私がうかがい知ることのできない水面下で‥‥。



〈つづく〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

シシマルエリアの変事 (前編)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



何人かの関係者に訊いたところ、前回紹介したテルは2015年11月に生後2~3ヵ月の状態で、ある日いきなり海岸にあらわれたという。

ということはつまり、その年の初秋に生まれたのだ。

そして、ここにも2015年初秋生まれの幼い猫がいる。


1607012-001b.jpg

いや、室外機の下に置かれたエサを一心不乱に食べている黒猫のことではない。


1607012-002.jpg

1607012-003.jpg

この黒猫も2016年の夏にとつぜん海岸に姿を見せたが、そのときにはすでに成猫だった。

だから出自に関してはまったく不明で年齢も分からないのだが、警戒心が強いことから、おそらく街から流れてきた野良猫だと思われる。


1607012-004.jpg

食事を終えた黒猫はエサ場からでると、ゆっくりとした足どりで歩いていく。


1607012-005.jpg

そのとき、今までどこに隠れていたのか、私のわきから細身のキジ白猫が姿をあらわすと、鳴き声をあげながら黒猫のあとを追いはじめた。


1607012-006.jpg

1607012-007.jpg

ところが黒猫はそんなキジ白を一度もかえりみることなく、建物の陰に姿を消してしまった。


1607012-008.jpg

キジ白は黒猫の姿が見えなくなってもその場にとどまり、何かをうったえるような鳴き声を断続的に発している。

その声はしだいに小さくか細くなり、やがてキジ白は沈黙した。


1607012-009.jpg

1607012-010.jpg

キジ白はそれから後ろを振りかえると、私の顔を見つめながらひときわかん高い声で鳴いた。

しかし私はその声にどう反応していいのか分からず、ただ黙ってキジ白を見ているしかなかった。


1607012-011.jpg

1607012-012.jpg

するとキジ白は、自分の置かれた状況をあらためて確認するようにあたりを見まわしはじめた。


1607012-013.jpg

その間にもキジ白は、不安と警戒が入り混じった視線を私に送ってくる。

私とのあいだには7~8メートルほどの十分な距離があるが、キジ白の様子からこれ以上近づくのはためらわれた。


1607012-014.jpg

1607012-015.jpg

切なげな声をあげつづけるキジ白の顔はまだ幼く、そこには悲哀と戸惑いの感情が見てとれる。

その様子は、広大なショッピングモールで親とはぐれてしまった迷子を私に連想させた。


1607012-016.jpg

1607012-017b.jpg

冒頭で述べた2015年初秋生まれの幼い猫というのはこのキジ白である。

アメショ柄の被毛を持つこの海岸猫が当ブログへ初めて登場したのは『往く者・来る者 (後編 2)』だ。

そのときにも述べたが、この子が出現した状況や直後の様子から、ニンゲンの手により遺棄されたと推測される。

つまりこの幼い海岸猫は「迷子」ではなく、より過酷な状況に追いこまれた「捨て子」なのだ。


1607012-018c.jpg

1607012-019c.jpg


迷子にしろ捨て子にしろこれがニンゲンの子どもなら、発見さえされればしかるべき機関によってそれなりの処遇を受けるのだろう。

しかし猫の場合はそうしたシステムが存在せず、少なくともしばらくのあいだは自身の力で生き抜くしかない。


1607012-066.jpg


そして体力のない猫や疾患を抱えた猫は、誰の目にも触れることなくやがて孤独のうちに死んでいく運命にある。

それはある意味『自然の理法』と言えなくもないが、このような状況をつくりだしているのが我々ニンゲンの身勝手で傲慢な行為のせいであることは自明の理だ

そのことだけはしっかりと自覚しておきたい。


1607012-068.jpg

1607012-067.jpg

黒猫のにべもない態度に落胆したのか、キジ白はゆっくりとした足どりで私の眼の前を横切ると、そのまま駐車場の方へ歩いていく。

私はキジ白との距離を保ちながらそのあとを追っていった。


1607012-020b.jpg

するといつからそうしていたのか、駐めてある車の下にシロベエが身を潜めていた。

キジ白を見つめるシロベエの眼には警戒の色が認められる。


1607012-021.jpg

1607012-022.jpg

やがてキジ白が身をひるがえると、シロベエはその動きに呼応するように鋭い鳴き声をあげた。

シロベエの声音には、こういった状況で相手を威圧していた凄みは微塵もなく、逆に怯えと当惑が入り混じっているように感じられる。


1607012-023.jpg

キジ白は、断続的に発せられるそのシロベエの鳴き声を馬耳東風と聞き流し、足早に歩いていく。


1607012-024.jpg

そうしてキジ白はシロベエが潜んでいる同じ車の下へするりともぐり込むと、そこにうずくまった。


1607012-025b.jpg

1607012-026b.jpg

ふたりはそれからしばらくのあいだ、互いにおし黙って身じろぎしなかったのだが、やがてシロベエはしびれを切らしたように身体を起こすと、そそくさとその場を離れていった。


