プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ 
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









ねこ写真展
『大阪 Cat Story』の管理人
Kiryuさんが参加している写真展
『まちねこ美術館シリーズ「Life」』が
以下のスケジュールで開催されます 2017年9月15日(金)~19日(火)
会場:東京・京橋にあるギャラリー
「メゾンドネコ」

詳細は画像をクリックしてください
検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

青天の霹靂 (前編)

『 青天の霹靂 』という成句がある。

「予期しない衝撃的な出来事や驚くような変事が起こること」の比喩表現だ。

使い方としては、吉凶いずれを問わず、突然夢想だにしないような事件に逢着したときに「その出来事は私にとって青天の霹靂だった!」などと表現する。

だがこの成句を実際の日常生活で口にすることも耳にすることもほとんどないと言っていい。

たまにスピーチなどで耳にすることがあるが、大抵は文字として目にするに留まる。

ただし言葉として使うかどうかに関係なく、この世界では青天の霹靂と呼ぶに相応しい、予想外の事件が毎日起こっている。

卑近な話で恐縮だが、私の身にもここ数年のあいだに晴天の霹靂と言える出来事がいくつかあった。

そしてこれから書きしるす海岸猫の話もそんな出来事の中のひとつである。





訪れた私を待っていたかように、エリアの入口にひとりの海岸猫の姿があった。



茶トラのオス猫『 シンゲン 』 だ。この海岸猫は、昨年の夏頃にこのエリアへ流れてきた。


去勢手術を受けた印である耳カットを施されているところから、何処かほかのエリア(海岸ではなく街のエリア)で野良猫としては比較的恵まれた境遇にいたと思われる。

それなのにどうして命を賭してまで危険な国道を越えて海岸にやって来たのか、そのへんの事情はまったく不明である。


シンゲン自身も口をかたく閉ざして何も語らない。





『 口を閉ざす 』といってもあくまで比喩であって、大口を開けて欠伸をすることとは無関係である。


シンゲンは大きな体躯をしているし、容貌も強面風だ。
去年ここへ現れた当初はその強面ぶりをいかんなく発揮し、エリアの猫や近づくニンゲンをさかんに威圧していた。


しかしそのシンゲンの行動は、知らない場所へ流れ着いた不安を隠すための強がりだったようで、やがてほかの猫やニンゲンに対して心の扉を開いていった。


先に述べたようにシンゲンは以前のテリトリーでも篤志な人の世話を受けていたのだから、もともと人馴れした猫だったのだ。





そして去勢手術をするからには、その篤志な人はシンゲンをそれなりに大切に思っていたはずだ。
しかし茶トラの猫を捜している人の噂や伝聞の類を私は耳にしていない。



なにはともあれシンゲン自身がここに留まると決めたのだから、余人がとやかく言う筋合いではない。

ただこのエリアで、まるで兄弟のような深い交誼があった “友” との訣別がシンゲンの心に何をもたらしたのか、それだけが気がかりだ。


もうひとりのレギュラー海岸猫に会うため、私はエリアの中心に位置する駐車場に向かった。





よほどこの場所が気に入っているのだろう、シロベエは前回と同じ場所で寛いでいる。そして前回と同様とても穏やかな表情をしていた。このときは、まだ。





シンゲンの欠伸が伝播したにしては、いささかタイムラグがありすぎる。それともこの日の私は、猫たちに欠伸をさせるほど辛気くさい顔をしているのだろうか。


いつ失ったのか、シロベエの上の犬歯が一本欠損していることを、私はこのとき初めて知った。



考えてみれば、これまでシロベエの口の中を仔細に観察したことなどなかった。


もしかしたら2010年12月に消息不明になり、右後ろ脚を負傷して2週間後に戻ってきたが、そのときには既に犬歯も失っていたのかもしれない。



空白の2週間にシロベエの身に何が起こったのか、後ろ脚を損傷させたのは “ 何者 ” なのか、おそらくその謎が解けることはこれから先もないだろう。


シロベエはいきなり身体を起こすと、眼を瞠って何かを凝視し始めた。



そしてその警戒色のこもった視線をゆっくり移動させながら、小さな声を発する。


やがてシロベエは私の背後に視線を定めると、体勢を変えいつでも行動できるように身構えた。

シロベエの撮影を優先していた私はファインダーから眼を離さなかったが、自分の背後へ音もたてず近づいてくるのは誰なのか見当がついていた。









思ったとおりそれはシンゲンだった。
