プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ 
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









ねこ写真展
『大阪 Cat Story』の管理人
Kiryuさんが参加している写真展
『まちねこ美術館シリーズ「Life」』が
以下のスケジュールで開催されます 2017年9月15日(金)~19日(火)
会場:東京・京橋にあるギャラリー
「メゾンドネコ」

詳細は画像をクリックしてください
検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

ミイロ無惨

ミイロの非業の死は、病んだ私の心に思いの外大きなダメージを与えた。
だから私は、本気で考えていた‥‥。

110516-01_20121210055150.jpg
これからもこんな悲しい思いをするなら、猫との交誼を深めず、通りがかりの旅人のように距離をおいて写真を撮るだけに留めた方がいいのでは、と。


でも私は、野良猫に出会うと、つい近づいて話しかけ、さらに触れたくなる衝動を抑えることが出来ない。さらにその猫の置かれた状況や出自来歴を知りたくなる。
110516-02_20121210055151.jpg
ならばいっそのこと、野良猫ブログなどやめてしまった方がよいとまで思い始めていた。


傍観者の立場で野良猫を撮影する、そういうブログはネット上に数多もあるのだから、わざわざ私の拙い写真でブログを続ける意味などないからだ。
110516-03_20121210055149.jpg
また読者の方からは、私のブログを読むと切なくなるというコメントやメールがしばしば寄せられる。そうであれば‥‥、と私は思った。


野良猫の存在そのものが常に、ある種の悲哀を内包しているとはいえ、読者をしてそんな気持ちにさせるブログに、存在価値など、果たしてあるのだろうか?
120911-01_20121210070103.jpg
さらに、そもそも私のブログは、野良猫たちに幾ばくかでも貢献をしているのだろうか、とも。


実際私は、苦境に陥ったミイロを救い出すことが出来なかった。
120911-02.jpg
思い上がるな!お前の力など端から当てにしていない、と言われれば返す言葉はない。
その通りなのだから‥‥。



それにいくら私が、動物を遺棄したらいずれ報いを受けると訴えても、そんなニンゲンはこのブログを見ないだろうし、たとえ見たとしても自責の念など毛ほども感じはしないだろう。
120911-03_20121210070108.jpg
ミイロの元飼い主に対してはこれまでも何度か、強い言葉で糾弾したが、それでもまだまだ手緩いと思っている。


遺棄された当時は関係者が迷惑を被る可能性があったので、どうしても書けなかったことがある。だがミイロの死によって、自ら決めたその禁忌を解く。
120911-03-04.jpg
これを知れば、ミイロが故意に遺棄されたことに疑念を挟む人は少ないと思うし、私の激しい憤りも理解出来るはずだ。


それでもなお、ミイロが遺棄されたことに納得出来ない人は、猫の習性を知らないか、ニンゲン・性善説の熱狂的な信奉者だろう。
120911-04_20121210070107.jpg


2年前首輪をしたままこのエリアへ現れたとき、ミイロは妊娠していた。
101126-02_20121210222532.jpg
だからしばらく後に、関係者が中絶を兼ねてミイロに不妊手術を受けさせたのだ。


下の写真をよく見れば、乳房が張っているのが分かるはずだ。
101126-01_20121210222528.jpg
2010年11月25日の黄昏時、ミイロは臨月の腹を抱えて悲痛な鳴き声を上げていたのだ。


そんな状態のメス猫が交通量の多い国道を越えて、自らの足で海岸までやって来るだろうか?
101126-03_20121210222529.jpg
普通、出産前のメス猫は、子供を産むために安全で落ち着ける場所を探すものだ。
自分のテリトリーから遠く離れた海岸へわざわざやって来るとは、私には到底思えない。



遺棄したなら、そのときに首輪を外すだろうと、反駁する人がいるかもしれない。
101126-04_20121210222531.jpg
だが、何の特徴もない匿名性の高い首輪など反証の材料になり得ないと思う。


