プロフィール

wabi

Author:wabi


2008年にうつ病と診断される。
治療の一環として始めた海岸散策。
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて
2009年10月に旧ブログを開設。
そして2015年9月に当ブログを新設。

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

「海岸猫」とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです

おきてがみ
バナーを設置できないブログには
〈ペタ〉や〈webはくしゅ〉で応えます

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ゲストカウンター

ブログカウンター
タイムカウンター
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
スポンサーサイト




検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

ペットのおうち

この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない







東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
RSSリンクの表示
QRコード
QR

臆病猫 その弐

東のエサ場
東のエサ場-12.jpg


私が再度レンズを向けると、その野良は材木の陰に引き返してしまった。
東のエサ場-13.jpg
そして、そこからこちらの様子を窺いはじめた。


そこで私は左へ廻りこみ、その野良と相対した。
東のエサ場-14.jpg
ある程度の距離を保てば撮影はOKのようだ。


その時、ひとりの女性がエサ場に現れた。
すると、臆病猫がすぐにあとを追った。
そして私が以前『ロク』と名づけた野良もどこからか現れ、その女性の許へ急いだ。

東のエサ場-15.jpg
どうやらこの女性は、このエサ場を担当するボランティアのようだ。


ロクと臆病猫がエサに食らいついた。
東のエサ場-16.jpg
エサ場の奥から貫禄ある野良が悠然と歩いてきた。
この野良とは、これが初見だ。



東のエサ場-17.jpg


どこのエサ場でもそうだが、ボランティアの人が来るとカラスが集まってくる。
カラスはちゃんと憶えているのだ‥‥エサを持ってくる人の顔を‥‥

東のエサ場-18.jpg
そのことを熟知しているその女性は、カラスにもエサを与えた。
ところが何を思ったのか、先ほどの貫禄猫がそのエサにつられてカラスに近づいていく。



その女性が声をかけると、貫禄猫はちらりと振り返った。
東のエサ場-19.jpg
しかし貫禄猫は、その制止を聞かず、カラスと奪い合うようにエサを食べはじめた。
この野良、貫禄あるのは体だけではないようだ‥‥



この女性の名は、他のボランティアの人から何度も聞かされていた。
東のエサ場-20.jpg
Kさんは、野良の世話をはじめて8年ほどになると言う。
このエサ場は野良の数が多いから、その世話も大変だと思われた。



私達はしばらくその場で話しこんだ。
東のエサ場-21.jpg
そのうちKさんの話が、この臆病猫に及んだ。
この野良は、過去にとんでもない経験をしていた‥‥



臆病猫はミケと全く同じ危難に遭っていたのだ。
東のエサ場-22.jpg
ミケの場合は首だったが、臆病猫は頭だった‥‥
そのボウガンの矢は、この小さな頭を射抜いていたと言う。
さらにKさんは言った「私が矢を抜こうとしても抜けなかったの」と。
結局病院で矢を抜いてもらったそうだ。



そんな経験をしたら臆病になって当たり前だ。
東のエサ場-23.jpg


この野良は最後まで私を警戒して、近づいてこなかった。
東のエサ場-24.jpg
「それでいい」


「お前もそうだ‥‥」
東のエサ場-25.jpg
これからも臆病でいた方がいい。「見知らぬ人が近づいて来たら、逃げろよ‥‥いいな、臆病猫‥‥」





今日、私はある人に会うため、久し振りに早朝の海岸へ足を運んだ。
風景-01.jpg
約束を交わした訳ではないが、運よくその人と会うことができた。


さらに、昨日姿を見せなかったミリオンにも会えた。
ミリオン-01.jpg
「ミリオン、昨日はどこへ行ってたんだ、心配したぞ」


そう言った私を、ミリオンはクールな眼で見返した。
ミリオン-02.jpg
そして私の目の前で毛繕いする余裕をみせた。





今日の午後、ミケに逢うため、ひとりの若い女性が東京からやって来た。
ミケエリア-01.jpg
この続きは、明日にでも紹介するつもりだ。





ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます





関連記事
スポンサーサイト



Comment

 wabiさん、おはようございます。
 野良猫は人の優しさなしでは生きていけない境遇なんですよね。
 でも、中にはひどいことをする人間もいる(矢を討つなんてひどすぎる!)。
 だから、あまり人懐こい猫は逆に心配になりますよね。
 人の優しさを求めながらも、適度の距離を保ってほしい・・・と思います。
 「ミケとチビの動画」楽しく拝見しました。。
 動くミケちゃんとチビくん、初めて見られたのでうれしかったです。
 

wabiさん
こんにちわ。
毎日ブログ更新お疲れさまです。
酷い人がいますね! 矢を討つなんてひどいです。
臆病猫さんが元気になって良かったです。
ボランティアさん、ありがとうございます。
ミリオンちゃん、戻って来ていて安心しました。
お顔がちょっと変わって来てるような。。
お鼻は傷ですか?模様なのかしら??
暑い日々ですので、ご自愛くださいませ。

コメント、お久しぶりです。
いつも海岸猫さんのことをお知らせ下さってありがとうございます^^。
臆病猫さんの話を読んで胸が痛くなりました。
このように人間を信頼して近づき、その信頼を裏切られた猫たち。
人間と猫との信頼関係を求める一方で、
警戒心も持ってほしいと願う複雑な気持ち。
このような人間がいるということが悲しくなります。
ミリオンちゃんのことも心配ですね。
なんとか捕獲して治療できれば良いのですが。

ミリオンちゃんに会えて良かったですね

ミリオンちゃん耳のケガ以外は元気そうで良かった
wabiさん今日浜降り際ですね
海岸に居る猫ちゃんは人が多くて大変ですね

返信

Kiryuさんへ
いつもコメントありがとうございます。
野良の人懐こさは、諸刃の剣のようなモノです。
人懐こい子は可愛がられ、エサに有りつくことも多い反面、虐待に遭い易いですから。
こういうことを聞く度、心が痛みます。
ミケの動画は私にとっても貴重なモノになりました。
でも、今はまだじっくりと観る気になりません。
mimiさんへ
いつもコメントありがとうございます。
全国ニュースになった9年前の『矢猫事件』以来、この手の事件は密かに続いているようです。
もう矢猫くらいではニュースにもなりません。
こうやって慣れていくのは恐ろしいことだと思います。
ミリオンは顔付きも少し変わってきました。
右眼の具合が気になっています。
ゆうたんさんへ
コメントありがとうございます。
今日、ボランティアのKさんと再会しました。
そして臆病猫が危難に遭ったのは、4年ほど前だと教えてくれました。
その時、臆病猫は2歳だったそうです。
想像すると、可哀相でなりません。
ニャン丸さんへ
コメントありがとうございます。
ミリオンは食欲もあり、比較的元気でした。
ただ、私には未だ心を開いてくれませんが‥‥
私は茅ケ崎に住んで15年になりますが、一度も浜降り際を見たことがありません。
勇壮だという話は聞いていますが。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~