プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
里親募集


偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

ツバサの旅立ち その弐『偉大な母』

2010年11月28日、ここへ遺棄された直後のツバサは、自分が何故こんな目に遭ったのか理解出来ずに悲しげに鳴きつづけていた。
船宿101128-01.jpg


そして周りの野良たちを恐れて、ただただ怯えていた。
船宿101128-02.jpg



この時のツバサもある意味主役だったが、今回は栄えある本当の主役を務めることになる。



その主役の周りへ徐々に人が集まってきた。
船宿110619-26.jpg
この後、自分の運命に大きな影響を与える出来事が待っていることを知らないツバサは、いつもと変わりない様子だ。


チャチャさんがそんなツバサにそっと手をさしのべる。
ツバサがここへ遺棄されて以来、チャチャさんはずっとこの子のことを気にかけていた。

船宿110619-27.jpg
この子を何とかしてここから引き取りたいと、周りの人たちにも公言していた。


しかし当時のチャチャさんの住居はペット不可だった。
船宿110619-28.jpg
そこでまず、ご主人を説得し、ツバサのためにペット可の物件を探しはじめた。


そして先月やっと希望通りの物件が見つかり、今月の中旬に引越しを完了させ、この日ツバサを迎えに来たのだ。
船宿110619-28-29.jpg
1匹の野良のためにここまで熱意を持つ人がいることを、私は初めて知った。
ツバサに係わる人たちの想いも同様で、だから皆安心して彼女にツバサを託せるのだ。



syokoさんのご主人がもつ草のじゃらしに反応するツバサ。
船宿110619-31.jpg
こういう光景を見ていると、ツバサはまだまだコドモだな、と思う。


これからはチャチャさんがツバサの遊び相手になる。
船宿110619-32.jpg


そのチャチャさんは、船宿前でマサムネの体をブラッシングしている。
船宿110619-32-33.jpg
チャチャさんは本当に猫が好きなんだなぁ、とつくづく感心させられる。


ミイロとの別れを知らないはずのツバサだが、
船宿110619-33.jpg
この時は執拗に“母”の後を追っていった。


船宿110619-34.jpg


ミイロの側でのんびりと毛繕いをはじめるツバサ。
船宿110619-35.jpg


そのツバサをじゃらしでおびき寄せるIさん。
船宿110619-36.jpg
そして隙をついて、すばやくツバサをキャリーケースの中へ。


捕獲をどうしようかと頭を悩ませていたので、こうもあっさりとキャリーに収まると、少々拍子抜けがした。
船宿110619-37.jpg


ツバサは自分の身に起こったことを悟ると、激しく鳴きはじめた。



そのツバサの叫び声を聞きつけたマサムネが心配顔で駆けつけてきた。
船宿110619-38.jpg
「マサムネ、大丈夫だよ。ツバサは野良を卒業し、元の家猫に戻るんだから」


ミイロもツバサの異変に気がついたようだ。
船宿110619-39.jpg
キャリーケースに近づくと、複雑な表情を作り、しばらく扉越しにツバサの様子を窺っていた。


ところが、ふいにキャリーケースから離れると、
船宿110619-40.jpg
あらぬ方向を眺めはじめた。


ツバサの鳴き声は耳に届いているはずなのだが、ミイロはそのままの姿勢で動かない。
船宿110619-41.jpg
利口なミイロのことだから、ツバサの身に何が起こっているのか分かっているのかもしれない。


そのうちミイロはおもむろに立ちあがると、
船宿110619-42.jpg
ツバサの声に背を向けて歩き去ってしまった。


そこへボランティアのSさんも駆けつけてきた。
「この子がいなくなるのは寂しいなぁ」とSさんは言った。

船宿110619-43.jpg
最近ではすっかりこのエリアのレギュラーの中核になっていたツバサだから、Sさんの想いも複雑なのだろう。


この頃になると自分の運命を受け容れたのか、ツバサは大人しくなっていた。
船宿110619-44.jpg
そこへ再びミイロが近づいてきた。


もう一度ツバサの顔を見たかったのだろう。
船宿110619-45.jpg
ツバサも、7ヶ月の間“母”と慕ったミイロの顔をじっと見つめている。


ついにチャチャさんがエリアを去る時間がやってきた。
船宿110619-46.jpg
チャチャさんは、ツバサが収まったキャリーケースをそっと持ち上げた。


そして世話になったSさんとキャリー越しに挨拶をすると、
船宿110619-47.jpg
ツバサはチャチャさんに抱かれて、エリアを後にした。
「さよならツバサ、幸せになるんだよ」