それに遺棄する直前に首輪を外しても、数日間はその跡が残るから、飼い猫だとすぐ分かってしまうことに違いはない。
101126-05_20121210222523.jpg
おそらく元飼い主も同じように考え、外す手間をさえ、惜しんだのだろう。





前回は、生前の愛らしいミイロの顔の印象を損ないたくなかったから、大幅に画像を加工したが、今回は最小限の加工に留める。
もし万が一にも元飼い主がこのブログを見ていたら、自分のしたことの結果を知るべきだと思ったからだ。






眼を瞠ってよく見るといい。
車のタイヤは一瞬にしてミイロの頭蓋を破壊し、その顔貌を無惨に変えてしまった。
121204-02.jpg
そして、死ぬまで、少なくとも7時間以上、ミイロは血の涙を流して苦しんだのだ。


だから私は、妊娠して面倒が見切れなくなったミイロを遺棄した、酷薄な元飼い主の所業をどうしても許すことが出来ない。
120620-01.jpg
この私の説に誤謬があると感じる人がいれば、コメントで駁論を寄こしてほしい。


畢竟、ミイロのあふれる母性愛は、生まれてくることが出来なかった自分の子供たちへの哀惜の情からもたらされていたのだろう。
120620-02.jpg
今回のミイロの事故死に際して、私の心は一生消えない大きく深い疵を負った。
しかしいつまでも嘆き悲しんでいては、ミイロも新たな世界へ旅立てない。



それに、私にはまだ気掛かりな海岸猫が何匹かいる。
ミイロの通夜の翌々日、最近知り合ったボランティアのWさんから気になる情報が寄せられた。

121206-01-02.jpg
チビ太郎のねぐらでもある、長靴おじさんのテント小屋が無くなっているというのだ。


その日の夕刻、私はさっそくチビ太郎が棲む防砂林を訪ねた。
121206-02.jpg
私は自分の目を疑った。
先月末まで、確かに存在してした長靴おじさんのテント小屋が消えていた。



ゴミひとつ残さず、まさしく跡形も無くなっていた‥‥。
121206-03.jpg
唯一残されたのは、松の木に提げられた1枚の白い書状だった。


この書状は、私が先月ここを訪れた際にもこうして提げられていた。
121206-04.jpg
どうやら、役人の辞書に“温情”とか“慈悲”という言葉は無いらしい。


名を呼びながら、防砂林の中をチビ太郎の姿を求めてしばらく歩き回ったが、近くにいる気配は感じられなかった。
121206-08.jpg
チビ太郎、お前はいったい何処へ行ったんだ‥‥?



〈つづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

wabiさん おはようございます♪
ミイロちゃんが遺棄された現実良く判りました
避妊する意思も余裕もない人が飼っていたのでしょう
それが一番のミイロちゃんの不幸だったと思います
厳しい海岸生活でしたがwabiさんやボランティアの方々の優しさが
身に沁みたと思います
何と言っていいのか言葉もありません
お忙しい事を承知していますのでコメントのお返しはお気になさいませんように
勝手に書いているだけですからね

wabiさん、こんにちは。
お気持ちお察しします。
色んな人がいますし、感じ方も人様々。
私は猫ブログを見るようになって、価値観が180度変わりました。
可愛そうな子達を増やしてるのは私達人間で、自分も無責任だったと・・・
一人ひとりの意識が変われば幸せな猫生をおくれる子達も増えると今は思っています。
wabiさんのお蔭でもあるのは確かです。

ミイロさんのご冥福をお祈りいたします
最後の時に一緒に居てくださった方、これまでお世話をしてくださった方、ありがとうございました。
記事を読んでいて、切ないという事は確かにあるのですが
私の場合その切なさが外猫さん達と関わっていく原動力だったりします
一番好きなブログです
また記事を読ませてください

