プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト


検索フォーム
里親募集


偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

速報 シシマル哀惜

また1匹、海岸猫が車の犠牲になった‥‥。

4月22日、シシマルがエリア内で車に轢かれて命を落とした。

事故の詳細は誰も知らない。遺骸を発見した近隣の人が砂浜に埋葬した。


関係者はシシマルが姿を現さないことを不審に思い、近所の人に訊いて初めてシシマルの横死を知ったという。

砂浜は墓に適さないと思った関係者は、やはり去年車に轢かれて他界したミイロが眠る場所へシシマルを移した。



長毛の野良猫、シシマル。
エリアのボスとして、仲間を護り仲間を癒してきた心優しい巨漢猫。

知り合った頃は、警戒心が強く、けっして体を触らせなかった。しかしどういう心境の変化か、1年ほど前から自ら身体をすり寄せてくるようになった。

130121-02_20130426085115.jpg
故郷から帰った直後に体調を崩し、未だ複調の兆しが見えない私は、久しくシシマルエリアを訪れていない。


写真データを調べると、最後にシシマルエリアへ行ったのは1月下旬だった。
130121-03_20130426085116.jpg
この日もアイが真っ先に駆け寄ってきて、私を歓待してくれた。


珍しく “浜の伊達男” コジローが、尻尾を立てて側まで近づいてきた。
130121-04_20130426085119.jpg
彼らが何を期待し、私の側から離れないのか、私にはひしひしと伝わってくる。


そこで彼らの期待に応えて、猫缶をふるまった。
130121-05_20130426085112.jpg
食欲旺盛なアイを見ると安心する。


シシマルとコジローも健啖な食欲を見せている。
130121-06_20130426085141.jpg
巨漢故か、シシマルの食べる量はほかの海岸猫より多い。


130121-07_20130426085137.jpg


一皿目を平らげたコジローが、まだ物欲しそうにしていたので、さらに猫缶を与えた。
130121-08_20130426085143.jpg
コジローと同じ量だと、当然シシマルには不足だ。猫缶を追加すると、シシマルはガツガツと食べはじめた。


腹が満たされると、コジローは足早に立ち去った。こういう現金でにべない性格も“浜の伊達男”と呼ばれる所以である。
130121-09_20130426085142.jpg
コジローはカリカリを選り分け、猫缶だけをほぼ完食していた。


食事を終えたアイがシシマルの側にやってきた。
130121-10_20130426085134.jpg
シシマルとアイ、この2匹に血縁の繋がりはない。しかしまるで兄妹のように仲がいい。


アイはシシマルを兄のように慕い甘える。シシマルはそんなアイを優しく慈しむ。
130121-11_20130426085231.jpg
仲睦まじいシシマルとアイは、見る者の心を和ませる。


なかんずく、シシマルの優しさは特筆すべき美質である。
130121-12_20130426085235.jpg
日本男児の理想とされる“気は優しくて力持ち”を具現しているような猫だ。









そんな頼り甲斐のあるシシマルが、突然いなくなった‥‥。
130121-13_20130426085234.jpg
残されたアイの気持ちを慮ると、遣り切れない。


「アイ、シシマル兄ちゃんはもういない。これからは自分ことは自分で護るんだよ」
130121-14_20130426085236.jpg
恐らくアイにはシシマルの不在の意味が理解出来ないだろう。


ボランティアの人が献身的に世話をしても、海岸猫を四六時中見守ることは不可能だ。
130121-15.jpg
車が存在する限り、これからも事故に遭う海岸猫が後を絶つことはない。


この2年の間だけでも、ボス、ミイロ、シシマルが車によって命を落としている。
130121-01_20130426085116.jpg
たとえ車を運転するニンゲンが細心の注意を払っても、不可抗力による事故は避けられない。
と、理屈では分かっていても、惨事が繰り返されるたびに、胸が裂けんばかりの悲しみに襲われる。



「シシマル‥‥、お前の存在はエリアの仲間にとっても、世話をする関係者にとっても極めて大きなものだった。私にしても、そんなお前の死をすんなり受け容れることなど、とても出来そうにない」

「そして今の私の状態では、我が身を切られるような、こんな辛い思いばかりする野良猫ブログをつづけることが、いっそう困難になってきた‥‥」




ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

安らかに

シシマルちゃん、どうか天国で安らかにお眠り下さい。
もう何も心配する事などない、平和な地で、お友達とゆっくり休んでね。
祈る事しか出来ずにごめんなさい。

外での生活はいつも死と背中合わせで
このように命を落とす子が後を絶たない
現実がやりきれません。
シシマルちゃんが頑張って生きてきた
ことは忘れません。
心よりご冥福をお祈り致します。

