プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト


検索フォーム
里親募集


偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

赤トラの真意

この日私は、久しぶりに早朝の海岸へ足を運んだ。
120516-01.jpg
遥かに富士が遠望される。この季節、富士は靄に隠れてめったに姿を見せない。
これを吉兆だと思いたいが、“好事魔多し”ということも考えられる。


海岸には白い波頭を立てて大きな波が打ち寄せている。
120516-02.jpg
この波はサーファーにとって間違いなく吉兆であり朗報だ。


120516-03.jpg
海岸には波が起こす海鳴りが響きわたっている。


その波音に負けじと、大きな鳴き声をあげる猫がいた。
120516-04.jpg
最近海岸に棲みついたニューフェースだ。


仄聞したところによると、5月の初旬にこの場所へ現れ、以後そのまま居着いたという。
120516-05.jpg
被毛の種類は、茶トラより “赤トラ” と呼んだほうが適切かもしれない。
ちなみに性別はオスで、去勢手術の痕が認められる。



持っていたカリカリを与えると、赤トラはがつがつと食べ始めた。
食器が置いてあるからには、食事の世話をしている人がいるはずだ。

120516-06.jpg
このといも、一人の女性が現れ、食事している赤トラを見ると「あんまりあげてもねぇ」といって立ち去った。


そして所在無さそうに海を眺めているこの男性も、話を訊くと赤トラにエサを与えるために海岸へ来たという。
120516-08.jpg
悄然とした男性の後姿を見ていると、何だか自分が酷く悪いことをしたような後ろめたさを感じてしまう。
猫にエサを与えて、こんな思いにとらわれたのは初めてだ。



人目につく場所にいるからということもあるが、この猫が多くの人に愛されている理由は、それだけではないようだ。
120516-07.jpg
僅かな間しか接していない私にも伝わってくる、懐こく穏やかな気質のせいだろう。


さらには、この猫が抱えるバックストーリーを感じ取っているからだと思われる。
120516-09.jpg
その人馴れした様子から、最近まで飼い猫だったことは、誰が見ても明白だ。


そして飼い猫がいくら迷ったとしても、こんな場所へ自ら来ることなどあり得ない。
120516-10.jpg
「お前も酷薄なニンゲンの手によって、ここへ遺棄されたんだろ」


そんな目に遭っても、人を毛ほども警戒しない猫の姿に接するたびに、私は暗然とした気持ちになる。
120516-11.jpg
いくら最近まで飼い猫だったとはいえ、こんな目立つ場所に居つづける赤トラの真意を理解できない読者も少なくないだろう。


過日、行方不明になった愛猫と数日後に再会を果たした私には、ある程度推察できる。
赤トラの秘めた決意が‥‥。

120516-12.jpg
散歩中の犬がそばに来ても、逃げることも敵意を見せることもなく、泰然と構えている。


たとえ元飼い猫だとしても、この大胆不敵な態度は驚嘆に値する。
120516-13.jpg
体の下に前足を折りたたんだこの座り方は、一般的に“香箱座り”などと呼ばれ、無警戒で相当リラックスした証である。何故なら危険が迫った場合、この体勢では瞬時に動けないからだ。


よしんば、この犬なら襲ってきても、たやすく逃げ切れるという自信の表れかもしれない。
120516-14.jpg
あるいは元の家で、犬と同居していた可能性も考えられる。


そんな赤トラを、スマホでローアングル撮影する男性。
120516-15.jpg
ちょこまかしない赤トラは、被写体としても人気があるようだ。


この男性も猫好きなのだろう、撮影を終えると、赤トラを優しく撫ではじめた。
120516-16.jpg
赤トラもその男性の行為に応えるように歩み寄ると、足許へうずくまった。


猫自身もその人が自分にどういう感情持っているかを、敏感に察知する。
120516-17.jpg
朝陽を浴びて輪郭を際立たせた眼の前の情景に、私の心は和んだ。


そこで私は男性に、顔をぼかす条件でブログへの写真掲載の許可を申し出た。
120516-18.jpg
すると、そのブログ知ってますよ。この間、迷い猫の捜索願いが載っていたでしょ、と男性はいった。
さらに、「顔を出してもいいですよ」と快諾してくれた。