雰囲気を変えるため、残った野良たちに食事を与えた。
船宿110619-48.jpg


ただ独りミイロだけは食事に関心を示さず、ツバサが去った方向へ歩いていく。
船宿110619-49.jpg
しばらくその場へ佇んでいたミイロだったが、


既にツバサは自分の手の届かないトコロへ行ったのを悟ったのだろう、くるりと身を翻した。
船宿110619-50.jpg


このミイロの表情が何を語っているのか、敢えて私の感想は述べないことにする。
船宿110619-51.jpg
ミイロはゆっくりとした足取りでエサ場の方へ歩きだした。


船宿110619-52.jpg
食事を終えた野良たちも、船宿前から姿を消していた。


先月の白猫につづいて、本当の我が子のように世話をしていたツバサにも去られたミイロの心に去来するのは何なのか?
船宿110619-53.jpg
そんな彼女を慰める言葉を、私は持っていない。


ただこれだけは言える。
船宿110619-54.jpg
「ミイロ、顔をあげろ!塞ぎこんでいるなんてお前らしくないぞ」


「お前はこのエリアで唯一の“母”だ」
船宿110619-55.jpg
「それも偉大な母なんだぞ!」


船宿110619-56.jpg



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


緊急告知
しばらくの間ブログを休載します。


私が睡眠障害に苦しんでいることは、このブログで何度か報告しましたが、今年の2月からその症状が悪化し、睡眠導入剤を服用しても眠ることが出来なくなりました。
その影響で海岸を訪れる回数もブログの更新頻度も少なくなってしまい、私としても不本意な時間を過ごしてきました。

ブログ内容に係わりがなく、極めて個人的な事柄なので敢えて発表しませんでしたが、心療内科の医者に言い渡された病名は “ 鬱病 ” でした。

当節ではこのことで白眼視されることも、逆に同情されることもない、ごくありふれた病です。
知人に言わせると「心が風邪をひいたようなもの」だそうです。
それに私の場合はうつの原因がはっきりしているので、長く患うことはないとタカをくくっていたのですが、医者にかかって既に3年‥‥、少々辟易としてきました。


ただ唯一、この病気に感謝していることがあります。
そもそも私が海岸へ出かけるようになったのは、「毎日散歩しなさい」という医者の勧めがあったからで、それによりそこに棲む海岸猫たちと触れ合うようになり、果てはミケという稀代の野良と運命の出会いをすることになったからです。

でもこの病のせいで、私の生活は様変わりしました。
もちろん良い方向へではなく、悪い方向へ、です。
そしてそのことがまたうつを悪化させるという‥‥、まさに負のスパイラル状態。
去年の秋に胃潰瘍を患ったのもこの悪循環の所業でした。
その後も具体的な打開策が見つからず、眠れぬ日を無為に重ねてきましたが、それもそろそろ限界に近づいてきました。

そこで今回、静養を兼ねて帰郷することにしました。
実はこのことを考えだしたのは、5月の初旬頃で、私にとっては予定の行動なのです。
期間はまったく白紙状態ですが、数週間に及ぶのではと漠然と想像しています。
実家にはネット環境が無いですし、ネットカフェの狭い空間に閉じ籠るのは静養に良いとも思えないので、しばし世俗から離れた暮らしに身を委ねることにします。
(やはりネットから隔絶した生活は刺激が無さ過ぎるので、時折ネットカフェから世間の動向を窺うことにしました)



ところが、ここまで書いているところへ、父が肺炎のため緊急入院しICUに移されたと母から電話がありました。
年齢を考えると予断を許さない状態だそうです。
当初の予定では梅雨が明けたら帰郷するつもりで、この告知もそのために準備していたのですが、急遽予定を繰り上げることにしました。