私もwabiさんのブログを読んでいつも切なくなると書いた1人です。
切なくなるけれども見たくない、知らなかった方が良かったとは思いませんでした。
そう思うならwabiさんのブログを何度も見に来たりはしないです。
強要はできないけれども、できればこれからも私たちに一生懸命生きる湘南猫ちゃんたちの姿を見せてほしいです。
ミイロちゃん、妊娠したから捨てられたのですね。
無責任な元飼い主には本当に憤りを感じずにはいられません。軽蔑します。
ミイロちゃんの死は今も辛いです。
どんなに痛かったかと思うと涙があふれて止まりません。
できることなら同じ苦しみを元飼い主に味あわせてやりたい心境に駆られます。
今はただミイロちゃんのご冥福を祈るより他ありません。
勝手ですが、wabiさんにはミイロちゃんのような悲しい湘南猫ちゃんが増えないようこれからも見守り続けてほしいと思います。

はじめまして。
サンマちゃんからのブログファンです。
このブログに出会うまでは野良猫に関心がありませんでした。
今では、3匹の野良猫達に自費で去勢・避妊手術をして
毎日ご飯をあげています。怪我をしたら治療もします。
諸事情で飼ってあげられないのですが、最期まで面倒みるつもりです。
wabiさんに影響され自分のような人は沢山いると思います。
これからも、海岸猫の為によろしくお願いしますm(__)m

私はwabiさんのブログに出会えて良かったです(^-^)
一匹一匹の猫達の命が愛しい、そう感じさせてくれました。そして
野良猫さんとの関わり方も、wabiさんのブログのおかげで
真剣に考えるようになりました。
wabiさんのブログに出会っていなかったら、
何をどう考えていいのかすら、多分わからなかったと思います。
なので、心からありがとうございますとお伝えしたいです。

こんばんは、いつもブログ読ませて頂いています。
ミイロちゃんの突然の誤報、とてもショックです。
残念でなりません。本当に可愛い子でしたね。
写真と文面から、ミイロちゃんがどんなに可愛く、いい子だったのか伝わってきます。
ミイロちゃんの写真を見ると、あまりの可愛さに笑顔になっていました。
人間のせいで、たくさん辛い思いをしたのに、ミイロちゃんは人を恨まないでしょうね。
たくさんの人の愛がミイロちゃんに届きますように・・ミイロちゃん大好きでした。
wabiさま、ご自愛くださいませ。

wabiさん。
わたしはwabiさんのブログを通して、直接的にまた間接的にたくさんの人が
海岸猫を含め全ての恵まれない動物たちに対して、ありったけの愛情あふれる思いと心で
向き合っていることを知り、本当に慰めと力を受けることが出来ています。
「同病相哀れむ」的な意味では決してありません。
わたしは地元の野良猫の世話で手一杯で、そちらで何かお手伝いできるわけでは
ないのですが、それでもぜひ海岸猫たちのことを知りたいと思っています。
つらいことも含めて、です。
こんなふうに申し上げてwabiさんのプレッシャーにならないとよいのですが、
猫たちと関わりを持たなければ辛さも幾らか軽くなるかといえば、そうではないと思います。
それは人によりけりですが、wabiさんはきっと関わりを持たないことにまた苦しみを覚える
タイプの方だと思えます。
言う側としては難しいのですが… ご都合により、たとえブランクがあるようになった
としてもブログを更新していってほしいと願っています。勝手なことを言ってすみません。
wabiさんのこと感謝しています。また心配しています。
ちび太郎のことも心配です…

wabiさんが発信している野良猫の世界の現状と、そしてwabiさんの愛情をこのブログで全国の沢山の方々が知る事ができました。
それは全国の野良猫の幸せにも繋がっていると思います。
野良の世界は確かに切ないことのほうが多いかもしれません。
でも、wabiさんのお力で陽のあたる猫生は、きっと数えきれないと思いますよ。
どうぞこれからも野良猫のためにお力をお貸しください。
ミイロちゃんは悲しい最期でしたが、生きている沢山の猫のためにもブログを続けてくださいと言っているような気がします。
ただ、お身体は心配ですので、無理はしないでくださいね。

