プロフィール

wabi

Author:wabi


2008年にうつ病と診断される。
治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈webはくしゅ〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない







東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

ミケの同胞達

AM6:15 久し振りに見る朝焼けだ。風景091115-01


サイクリングロードも休日とあって、多くの人が行き交う。
ミケ091115-01
そんな道行く人を、ミケはクールな面持ちで見つめている。


いつものおばあさんにナデナデされるミケ。
ミケ091115-02


そして、ゆきパパさんとゆきママさんが訪ねてきた。
ちなみに、おふたりの自宅からここまでは片道三3.5kmもある。往復7kmの散歩になるわけだ。
ミケ091115-03
お約束の“顔グニュッ”をされるミケ。


ゆきママさん手ずからエサを貰うミケ。「ミケ、この幸せ者め」
ミケ091115-04
ふたりは用事があるらしく、やがて慌ただしく帰っていった。



ふと視線を移すと、見覚えのある自転車が置いてあった。
dodoさん自転車091115
「これは、もしかして……」


「やっぱり、dodoさんの自転車だ」
ミケ091115-05
dodoさんに撫でられても、ミケは愛想を振りまくこともなく淡々としている。



ミケの目が大きく見開かれた。
ミケ091115-06
大型犬の接近に驚いたのだ。犬が遠ざかると、ミケはホッと安堵の表情を
見せた。



風景091115-02


東のエサ場を訪問した。
すると、いきなり2匹の海岸猫が姿を現した。三号と四号か‥‥?エサ場A091115-01
四号のひょうきんな表情には、思わす笑ってしまった。


三号がエサを食べるのを、背後から凝視する野良一匹。
この野良に会うのは初めてだ。すると、七号ということになるのか‥‥。
エサ場A091115-02
三号が去った後、七号にもエサを与える。


この七号、手招きしても近づいてこない。七号091115-01
警戒心を露わにしたまま、防砂林の中へ去っていった。


このエサ場Aからさらに100mほど東に行ったところにエサ場Bがある。
(便宜上、さっきのエサ場を“エサ場A”,このエサ場を“エサ場B”と呼ぶ)
エサ場に足を踏み入れると、どこからか一匹のキジ白が現れた。
socks091115-01
足先が白く、靴下を履いているように見えるので“
ソックス”と呼ぶことにする。


エサ場に茶トラが現れたのでエサを与えてみたが、このチャトラ警戒心が強く、
私が近づくと、エサを食べるのをやめ植込みの中へ逃げてしまう。

socks+チャトラ091115-01
ソックスはその茶トラが食事する様子をじっと見つめている。


それにしてもこのキジ白のソックス、妙に人慣れしている。socks091115-03
「ねえ、君とは初対面のはずだよなぁ」


その人懐こさに負けて、ついついエサを与えてしまう。
socks091115-04
が、おっとりとした食べ方で、飢えている印象は受けない。


その様子を羨ましそうに見つめる茶トラ。
socks+チャトラ091115-02
そこでエサを載せた皿を持ってゆっくりと近づき側に置いてやると、茶トラは
警戒しながらも食べはじめた。



ミケのところに寄ると、ミケは少年にナデナデ、ゴシゴシされていた。
ミケ091115-07
「ミケ、おじさんより若い男の子のほうがいいだろ」


風景091115-03
結局、今日もボスには会えなかった‥‥。






ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます





関連記事
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~