では皆さま、暫時お別れです。


管理人:wabi




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

いろいろな方々、猫達の気持ちが交差し、涙が出ました。
wabiさんがいつか元気な姿で また海岸へ戻れますように。

wabiさん ご無沙汰していますm(_ _)m
ツバサの旅立ち、とても嬉しく胸が熱くなりました。
本当に良かったです。
湘南にゃんこを、優しく見守ってくださっている皆様に感謝です。
wabiさん、身心共に元気な事が一番大切だと思います。
ゆっくり静養してください。
私もwabiさんがブログを再開する日をゆっくり待っています。
お父様が回復に向かいます様に祈っています。

 wabiさん、おはようございます。
 昨日、ミケちゃんに会ってきました。
 自分にとっても運命の猫だったのだと思います。
 
 wabiさん、ゆっくり静養してきてくださいね。
 お父様のご快復をお祈りしています。

wabiさん、突然のご報告に正直驚いております。
その後体調は如何でしょうか?。
ここでwabiさんの語りを読みながら、
海岸の猫たちの姿を見るのが本当に楽しかったです。
・・海岸の猫たちも、きっと寂しがるでしょうね。
どうか、先ずはお体を大切に・・そして元気になられたら、
またブログの更新をお願い致します。
今まで本当に有難う御座いました。

wabiさん、体調の悪い中、今まで頑張ってくださり、本当にありがとうございました。
wabiさんのブログに出会えて、とても良かったと思っています。
独りで長年、(いたらないことだらけではありましたが)地域の猫たちを保護し見守ってきた私にとって、wabiさんのブログは、本当に力をいただける励みと慰めの場所でした。
「暫時お別れ」とのこと、再会できる日を待ちたいと思います。
心と体をゆったりできますようお祈りしています。
感謝を込めて。

のらさんへ

コメントありがとうございます。
たかが野良、されど野良‥‥、彼らも感情のある生き物です。
私もその心情を思うと、やはり複雑な気持ちになります。
郷里の山河を眺めながら、しばし心を癒すつもりです。

にゃんこmamaさんへ

コメントありがとうございます。
ツバサはチャチャさんのもとで幸せな生涯を送るでしょう。
海岸へ遺棄されてから7ヶ月、彼はよく頑張りました。
このエリアを担当するSさんはじめとするボランティアの方々の尽力、
そしてミイロ、マサムネなどの先住猫の優しさも大きな支えとなりました。
ブログ再開の時期がいつになるか自分でも分かりませんが、田舎の長閑な風景を眺めながら、
しばらく心を休めるつもりです。

Kiryuさんへ

>  wabiさん、おはようございます。
>
>  昨日、ミケちゃんに会ってきました。
>  自分にとっても運命の猫だったのだと思います。
>  
>  wabiさん、ゆっくり静養してきてくださいね。
>  お父様のご快復をお祈りしています。
コメントありがとうございます。
先日はお迎えすることができなくて申し訳ありませんでした。
子供時代を過ごした郷里の風景に触れていると、様々な思い出が去来します。
そんな懐かしい情景にしばし心を遊ばせるつもりでいます。
父は今のところ小康状態を保っています。

にゃにゃにょさんへ

コメントありがとうございます。
お気遣い恐れ入ります。
環境が変わっても夜の睡眠時間は2~3時間ほどと、今のところ改善は見られません。
することも無く大半の時間を読書に費やしていますが、実家にいる老犬との散歩が日課になりました。
その散歩の間、猫の姿を求めているのですが、気配すら感じません。
母に訊くと、近所に猫は1匹もいないそうです。
ブログの更新がいつになるかお約束できる状況ではありませんが、必ず再開いたしますからお待ちください。

ねこやしきさんへ

コメントありがとうございます。
私の拙いブログが少しでもお役に立っているならこんな嬉しいことはありません。
感謝しなければいけないのは、むしろ私の方です。
私自身は海岸猫たちから多くのことを学びました。
ミケからは寛容を、ミリオンからは忍耐を、そしてマサムネからは慈愛を‥‥。
そんな海岸猫の無垢な心に触れる度に心が浄化されるような気がしていました。
ブログは必ず再開いたしますから、しばらくお待ちください。

wabiさん
御無沙汰しています。
今年はなかなかお目にかかれませんでした。
ミケさんのご命日も過ぎましたね。
海に行ける時は大抵、ミケさんとミリさんのお墓には参っています。
海を見て、手を合わせると…心が満たされる気がします。
wabiさんも”ぼちぼちのんびり”を心掛けてお過ごしくださいね。
お戻りをお持ちしています。