前回もやはり私がシロベエにかまっているときに、いきなり後ろから頭突きをしてきた。

150806_022.jpg


さっきは欠伸をしてそっぽを向くというにべない態度をしておきながら、ほかの猫に私が関心を示すとこうやってすり寄ってくる。


私がシロベエに近づかなかったら、おそらくシンゲンはさっきの場所で通りを往来するニンゲンを眺めて無聊を慰めていたはずだ。



こういう行動を『 やきもち 』と感じるかもしれないが、識者によれば猫には『 嫉妬 』の感情がないそうだ。

また猫は嫉妬深いなどと巷間言われている。
しかしそれもあくまで嫉妬に似ている感情であって、ニンゲンが持つ嫉妬心とは別物だという。


家猫の場合も新入り猫に対して先住猫が攻撃的になったとしても、それは単純に自分のテリトリーに入り込んだよそ者への怖れや怒りの表れだそうだ。

それに単独行動を旨とし独立独歩を標榜している猫には、自分と他者とを比較して羨んだり自惚れたりする概念がないという。

この説には私も賛同する。なんとなればほかの猫を見て「自分より毛並みがいいな」とか「自分より幸せそうだな」と猫が感じるとは、その気質からして考えられないからだ。


150806_039.jpg

150806_027.jpg


ちなみに人間の基本的欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が充たされると、1段階上の欲求が出てくるという説がある。

アメリカの心理学者アブラハム・マズローが理論化したマズローの欲求5段階説だ。

「生理的欲求」(食べたい、寝たい)

「安全・安定の欲求」(安全・安心な暮らしがしたい)

「所属と愛の欲求(社会的欲求)」(集団に属したい、仲間が欲しい)

「承認(尊厳)の欲求」(集団から認められたい、尊敬されたい)

「自己実現の欲求」(能力を引き出してあるべき自分になりたい)


おそらく求めるものが多く、そして高次になるほど、それが叶わなかったときの落胆も大きくなり、その副産物として妬みや恨みの感情が生まれるのだろう。

フリーランスの私はさしづめ、いくつかの幸運に恵まれて5階層目に登ったものの確固たる立脚地を築けず、けっきょく2階層目まで転落し、未だにそこで懊悩しているといったところか‥‥。


150806_028.jpg

150806_029.jpg


では猫の基本的欲求を『 マズローの欲求5段階説 』に当てはめてみよう。

群れを作る動物なら3階層まで望むかもしれないが、独りを好む猫の場合は2階層目に留まりそうだ。

そしてそこまでの階層では『 嫉妬 』の感情が入り込む余地のないことが分かる。

ただ猫の性格によっては、シンゲンのようにかまってほしいとか遊んでほしいという欲求を持つことはあるだろう。

先の攻撃的になる先住猫の例では相性もあるが、飼い主が新入り猫ばかりに心を向けないでふたりを平等に可愛がれば、先住猫が嫉妬に似た感情を露わにすることもなくなるという。

はたして猫に嫉妬の感情はあるのか、ないのか?

正直私には分からない‥‥。

ただこれだけは言える、どちらにせよ私にとって猫は感性豊かな魅力あふれる生き物であり、今では人生の伴侶としてかけがえのない存在になっている、と。


ところで、シロベエとシンゲンの仲はどうなっているのだろう?
150806_030.jpg

150806_031.jpg
このエリアでは先輩になるシロベエが鼻にしわを寄せた怒りの表情で “ 吠えた ”。


そしてゆっくりと視線を移動させる。おそらく私の死角にいるシンゲンに照準をあわせているのだろう。
150806_040.jpg

150806_032.jpg
どうやらシロベエとシンゲンの仲は昨年のままか、少なくとも友好的ではないようだ。


私の推測だが、同じエリアで暮らす海岸猫にも暗黙のうちに各々小さなテリトリーがあり、シロベエは駐車場の一画、新参者のシンゲンはエリアの入口付近がそれにあたるのかもしれない。
150806_033.jpg

150806_034.jpg
だからシロベエは自分のテリトリーを侵したシンゲンに怒りを覚えたのではないだろうか。


以前ならリーダー格のマサムネやシシマルがこの手の諍いを治めていたのだが、彼らがいなくなった今、仲裁に入る海岸猫はひとりもいない。
150806_035.jpg
そもそもマサムネやシシマルなら各猫がエリア内に自分のテリトリーをつくることを認めなかっただろう。


シロベエが立てていた尻尾を伸ばしたまま低く下げた。これは猫が攻撃的になっているときに見せる仕草である。
150806_036.jpg
シンゲンの挙動は私には見えないが、シロベエが優位にたっているのはシンゲンから一瞬たりとも眼を離さないことからも明らかだ。


猫同士がケンカを始めたら、側にいるニンゲンはどう対処すればいいのか?

