プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈blogram〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

好奇心 (中編)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



前回猫は好奇心の強い動物だと述べたが、彼らはまた、自分のおかれた環境の変化をきらう保守的な動物でもある。

家猫でいえば、それまで見たこともない物が部屋の中へあらわれる、いままでに聞いたことのない音がする、これまで会ったこともない生き物(自分と同じ猫やニンゲンも含めて)が目の前に出現する、などの事象が起こると警戒し度合いによっては恐れおののく。

それらの胡乱なものの正体をあばこうと、まずは逃走できる距離をたもちながら観察し、そして害意をもたない相手だと知ると近づいてにおいを確認したり威嚇するように足でつっついたりする。

このように見なれた物が決められた場所にあり、顔見知りの者がいつもの行動をとり、耳になじんだ音が同じ音量で耳にはいってくる、という昨日と寸分たがわない状況がつづくことを猫は望む性質がある。

そしてこの性質は外で暮らす野良猫にも、反応の程度に多少の差こそあれほぼそのままあてはまる。

リンとサキが防砂林に突如としてあらわれたショベルカーに近づいていったのも、その性質に衝き動かされたからではないだろうか。


180228_045.jpg

180228_046.jpg

リンは操縦席の背もたれのにおいを丹念にかいでいる。

ニンゲンの1万~10万倍もの臭覚をもつ猫の鼻はどんなにおいをかぎとっているのだろう。


180228_047.jpg

リンの露骨ともいえるしかめっ面からすると、どうやら好もしいにおいではないようだ。

おそらくこのシートには作業員の汗や体臭が、それも複数人のにおいが染みついていると推測される。

猫に比して鈍感な臭覚しかもたない私でも、敢えてそのにおいをかぎたいとは思わない。


180228_048.jpg

180228_049.jpg

それでもリンの好奇心はさらなる探求を彼女に命じている。


180228_050.jpg

猫にとっては “悪臭” を放つシートであるのに、今度はヘッドレストのにおいをかぎはじめるリン。

私の想像では、ヘッドレストには背もたれ部分より更に多種多様なにおいがごた混ぜに染みこんでいると思われるのだが。


180228_051.jpg

180228_052.jpg

ひとしきりヘッドレストのにおいをかいでいたリンは慌ててキャビンから跳び出してきた。

そして、まるで忌まわしいものにでも遭遇したかのように、しばらく身じろぎもせず険しい表情でショベルカーを凝視する。

いったいリンはヘッドレストからどんなにおいをかぎ取ったのだろう?


180228_053.jpg

180228_054.jpg

180228_055.jpg

そんな母の様子を見て驚いたのか、それとも不安になったのか、サキが歩み寄ってきた。


180228_057.jpg

180228_058.jpg

180228_059.jpg

サキはショベルカーへの関心をとっくに失ったようだが、リンはまだ拘泥しているようにみえる。

しかし、私のその推測は間違っていた。


180228_061.jpg

180228_062b.jpg

リンの興味はすでに新たな対象物にうつったようで、ショベルカーの横を通りすぎていく。


180228_064.jpg

180228_063.jpg

リンの視線がそそがれているのは10メートルほど先に駐車されているトラックだ。

今度はそのトラックのなかを探索しようとでも思っているのだろうか?