かわいいシシマルちゃんが亡くなったという事実にショックをうけています。
ブログ越しでしかあったことのない私ですらこんなに辛いのに、シシマルちゃんと触れ合ってきたwabiさんやお世話していたボランティアさん達の嘆きは如何許りかとお察し申し上げます。
シシマルちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。

Wabiさん、、、
心中お察しします。
私も昨年、猫ボランティアを始めて初めて避妊手術を受けさせた思い入れの強い一匹の猫を
突然亡くしました。職場の倉庫で産まれ、それまで全く猫と縁がなく、娘が猫アレルギーである事から猫嫌いになっていた私を、一日も空ける事無く餌やりに通わせるように変わらせた子。半端ない警戒心に何度も捕獲に失敗したものの、交尾している所を目撃し、ひと月かけてやっとの思いで捕獲、避妊手術を受けさせました。里親探しも考えましたが、暴れまくる姿を見、この子の幸せはあの草村にあると自分に言い聞かせなくなくリリースしました。
私の車が見えると嬉しそうの全力で走ってくる姿に癒され、必ずこのまま守って行こうと決心した矢先、ぱったり姿を見せなくなりました。一日としていなかった事なんかなかったのに・・・
保健所、警察と行方を探しましたが、なんの手がかりもなく、数日たった日曜日、明るい時間に餌場付近の道路で見つけた毛の張り付いた、明らか何かがここで轢かれた痕跡・・・
その毛の色は、あの子と同じものでした。
避妊手術から丁度ひと月後の事です。
こんな事ならあんな怖い思いや、痛い思いをさせるのではなかったと、どれだけ後悔した事でしょう。
一年近くたった今でも、思い出すと辛く涙が溢れます。
猫ボランティアは孤独です。
一年半たった今でも、こそこそ餌をあげ、家族にも、友達にも理解されません。
助けてくれる人も、だれもいなのです。
残るあの子らを守る人は私しかいない・・・
そんな気持ちが弱気になっていた時、Wabiさんのブログに出会いました。
野良猫と聞くと、ちょっと悲哀にみちた存在のように感じますが、Wabiさんのブログに登場する猫達はWabiさんの愛情あふれる文面により、みな今を懸命に生きるたくましささえ感じました。
そしてその子達に差し伸べられる優しい手。
私も頑張ろうと思えたのは言うまでもありません。
Wabiさん、野良猫と関わるときっと楽しい事より、悲しく辛い事の方が圧倒的に多いのは事実です。
でも、Wabiさんのブログを見て、私の様に力をもらう人がいるのも事実です。
住む場所も、食べる物もないのにたくましく生きる野良猫達を世間に広く知ってもらい、優しさの一握りでも分けてくれる人が増えたら、光が差す命は必ず増えます。
Wabiさんは一人ではありません。
日本中で頑張って猫ボランティアを続けている沢山の同志がいます。
ご無理する事なく、早くお元気を取り戻してくださる事を祈っています。

シシマル君の御冥福をお祈りします

ブロブを見ているだけの私ですが
つらいです・・・
外猫達が(去勢・避妊して餌をやっていた)事故に遭ったときにもなかなか立ち直れなくて
お気持ちは良く分かります
でも現状をみんなに知ってもらいたいので
おつらいでしょうが頑張ってください

ししまる君のご冥福を心よりお祈りいたします
悲しいですね もし ちゃんとしたお家の
家猫だったらと思うと・・・ 辛いですね
心優しい ししまるくん君 どうか安らかに・・・
ミイロちゃんの時もコメントしましたが
上手く反映されなかったので もう一度
書きます
ミイロちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします
合掌
御辛いでしょうが これからも頑張ってください

ししまる君 ご冥福をお祈りいたします。 
wabiさんのブログを読んで 野良猫の 強くたくましく
仲間との触れ合いの姿 猫を守ってくれている人に警戒しながらも
ちゃんと覚えてて つかず離れずのとても良い距離を保った生活をしながら
心が温まる思いで読ませていただいてます。
私も 道路で惹かれたんだって思う猫を目にした事あります。
野良は死と隣り合わせの危険な生活を送らなければなりません。
ブログを続けていくと 悲しい事 これからも きっと・・・またあるでしょう。
とてもお辛いでしょうが 読んで心打たれた1人として またゆっくり
期間をもたれ 続けていっていただけたらと  これからも頑張ってください。
 

