プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです
おきてがみ
バナーをクリックしてURLを記入すると
訪問履歴を残せます
ログインしないで閲覧するFC2の方も
利用してください

最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

灰シロ猫後日譚 (前編)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



仄聞したところによると、その灰シロ柄の猫はある日突然リンエリアに出現したという。

生後2、3ヵ月の仔猫だったことから、自分の意思で海岸へ来ることはまず考えられないので、ニンゲンの手によって遺棄された『捨て猫』だとほぼ断定された。

リンとサキと同じエサ場を共有するようになった灰シロ猫は、ふたりに排斥こそされなかったものの仲間としてはなかなか受け入れてもらえなかった。

そうした状況にいた灰シロ猫だったが、今後はブログで紹介する機会が増えると思い、私は彼に『テル』という名をつけた。※〔1〕

それから数日が経ったころだった。

現れたときと同様になんの前触れもなく、テルは海岸から姿を消してしまった。

だからこれから紹介するのは、テルがいなくなる少し前のエピソードになる。


この日、テルと私は防砂林の中に敷かれているレンガ道にいた。

TERUstory_062.jpg

TERUstory_001b.jpg

TERUstory_002.jpg

テルの背後から散歩中の犬が近づいてくる。

この直後、私は野良猫への認識ががらりとかわる光景を目の当たりにすることになる。


TERUstory_063.jpg

TERUstory_003.jpg

テルも犬の存在に気づいたようで、おもむろにきびすを返した。

飼い主の女性はテルの姿をみとめると、前に行こうとする犬をリードで制してその場にとどまっている。

いずれテルは植え込みの中へでも逃げこむだろう、と私は思っていた。

ところがである。


TERUstory_004.jpg

ゆっくりとした足付きだが、しかしテルは確実に犬へむかって進んでいく。

伸び切ったリードが犬のどんな感情を表しているのか、私には判断できかねた。

ただ、その表情と体勢から憎悪や嫌悪を持っていないことはうかがえる。


TERUstory_005.jpg

TERUstory_006.jpg

テルは女性の差しだした指に鼻先をくっつけてあいさつをした。その瞬間にリードが緩んだ。

それを見た私は、犬がテルにたいして害意や敵意をいだいていないことを確信する。


TERUstory_007.jpg

TERUstory_008.jpg

もしかしたらテルにとって、この “ふたり” は以前からの顔なじみなのかもしれない。

そして女性のツボを心得たテルのあつかい方から、自身も猫を飼っているのかもしれない、とも推察された。

さらに想像をめぐらせれば、テルが生まれた家に犬が飼われていた公算も大きい。


scenery16ts_01.jpg

これまでにそれなりの数の野良猫と接してきた私は自分の経験則に基いて、彼らの犬にたいする反応を3タイプに大別している。

まずもっとも多いのが、逃走、身を隠すなどの “忌避型” 、つぎがすごむ、威嚇するなどの“対抗型” 、そしてもっとも少数派なのが突進、攻撃するなどの “好戦型” だ。

