プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
おきてがみ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

午後の巡回 (後編 1)

Ranking site
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ  



リンとサキの母娘のあとにつづいて防砂林の奥へ進んでいくと、まずサキを発見した。

踏み分け道から離れた樹上にいたとはいえ、あやうく見逃すところだった。

なんとなればサキは木登りが苦手、という印象をもっていた私にとって木のうえというのはまったくの盲点だったからだ。


170403_110.jpg

170403_111.jpg

しかし考えてみれば、私がサキは木登りが苦手と思いこんだのは、彼女が1歳にも満たない幼い時期であり、今は成猫になっているのだから、心証をあらためるべきかもしれない。


170403_112.jpg

動きが機敏で木登りが “十八番(おはこ)” のリンのDNAをサキは正当に受けついだようだ。

サキにとってのリンは母としてだけでなく、年長の野良猫として格好のロールモデルでもあるのだろう。


170403_113.jpg

170403_114.jpg

そのリンの影響か、サキの私への警戒心は最近になっていくぶんやわらいで、ときおり身体をすり寄せてくるようになったのだが、まだ完全には懐いていない。(世話をしているボランティアの人にはだっこされるほど馴れている)

生まれてからの3年間リンはホームレスの世話を受けていた “半野良” の状態だったのに対し、サキは生粋の野良猫だということが原因だろうと思っている。


170403_115.jpg

170403_116.jpg

「野良猫として生き永らえるには、いかなる状況であってもけっして警戒心を緩めてはいけない」

この私の思いは海岸猫とのかかわりを深めるごとに強くなり、やがて確信に変わった。


170403_117.jpg

170403_118.jpg

そしていつの頃からか私は、海岸猫のほうから近寄ってこないかぎり、こちらからは彼らに近づかないようになった。

前回の記事で紹介したように、野良猫の死因として『ニンゲンによる虐待』が含まれているからには、彼らはニンゲンへの警戒を軽々に解くべきではないのだ

だからサキに対応する場合にも、言うところの『猫の逃走距離』の領域に私からは侵入しないように留意している。


170403_120.jpg

170403_121.jpg

こうした何気ない日常生活のなかでも、リンは野良猫として生きるための勘どころをサキに教示しているのだろうか。


170403_128.jpg

170403_127.jpg

それとも今はただ、サキに木登りの指導をしているだけなのだろうか‥‥、リンとの付き合いが長い私にも、さすがにそのへんの実態はわからない。


170403_122.jpg

ふたりはしばらくして地面に下りてくると、松の幹をはさんで並び立った。


170403_123.jpg

170403_124.jpg

そして耳うちでもするような軽いあいさつを交わすと、母娘揃って表情をひき締めて正面を見据える。


170403_125.jpg

170403_126.jpg

やがてリンとサキは意を決したように、ほぼ同時に枯れ草を踏みしめて前進しはじめた。

まるでどちらかが「さあ、行くわよ!」と掛け声をかけたかのように。


170403_175.jpg

170403_129.jpg

ふたりが向かったのは、防砂林のいたるところに設置されている『掲示板』だ。


170403_132.jpg

若いサキにとってはこういう人工物も、家猫にとってのキャットタワーと同様に好適な遊具なのだろう。

猫は遊びの達人で、自然物・人工物問わず、あらゆるものを『遊び道具』にしてしまう。


170403_133.jpg

170403_134.jpg

170403_135.jpg

小石や落ち葉、小枝、鳥の羽根、虫の死骸など、防砂林では猫の “おもちゃ” に事欠かない。

むろんこういう物とたわむれるのも、猫が持つハンターとしての本能の成せる業であり、野良猫として生きていくための実践的な学習でもあるのだ。


170403_136b.jpg

170403_137b.jpg

170403_138.jpg

また樹上や塀のうえなどの高いところを猫が好むのは、獲物を発見しやすいことに加え、危険な状況をいち早く察知でき、外敵に襲われる危険性がひくいからである。

つまり木登り技術の巧拙は、野良猫にとって死活上の重大問題でもあるのだ。


170403_139b.jpg

170403_140b.jpg

先述したように生後3年間はホームレスの世話を受けていたとはいえ、リンが今年の4月に7歳をむかえて野良猫の平均寿命を超えたのも、彼女が身軽で木登りの名手であることが大きな要因だと私自身は推測している


