プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです
おきてがみ
バナーをクリックしてURLを記入すると
訪問履歴を残せます
ログインしないで閲覧するFC2の方も
利用してください

最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

午後の巡回 (前編)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



その原因を訊いても明確な答えは誰からも返ってこないし、私自身にも分からないのだが、ここ数年のあいだに海岸猫の数は激減している。

私の顔見知りの猫たちの数も少なくなり、そうなると訪れるエリアもおのずと限られてくる。

自宅から近いということもあり、そんなエリアのなかで訪問頻度がもっとも高いのは『リンエリア』だ。


170403_064c.jpg

170403_065c.jpg

この日も私がエリアをたずねると、リンとサキの母娘が揃って迎えてくれた。


170403_001b.jpg

170403_002b.jpg

サキはまだ食べ盛りの若い猫だから食べるスピードも速く、またたく間に猫缶を完食してその場から離れると、大きく伸びをした。


170403_003.jpg

170403_004.jpg

すると今度は食事を終えたリンが同じように伸びをしたのだが、ただリンの場合は最後に頭をぐるんぐるん回転させる動作が加わった。

犬や猫などの哺乳動物は耳の中に異物が入ったときや身体が水に濡れたときなどに、こうして回転による遠心力でそれらを振るい落とす。

このときのスピードは、頭を一方向へ回転させる動作を1回とカウントすると、犬だと毎秒5回ほど、猫だと毎秒10回ほどで、ネズミに至っては毎秒30回にもおよぶ。


170403_005.jpg

このように頭を高速回転させてもなんの弊害がないのは、ニンゲンに比べてこれらの動物の脳重量が軽いからである。

だからニンゲンが同じ行為、ロック奏者などがステージで見せるいわゆる『ヘッドバンギング』を過度におこなうと、脳震とうを起こしたり頚椎に損傷を受けたりするし、更には脳梗塞の要因ともなるのでほどほどにしたほうが賢明だろう。


170403_007.jpg

170403_006.jpg

サキが見つめるなか、リンはゆっくりとした足取りでエサ場の奥へ姿を消した。


170403_008.jpg

170403_009.jpg

母の行き先を見届けたサキは、前方を真っすぐに向いて軽快な足付きで歩きはじめた。

その足運びはさながら確固たる目的地があるかのように、迷いがなくしっかりしている。


170403_015.jpg

170403_016.jpg

やがてサキは防砂林の切れ目に到達したが、歩度を緩めることなくそのまま防砂林の外へ出ていった。


170403_010.jpg

170403_011.jpg

しばらくするとリンが往きと同じようにゆっくりとした足取りで戻ってきた。

時間の経過から推して、おそらくねぐら近くに置いてある水を飲みに行っていたのだろう。


170403_012b.jpg

カメラを構えている私の足元を通りすぎる直前に、リンはちらりと仰ぎ見た。

まるで目顔で合図を送るように。


170403_013b.jpg

170403_014.jpg

その後ろ姿は「その黒いものでワタシを写すなら付いてらっしゃい」とでも言っているように、私には感じられた。


170403_017.jpg

170403_018.jpg

170403_019.jpg

リンは防砂ネットの前に腰を下ろすと、そのネット越しに防砂林の外の様子を真剣なまなざしで眺めはじめた。

自分の縄張り内でいつもと変わったことが持ち上がっていないか見定めようとしているのかもしれない。


170403_020.jpg

170403_021.jpg

170403_022.jpg

むろん縄張りの中枢であるエサ場周辺に異変がないか、仔細なチェックも抜かりなくおこなう。

猫は縄張り意識の強い動物で、とくに外で暮らす猫にとって自分の縄張りをほかの猫に侵犯されることは死活問題であり、けっして看過できない重大事なのだ。


170403_023.jpg

170403_024.jpg

メス猫はオス猫より縄張り意識が希薄だといわれているし、避妊手術を受けると更に縄張りへのこだわりが減少するともいわれていて、リンはその条件にあてはまるのだが、それでもほかの猫の侵入をはばむ画然とした領域をもっているはずだ。