180228_070.jpg

180228_071.jpg

サキは母のあとを追おうともしないで、離れたところからうつろな目つきでショベルカーを見つめている。


180228_065.jpg

180228_066b.jpg

やがてリンはトラックの方へ向かっていったが、前方を見すえたまま突然立ちどまった。

じつはこの時点で私も気づいたのだが、トラックのなかには数人の作業員たちが乗っていて、全員がこちらを見ているのだ。

もしかしたらその人たちは、リンがショベルカーのキャビンに侵入したところを目撃したのかもしれない。

私は急いでリンのそばに行き、彼女をショベルカーやトラックへ近づかせないように「リンもういいだろう、早くエリアへ帰ろう」といくぶん語気を強めて言った。

私は作業員たちがショベルカーに闖入したリンとサキをこころよく思わず、そのことで野良猫を “害獣” あつかいされるのを危惧したのだ。


180228_072b.jpg

180228_073.jpg

私の思いが伝わったのか、それともトラックに乗っているニンゲンの姿をみとめて驚いたのか、リンはきびすを返すと足早に戻ってきた。


180228_074.jpg

そのまま自分のエリアに引き返すかと思われたリンだったが、砂山の中腹でふいに足をとめた。

そしてまだ諦めがつかないのか、トラックの方を見やる。


180228_075.jpg

180228_076.jpg

リンはそれから砂山の上に登ると、そこでまた立ちどまり腰をおろした。


180228_077b.jpg

180228_078b.jpg

180228_079b.jpg

やがてそこへサキがやってきたが、そのままリンの目の前を横切っていった。


180228_081.jpg

180228_080.jpg

砂山のいただきから周囲の様子を見まわすリンとサキ。

サキからは感じられないが、リンからは自分たちのテリトリー外であろうと得体の知れないものの存在が気になって仕方がないという様子が感じられる。


180228_084.jpg

もしかしたら巨大な重機の出現が、自分たちの生活になにか良からぬことの起きる前触れになりはしないかと心を砕いているのかもしれない。

本能的に、あるいは経験的に。


180228_085.jpg

180228_086.jpg

しばらくのあいだそうしていたが、ショベルカーやトラックへの興味が失せたのか、それともそれらへの関心を自ら断ちきったのか、リンは砂山から下りると防砂ネットのわきを歩きはじめた。

今度は立ち止まりもせず、うしろを振り返りもせず、しっかりとした足どりで。


180228_088.jpg

そのリンを追うように、あとをついていくサキ。

エリアから抜けるときはリンを先導したサキだが、今度はその母に従っていく。


180228_089b.jpg

そうして、リンとサキは境界線を越えて自分たちの縄張りに戻ってきた。


180228_090.jpg

180228_091.jpg

180228_092.jpg

私はリンに言いたかった。「あまり目立つようなことはしないでくれ。それでなくてもお前たちのことをうとましく思っているニンゲンが少なからずいるんだから」と。


180228_093c.jpg

180228_094c.jpg

リンとサキの母娘はレンガ道をエリアの中心へ向かって進んでいく。

まるで散歩を楽しんでいるようなのんびりとした歩調で。

私はそのうしろ姿を見ながら、てっきりふたりはこれから自分たちのエリアでいつもどおりの過ごしかたをするのだろうと思っていた。

だがこのあと、リンとサキは好奇心に誘われて私を更に不安にさせる大胆かつ危険な行動にでることになる。



〈つづく〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です
◆非公開コメントも可能です
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください







スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

好奇心 (前編)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



『怖いもの見たさ』という慣用句が表しているように、我々ニンゲンはある事象の危険性を予想しつつも自ら近づいていくという矛盾した行動をとることがままある。

こういうように、恐怖心と好奇心という相容れない心理を胸の裡に共存させているのは何も我々ばかりではない。

猫とかかわりを持ったひとならご存知だろうが、猫はきわめて警戒心がつよく用心深い動物だ。

ところが一方、猫はとても好奇心が旺盛な動物でもある。

今回はそんな猫の心の葛藤を垣間見たと感じさせてくれる出来事があったので紹介しよう。


180228_067.jpg

私がエリアを訪れたとき、リンは何をするでもなく、樹間から差し込む西日に目を細めながらただぼんやりとたたずんでいた。


180228_002c.jpg

180228_001d.jpg

そのとき何かの気配を感知したのか、リンはふいに後ろを振りかえる。


180228_003b.jpg

リンの視線が注がれた方に目をやると、サキの姿があった。


180228_004b.jpg

180228_068.jpg

サキはゆっくりとした足つきでこちらに近づいてくる。


180228_005.jpg

180228_006.jpg

そしてリンにすり寄ると、鼻先で軽くあいさつをした。

「お母さん今日は、ご機嫌いかがですか?」とでも言うように。(リンはいささか煩わしそうだ)


