プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです
おきてがみ
バナーをクリックしてURLを記入すると
訪問履歴を残せます
ログインしないで閲覧するFC2の方も
利用してください

最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

海岸で暮らすということ (前編)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



地球は秒速30Kmで太陽を中心に公転している

時速に換算すると10万7000Kmになる。


宇宙ロケットの速度が時速4万Kmほどだから、時速10万Kmは途方もない速さである。

が、当ブログは無謀にも時速10万Kmの公転に逆らい、時計の針を逆回転させることした。

「ネタが尽きたのだろう」と穿った見方をする読者もいるだろう。

ネタが完全に払底しているわけではないが、たしかに残りはわずかしかない。

なんとなれば、体調不良のせいで以前のように頻繁に海岸へ行けない状態が続いているからだ。

しかし季節の移ろいを無視し、なおかつ逆行するのには別の理由がある。


ということで、季節は再び半年前の夏にもどる‥‥。
scenery150814_02.jpg

scenery150814_05c.jpg

scenery150814_01b.jpg

scenery150814_10.jpg


この日海岸で出会ったトイプードルの『 ルイちゃん 』。
150814_01.jpg
いくつかのきっかけがあって『 野良猫ブログ 』を運営している私だが、実は犬も大好きだ。
もし犬と猫の立場が入れ替わっていたら、私は間違いなく『 野良犬ブログ 』を立ち上げていただろう。



それはともかく、飼い主さんに写真掲載の承諾を得た際に、ブログの更新が遅れぎみだと言い添えたのだが、まさか発表が半年も先になるとは私自身も思っていなかった。
150814_02.jpg
「ルイちゃんごめんね、君の写真を載せるのが遅くなって。また海岸で会おうね。その時はサマーカットじゃない姿を撮影させてね」


こうしてルイちゃんをブログで紹介することも公転に逆らった理由のひとつである。


scenery150814_09.jpg


それは唐突な出現だった‥‥。









私が防砂林脇の遊歩道を歩いていると、なんの気配も感じさせずにひとりの海岸猫がいきなり目の前に現れた。
150814_03.jpg

150814_04.jpg
それは『 リン 』だった。
「リン、どうしてこんなところにいるんだ?」この場所は以前棲んでいたエリアからずいぶん離れている。



だが私の問いかけにリンは口を閉ざして何も答えようとしない。その代わりにいつもより勢いよく身体をすり寄せてきた。
150814_05.jpg

150814_06.jpg

150814_08.jpg
エカシさんのテント小屋の側にいれば食事ととっさの避難場所には困らないはずなのに、何故こんな遠くまで移動してきたのだろう。


実はリンがこの辺りにいると仄聞したので来てみたが、こうもすんなり会えるとは思っていなかった。
150814_09.jpg

150814_10.jpg

150814_11.jpg
私の手がいつもより大きく見えるかもしれないが、それは相対的な錯覚で、リンの身体がそれだけ小さいということだ。


視界の隅に動くものがあったので、そちらに目をやると、そこには見知らぬ仔猫がいた。
150814_12.jpg

150814_13.jpg
その容貌と被毛の柄から、この仔猫がリンの子供だということはすぐに分かった。


よく見ると頭はキジトラ柄、そして体はサバトラ柄と微妙に色分けされている。
150814_14.jpg
被毛の種類は面積の広狭の差で決まるはずだから、この子は『 サバ白 』と呼ぶべきだろう。


サバ白の子の視線は私を通り越して母であるリンへ注がれている。
150814_16.jpg

150814_15.jpg
そのリンはというと、子供に背を向けてさっきから毛繕いに余念がない。


150814_17.jpg
したところが、リンは突然毛繕いを中断して険しい表情で振り返った。


と、つぎの瞬間だった。私の脇を何かが風のように通りすぎたのは。


150814_18.jpg
それは先ほどのサバ白の子が駆けぬけた気配だった。
どうやら母子のあいだに私が割って入ったのでにわかに不安になったようだ。



これがニンゲンの子供なら「ママ、ママー」と半べそをかきながら走り寄っているところだ。
しかし、野良猫の子供は不用意に声をあげない。かといって初見の私を警戒していないわけでは、けっしてない。