本当に辛いですよね。
言葉では例えようがないです。
心からご冥福をお祈ります。
ミイロちゃんに続き、シシマル君も・・・言葉を失いました。
WABIさんにとって、ボランテァの方達にとっても、
辛い思いを何処にぶつけていいのかを考えると胸が苦しくなります。
私も捨て猫ちゃん達と会う度に、「どうか次まで無事でいてね!」と、声をかけます。
姿が見えない猫ちゃんに気付くと、心配が膨らみ探します。
WABIさんの気持ちを考えると、悲しくなりますが、
どうぞ、海岸猫ちゃん達の為にも、天国で見守っている猫ちゃんたちの為にも、
ブログを続けて下さい。
無理はしないで頂きたいですが、
お願いします。
うまく伝えられない事を、はがゆく感じますが、
どうぞ、お力を落とさないで下さい。
WABIさんが、心から愛し、大切にしていらっしゃった事は、
誰よりも、愛情を感じている猫ちゃんたちです。

シシマルちゃん、うちのみゅうと仲良く飛び回ってくださいね。
残されたアイちゃんにはまだまだ現実の世界で頑張って貰いたいですが、とても心配です。
寂しいだろうな~。
wabiさん、、、も、、、。
これからも、海岸のにゃんこちゃん達の力になってあげてくださいね。
私は、今度、飼うとしたら、またみゅうの様に捨てられた子を 育てたいと思っています。

立て続けの悲報、本当に辛い現実です。
アイちゃんとの毛づくろい、2人の仲の良さが伝わる動画でした。
こちらでも、長年ボスをしていた立派な猫が交通事故で亡くなりました。
運命と思うしかないのでしょうか。
辛い最後だったけれど、シシマルさんはたくさんの人に愛されて大きなお土産になったと思います。ミイロちゃんにも会えたでしょうか。
どうか、安らかに。
wabiさん、ご無理なさらずに。

私は猫ボラを杉並区でしてます
ししまる君は
事故で虹の橋にいきました
私は車を運転してますが
猫は絶対にひきません
そして世の中はおぞましいことに猫嫌いの人間がわざと猫をひくこともあるそうです
不幸な野良猫をなくすには「避妊去勢手術だけです
今の日本には

こんにちは

動画を見てると泣けてきました。
アイちゃん・・・寂しいでしょうね。
シシマルはミイロに会えたのかな。
寂しいですが、シシマルのご冥福をお祈りします。

今日ブログを拝見してショックを受けました。
ミイロの時にも受け入れられなかった死。
ブログの中だけで会っている自分ですらこうなのに
wabiさんが受けた衝撃と心の痛みは計り知れないものがあると思います。
「耐えられない」と思われるのも無理はありません。
思いはいろいろあれど、うまく言葉になりません。
心優しかったシシマルの冥福を心から祈ります。

ケイさんへ

エリアのボスの重圧がなくなり、シシマルは開放感に浸っているかもしれません。
私自身、海岸猫と接する時間は僅かなもの。
ですから、会っていないときは彼らの平穏無事を祈るだけ。
ケイさんの祈りも彼らに届いています。

するるさんへ

交通事故で命を落とす猫がどれくらいいるのか、具体的な数字は分かりませんが、
少なく見積もっても年間数万匹はいるのではないでしょうか。
シシマルはエリアのボスとしての責務を立派に果たしていました。
それも、力ではなく優しさでエリアをまとめていたのです。

ミュウさんへ

頑強な体を持っていたシシマルですが、車には太刀打ち出来ませんでした。
体の大きさに反して、優しいヤツでした。
関係者たちからも愛されていので、皆一様に衝撃を受けているようです。
ミイロにつづきシシマルまでこんな目に遭うとは‥‥。
運命という一言で片付けることなど出来そうもありません。

きなこっちさんへ

長文のコメントをいただき恐縮しています。
仰るように野良猫と関わっていると、嬉しことより辛く切ないことの方が圧倒的に多いですね。
それでも彼らを見捨てられないきなこっちさんのお気持ちよく分かります。
車の犠牲になった子のことで、きなこっちさんが悔いることはありません。
その時点では最善の方法だったし、きっと私も同じことをしたと思います。
「エサを遣るから野良猫が増える」
「野良猫がいるからエサを与えている」
このような不毛な論争が全国で繰り広げられていると聞いています。
しかし、私に言わせればエサ遣り反対の人たちの論旨は矛盾しています。
それではまるで、エサを与えていると猫が自然発生していることになりますから。
そこに飢えた猫が厳然と存在しているからエサを与えているのです。
小さな命を護るために、誰かが世話をしなければならないのです。
本来なら堂々と野良猫にエサを与えて然るべきだと、私は思っています。
私がもし何者かに苦情を言われたら、命の尊厳について諄々と説諭するでしょう。
これからも寄る辺ない子のために頑張ってください。
私の拙いブログが、そんなきなこっちさんの一助になっていたと知らされて面映い気持ちです。