そして今現在、その領域にはリンとサキの母娘ふたりだけが暮らしている。


170403_025.jpg

170403_026.jpg

リンは突然身体を起こすと、私の脇を通り抜けて足早にネットへ近づいていった。

その挙動はいささか性急で、まるで警戒レベルが2目盛り分ほど跳ねあがった印象を受ける。


170403_027.jpg

170403_028b.jpg

しばらくネットの外を見ていたリンだったが、やにわに身体をひるがえすと小走りに駆けていく。


170403_029.jpg

ところがリンはいきなり立ち止まると、その場でグルーミングをはじめてしまった。

ニンゲンの目から見れば、先を急いでいるのに何故ここで毛繕いなどする必要があるのか、と不可解に思うだろう。

だがこれは言うところの『転位行動』という行為であって、このように慌てたり気が急いて心に葛藤が生じたときなどにも目的とはまったく異なる行動をとってしまうのだ。


170403_074b.jpg

つまり不安や緊張で強いストレスと感じたときや失策を演じてひどく自尊心が傷ついてしまったとき、家猫なら飼い主に叱責されて意気消沈したときなどに、それらから受けた屈託を発散したり失ってしまった心の均衡をとり戻すためにおこなう、まるっきり無関係な行動を総じて転位行動という。

猫が見せる主な転位行動としては、あくびをする、毛繕いをする、爪を研ぐなどで、これらの行為によって張りつめた気持ちを緩和させるのだ。


170403_030.jpg

もちろん我々ニンゲンにも猫ほど顕著ではないにしても転位行動が見られるのだが、その話をすると長くなるのでここでは割愛して、ふたたびリンの行動を注視しよう。


170403_031.jpg

170403_032.jpg

グルーミングをしたせいで高ぶった気持ちが落ちついたのか、リンは体勢を立て直すと歩度を速めながら防砂林の出口に向かった。

常ならぬリンの様子を見ていた私は、取りあえずカメラを手に提げて後を追った。


170403_033.jpg

リンはふたたび立ち止まると、ネットの切れ目から向こう側の様子をうかがいはじめた。

明らかに何かを警戒し、その対象物の行動を探るために五感をフルに駆使しているようだ。


170403_034b.jpg

170403_035b.jpg

やがてリンは防砂林から出てくると、いきなりレンガ道を駆けだした。

リンの一連の行動を不審に感じるかもしれないが、おそらく彼女なりの、そして野良猫なりの本能に基づいてのことだろう。


170403_036.jpg

170403_037.jpg

リンはレンガ道を横切ると、今度はとなりの防砂林の中をネット越しに見つめはじめた。

とっさに動けるようにリンは腰を若干低く構えていて、それを見ている私にも緊張感が伝わってくる。


170403_039.jpg

しばらくそうしていたリンが、いきなり顔をしかめた。

それも、「やれやれ、まったくもう‥‥」と言いながら舌打ちでもしそうなほどかなり露骨に。

さて実際はリンが防砂林を出たときから、私自身は彼女が執拗に警戒していた相手を視界の隅に捉えていた。


170403_038b.jpg

それは初老の男性の膝の上に載せられた小型犬だ。

まるでニンゲンの子どもをあやすように抱かれたその犬は体の大きさがリンとおっつかっつで、この飼い馴らされた可愛い闖入者が野生に近い生き方をしている野良猫の脅威になるとはとても思えなかった。

