プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです
おきてがみ
バナーをクリックしてURLを記入すると
訪問履歴を残せます
ログインしないで閲覧するFC2の方も
利用してください

最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

灰シロ猫後日譚 (後編 2)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



TERUstory_198.jpg

地面からテルがいるところまでは3メートル半ほどの高さがある。

リンから逃れるためにしゃにむに登ったとはいえ、ずいぶんと上まで登ったものだ。


TERUstory_194.jpg

TERUstory_195.jpg

垂直に立っている防砂ネットを膂力だけで登ったリンだから、その気になればテルがいるところまで苦もなく登っていけるはず。

だがそうしないところをみると、やはり今回も本気でテルを追いかけた訳ではないようだ。


TERUstory_202.jpg

TERUstory_203.jpg

リンがテルに対して敵意や害意を持っていないのは明らかだ。

ちなみに私はリンと知り合って5年になるが、リンがほかの猫と争うところなど一度たりとも目にしたことがない。


TERUstory_201.jpg

“勝ち気なところもあるが本質的には温順な猫” 、というのが初見以来ずっと私がいだいているリンの印象だ。


TERUstory_204.jpg

TERUstory_205.jpg

やがて樹上にいるテルがそわそわと落ち着かない挙動を見せはじめた。

いち時の興奮状態から覚めたせいで、やっと自分のおかれた状況に気づいたのかもしれない。

地上3メートルというのは、身軽な猫にとっても容易に飛び降りられない高さなのだろう。


TERUstory_206.jpg

TERUstory_207.jpg

リンもそんなテルをじっと見つめる。

ただの興味本位なのか、テルの身を案じているのかは分からないけれど。


TERUstory_209.jpg

TERUstory_210.jpg

テルは身体を横にかまえて松の幹を少しずつ滑り落ちてくる。動きはぎこちなくいかにも危なっかしい。


TERUstory_208.jpg

喬木から降りられなくなった猫をレスキュー隊が救う場面がときおり報道されることから分かるように、猫は木に登るのは得意だが、降りるのを苦手としている。

そして猫が高所で進退きわまる事故は樹木だけでなく、建造物や建築物でも起こりえる。


TERUstory_212.jpg

TERUstory_213.jpg

テルがゆっくりと身体の向きを変える。見ているこちらにもテルの緊張感がつたわってくる。


TERUstory_214b.jpg

テルを凝視したままリンは身動きひとつしない。

彼女は同じ猫として、私などよりもテルの張りつめた気持ちを感得しているのかもしれない。


TERUstory_215.jpg

見かねた私は、おせっかいを承知のうえでテルが木から降りるのに手を貸した。

すぐ下にリンがいたので、テルを抱きかかえたまま少し離れたところまで移動する。


TERUstory_222.jpg

TERUstory_216.jpg

TERUstory_217.jpg

地面に下ろすとテルは盛んに鳴き声をあげはじめた。

どうやら気持ちのたかぶりが完全には収まっていないようだ。


TERUstory_218.jpg

やがてテルは前方を見据えたまま動かなくなった。


TERUstory_219b.jpg

テルの視線をたどって後ろを振りかえると、切り株の側でたたずむリンの姿が目に入った。


TERUstory_220b.jpg

TERUstory_221.jpg

リンも眼を見開いてテルを凝視している。リンが何を考えてるのか私には分からない。

たださっきテルの背後に近づいた動機には心当たりがある。


TERUstory_225c.jpg

TERUstory_226c.jpg

おそらくリンは、テルの “におい” を嗅ごうとしたのだ。


TERUstory_245.jpg

猫のお尻のにおいには血筋や年齢、健康状態などの個体情報がふくまれている。

だから猫は相手のことを知りたいと思ったら、まずお尻のにおいを嗅ぐ。


TERUstory_227.jpg

TERUstory_228.jpg

私の想像どおりにリンがテルのにおいを嗅ごうとしたのなら、それは取りも直さず彼女がテルに関心を持っているという証ではないだろうか。


TERUstory_229.jpg

TERUstory_230.jpg

TERUstory_231.jpg