先ほど黒猫が食事をしていたことでも分かるように、このエリアには海岸猫たちが空腹をうったえないようカラス除けのネットを設置してエサを常時置いてある。

だからここに住む猫たちはあまり飢えた素振りを見せない。


1607012-027.jpg

それでも育ち盛りのキジ白なら食べるかもしれないと思い、ためしに持参してきた猫缶をあたえてみた。


1607012-028.jpg

1607012-029.jpg

食べ盛りのキジ白であっても、やはり予想どおりそれほど腹が減っている様子はなく、猫缶を味わうようにゆっくりと食べている。


1607012-030.jpg

1607012-031.jpg

1607012-032.jpg

それに、どうやら目の前の猫缶よりも周りの様子が気になるようで、キジ白はちょっとした気配や物音に過敏な反応を見せる。


1607012-063.jpg

1607012-033.jpg

そしてついには元の車の下へ隠れてしまった。

猫の先天的な性格は父親の性格によって左右されるというが、この子の場合は同じ時期に生まれた灰シロ猫のテルと違って、父親から臆病で慎重な気質を継承したのかもしれない。


1607012-064.jpg


それにしても、いったい誰がどんないきさつで幼い猫をこんなところへ放り捨てたのだろう?

聖人・君子よりかなり下の階級に属している私にしたところで、そんな “犯罪者” の動機などとうてい理解できるものではない。

というか、そんなもの理解したくもない。


1607012-035b.jpg


その犯罪者が野良猫の暮らす地域なら仔猫でも生きていけると考えたとしたら、それは大きな錯誤であり無知蒙昧としかいいようがない。

先に述べたように、幼い猫が屋外で生き延びる確率はかなり低いし、ましてや護ってくれる母親がいない捨て猫の境遇だと確率はさらに低くなるからだ。

だからもしもその犯罪者がこういった野良猫の実態を知っていたとすれば、「死んでしまうかもしれない」と分かっていながら仔猫を捨てたことになる。


1607012-062.jpg

1607012-034b.jpg


こうした動物を遺棄する行為は『未必の故意』による殺害に当たると、私自身は思っている。

だから前回紹介した動物愛護法において、「殺害・傷害」と「遺棄」とで罰則に著しい差があるのは不可解だし、不条理だと感じている。


私はキジ白から逃げるように姿を消したシロベエのことが気にかかっていた。

そこでキジ白をそのままにしてシロベエを捜すことにした。


scenery160712_01.jpg

1607012-051b.jpg

しばらくあたりを見まわしていると、後ろ脚を引きずるようにして歩くシロベエの姿が目に入った。


1607012-052b.jpg

1607012-065.jpg

しゃべりかける相手もいないのに、シロベエは歩きながら小さな声を発しつづけている。

まるで屈託を抱えた者がぶつぶつ独り言を言うように。


1607012-053.jpg


シロベエは海岸に現れて半年ほどたった2010年12月に、突然行方不明になった。

そしてその原因はいまだに分かっていないが、2週間後に戻ってきたときには右の後ろ脚を『完全脱臼』していた。


1607012-054.jpg

1607012-055.jpg

はた目には痛々しそうに見えるのだが、シロベエ自身は存外平気な様子で、走ることもこうやって跳躍することにもあまり差し支えがないようだ。


1607012-056.jpg

1607012-057.jpg

1607012-058b.jpg


にしても、幼いキジ白に怯えているようなさっきの態度はシロベエらしくなく、これまでの彼の行動を見てきた私には理解しがたいものだった。

エリア生え抜きの海岸猫がすべていなくなってからは、シロベエが実質的にこのエリアのボス的存在であり、なかんずく駐車場は自分の縄張りとしてほかの猫を排斥してきた場所だからだ。


1607012-059.jpg

1607012-060.jpg


シロベエとキジ白とのあいだにいったい何があったのだろう?

私にはあの臆病で幼い海岸猫が、シロベエの地歩をおびやかす存在だとはどうしても思えないのだが‥‥。



〈つづく〉



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


#猫バンバン プロジェクト

日産自動車が提唱している『#猫バンバン プロジェクト』を紹介します。




外で暮らす猫たちは寒い冬場に暖かさを求めて、停まっている車のエンジンルームや
足回りに潜りこむことがある。


それを知らずにエンジンを始動すると、猫が負傷したり、最悪の場合は死亡します。

実際に駐車中の車にひそんでいたふたりの海岸猫(ミイロ・シシマル)が
発進した車のタイヤに轢かれて死亡し、
ひとりの海岸猫(カポネ)が始動したエンジンで怪我をしている。


そんな事故を防ぐため、 “エンジンをかける前” にボンネットを叩いて猫たちの命を救うのが
『#猫バンバン プロジェクト』の趣意です。


『#猫バンバン プロジェクト』の詳細は下の画像をクリックしてください。
日産のページへジャンプします。







ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




テーマ:猫の写真
ジャンル:写真



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~