だからひょっとすると、リンが警戒していたのは犬ではなく飼い主である男性かもしれないけれど、私にもそこまで彼女の心理は忖度できない。


170403_040.jpg

そのとき突然サキが右手から姿をあらわし、リンそばへ駆け寄ってきた。

想像をたくましくすれば、こういうことなのかもしれない。

『リンと同じように闖入者を忌避して物かげに隠れていたが、やはりひとりでは心細く、そこで母の姿を見たのものだから思わず「お母さん!」と言って駆けだした』


170403_041.jpg

170403_042.jpg

母娘がその場でどのようなことを相談し、どのような合意に達したのか私には知るよしもないが、リンとサキは連れだってレンガ道を歩きはじめた。


170403_043.jpg

やがてリンが灌木の中へ姿を消すと、サキも後を追って灌木の茂みへ入っていった。


scenery170304_01.jpg

私はふたりのように簡単に灌木を通り抜けることができないので、フェンスを迂回して隣接する防砂林の中へ足を踏み入れた。


170403_045c.jpg

170403_072.jpg

ふたりの姿を求めて周囲に目を配りながら防砂林の中を歩いていると、灌木のあいだでまずリンを発見した。

そこであらためて付近を見まわしてみたが、サキの姿はどこにもなかった。


170403_046b.jpg

170403_047d.jpg

リンにつづいて防砂林に入ったはずのサキのことが少々気にかかったが、ここは素直にリンに付いていくしかない。


170403_050.jpg

防砂林には歩行者用の道が敷かれていて、主に犬の散歩やウォーキングなどに利用されているが、その道を外れて林の中へ足を踏み入れる人はよほどの事情がない限りまずいない。

だから海岸猫にとって防砂林は比較的安心してくつろげる場所なのだ。


170403_051b.jpg

170403_052b.jpg

170403_053.jpg

そういう目で見ていると、先ほど急に立ち止まっておこなった慌ただしい毛繕いと違って、今回の毛繕いはていねいだし手順も慣例に則っているようだ。


170403_054.jpg

170403_055b.jpg

リンはふいに毛繕いを中断すると、険しい視線を道路の方へ送りはじめた。

ここは人が行き交う道路から離れていて、先に述べたように野良猫にとってはおおむね安全な場所だが、それでもリンが警戒を完全に解くことはないようだ。

私はあえて振り返らなかったが、先ほどの小型犬が男性と一緒に散歩を再開したのかもしれない。


170403_056.jpg

170403_058.jpg

リンは道路から遠ざかるように防砂林の奥へと歩を進める。

結局、野良猫にとって心置きなく安らげる場所などというものはどこにもないんだなと、つくづく思い知らされた。


170403_059b.jpg

170403_060b.jpg

やがてリンは道路から十分距離をおいた場所まで来るとしずかに腰を下ろした。

さてこれからどうしましょう、といった風情で‥‥。



〈つづく〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

シシマルエリアの変事 (後編)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



シンゲンは駐車場を出ると、道路をゆっくりと横切っていく。

1607012-103.jpg

向かっている先にはこのエリアのエサ場がある。おそらくシンゲンはそこへ行くつもりなのだろう。


1607012-104b.jpg

1607012-105b.jpg

このエリアの給餌は週末には朝夕の2回だが、平日は朝だけだと聞いている。

だから猫たちが空腹をうったえないために、エサ場には常にキャットフードを置いてある。


1607012-106.jpg

1607012-107.jpg

私が予測したとおり、シンゲンは真っすぐにエサ場へ行くと、餌の入った食器に鼻先を突っこんだ。

そのとき、背後から猫の大きな鳴き声が聞こえてきた。


1607012-114.jpg

1607012-115.jpg

駐車場に戻ってみると、キジ白が車の下から顔をのぞかせていた。


1607012-116.jpg

1607012-117.jpg

キジ白の鳴き声が駐車場に響きわたる。

しきりにあたりを見まわしているが、キジ白の周りには私がいるだけでほかには誰もいない。


1607012-118.jpg

1607012-119.jpg

私が思うに、この幼い海岸猫は特定の相手に何かを訴えているわけではなく、情動に突き動かされて鳴いているのだろう。

その情動が惹起したのは、自分が置かれた過酷な現実、それを冷静に見定め受け容れることができないでいることが原因かもしれない。


1607012-108.jpg

ふたたびエサ場へ行ってみると、食事を終えたシンゲンがのっそりと姿をあらわした。


1607012-109.jpg

目の前でカメラを構えて立っている私を警戒しているようで、鋭い眼差しで睨みつけている。

一度は気を許し身体をすり寄せてきたシンゲンだが、その後私の訪問頻度が少なくなったためにすっかり信頼を失ったようで、会うたびにこうして胡乱な視線を向けてくるようになった。