こうやってわざわざテルの近くに来て毛づくろいをするのも、そういった気持ちのあらわれだと、私には思えるのだが。


TERUstory_232b.jpg

TERUstory_233b.jpg

テルの眼前を昂然と通りすぎるリン、そして及び腰でリンに道をゆずるテル。

猫社会にいわゆるヒエラルキーという概念はないが、個体間の優劣は厳然と存在している。

この場合は明らかにリンが優位にたっていることが分かる。


TERUstory_234.jpg

TERUstory_235b.jpg

しかし優位者だからといって、私が知る限りではリンがテルに対して居丈高な態度をとったことなど一度もない。


TERUstory_236b.jpg

TERUstory_242.jpg

先にも述べたが、リンはいたって温和な猫なのだ。


TERUstory_239b.jpg

TERUstory_240.jpg

TERUstory_241b.jpg

猫は生まれもった感覚をフルに活用して、相手が何者かその情報を得ようとする。


TERUstory_237b.jpg

TERUstory_238b.jpg

こうして見つめ合うふたりの表情に、相手を警戒したり嫌悪している様子はみとめられない。

テルは一方的にリンを母のように慕っている節があるから当然といえば当然だが。


TERUstory_246.jpg

TERUstory_243b.jpg

リンの目付きからは、不思議なものを観察しているような気配をかんじる。

もしかしたらテルを見て、「この子はいったいどこから来たのかしら」と思案しているのかもしれない。

それでテルのことをもっと知りたいと思い、だからテルのにおいを嗅ごうとしたのではないだろうか。


scenery16ts_34c.jpg

scenery16ts_35.jpg

もちろん特定の相手に興味を持ったからといって、すんなりエリアの一員として受け入れるかどうかは分からない。

猫の社会にはニンゲンのうかがい知れないおきてや規律があるのだから。


TERUstory_247.jpg

TERUstory_248.jpg

TERUstory_249.jpg

私がエサ場へ行くとテルだけがあとをついてきた。そこで取りあえずテルに猫缶を与えることにする。


TERUstory_250.jpg

TERUstory_251b.jpg

TERUstory_252.jpg

時間が経っていつもの旺盛な食欲がもどったのだろう、猫缶は見る間にテルの胃袋のなかへ吸いこまれていった。


TERUstory_253.jpg

TERUstory_254.jpg

結局リンはエサ場へ戻って来ず、またサキはどこへ行ったのかこの日はまったく姿を見せない。


TERUstory_255.jpg

TERUstory_256.jpg

テルは信じていたニンゲンの手によって、ある日突然親兄弟と引き離されて海岸へ遺棄された。

ニンゲンなら心に負った傷が癒えぬまま、悲嘆と怨嗟の声をあげつづけるだろう。


TERUstory_272.jpg

TERUstory_273.jpg

でもテルはそうしたひどい裏切りに遭ってもめげることなく、 “今” を必死に生きている。

だからせめて‥‥。


TERUstory_262.jpg

TERUstory_263.jpg

TERUstory_264b.jpg

TERUstory_265b.jpg

リンやサキがテルを “仲間” として受け入れ、きびしい環境で暮らす野良猫同士たがいに助けあい共存してほしい、と思う。


TERUstory_268b.jpg

TERUstory_269b.jpg

TERUstory_270.jpg

TERUstory_271b.jpg

リンを捜すつもりなのか、それとも歳の近いサキを捜しにいくのか、テルはしっかりとした足取りで防砂林の奥へ歩き去った。

私の見た、これがテルの最後の姿だった。


scenery16ts_37.jpg

scenery16ts_38.jpg


* * *


TERUstory_258c.jpg

TERUstory_259.jpg

一週間後、私がリンエリアを訪れると、防砂林のなかでリンが所在なげにたたずんでいた。


TERUstory_260.jpg

TERUstory_261.jpg

「テルはどこへ行ったんだ?」そう訊いても、リンはただ私の顔を見つめるだけで何も答えてくれない。


scenery16ts_31.jpg

scenery16ts_33.jpg

このあともテルの消息は杳として分からなかった。

今までにも多くの海岸猫がなんの前触れもなくいきなり行方知れずになっている。

なので驚きはしなかったが、人懐こい野良猫は虐待のかっこうの標的になるので、そのことがどうしても気にかかっていた。

無事でいてくれよ、私はそう祈らずにはいられなかった。