では、今回のテルのような対応をどう表現すればいいのだろう。


scenery16ts_02.jpg

“親和型” ? “大胆型” ? それとも “楽天型” ?さらには “黙殺型” という可能性もある。

なんとなれば実際には犬の姿など目に入っておらず、テルはただ純粋に知り合いの女性に甘えたかっただけかもしれないからだ。

いずれにしても、どの表記が適切なのか私には決められない。

なにしろこんな光景を目撃したのは初めてだったし、テルの心情を見定められないうちはどのタイプか分からないからだ。

取りあえず現時点では、 “テル型” とでも呼ぶほかない。


TERUstory_054.jpg

TERUstory_055.jpg

テルとわかれエサ場のちかくへ戻ってたたずんでいると、レンガ道の奥からリンが姿をあらわし、散策をたのしむような歩調でこちらに向かってきた。


TERUstory_056.jpg

TERUstory_057.jpg

リンは私の姿をみとめても、まるで一定のペースで進むことが使命であるかのように、歩を速めもしなければ緩めもしない。


TERUstory_009.jpg

TERUstory_010.jpg

TERUstory_011.jpg

TERUstory_012b.jpg

見ようによっては威風堂々とも思えるその様子は、トラやヒョウなどの大型ネコ科動物を彷彿とさせる。


TERUstory_013.jpg

TERUstory_014.jpg

レンガ道の真んなかに端座したリンは私を見つめながらあくびをした。

なぜカメラ目線なのだろう、彼女になんらかの意図があってのことなのか、それともただの気まぐれなのだろうか。


TERUstory_015.jpg

TERUstory_016.jpg

ニンゲンほど複雑ではないが、先ほどのテルが見せた行為のように、猫の行動原理も存外単純なものではない。

たとえばあくびをしたあとに、こうして真剣な表情で私の顔をガン見するリンが何を考えているのか、私にはさっぱり分からない。


TERUstory_017.jpg

TERUstory_018.jpg

TERUstory_019.jpg

ひとしきりグルーミングをしていたリンがふいに動きをとめると、少し驚いたように眼を見張った。

こういった行動の要因は分かりやすい。リンは私の背後になにものかの姿をみとめたのだ。


TERUstory_020.jpg

リンの視線をたどって後ろを振りかえってみると、果たしてテルがこちらに向かってきていた。


TERUstory_021.jpg

テルは急に歩みをとめて座りこむと、大きな鳴き声をあげる。


TERUstory_022.jpg

TERUstory_023.jpg

いったい何にむかって何をうったえているのか、テルの胸中を忖度するのもまた難しい。

もしかしたら鳴くことそれ自体に意味があって、特定の相手やこれといった望みはないのかもしれない。


TERUstory_024.jpg

TERUstory_025.jpg

それというのも、信じていた飼い主によって海岸へ捨てられたことでうけた驚きと悲しみがテルのなかに消化されないまま残っていて、その混乱した感情の発露として鳴いている可能性もあるからだ。