これはあくまでも経験則にもとづく私見だが、原則的に家猫・外猫を問わず傍観すべきだと考えている。

たとえいったん阻止したところで、相性の悪い猫同士はニンゲンがいないときにケンカを繰り返すから、その場しのぎの干渉をしても意味はない。

それに仲裁したことにより優位な猫が不満をつのらせ、のちのちもっと酷い争いに発展する可能性すらある。

さらに言うと、ケンカをすることによって互いの関係がしっかり形成され、その結果として深い友誼を結ぶことだって考えられる。

ただし勝敗が決しているのに執拗に攻撃を加える場合や、一方が逃げ場のないところへ追い詰められた場合は、重傷を負うことがあるので速やかに介入したほうがいい。


私がふたりのあいだから離れると、すぐにシンゲンが後を追ってきた。
150806_037.jpg

150806_038.jpg
劣勢のシンゲンは別の場所に逃走するより、今は私の側が一番安全だと判断したようだ。


150806_041.jpg

150806_042.jpg
シロベエも小さな唸り声を発しながらこちらに向かってくる。



〈つづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

こんにちは

はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説・短歌」で検索できます。一度訪問してみて下さい。よろしくお願い致します。

No title

青天の霹靂で 前回のコメント出かなかったの。
今もコメ欄閉じちゃってマス。

縄張り、テリトリーで 我が家も
以前の静かさがなくなりました。
寝ていないときは 何処かで誰かが、
喧嘩してます。(笑)
激しくはないですが。

それなのに、電気毛布を使っていると、
普段は寄り付かない ソリや、とら迄が 全員集合して ヌクヌクしてます。。
テリトリーの本能が この時ばかりは
快感を求め、ヌクヌクが勝ってしまっているようです。面白いですよ!🐱

No title

ありがとうございました☆
全部の画像を見るコトができました。

ジェラシーという言葉が正しいかどうかは別として、似たような感情が猫にはあるような気がします。
楽しそうだから自分も遊びたいとか、そばに行くとか離れるとか…。
まあ、人間の嫉妬よりは単純明快な気はしますが…。(笑)
その表現方法も猫によって千差万別ですよね。

自然の仲で~

おはようごじます。
いつもご訪問くださりありがとうございます。
飼い猫さんのブログはよく見ますが自然の中で
こうして逞しく生きてる猫ちゃんの悠々とした
存在も見てすばらしくかんじております。
犬飼ですが猫ちゃんもだいしきにんげんです(´^_^`)
これからも楽しみに拝見させていただきます!

No title

こんにちは
どうか くれぐれも お身体を 大事になさって下さいね。
これから どんどん 寒くなってくるので 免疫が落ちないよう
栄養のあるものを食べて 冷やさないよう 暖かくして
よく休んでお過ごし下さいね。(そんなことは気を付けて
おられるとは思いましたが・・(^-^;)

体調が 良くなられますように・・祈っています。
また お待ちしています。

鬼藤千春の小説・短歌さんへ

こちらこそ初めまして

ご訪問ありがとうございます。
自他ともに認める『読み逃げ常習犯』の私ですが、
これからもよろしくお願いいたします。

おこちゃんさんへ

呉越同舟

外に暮らしていようが、家中に暮らしていようが、
猫は縄張り意識が強いですから、そのための小競り合いはありますね。
でもそれを繰り返すうちに関係性が形成されて、いずれ静かになるでしょう。

電気毛布に、普段は反目しあっている者同士が集まるのは
寒さ以上の敵はいないと証明しているようなもの。
まさに『呉越同舟』状態ですね。(笑)

くまさつお母さまさんへ

情動

原因は未だ解明できていませんが、くまさつお母さまさんの助言のお陰で
不完全な記事を晒さずに済みました。
ありがとうございます。

さて、猫に“嫉妬”の感情があるのかないのか、受け止め方は人それぞれ違うと思いますが、
他者の命を奪うほどの妬みを持つことはないでしょう。
そんな激しい情動に駆られるのはニンゲンだけかもしれません。
リンチ、殺人、戦争と自分が生きるため以外に他者を損なうのは我々だけですから。
悲しく虚しいことですが。

よっこたんさんへ

犬猫派

様々な偶然が重なり(必然かもしれません)、はからずも野良猫ブログを開設することになりましたが、
私の動物好きの性格は、自らが拾ってきた子犬によって育まれたのです。
その後も実家においては、少しの期間を空けながら4頭の犬を飼いましたから。
世の中では『犬派』と『猫派』が対立しているようですが、まったく馬鹿げたことで、
同じ“命”を何故差別するのか私には理解不能です。

これからもよろしくお願いいたします。

ねこ眠りさんへ

引力を感じながら

お気遣いありがとうございます。
何かのきっかけで酷い落ち込みに襲われると、実際的にも物理的にも
身体が鉛のごとく重く感じる症状が表れるのです。
そうなると床の中でただ横になっているしかありません。
未だに地球の引力を強く感じていますが、徐々に日常生活を取り戻しつつあります。

遅ればせながら本格的な冬がやってくる気配があります。
ねこ眠りさんも風邪などひかないようにご自愛ください。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~