そうしてひと月ほど経ったころだった‥‥。


scenery16ts_26b.jpg

scenery16ts_28b.jpg

怪我をして海岸沿いの道にうずくまっていたテルを誰かが保護した、という情報を得たのは。

ただこの話は風聞であり、テルの怪我の程度やその後の経過などの詳細はいっさい不明で、また事の真相を突きとめるすべを誰も持っていなかった。

そしてテルが保護されたという事実を裏付ける情報はその後どこからも入ってくることがなく、いたずらに時がすぎた。


scenery16ts_44b.jpg

scenery16ts_45c.jpg

数週間たったころ、野良猫の保護活動をしている市民団体『湘南ネコ33(みみ) 』の主要メンバーの女性から確度の高い情報がもたらされる。

それによれば、怪我が治ったテルは保護したひとの尽力で里親さんに譲渡されたとのことだった

私はそのいきさつを知り、安堵するとともにテルのしあわせを心の底から願った。


scenery16ts_43c.jpg



〈了〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

灰シロ猫後日譚 (後編 1)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



生後2、3ヵ月のときに家族と引き離されて、海岸へ捨てられたテル。

猫の生後2、3ヵ月といえば、ニンゲンの年齢に換算すると母親の愛情をもっとも欲する3歳から5歳にあたる。

それがそのまま仔猫の場合にあてはまるかどうかは分からないけれど、不安と寂しさで心許ない思いをしていることは間違いないだろう。


TERUstory_159.jpg

そしていきなりこんな境遇におとしいれられたテルが同じエリアに住むリンに思慕を寄せるのは、リンの中に生き別れた母の似姿を見ているからだと私は思っている。


TERUstory_147.jpg

TERUstory_148.jpg

ところがリンは新参者のテルをエリアから追い出さないけれど、テルの想いを受け入れようともしない。


TERUstory_149.jpg

TERUstory_150.jpg

テルが何度も接近をこころみているが、リンはかたくなに拒みつづけている。


TERUstory_151.jpg

TERUstory_152.jpg

そのリンがテルに近づいてくる。

テルはリンの姿を認めるやいなや、レンガ道から外れ姿勢を低くして身がまえる。


TERUstory_153.jpg

TERUstory_154.jpg

当然リンはテルの存在に気づいている。なのに、まっすぐテルに向かってくる。

これまで何度も目撃しているリンとテルの追走劇がまた始まるのだろうか。


TERUstory_155.jpg

やがてリンは1メートルほどの距離まで近づくと、ついと立ち止まり道ばたにいるテルを睨みつける。


TERUstory_156.jpg

するとリンの視線に気圧されたのか、テルはきびすを返してすごすごとその場をはなれた。


TERUstory_157.jpg

TERUstory_158.jpg

リンは悠然とした足取りで私の足元を通り過ぎてテルのあとを追っていく。


TERUstory_160.jpg

TERUstory_161.jpg

そのとき、レンガ道の奥からひとりの男性が現れた。

いち早く男性の姿を認めたリンがまずその場に立ち止まった。そしてテルも動きを止める。


TERUstory_162.jpg

TERUstory_163.jpg

見知らぬニンゲンにはむやみに近寄らない、という習性を野良猫は持っている。

そしてもし相手が近づいてきたら逃走可能な距離を常にたもつ、という習性をも持っている。

これらの習性は、たいていの場合後天的に刷りこまれる。


TERUstory_164.jpg

遺棄されるまでの2、3ヵ月を家族とともにニンゲンの家で過ごしたテルは、だから人懐こい。

またリンにしても、結局は飼い主であるホームレスが海岸を去るときに置き去りにされたが、生まれてからの3年間をニンゲンと暮らしたので警戒心が薄い。

そんなふたりがニンゲンへの警戒心や猜疑心をあらためて持つようになったのは、それだけこの海岸が猫にとって危険だという証左だろう。


TERUstory_165.jpg

TERUstory_166.jpg

目撃される恐れがすくない海岸では、街中より大胆でむごい虐待が猫に対しておこなわれる。

この海岸には街灯がなく、それがために日が暮れると薄闇につつまれ、ひと気もなくなる。

だから卑劣なサイコパスどもは夜陰に乗じて犯行におよぶのだ。

実際、私がボランティアやホームレスの人たちから聞かされただけでも、エアガン、クロスボウ(ボウガン)などの有害玩具を使用して海岸猫を殺傷した事件が過去に何件も起こっている。