ミイロちゃんの ご冥福を心よりお祈りいたします・・・
妊娠しながら 捨てられていたのですね
憤りを感じます 幸せに長生きして欲しかったです
ブログは 人それぞれの個性を出す場所なので
自由でいいと思います これからも 是非
自由に続けてください★ 

猫達が、一体どんな悪い事をしたと言うのか…。
いつも悪いのは人間の方なのに…。
それを忘れない為にも、私には必要なブログです。
ミイロちゃん、きちんとお見送りして下さって、ありがとうございました。

はじめまして

いつも訪問ありがとうございます。
悲観にくれるお気持ちはよくわかります。
しかし、ブログをやめることはないと思います。
確かに、猫も責任感のない飼い主もこのブログを読むことはありません。
でも、大好きなにゃんこを愛情をもって撮影した写真は、私たち閲覧者の心に響くものがあります。
それに、この世に意味をなさないことは一つもありませんよ。
全ての出来事になんらかの意味があり、それに気づくことで人間は成長していきます。
無責任な飼い主に憤りを感じるのも当たり前ですが、ミイロちゃんは、最期まで自分を愛してくれたwabiさんに感謝し、憎しみから解き放たれ、少しでも前進することを願っているように私は感じます。

ミケの死から2年、また切なくなる記事・・・、ではありますが、それが現実であり、野良猫の現実をレポート続ける、これは意義があると思います。また読者が癒されるレポートの方が圧倒的に多いのも事実であり、私にとってはこちらが最高の猫ブログです。
私見ですが、ブログとは読者の為に作るものでなく、自分の為に作るものであり、wabiさんの思い、意思が最重要だと思います。

はやとうりさんへ

もし後から飼い主が現れて、ミイロの所有権を持ちだしたら、
関係者が器物損壊の罪に問われますから、今まで伏せていました。
でも遺棄された状況から、そのようなことが起こらないのは分かっていました。
身重の愛猫が行方不明になったら、普通の飼い主は必死で捜しますから。
それにしても動物を“器物”扱いする日本の刑法はどうかしてますね。

猫さんさんへ

お悔やみのお言葉ありがとうございます。
ミイロは本当に多くの人に愛された猫でした。
逆境にも負けず、釣宿の看板娘として、そして海岸猫として懸命に生きていました。
私はそんなミイロから多くのことを学びました。
野良猫と切なさは、私にとって“同義語”です。
それでも、こういう出来事が起こると、やはり悲しくてなりません。
今後も、慣れることはないでしょう。

ミュウさんへ

野良猫は存在そのものが“切ない”ですから、どう表現しようが
その思いから逃れることは出来ないですね。
その切ない野良猫を何とかしてこの世から無くしたい、海岸猫に係る人たちの
一貫した願いです。
でも、いくらボランティアの人たちが不妊手術を受けさせ、現場で増やさないようにしても
後から後から遺棄されては、まるでイタチごっこをしているようなもの。
これもまた、海岸猫を切なく感じる要因です。
微力ですが、これからも可能な限り海岸猫たちを見守りたいと思っています。

haruさんへ

こちらこそはじめまして。
haruさんのコメントを拝読し、私のやって来たことも無駄ではなかったと
嬉しく思っています。
私のブログは啓蒙を目的としている訳ではなく、あくまでも海岸猫の実態を
伝えるだけです。
記事には私個人の意見は当然反映されますが、出来るだけ普遍的な表現を
しようと努めています。
本当は寓話としての海岸猫を描きたかったのですが、野に暮らす猫の実情を
知るにつけ、自然とドキュメントタッチになっていきました。
以上述べたように、個人がやっているブログなので、今後どうなるか分かりませんが、
宜しくお願いいたします。