つまり私自身も何度も経験していることなのだが、自分でもよく分からないけれど、むやみやたらに泣きたい気分なのではないだろうか。


TERUstory_058b.jpg

こういう苦境に突きおとされた子を見るたびに、私の脳裏にはある文言がうかんでくる。

それは「動物はニンゲンを裏切らない。裏切るのはいつもきまってニンゲンだ」というくだりだ。


TERUstory_026.jpg

TERUstory_027.jpg

リンは近づいてきたテルを無視して、さっきとはちがってしっかりとした足取りでレンガ道を進みはじめた。

テルはそんなリンと足並みをあわせて追従していく。


TERUstory_028.jpg

TERUstory_029.jpg

TERUstory_030.jpg

やがてリンはレンガ道を外れて踏み分け道へはいっていった。

テルが自分のあとを付いてきているのを知っていながら、リンは振りかえるそぶりすらみせない。


TERUstory_031.jpg

TERUstory_032.jpg

ここにきてテルは歩度を速めると一気にリンを追いぬいた。

血気盛んな年頃だからかしかたないが、リンの歩調にあわせるのに耐えられなくなったのだろう。


TERUstory_033.jpg

TERUstory_034b.jpg

テルに先行されようがリンは歩く速度をまったく変えず、あくまでもマイペースだ。


TERUstory_035.jpg

TERUstory_036.jpg

高々とあげたしっぽで分かるように、慕っているリンと一緒に行動できるのがうれしいのだろう、テルは前方を見据えたままひたすら歩きつづける。


TERUstory_042.jpg

TERUstory_037.jpg

テルは私を追い越してしばらく進んだところで、忘れ物を思い出したようにきびすを返した。


TERUstory_038.jpg

TERUstory_039.jpg

向き直ったテルの視界にリンの姿はなかった。

てっきり自分の後ろにリンがいると思っていたテルはそれなりのショックをうけたのか、身じろぎしない。

ニンゲンならさしずめ “自分の眼が信じられない” とでも表現するところだ。


TERUstory_059b.jpg

TERUstory_060b.jpg

TERUstory_061b.jpg

やがて気をとり直したテルは踏み分け道の入口ちかくまで引きかえし、周囲を見まわしながら、さらにときおり声をあげながらリンを捜し求める。


scenery16ts_03.jpg

しかしけっきょくのところ、テルの捜索は徒労に終わった。

私もテルと一緒にリンを見つけようとしたのだが、よほど巧妙に隠れているのか、あるいはすでに遠くへ行ってしまったのか、リンの姿は発見できなかった。


TERUstory_043.jpg

TERUstory_044.jpg

テルはリンを見失った場所まで戻ると、あらためてそのあたりに目を配る。


TERUstory_045.jpg

TERUstory_046.jpg

起点に戻ってリンのいなくなった経緯を思い出そうとしているのか、それともここで待っていればいずれリンが姿を見せてくれると信じているのだろうか。


TERUstory_047.jpg

TERUstory_048.jpg

生後2、3ヵ月で海岸へ遺棄されて寄る辺ない野良猫になったテルにとって、リンは母のような存在なのだろうと容易に想像できる。


TERUstory_049b.jpg

TERUstory_050b.jpg

TERUstory_051b.jpg

だがその想いはあくまでもテルの一方的なものであって、私の印象だとリンからはそれに似た心情はまったくといっていいほど感じられない。


TERUstory_052c.jpg

TERUstory_053b.jpg

落ちてゆく陽の光で徐々に陰影が深くなる防砂林の一隅に座ったままテルは動こうとしない。

そのぽつねんとしているテルの小さな後ろ姿がひどく寂しげに、そしてはかなげに私の眼には映った。



〈つづく〉



脚注
※〔1〕灰シロ猫の関連記事:『ニューカマー』・『思慕』・『パフォーマンス



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

午後の巡回 (後編 2)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



私のわきを足速にすり抜けていったのだから、てっきりリンはサキのあとを追っていき、ふたたび母娘で行動を共にするのだろう、と私は思っていた。

ところが‥‥。

170403_157.jpg

170403_158.jpg

リンはサキを追いかけるのを途中でやめて松の根元に座りこむと、その場から動かなくなった。

いっぽうのサキは、ずっと前方からリンの様子をうかがっている。

おそらくサキとしては母が自分を追ってくると期待して、待っているのだろう。


170403_159.jpg

しばらくそうしていたサキだったが、リンに動く気配がないと感じたのか、腰を上げるとなおも防砂林の奥へと進んでいく。


170403_160b.jpg

だがやはり母のことが気にかかかるようで、サキはつと立ち止まると後ろを振りかえる。


170403_161.jpg

170403_162.jpg

やがてサキは正面を向くと、ゆっくりと歩を運びながらあたりを探索しはじめた。


170403_208.jpg

私はサキを見送ると、きびすを返してもと来た道を戻っていった。

しばらく進んだところで、こちらに向かってくるリンと鉢合わせをする。

このとき私は、やはりリンは娘のことが気になってあとを追って行くんだなと思った。


170403_163.jpg

170403_164.jpg

170403_165.jpg

でもどういうわけか、リンはサキの方へ向いていた進路を右に切って灌木のなかへ姿を消す。


170403_166b.jpg

170403_167.jpg

踏み分け道に引きかえすと、さっきとほぼ同じ場所にとどまって背後を見つめているサキの姿があった。


170403_168.jpg

サキは視軸を固定したままゆっくりとこちらを向くと、姿勢をひくくした。