170403_141b.jpg

170403_142b.jpg

だからこの日、それなりの高さの木にサキが登っているのを見て少なからず安心したのだが、おそらくまだまだ木登り巧者のリンの域には達していないと思われる。

もしもサキがこれからも野良猫として生きていかざるをえないのであれば、今以上に木登りの上達が不可欠だろう。


170403_143b.jpg

170403_144b.jpg

もちろんそれだけでは不十分で、猫が高所を好む理由にも挙げた危険を速やかに感知し、それをうまく回避する能力を身につけないと野良猫は生き残れない。


170403_147.jpg

170403_149jpg.jpg

掲示板のうえで小枝を相手に遊んでいる娘を真剣な眼差しで見つめていたリンだったが、ふと視線をそらせて渋面をつくった。

ひょっとしたら「まったく、益体もないことに夢中になって、ワタシをいつまで待たせるつもりなの」と苛立っているのかもしれない。


170403_145.jpg

スーパーやデパートの玩具売り場とかゲームコーナーからなかなか離れようとしない子どもに手を焼く母親のように。


170403_146.jpg

そんな母の気配に気づいたのか、サキは不意にふり返ってリンを見た。


170403_148.jpg

私の見ている前で、リンとサキの視線が交錯する。


170403_150.jpg

170403_151.jpg

するとサキは母の真意を感じとったのか、掲示板からあっさりと跳び下りた。


170403_152.jpg

170403_174.jpg

サキはそれからリンに目もくれないで、すたすたと防砂林の奥へ進んでいった。


170403_153.jpg

残されたリンはその場に留まったまま大きく眼を見開いてサキの後ろ姿を凝視している。


170403_154.jpg

170403_155.jpg

ややあってリンはやおら腰を上げると、ややうつむき加減のまま大きなストライドで移動しはじめた。


170403_156.jpg

そして私のすぐわきを足速に通りすぎっていった。まるで私の存在など眼中にないとばかりに。



〈つづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

午後の巡回 (中編)

Ranking site
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ  



リンエリアをはさんで東西数百メートルにほかのエサ場は存在していない。

数年前まではいくつかのエサ場があったのだが、前回の記事で述べたように海岸猫がいなくなり、それらのエサ場は自然消滅した。

「海岸猫(野良猫)の減少」、この文言を表面的にとらえれば本来なら喜ばしいことなのだが、気にかかるのはその減り方で、海岸猫の場合は保護されたり死亡が確認された子はほんのわずかで、大半がなんの前触れもなく行方不明になっているのだ。

海岸からいなくなった猫たちはどうなったのか‥‥?、その消息は杳としてつかめていない。


170403_061c.jpg

この『リンエリア』にしても、リンとサキの母娘ふたりが残っているだけで、いつ消滅してもおかしくない。

なんとなれば、野良猫の置かれている境遇は多くの危険と常に背中合わせだからだ。

それがために野良猫の寿命はきわめて短く、一般的に飼い猫の平均寿命が14~16歳なのに対して野良猫は4~6歳といわれている。


170403_092.jpg

170403_093.jpg

野良猫の主な死因としては、「交通事故などによるケガ」、「猫白血病などの病気」、「免疫力低下をまねく栄養不良」、「野生動物からの攻撃」、「ニンゲンによる虐待」、「暑さや寒さ」などが挙げられる。