180228_007.jpg

サキはそれからレンガ道の奥を見つめながら、思案顔をつくる。

あくまでも私の想像だが、今日はこれから何をしようかな、と考えているのかもしれない。


180228_008e.jpg

しばらくそうしていたサキだったが、心を決めたようにリンから離れると、しっかりした足取りでレンガ道を防砂林の奥へと向かっていく。


180228_026.jpg

やがて娘に促されるようにリンもおもむろに腰を上げ、サキのあとを追ってレンガ道を歩きだした。

が、その歩調は緩慢で、更に途中で何度も足をとめては周りに目をめぐらせる。

そんな母を気遣ってか、サキは少し前方でリンが追いつくのを待っているようだ。


180228_027.jpg

180228_028.jpg

180228_029.jpg

ところがそんな娘の気持ちを知ってか知らでか、リンはその場に座りこむと大きなあくびをした。

といったふうに、リンはやる気のないこと甚だしい。

もしかしたらリンとしてはエリアの巡回などせずに、できれば陽当りの良い場所でまったりとしていたかったのかもしれない。


180228_010.jpg

180228_011.jpg

ようやくその気になったのか、リンは表情をひき締めゆっくりとではあるが、力強い足運びでサキのあとを追いはじめた。


180228_009.jpg

たいていは人目につかない防砂林の踏み分け道を通ってエリア巡回をするふたりだが、この日はレンガ道を使うことにしたようだ。


180228_012.jpg

180228_013.jpg

それからリンとサキの母娘は、代わるがわる前になったり後ろになったりしながらのんびりと巡回をつづけていった。


180228_014.jpg

180228_015.jpg

さらにはレンガ道の脇にある松の木でいきなり爪研ぎをはじめたりする。

融通無碍な生き方を旨とする猫のこと、その行動は思いつくまま気分の赴くままといった感じで、きわめて恣意的だ。少なくとも私の目にはそう映る。

ところがである。


180228_069.jpg

180228_016.jpg

180228_017.jpg

私がふたりを追い越すやいなや、サキは松の木から慌てた様子で跳び下りると、私の脇を小走りで駆け抜けていった。

どうやら先導するのはあくまでも自分たちであって、ほかの者、とくに私に先行されるのは許容できないようだ。


180228_018c.jpg

180228_019c.jpg

それまでの道草を食いながらのだらだらしたペースから打って変わり、サキは脇目もふらずに歩いていく。

これからどこへ行って何をするのか、その思いを定めたように。


180228_020c.jpg

180228_021c.jpg

サキはレンガ道を外れても、真っすぐ前を見据えたまま灌木や木立のあいだを突きすすむ。

そして‥‥。


180228_022b.jpg

180228_023b.jpg

ついにはエリアの境界であるフェンスも逡巡することなくあっさりと越えてしまう。

「いったいサキはどこまで行くつもりなんだろう?」私はいぶかった。


180228_024b.jpg

180228_025.jpg

リンも私と同じ気持ちなのだろうか、フェンスの手前で立ちどまると、娘の後ろ姿を真剣な眼差しで見つめる。

目の前にあるフェンスは縄張りの端であり、リンとサキがこのボーダーラインを越えて隣の区域に足を踏み入れることは滅多にない。


180228_030.jpg

180228_031.jpg

娘のことが心配になったのか、リンはやおら腰を上げるとゆっくり足を運んでいく。


180228_032.jpg

そうしてサキにつづいてリンも縄張りの境界線を越えた。

それを見た私はきびすを返してレンガ道に戻り、足早にふたりのあとを追った。


180228_033c.jpg

180228_034c.jpg

やや緊張しているのか、サキは尻尾を下げ心持ち姿勢を低くして、慎重な足つきで進んでいく。


180228_035b.jpg

やがて我々の眼前に現れたのは、ショベルカーとかユンボ、バックホーなどと呼ばれている、いわゆる『掘削機』だった。

すでにこの日の作業を終えたのか、エンジンはかかっておらず、操縦席にはオペレーターの姿もない。


180228_036b.jpg

さっきは境界線を越えるのをためらっていたリンだったが、私を追い抜くとさっさとショベルカーのキャタピラに跳び乗った。

どうやら警戒心より珍しいものへの好奇心がまさったようだ。


180228_037.jpg

180228_038.jpg

それからリンはニンゲンがいないことを確認すると、軽く跳躍してキャビンのなかへ乗りこんだ。


180228_039c.jpg

180228_044.jpg

リンは周囲に目を配ったあと、床の匂いを嗅ぎながら更にキャビンの奥へと向かっていく。


180228_040.jpg

180228_041.jpg

一方サキは操縦席よりキャタピラなどの足回り部分に興を覚えたのか、キャビンの下へもぐりこむ。


180228_042.jpg

180228_043.jpg

冒頭でも述べたが、このように飼い猫などよりずっと用心深いはずの野良猫ですら変わったものや見なれないものに興味を示す。

我々ニンゲンの場合だと、好奇心に駆られるまま正体不明の事物にうかつに近づいたり首を突っこんだりしたら、思いもよらない災難にあったりするものだが。

猫の場合は果たして‥‥。



〈つづく〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です
◆非公開コメントも可能です
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください






テーマ:猫の写真
ジャンル:写真



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~