その表情は真剣で緊張感すら見てとれる。


170403_170.jpg

170403_169.jpg

腹ばいになったサキは視線を徐々に移動しはじめた。

サキが何に反応しているのか私は興味をそそられたが、こういう状況では被写体を変更しないようにしているのでひきつづきサキを注視する。


170403_171.jpg

170403_172.jpg

するとリンが私の視界を左から右へゆっくりと横切っていく。


170403_173.jpg

とうぜん気づいているはずのサキの存在を完全に無視して、リンはそのまま私の視界から消えてしまった。

母はなんらかの反応をしてくれると期していたからだろう、サキはあからさまに落胆の表情を見せる。


170403_176.jpg

170403_177.jpg

サキはこうべを垂れたまま、しずしずとリンに歩み寄っていく。「お母さん、機嫌をなおしてよ」と言っているように。

でもリンは娘に一瞥もくれず、防砂林の奥を向いたまま身動きしない。


170403_178b.jpg

170403_179b.jpg

今まで母娘のやり取りを見ていた私もここに至って、どうしてリンがこれほどかたくなにサキを忌避するのかさすがに不可解に思いはじめた。

私が想像したように自分を放ったらかして掲示板で遊んでいたサキに腹を立て、それにまだこだわっているのだろうか。


170403_180b.jpg

170403_181.jpg

それとも私がうかがい知ることのできないほかの理由があるのだろうか。


170403_182.jpg

170403_183b.jpg

リンはおもむろに身体をひるがえすと、こちらに向かってきた。


170403_184.jpg

そうしてまた私のわきを足速に通り抜けていった。


170403_185b.jpg

170403_186b.jpg

リンは踏み分け道に出ると、迷いのない足取りで進んでいく。


170403_187.jpg

170403_188.jpg

そのリンの後ろ姿を見つめながらサキも移動をはじめた。


170403_189.jpg

170403_190.jpg

サキは歩度を速めながらリンのあとを追っていく。

注意をひくものでもあったのか、リンは道の真ん中でうずくまっている。


170403_191.jpg

170403_192.jpg

まさにサキがリンに追いついたときだった。

身体を起こしたリンが方向転換をして大きくジャンプした。


170403_193.jpg

母の挙動におどろいたのだろう、サキは呆然とその場にたたずむ。

ただ写真では確認しづらいが、リンも灌木の茂みの手前あたりにとどまっている。


170403_194.jpg

170403_195.jpg

サキはちいさく跳躍すると、着地と同時に身体をひくく身構えた。視線は母の後ろ姿をしっかりと捉えている。


170403_196.jpg

170403_197.jpg

サキはそれからお尻をぷるぷると小刻みにふるわせて力を溜めると、リンを目がけてジャンプした。

その気配を感じとったのだろう、リンは灌木のなかへ駆けこんでしまう。


170403_198.jpg

170403_199.jpg

サキはふたたびジャンプすると、そのままリンのあとを追っていった。


scenery170304_02.jpg

私は蜘蛛の巣が張りめぐらされた灌木のあいだを通りたくなかったので、遠まわりを承知で踏み分け道をつかってふたりのあとを追うことにする。


170403_200.jpg

防砂林を区分けしているフェンスの縁に、リンが身じろぎしないでたたずんでいる。

そこは海寄りの区画から風によって運ばれた『飛砂』がこちら側へ侵犯してきている場所だった。

どうやらリンはネットの向こうに行こうかどうしようか逡巡しているようだ。


170403_201.jpg

そこへサキがやってきてリンの身体にそっと鼻先を近づける。

でもやはりここでもリンはなんの反応も示さない。


170403_202.jpg

170403_203.jpg

するとサキは母を押しのけて前にでると、なんのためらいもなくネットの裂け目をくぐり抜けてとなりの区画へ足を踏み入れた。

リンはその場にとどまり、だまって娘の後ろ姿を見おくる。


170403_204.jpg

170403_205.jpg

リンはあくまでも慎重で、ネットの前でその先にある灌木の茂みを凝視しつづけている。

そのなかに敵意をもった何者かがひそんでいないか警戒しているようだ。

防砂林での暮らしが7年にもおよぶリンだから、実際にこの場所で外敵に遭遇した経験をもっているのかもしれない。


170403_206.jpg

やがて安全が確認できたのか、リンはゆっくりとネットの穴をくぐっていく。


170403_207.jpg

ここはエサ場からもっとも離れた地点であり、またエリアの境界線でもある。

ふたりが入っていった区画の防砂林は灌木が密生していて、ひとの侵入をきびしく拒んでいる場所だ。

私はリンとサキの “縄張り巡回” に帯同するのをそこであきらめた。


scenery170304_06.jpg

scenery170304_03.jpg

今回リンとサキの母娘の様子を観察して印象的だったのは、本来は仲の良いふたりのあいだに存在している微妙な不協和音だ。

サキは2015年生まれなので今年2歳になり、これはニンゲンの年齢に換算すると23、4歳にあたる。

その年ごろのニンゲンは学業をおさめ社会人になったり、生まれ育った家を出てあらたな『家庭』をつくる実際的な親離れのときをむかえる。

もちろん私はその時期が野良猫社会のそれとぴったり一致するとは考えていないけれど、かといって大きく乖離しているとも思えない。

だから、いつのまにかオトナになり、独立独歩の道をあゆみはじめたサキにリンが戸惑いと寂しさを覚えている可能性はあるだろう。

リンがサキに対してそっけない態度をとったのも、そのことが原因かもしれない。



〈了〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。





テーマ:猫の写真
ジャンル:写真



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~