この場を借りて、改めてこの男性に謝意を述べたい。
120516-19.jpg
ブログへの写真掲載の件もだが、寄る辺ない赤トラに優しく接してくれていることへの感謝だ。


海辺はサーファーの数がにわかに増えてきた。
120516-20.jpg


海から目を戻すと、先ほどの男性の姿はなく、赤トラがぽつねんと佇んでいた。
120516-23.jpg
時刻は6時半を過ぎ、会社勤めの人がそろそろ海岸から引きあげる頃だ。


だが赤トラはいくら優しくされても、人の後を追おうとはしない。
120516-24.jpg
その潔い態度に、私は改めてこの猫の真意を垣間見た気がした。


120516-25.jpg
やがてベンチにいた人たちも次々と立ち去り、赤トラと私だけが残された。


私が感知した赤トラの真の願い。本来ならそれが叶うことを祈ってやりたいのだが‥‥。
120516-26.jpg
「お前のその願いは、おそらく‥‥」


しかし私はこれ以上、赤トラの心情に踏み込むのをやめた。
120516-27.jpg
お前の真意を見通したなんて、私の思い上がりだ、きっと。


第一先のことなど誰にも分からないし、この世は何事も起こり得るのだ。
120516-28.jpg
私は自分にそう言い聞かせながら、海岸を後にした。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

なんか凄い切なくなって泣けてしまいました。
猫ちゃんの願いが叶うといいのですが…。
人間に裏切られても人間不信にならずにいてくれた猫ちゃんに感謝。
そして、この猫ちゃんにご飯をあげてくれる優しい人たちに感謝です。

とても、切ない気持ちになりました。
人間のひどい勝手さと、それに耐え忍ぶしかない動物達・・・。
腹立ちを通りこしやりきれない感覚は、いつも捨て猫ちゃんたちを見るたび、
感じて帰ってきます。
でも、毎日食事を運んで下さる方々には感謝です。
このネコさんを、抱きしめてあげたい感覚になりました。
許されるものなら、引き取りたいと・・・。
この甘え方はきっと可愛がってもらっていたはずなのに・・・。
どの様な事情があったにせよ・・・置き去りには出来ないのに。
海を見ながら・・・人が帰ってしまった後、何を思っているのでしょう・・・。
以前の話ですが、紙袋に入れられた子猫が海岸に・・・、泣き声で急いで・・。
三匹の生まれたばかりの子猫でした、急いで病院に・・・
命があった一匹を必死で毎日ミルクもスポイトで・・・悲しい結末でした。
可愛がって下さる方々に、感謝します。

wabiさん
早朝の海岸いかがでしたか?
富士山と海が綺麗ですね。
赤トラさん、ちょっとせつないけど、
心ある方々に守られて元気に長生きしてほしいと願います。
体調お大事にしてくださいませ。

私は意地悪な人間なので、
因果応報、この子を捨てた人間は同じように愛していた家族から裏切られ、捨てられるに違いない
などと思ってしまいます
wabiさんも、この素敵な湘南の男性も、そんな恨みつらみよりも、
この子の今ある姿を応援してくれている、そんな心ある人たちがいらっしゃるのも、この子の徳なのだと思いました
それでもやはり、捨てた人間ではない、優しい手に迎えられることを望んでしまいます
赤トラさんの毎日が、穏やかで満足できるものであるよう、願っています

初めてコメントさせて頂きます。
いつも何とも言えない切ない気持ちになってしまい、コメントも出来ずにいました。
今回の赤トラちゃんのことを思うと、悲しくてやりきれない気持ちになってしまいます。
ごめんね?でもそんな人間ばかりじゃないんだよ?
無責任な発言だとは思いますが…。
このままここで優しい方々に守られながらも
どうか、この赤トラちゃんを救ってくれる手が、いつか現れてくれることを祈ってしまいます。