いちこさんへ

私のブログへ過分なご感想をいただきありがとうございます。
ただやはり嬉しく思うより、気恥ずかしさが先に立ち何やらこそばゆいです。
読者の方を啓蒙しようと思ったことは一度もなく、ただ思いの丈を述べているだけ‥‥。
ただ命の大切さだけは、一貫して訴えてきたつもりです。
そしてその命を軽んじる行為に対しては、怒りをぶつけてきました。
これからもこのスタンスは変わらないでしょう。

ダージリンさんへ

過分なお言葉ありがとうございます。
私としてはただ、海岸猫の日常を淡々と描いてきたつもりです。
人を啓発しようとか、自分の考えに同意してもらいたいなどと
考えたこともありません。
逆に野良たちから薫陶を受けつづけているくらいですから。
拙い写真と拙い文章に本当に影響力があるのか、私自身は皆目分かりませんが、
これからも可能な限り、海岸猫たちの実情を描いていきます。
ダージリンさんには、猫缶のプレゼントなどで支援して頂き感謝しています。

panther375さんへ

お悔やみのお言葉ありがとうございます。
ミイロはそれでもめげることなく、健気に一生懸命生きていました。
それを思うと、悔しくてなりません。
こんなことが二度と起きないことを願って、私も海岸猫のために今まで通り
ブログを続けていく所存です。
それも、自由気ままに‥‥。

ケイさんへ

いつの世も、犠牲になるのは弱者。
猫は弱い生き物です。脆く儚い存在です。
人が守ってあげないと生きていけないのが猫です。
でも野良の場合は飼い猫と違って、常に守ることが出来ません。
それが一番もどかしく、辛いところです。

カメラ小僧るーしーさんへ

こちらこそご訪問ありがとうございます。
皆様のご支援もあり、ブログを続けることにしました。
でも、今後また同じような悲しい出来事が起こったら、
止めはしなくても、違う切り口のブログになる可能性はあります。
それくらい、今回のミイロの件で精神的に大きなダメージを負いました。
こうして皆様から寄せられたコメントを読んでいるだけで、心が波立ちます。
でも逆境にも負けず健気に生きたミイロを思うと、いつまでも悲しんではいられないですね。
体調を整え、また海岸へ通います。

BigDaddyさんへ

野良猫を扱うと、どうしてもその現状に左右され、
冷静な判断が出来なくなる時があります。
特に今回のような惨事が起こると、理性すら失いそうになり、
何もかも投げ出したくなる衝動に駆られるのです。
でも、仰るように猫ブログとはいっても、あくまでも個人的なもの‥‥。
自分自身の率直な気持ちで記事を書くのが正道ですね。
貴重なお言葉ありがとうございました。

ネコたんママさんへ

まず、コメント返しの順番を間違えたことをお詫びいたします。
本当に様々な人がいますね。
それは私も海岸へ通うようになってからも感じています。
小さな命をゴミのように扱う人がいると思えば、その命を必死で守ろうとしている人もいる。
同じ人間なのにどうしてこうも違うのか‥‥、不思議といえば不思議な事です。
特に、1年365日休みなく海岸猫の世話をしているボランティアの方たちには、頭が下がる思いです。
それに比べれば私のやっていることなど、海岸猫たちの為になっているかも疑わしいものです。
でもやはり海岸猫が気になって、体調が許す限り海岸へ行ってしまいます。
それだけ彼らが魅力的だということです。

maruさんへ

コメント認証とコメント返しが遅くなりましたことを、まずお詫びいたします。
管理画面から確認していたので手違いが起こったと思われます。
ミイロには本当に様々なことを教えてもらいました。
優しさ、逞しさ、気品の持ち方‥‥。
なかでも幼い子たちへの深い愛情はミイロの特筆すべき資質でした。
幼い子たちもミイロを母として慕っていました。
そんなミイロだから、幸せになってほしかったのですが、叶いませんでした。
優しいミイロのことですから、今頃は空の上から海岸猫たちのことを見守っていると思います。