それらの事件の概要は耳を疑うほど悪質で残虐なものだ。


TERUstory_167.jpg

TERUstory_168.jpg

今はこうして元気にしているリンやテルにも、いつ何時サイコパスどもの魔手が迫るか分からない。

そしてその犯行を防ぐことは誰にもできない。

なんとなれば四六時中海岸猫たちを見守ることは不可能だからだ。


TERUstory_169.jpg

TERUstory_170.jpg

老練なリンは身を隠すのも巧妙なようで、テルは間近に来るまでリンの存在に気づいた素振りを見せなかった。

思いがけなかったのだろう、リンの姿を認めるとテルはちいさな鳴き声をあげた。


TERUstory_171.jpg

TERUstory_172.jpg

リンはいきなり身体を起こすとテルめがけて突進した。テルは慌てて身をひるがえす。


TERUstory_173.jpg

TERUstory_174.jpg

テルが逃げ、リンがそのあとを追う。さきほど中断された追走劇の再開だ。

テルは必死に逃走している風なのだが、リンは本気でテルに追いつこうとはしていない。


TERUstory_175b.jpg

TERUstory_176b.jpg

それを裏付けるように、テルがそのままの勢いで灌木の茂みへ走りこんでもリンはあとにつづかず一旦立ち止まり、それからおもむろに茂みの中へ足を踏み入れた。


scenery16ts_13d.jpg

scenery16ts_14.jpg

私はふたりのように灌木を抜けられないので、近くにある踏み分け道を使うことにした。


TERUstory_177.jpg

進んでいくと、踏み分け道のまん中で腹ばいなっているテルの姿があった。

そこへリンが現れると、泰然とした足取りで近づいてきた。


TERUstory_178.jpg

TERUstory_179.jpg

リンはテルと目を合わさず、ゆっくりと踏み分け道から外れていく。

私の眼にはそのリンの行動があからさまにテルを無視しているように映った。


TERUstory_180.jpg

そのままテルをやり過ごすかと思われたリンだったが、やおら方向を変えるとテルに近づいていく。

「リンはいったい何をするつもりなんだ?」私はいぶかった。


TERUstory_181.jpg

TERUstory_182.jpg

TERUstory_183.jpg

どうやらリンの行動を不審に思ったのは私だけではないようだ。

テルも戸惑ったのだろう、慌てて身体を起こすとリンから離れていった。


TERUstory_184.jpg

TERUstory_185.jpg

TERUstory_186.jpg

リンがテルに対して敵意や悪意を持っていないのはその態度から明白だ。

では友好的かと問われると、これまでの経緯を知っているだけに素直にうなずけないのもまた事実だ。


TERUstory_187.jpg

TERUstory_188.jpg

おそらくテルも私と同じようにリンの真意を計りかねているのだろう、視線の定まらないうつろな表情をしている。


TERUstory_189.jpg

やがてテルはおもむろに起き上がると、静かにその場から立ち去っていく。

それを見たリンは身体を低くしてじりじりと前進しはじめた。

そして‥‥。


TERUstory_190.jpg

TERUstory_191.jpg

リンはテルを目がけて跳躍し、そのままテルのあとを追う。

リンの動きを察知したテルも駆けだした。そうしてふたりはもつれあうように灌木の奥へ姿を消した。


TERUstory_192.jpg

すぐに何かを引っかくような音が聞こえてきた。

音のする方を見ると、まず松の木に登ったリンの姿が目に入った。


TERUstory_193b.jpg

TERUstory_197.jpg

さらにその上を見ると、樹上にテルがいた。リンから逃れるためにとっさに近くの木に登ったのだろう。


TERUstory_196.jpg

そのとき、私の頭に出し抜けに閃くものがあった。

「そうか、そういうことだったのかもしれない‥‥」さっきリンがテルの背後から近づいていったその理由が私には分かったような気がした。



〈つづく〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




テーマ:猫の写真
ジャンル:写真



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~