1607012-110.jpg

断続的に聞こえてくるキジ白の声が気になるのだろう、シンゲンは耳をそばだて駐車場の方を凝視しはじめた。

だがシンゲンの位置からは、死角になっていてキジ白の姿は見えない。


1607012-111.jpg

1607012-112.jpg

キジ白の鳴き声にどう反応するのか見極めるつもりでカメラを構えて待っていると、シンゲンは突然駆けだし、私の目の前を疾走していく。


1607012-113.jpg

そして近くの民家の敷地のなかへ姿を消してしまった。

おそらく私を警戒しての行動だろうが、シンゲンにここまで不信感を抱かせるようになった原因に私自身はとくに心当たりはなく、首を傾げるばかりだ。


1607012-120.jpg

1607012-121.jpg

駐車場に戻ってみたら、キジ白はさきほどと同じ車の下に腹ばいになり、思い出したようにときおり小さな鳴き声をあげている。


1607012-122.jpg

やがて視軸を固定して一点を見つめはじめたが、そこにはただ雑草が生えた地面があるだけで、猫が興趣をそそられるようなものは何もない。

ということはつまり、キジ白は何かを見つめているようだが、しかし実際は何も見ていないのだ。


1607012-123.jpg

1607012-124.jpg

ファインダー越しにキジ白を観察していると、しだいにとろんとした表情になり、瞼がじりじりと降りてきた。

このあたりはニンゲンの子どもと一緒で、おおかた泣くのに疲れて眠くなったのだろう。

私は上体を起こすと、できるだけ音を立てないようにその場から離れた。


シンゲンがいなくなりキジ白も動かなくなったのでシロベエの様子をうかがうと、シートの上に姿はなく、さらに周囲を捜しても見つからない。

そこで私は駐車場をあとにして、海岸の方へ捜索の範囲を拡げることにした。

すると‥‥。


1607012-125.jpg

1607012-126.jpg

倉庫様の建物の裏にまわってみたところ、シロベエはそこにいた。

自分の縄張りである駐車場を離れて何をするつもりなのかと訝っていたら、シロベエは使いこまれた金属製のテーブルにおもむろに前足をかけた。


1607012-127.jpg

1607012-128.jpg

そしてそのまま脱臼した右後ろ脚で軽く跳躍すると、テーブルの天板によじ登った。

こういう動きを見ると、機能しなくなった股関節を周りの筋肉が補っている様子がうかがえる。


1607012-129.jpg

1607012-130.jpg

それにしても縄張りとして固守する駐車場ではなく、どうしてこんな場所でくつろごうと思ったのだろう。

近づいてきたキジ白を避けるようにその場を去った先ほどの態度といい、私の印象ではどうもシロベエはあの新参の海岸猫を苦手としている風に見える。


1607012-131.jpg

1607012-132.jpg

しかし膂力にしろ胆力にしろ、小さなキジ白よりはるかに勝っているシロベエの方が何故忌避するのだろう?

「ひょっとしたら‥‥」私の脳裏にある考えが浮かんだ。


1607012-133.jpg

1607012-134.jpg

その考えとは、同じ捨て猫であるシロベエにとって、キジ白の悲痛な叫び声は自分の辛い体験を想起させる動因だったのかもしれない、というものだ。


1607012-135.jpg

1607012-136.jpg

私もそうだが、ニンゲンだって思い出したくもない辛い過去の出来事を追体験させられるような事象には耳を塞ぎ目を背けたくなるものだ。

基本的には気散じな猫にしても、生死に関わるような災厄は記憶の印画紙にしっかりと焼き付けられて、事あるごとに意識の表層に浮かびあがってくるのではないだろうか。


1607012-137b.jpg

やがてシロベエは眠りについた。

猫もニンゲン同様に眠っているあいだは『レム睡眠(浅い眠り)』と『ノンレム睡眠(深い眠り)』をくり返していることが分かっている。

つまり猫もレム睡眠のときに夢を見ている可能性が高いのだ。


1607012-138.jpg

もしかしたらシロベエは自分が海岸へ遺棄される前の夢を見ているのかもしれない。

母親や一緒に生まれた兄弟たちとしあわせに暮らしていた頃の光景を‥‥。


scenery160712_03.jpg

scenery160712_04.jpg

今回私が目にしたシシマルエリアのささいな出来事は、このエリアの海岸猫たちの関係性が大きく様変わりする予兆にすぎなかった。

ただしその事実を私が知るのはずっとあとになってからだ。



〈了〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




テーマ:猫の写真
ジャンル:写真



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~