きょうは、いつにもまして深く考えるわたし・・・

ミュウさんへ

私も、この新入り海岸猫に会うたびに、色々な思いが去来します。
エサを与えたり、体を撫でたり、ここを訪れる人は皆一様に優しいです。
だからこそ余計に、この子をこんな目に遭わせたニンゲンを許せないと思ってしまいます。
捨てるのもニンゲン、救うのもニンゲン‥‥、複雑な気持ちです。

マコさんへ

この赤トラは、いつもここにいます。
ここでずっと待っているのです。再び飼い主が現れるのを。
それを思うと、胸が張り裂けそうになります。
赤トラを気遣い、何かと世話をする人たちも、きっと同じ思いなのでしょう。
カラスが食器ごと残ったエサを奪っていくのですが、次の日には新しい食器が用意されています。
優しい人が多いことに、私も驚いています。
でも、赤トラの胸に空いた大きな穴を埋めることは難しいでしょう。

mimiさんへ

やはり早朝の海岸は気持ちがいいですね。
ミケが生きていた頃のことを思い出します。
dodoさんや猫おじさん、猫おばさんとも再会できて楽しかったです。
これからも体調の良い時は、早朝の海岸へ足を運ぼうと思っています。
ベンチに住まう赤トラは、多くの人に愛されています。
でも、人懐こく健気な様子を見るたびに、心が痛んで仕方がありません。

ぐーやまさんへ

ぐーやまさん、私も同じ思いを抱いています。
実際に5月12日付けの『敵対する猫たち』の記事にもこう書いています。
『ただし、これだけは断言出来る!
「ミイロ、命をゴミのごとく捨てる冷血なニンゲンなど早く忘れてしまえ。そんなヤツは、いつか必ず報いを受ける。たとえ現世を無難にやり過ごしたとしても、来世では生まれてきたことを後悔するような宿業に苦しむはずだ」と。』
表現は多少違いますが、因果応報という意味では同じです。
あの赤トラの様子では長い間家猫でいたはず、そんな家族と同じ子を海岸に遺棄するなんて、鬼畜にも劣る行為です。

みかん72さんへ

野良猫と接していると、楽しいことより辛く切ないことのほうが多いですね。
この赤トラは、元の飼い主が戻ってくるのを待っているようです。
その健気な姿を見ていると、同じ人間として申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
湘南海岸には毎年のように、何匹かの猫が遺棄されます。
おそらく犯人は、保健所に連れて行くよりマシだろう、というかもしれません。
が、それは、殺人を犯した人間が、でも殺意はなかった、と言い訳するのと同じこと。
海岸は、猫にとって楽園でもユートピアでもなく、厳しい生存競争が待ち受けている場所です。

みんこさんへ

海岸に遺棄される猫は毎年何匹かいますが、この赤トラのように、目立つ場所へ身を置くことはありません。
大抵は、ショックと怯えで身を隠してしまいます。
そんな赤トラだから、多くの人に気遣われているのでしょう。
私にしても、今はただ見守ることしか出来ず、自分の力の無さを嘆いています。

写真ありがとうございますっ!

このネコとの出会いは、4月の末か、5月の連休の初めの頃でした。自分自身いろいろあって、ちょっとへたってた時期に出会い、安らぎとか、我慢とか、勇気とかいろいろなものもらえたような気がしています。
海岸で会うたびに、なんで、ここにいるのかなぁとせつなくなります。毎朝ではありませんが、いまでも時々顔だし挨拶してます。いろいろな方に可愛がられている様子です。
写真大事にします! ありがとうございました。

wakaさんへ

赤トラには“サブ”という呼び名をつけました。
私は、新入りの海岸猫には、しばらく呼び名をつけません。
出来れば心優しい人に保護されて、早く海岸を去って欲しいとの願いがあるからです。
でも呼び名をつけたからといって、その願いを捨てたわけではありません。
私も海岸へ行く度にサブの姿を捜します。
最近はベンチに居ることが少なくなりました。
エサやりさんから、猫嫌いな人が食器を処分している、と聞きました。
そういう人の行動が原因でベンチから離れたとしたら、残念なことです。
非公開コメント


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~