150814_19.jpg
それとは逆に見知らぬニンゲンの出現に怯えているからこそ、あえて鳴き声を発しないのだ。


『 野良猫は余程のことがない限り鳴かない 』。

これは私の経験則から得た野良猫の実態だ。

ニンゲンも含めた天敵の注意を引かないための後天的な習性と推察され、多くの成猫にも見られる。
(稀に例外的な野良猫もいる)

野良猫が現在の厳しい環境を生き抜くためとはいえ、思えば実に哀しい習性だ。


加えて野良猫の母親は、必要以上に我が子を甘やかさないようだ。
150814_20.jpg

150814_21.jpg
この態度は外敵の多い野良猫にとって、子離れ ・親離れを早い時期に達成させるためかもしれない。


150814_22.jpg
そのへんの事情を理解しているのか、サバ白の子も思いのほかあっさりと母へ甘えるのをあきらめた。


そしてサバ白の子は再び私の脇をすり抜けて遊歩道の奥へ歩いていく。
だがその足取りは重い。やはり母への想いがあるのだろう。

150814_23.jpg

150814_32.jpg
一方リンは毛繕いを止めて我が子の後ろ姿をじっと見つめている。


ふと立ち止まったサバ白の子は、ためらいがちに後ろを振り返ろうとした。
150814_24.jpg

150814_25.jpg
サバ白の子はしかし、何かを振りきるように前方へ向きなおると、ゆっくり歩を進め始める。


150814_33.jpg

150814_26.jpg
そしてそのまま灌木の中へ姿を消してしまった。


150814_36.jpg
我が子が安全な場所へ隠れたことに安堵したのか、リンはにわかに表情を弛めた。


scenery150814_06.jpg

scenery150814_07.jpg


10分ほど経ったとき、サバ白の子が灌木の中からひょっこりと姿を現した。
150814_34.jpg

150814_35.jpg
その挙動から何かを捜している様子が見てとれる。


案の定、サバ白の子が希求していたのは “母の愛情” だった。
150814_27.jpg

150814_28.jpg
リンは煩わしそうに我が子を押しのけるが、もちろん本気ではなく、母子でじゃれあっているという感じだ。


ふたりが突然動きを止め前方を注視する。どうやら私の背後を誰かが往来したようだ。
150814_29.jpg
海岸を訪れる人のほとんどは海辺沿いの道路を利用し、薄暗い遊歩道をとおる人はあまりいない。それでも他のエリアに比べればここは人目につく。


リンは何故そんなリスクを負ってまで、このエリアで子育てをしようと決断したのだろう?

かつてこのエリアでは三毛猫が不審死を遂げている。

給餌するため早朝にエサ場を訪れたボランティアさんは、両目を見開いてすでに冷たくなっていた三毛猫を植込みのなかで発見した。

外傷は無かったと聞いているし、前日までは普段と変わりなく元気だったそうだから、病死の可能性も低い。

吐瀉物の有無は聞き漏らしたが、状況からみて “毒殺” されたのではないかと私自身は思っている。

海岸には灯りがなく、日が暮れると防砂林は闇につつまれてしまい、海岸猫を虐待しても誰かに見咎められる懸念はない。


150814_30.jpg


だから街中ではありえない手口で虐待がおこなわれる。

深夜であっても、やはり繁華街や住宅街で野良猫に対して『 ボウガン 』や『 エアガン 』を使うことには二の足を踏むのだろう。

サイコパスといえども‥‥。

実際、この海岸ではボウガンを使用した海岸猫殺傷が何件もあったとボランティアさんから聞いたし、少年がエアガンで海岸猫を狙い撃ちしていた話を目撃したホームレスの人から教えられた。

そしてエカシさんからは、嬲り殺された3匹の仔猫が水路に浮かんでいた話を聞かされている。

最近だと、ランやリンがかつて棲んでいたエリアで巧妙に仕掛けられた『 毒エサ 』を口にした仔猫が命を落とした。

さらに、動機が分からない『 エサ場荒らし 』や海岸猫の食器に人糞を入れるなどの嫌がらせをする輩、そして大型犬のリードを外して「行け!」と命じて海岸猫を襲わせる輩までいる。