茶チャママさんへ

親しい人との突然の別れと同様に親しい猫との別れも辛いですね。
物言わぬ彼らだから、残された我々はさらに苦しむことになります。
車に限らず、ニンゲンが利便性を求めた結果、多くの動物が犠牲になっている事実。
この関係性をどこかで断ち切れないものか‥‥。
それにはやはり一人ひとりの意識が変わる必要があるようです。
そのきっかけになればと、拙い写真と拙い文章でブログを続けてきましたが、
精神的な負担に押し潰されそうになっています。

panther375さんへ

事故とはいえ、立て続けに起こった惨事を受け容れられない私です。
外で暮らす野良には常に危険がついて回ります。
しかし、野良生活の長いシシマルが車の犠牲になるとは思っていませんでした。
かといって、いつまでも悲しんでいては、ミイロやシシマルに笑われますね。
ただ、今の私には今少し時間が必要なようです。
お悔やみのお言葉だけでなく励ましのお言葉までいただき恐縮しています。
ありがとうございました。

うるぐるさんへ

私自身も野良猫から多くのことを教わりました。
そして彼らと触れ合うことで心も癒されます。
でも、野良と関わっていると、辛い出来事を多く経験するのも事実。
ブログの休止や停止を考えたことも一度や二度ではありません。
更新頻度が減っても続けてこられたのは、海岸猫の魅力に惹かれてのことです。
しかし、去年のミイロ、そして今回のシシマルの件は私の心に大きくて深い傷を残しました。
この傷が完治することは、おそらくないでしょうが、徐々に痛みは和らぐでしょう。
うるぐるさんの励ましのお言葉も傷の回復に効果があったようです。
ありがとうございました。

マコさんへ

今回のシシマルの悲報に接したときは、悲しみで胸が詰まりました。
さらに持って行き場のない怒りも加わり、嗚咽が止まりませんでした。
シシマルは性格の良い優しい猫でした。
去年まではニンゲンに対する警戒心が強く、如何にも野良、という感じでした。
しかしエリアの仲間には優しく、特にアイを溺愛していました。
残されたアイが心配でなりません。
体の不調もあって、まだ海岸へ行ける状態ではありませんが、薬の処方を変えてもらったので、
徐々に回復へ向かうでしょう。
でも薬より効能があるのは、こうして皆さんからいただくコメントやメールです。
ほかにも安否が気になる海岸猫がいますから、私自身も早く海岸へ行きたいと思っています。

おこちゃんちゃんさんへ

おこちゃんちゃんさんも愛猫を亡くされてお辛いのに、コメントいただき恐縮しています。
私の残されたアイを心配しています。
いつも一緒にいた兄のようなシシマルの不在を、彼女がどう受けとめるのか。
それを考えると、私がいつまでも悲嘆に暮れている場合ではないと感じています。
ほかのエリアの海岸猫も気になっていますし‥‥。
時期が来れば、私の心も複調するのではと期待しています。
虹の橋の向こうには世話好きのミイロもいますから、みゅうちゃん寂しくないと思います。

maruさんへ

海岸猫に限らず、交通事故によって亡くなる外猫は後を絶たないですね。
予防策は思い浮かびませんが、運命と割り切ることも出来ません。
やはり外猫の存在を無くすことが唯一の解決策だと思うのですが、
これも今の日本では現実的ではありません。
ミイロやシシマルの死を無駄にしないためには何をすればいいのか‥‥。
これもまた、出口のない思考の迷路を徘徊するようで虚しいだけです。
結局、我々は手をこまねくしかないというのが歯がゆいですね。

キキママさんへ

故意に猫を轢き殺すのは論外ですが、猫の交通事故をゼロにするのは不可能です。
キキママさんが仰るように、やはり野良猫の数を減らすことが先決ですね。
ミイロとシシマルの死を無駄にしないために、何をするべきか。
その答を求めつづけることが私たちの義務だと思えて来ました。

きょうさんへ

動画を撮っているときは、シシマルとの別れがこんなに早くやって来るとは、
想像もしていませんでした。
シシマルとミイロは再会を果たしていると、私は思っています。
そして、エリアにいたときと同じように微妙な距離をあけて佇んでいるでしょう。
シシマルはミイロに好意を持っていたのですが、ミイロはシシマルを苦手にしていましたから。

ゆうたん@さんへ

ミイロにつづいてシシマルまで、それも同じ死因だなんて‥‥。
最初に聞いた時はにわかに信じられませんでした。
コメント返しを書いている、今この瞬間も受け容れられない自分がいます。
外で暮らす猫にはいくつもの外敵が存在していますが、交通事故を防止する策は、
残念ながらありません。
これからも猫たちが車の犠牲になると思うと、暗澹たる気持ちになります。
非公開コメント


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~