ねこやしきさんへ

コメント認証とコメント返しが遅くなり、申し訳ありませんでした。
私自身もミイロへのお悔やみ頂いて、間接的にせよ彼女が如何に多くの人たちから
愛されていたかを改めて知りました。
その中にはミイロに対して、実際に係わりを持っている猫たちを投影してのことかもしれませんね。
もしそうなら、私のやってきたこともあながち無駄ではなかったと思い直しています。
私は未だにミイロの死を受け容れられないでいます。
それほどミイロの急逝は、私の心に大きな疵を負わせました。
この疵痕が消えることはないと思いますが、だからといって海岸猫と距離を置いても
癒えることはなく、却って膿が溜まりジクジクと痛みつづけるような気がします。
海岸猫で受けた疵を癒してくれるのは、やはり同じ海岸猫でしかないのでしょう。
体調の許す限り、これからも海岸猫の実情を拙い写真と拙い文章で伝えていきます。
これは私自身のためでもありますから‥‥。
お気遣いのお言葉ありがとうございました。

wabiさんこんばんは。
勝手な意見ですが、ミイロちゃんやミケちゃん逹の為にブログをやめないでください…。
wabiさんのブログは、切なかったり悲しくなったりする事もあるけど、それは海岸に捨てられた猫ちゃん逹の現実を知らせる為に必要だと思うし、それ以上にwabiさんを始め海岸猫ちゃん逹のお世話をされている方逹の愛情が伝わってくる素晴らしいブログだと思います。
私は今、旦那さんの会社の社宅に住んでいて猫ちゃんと一緒に住む事ができません…。
だけど、ささやかですが、私にも出来る事をやり始めたのはwabiさんのブログのおかげです。
wabiさんの体調が崩れないペースで書いてくださいね。
寒くなってきたので身体に気をつけてください。
それでは、失礼します。

ミイコさんへ

励ましのお言葉、感謝しています。
有り様そのものが、元々悲しい存在である野良ですから、
別れも遣る瀬無い思いに陥るのは覚悟していたのですが‥‥。
大きなお腹を抱えたまま遺棄されたミイロは、私にとって特別な存在でした。
あの子にはだから、幸せをつかんで欲しいと切に願っていました。
ミイコさんと同じように、ほかの皆様からも励ましの言葉をいただき、
今しばらくブログを続けようと思っています。
ただ私は心に疾患を抱えていますから、何かのきっかけで急に休む可能性は残っています。
でも私も出来るだけ海岸猫を見守っていきたいですから、今以上に無理をせず
細く永く続けていけたらいいな、と思っているところです。
お気遣い、本当にありがとうございました‥‥。

ミイロちゃん

2011年5月に同じ場所にいた白い子猫を引き取りました。
ミイロちゃんが白い子猫のことをよくみてくれていたことはきいており、出来れば一緒に引き取ってくれないかと何度かお話があったのですが、当時2ひき一緒に我が家へ迎える自信がなく月日が流れていました。
一昨日駅前のCCPさんのイベントでミイロちゃんの訃報を聞き帰宅して娘と泣きました。
あのとき一緒に引き取れればこんなことにはならなかったのにと悔やみます
白い子猫は元気にすくすく大きくなり毎日我が家でやりたい放題しています。

ぐみさんへ

はなみちゃんはの里親さんでしたか。
その節はありがとうございました。
はなみちゃんが元気と知り、嬉しく思っています。
ミイロのことは本当に残念でなりません。
これは、このエリアに係わっている人全員の総意です。
飼い猫だったがゆえにミイロは、常に愛情を求めていました。
私自身も、それに応えられなかったことを申し訳なく思っています。
責めるべきはミイロを遺棄したニンゲンであって、ほかの誰でもありません。
ですから、ぐみさんもミイロのことでご自分を責めないでください。
短い生涯でしたが、ミイロほど多くの人に愛された猫は珍しいと思います。
そして今も、その人たちの心の中で生きています。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~