当ブログを見て、海辺で暮らす海岸猫は街中で暮らす街猫より恵まれていると感じた方がいたとしても、上記の事実を知ればその認識が間違いだと分かってもらえるだろう。


防砂林で暮らす海岸猫たちは、その環境が内包する危険性に常にさらされている。
150814_31.jpg
この世に生を享けて間もないこの仔猫にしても、いつ何時サイコパスどもの毒手にかかって命を奪われるか分からないのだ。



〈つづく〉



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です
◆非公開コメントも可能です
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください





* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


あなたのちょっとした配慮で小さな命が救われる。


#猫バンバン PROJECT MOVIE by NISSAN
#KnockKnockCats






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

No title

リンちゃんの子供、まだあどけなくてカワイイデス。
他に兄弟は?

No title

心無い人もいますね。
撮影のマナーなんかもそうですが地味な啓蒙活動をしていかないといけませんよね。
お互い頑張りましょう。

厳しい環境

海岸猫の現実は、本当に厳しいですね。久しぶりリンちゃんの姿拝見しました。
元気そうでホッとしてます。リンの子供も美猫ですね。かわいい顔してます。さて…
私事でありますが、うちの愛犬がちょうど、この更新の日に急変して虹の橋を渡ってしまいました。
当日、なんの前ぶれもなくでした。
チワワの10歳の子でしたが、随分わたしの仕事柄留守番も多く、寂しい思いをさせました。
今日、葬儀、火葬をすませましたか心の整理がつくまで時間がかかりそうです。
でも、私はまた縁のある子(犬でも猫でも…wabiさんと同じで両方大好きなので)がいれば共に歩んでいきたいです。
今度はこう言う外で暮らす子達とご縁があったらいいなと思います。
気持ちの切り替えにはかなり時間がかかりそうですか、wabiさんのブログは、命を考えさせて下さるブログですので、これからも訪問させていただきます。
ですから、wabiさんお身体は大切にご自愛なさって下さいね。
ブログを待ってる読者たくさんいますので。
長文失礼しました。

wabiさんへ!!

お体の調子が悪いところ新たな親子の猫ドラマが始まり早速目頭が熱くなりました。
野良猫の親子の警戒心は人間の恐怖なんですねー。
動物愛護と生き物へのwabiさんの愛情の深さは人間界への継承となればと思っています。お元気で。!期待しています。!泪)

おこちゃんさんへ

胸が詰まります

動物の子供は皆可愛いですね。
でも野良猫の子供を見ると、胸が詰まる思いがします。
彼らの置かれた現状を考えてしまって‥‥。

兄弟は次回に登場します。

マモさんへ

マナーの領域外

動物を虐殺することはマナーの領域を超えた行為です。
立派な犯罪ですから。
彼らが通常の啓蒙で心を入れ替えるとは思えません。
哀しいことですが‥‥。

のんちわわさんへ

空から舞い降りるように

家族を喪うと心にぽっかり穴が空いたようになります。(少なくとも私の場合は)
そしてその穴は簡単に塞がらず、ことあるごとにずきずきと痛みを発するのです。
私もここ数年で父と母を相次いで喪い、母を追うように実家の愛犬までもが逝ってしまいました。
そのとき空いた大きな穴の存在をいっときでも忘れさせてくれたのは、
やはり“猫たち”だったのです。
ですからのんちわわさんの新しい家族を迎えたいというお気持ちがよく分かります。
猫も犬も人間の埋められない穴を癒やすために姿を現すのではないでしょうか。
あたかも天使が空から舞い降りるように。

私へのお気遣いありがとうございます。

荒野鷹虎さんへ

これからも

こんな更新が遅いブログにいつも励ましのコメントを
寄せていただき感謝しています。
これまで私自身も無自覚なままに、野良猫たちの生きる姿をとおして
“命”の大切さをブログに書き記していたようです。
彼らからは多くのことを学んでいます。
今までも、そしてこれからも。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~