さらに‥‥。

これらとはべつに、我々が想定していない脅威が彼らの命をおびやかしている可能性もある。


170403_094.jpg

そんな脅威を回避するには、彼ら自身が生まれながらに持っている野生の本能と後天的に学んだ判断力しかないのだ。

言うなれば野良猫たちは常に死線ぎりぎりのところで生きているわけで、だからどんなに用心をしてもし過ぎるということはないのだろう。


170403_063b.jpg

170403_062c.jpg

こうして防砂林の中を歩きまわるのも、縄張りにほかの野良猫が侵入した兆候がないか、外敵の存在をしめす痕跡がないかをチェックする目的も兼ねているのかもしれない。


170403_066.jpg

170403_067.jpg

この場所は安全だと確認したリンが腹ばいになっていると、サキが音も立てずに近づいてきた。

そしてたがいの鼻を触れあわせて、猫社会の作法に則ったあいさつをする。


170403_068.jpg

170403_069.jpg

さらにリンがお尻の匂いを嗅ごうとすると、サキはやんわりと身体をかわす。


170403_070.jpg

170403_071.jpg

リンは「どうしてイヤがるの、母として娘のことをよく知りたいだけよ」と言っているような表情で見つめるが、それにサキが応じる様子はない。


170403_090.jpg

170403_091.jpg

なおもサキの後を追うリン、しかしサキは今度もするりと身をかわした。

その仕草はあからさまではないものの、はっきりとした拒否の意思を感じさせる。


170403_075.jpg

鼻でのあいさつと異なって、お尻の匂いを嗅ぐ行為はほかの意味がふくまれている。

たとえて言うなら、鼻でのあいさつが名刺交換だとすれば、お尻の匂いを嗅がすのは個人情報をすべてさらけだす行為にほかならない。


170403_076.jpg

170403_077.jpg

というのも、猫の肛門の両側にある『肛門腺』からは分泌物がでていて、その匂いには血筋や素性、そして健康状態などのデータが詰まっているからだ。

だからリンは母親として娘の体調を知りたかったのだろう。

だが娘のサキは「ワタシはもういちにんまえだから自分のことは自分でできるわ」と母の干渉を拒んだのかもしれない。


170403_078.jpg

しばらくすると、私の脇からサキが姿をあらわしてゆっくりとリンにあゆみ寄っていく。


170403_079.jpg

170403_080.jpg

だがサキを無視するように、リンは前方を見つめたまま身じろぎしない。

リンは先ほどのサキの反抗的な態度に腹を立てているのか?


170403_081.jpg

170403_082.jpg

ニンゲンの親なら自分の気遣いを子どもが敬遠するようになると寂しく感じるものだが、猫の場合もそうなのだろうか。


170403_083.jpg

母のそっけない対応に消沈したのか、サキはきびすを返してリンのそばから離れていった。


170403_084.jpg

170403_085.jpg

そして近くにある切り株にちょこなんと腰を下ろした。


170403_086.jpg

170403_087.jpg

そのサキの目の前をリンが通っていく。しかしリンはサキに一瞥もあたえず歩き去った。

サキもそんなリンにちらりと視線を投げかけただけで、切り株のうえから動こうとしない。

私はサキをそのままにして、とりあえずリンの後を追うことにした。


170403_089.jpg

170403_095.jpg

リンは周囲の様子に目を配りながら、ゆっくりとした歩度で防砂林の奥へ向かっていく。


170403_096.jpg

少し開けたところへ出たとき、我々の前方にサキが姿があった。


170403_097.jpg

いきなり視界にはいってきたところをみると、私たちを大きく迂回して先まわりしたようだ。


170403_098.jpg

切り株の上にいるサキにリンが近づき、さっきと同じように‥‥、いやさっきよりもっと親密なあいさつを交わす。

娘が母を慕い、母が娘を慈しむ、そんな心情が伝わってくる光景だ。


170403_099.jpg

170403_100.jpg

どうやら、これでたがいのわだかまりはあっけなく解消されたようだ。

ニンゲンとちがって猫は気分転換がじつにたくみで、前回紹介した転位行動などでいとも簡単に気散じをする。


170403_101.jpg

170403_102.jpg

どうでもいいようなことで悩みを胸にかかえこみ、そのせいで他人を恨んだり憎んだり、あるいはぎゃくに矛先を自分自身に向けるニンゲンの愚かさを猫たちが知ったらどう感じるのだろう。

気の毒にと憐れむのだろうか、それともあきれて苦笑するのだろうか。

いずれにしても自由を好む彼らは、様々な “軛” につながれているニンゲンなどにはなりたくないと思うかもしれない。


170403_103.jpg

170403_105.jpg

自分なりの目的があるのか、サキはひとり防砂林の奥へと進んでいく。


170403_106.jpg

170403_107.jpg

残されたリンはというと、さっきまでサキが座っていた切り株の匂いを嗅ぎはじめた。

直接嗅ぐことを拒まれたので、間接的に娘の情報を得ようとしているのだろう。


170403_108.jpg

170403_109.jpg

我が子の現状を把握して得心したのか、リンは切り株から跳び下りるとサキの足あとをたどるように歩を進めていく。

私はもうしばらく、ふたりの縄張り巡回に同行することにした。



〈つづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




テーマ:猫の写真
ジャンル:写真



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~