茅ヶ崎在住人さんへ

コメントありがとうございます。
こちらこそご無沙汰しています。
ミケの命日には墓参をする予定でしたが、火急な用件で茅ヶ崎を離れることになり、叶いませんでした。
茅ヶ崎に戻った折に改めて参るつもりです。
今年の2月以降、海岸へ足を運ぶ回数が減り、なかなかお会いできませんが、“猫が取り持つ縁”で何処かでバッタリ遭遇しそうな予感がしています。
そのときにお話しできるのを楽しみにしています。

再開を心待ちにしていますね。
ミイロちゃんも美しいネコちゃんだと思います。
すっごくタイプのネコちゃんです
誰か飼ってあげられないのかなぁ~
我が家にも19歳の家ネコがいてます
家ネコだからこそ、
歯が抜けても、足腰が悪くても、鼻がきかなくても、
生きていけるのだなぁと
つくづく思います
野良ちゃんたちの野性味も大好きですが
長生き出来ないのは寂しいですね

こんにちは

先日うまくコメントが残せなかったようなのでもう一度・・・。
ツバサ、こんなにも愛してくれる人に巡り会えて幸せですね。
下から2枚目のミイロを見てるだけで涙が止まりません。
いつかミイロにも、良い出会いがありますように。
そう願っています。
ミイロってウチの子(コムギ)にそっくりなんです。
顔つきとか表情とか。
なので他人(他猫)の気がしなくって・・・。
wabiさん、いつもありがとうございます。
どうかご無理なさらずに。
またいつかお会いできる日を楽しみにしてます。

wabiさん、お久しぶりです。
今は、ただただ気持ちをゆったりと心の休養にあてて下さいね。
またお話しましょう!

shibaさんへ

コメントありがとうございます。
ミイロがもし人間の女性ならば‥‥。
若く、美しく、聡明な姿を想像します。
きっと私など歯牙にもかけないはずです。
そういう意味では、ミイロが猫で良かったと思います。(笑)
野良が健康を害すると、かなり厳しい状況に置かれます。
大抵の場合仲間から離れ回復を待ちますが、回復しないケースの方が多いのではないでしょうか。
海岸で10年以上生きるのはごく一部の野良に過ぎませんから。

きょうさんへ

コメントありがとうございます。
ツバサは猫風邪の治療に専念していると、チャチャさんから連絡がありました。
チャチャさんの献身的な看病できっと良くなると思います。
ミイロは元来逞しいのですが、ツバサが去ってからやはり寂しいのか、以前より人に甘えるようになりました。
そういう姿を見ていると、どうしても切なくなります。
でも、今までにも辛い体験を凌いできたミイロのこと、きっと今回も乗り越えてくれると信じています。

nonoさんへ

コメントありがとうございます。
こちらこそご無沙汰しています。
父の方は今のところ安定してますが、ただのんびりと実家で過ごすことも難しく、それなりの雑事に追われています。
はっきりしない天候が続き、それゆえ気分的にもスカッとはいきませんが、故郷の山河を眺めているときだけは心が落ちつきます。
自宅に帰った折にご連絡いたします。

こんばんは。
先月末から、海外出張に出かけ帰って来たら新人研修会の講師やら
バタバタした日々が続いておりました、昨日、家のらんぼ~から
wabiさんが実家に戻られた様だと.......。
お父様の容態が良くなり、wabiさんの病気も良くなりますよ!
そして、海岸を散歩しているwabiさんと笑顔で逢いたいですね。
お大事に........。

dodoさんへ

コメントありがとうございます。
父の容態は今のところ小康状態で落ち着いていますが、ICUに入ったままで予断を許さないことには変わりありません。
実家には体の不自由な母が独りでいるため、老犬の散歩やら、家の雑事やらで当初の目的である静養とは少し違った日々を送っています。
こういう状況なので、いつ自宅に戻れるか分かりませんが、海岸でお会いできるのを楽しみにしています。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~