プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ 
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









ねこ写真展
『大阪 Cat Story』の管理人
Kiryuさんが参加している写真展
『まちねこ美術館シリーズ「Life」』が
以下のスケジュールで開催されます 2017年9月15日(金)~19日(火)
会場:東京・京橋にあるギャラリー
「メゾンドネコ」

詳細は画像をクリックしてください
検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

海岸で暮らすということ (後編 1)

リンが食べるのを中断して、ちらりと隣のサバ白の子を見る。サバ白の子は自分に向けられた母の視線に気づく様子もなく、脇目もふらず猫缶を頬張っている。
150814_80.jpg

150814_81.jpg
リンが再び目の前のトレイに向きなおる。そのわずかな隙にキジトラの子は灌木のなかへ引っ込んでしまった。


キジトラの子としては、母親と同じトレイで食べるのはやはり気詰まりだったのかもしれない。
150814_83.jpg

150814_84.jpg
リンはついと顔をあげて灌木の茂みのなかを凝視する。私からは死角なって見えないが、おそらくリンの視線の先にはキジトラの子がいるのだろう。


母として我が子を食事にいざなうのかと思いきや、リンはさっきより勢いよく猫缶をむさぼる。
150814_82.jpg
読者の中には「どうしてトレイ3枚に猫缶を分けなかったんだ?」と訝る方がいるかもしれない。
当然の疑問だと思う。



なぜ私は猫缶の入ったトレイを2枚しか出さなかったのか?(トレイ自体は飲水用も含めて4枚用意した)
なんとなれば私が食事の用意をしているときに、キジトラの子の姿は見えなかった。
150814_85.jpg

150814_86.jpg
それに新たなトレイを持って近づけば、食事中のキジトラの子が再び逃げだすのは分かっていたので敢えてそのままにしておいたのだ。


150814_87.jpg

150814_88.jpg
やがてリンとサバ白の子の背後の灌木からキジトラの子がゆっくりと姿をあらわした。


そしてその場に腹ばいになると、やはり猫缶に未練があるのか、食事をつづける母の背中を見つめる。
150814_90.jpg

150814_91.jpg
同じエサ場で同じ時刻に給餌してもらっているはずだから、この子ひとりだけが満腹だということは考えられない。


猫缶を無心に頬張りつづけている、きょうだいのサバ白の子と同程度には空腹のはずだ。
150814_92.jpg

150814_93.jpg
母親の猫缶に口をつけるのに気後れするなら、きょうだいと猫缶をわけあえばいいように思えるのだが、キジトラの子はまるで順番待ちの列に並ぶように、サバ白の子の後ろにおとなしく控えている。


猫社会にはいわゆるヒエラルキーという概念はない。

だから猿山のボスのように絶対的な支配者は存在しない。

ただそんな猫社会であっても、個体と個体のあいだには当然のことながら優劣は顕在する。

力のある者と力のない者、気の強い者と気の弱い者とのあいだに厳然とした差異があるのは、猫社会でも通用する自然の法則だ。

しかし不思議なことに食事の優先順位という序列は、それらとはべつの力関係でなりたっている節がうかがえる。


150814_94.jpg

150814_95.jpg


なんとなれば力で劣っている猫や小心な猫が、ときとして食事の順番に関してだけは優位にたっている場合があるからだ。

同じ日に生まれたきょうだいであるサバ白とキジトラにしても、おそらく食べ物に関しての画然とした序列があるのだろう。

だからこの不可解な力関係を単純に “長幼の序” と言い切ることもできない。

まあ、世の中には謎は謎としておいておく方がいい場合も多々あるので、この件については深く考察しないつもりだ。


150814_96.jpg

150814_97.jpg
リンとサバ白の子の食べっぷりから自分に順番がまわってこないと思ったのか、キジトラの子は静かにその場を去っていった。


キジトラの子が立ち去ってもリンとサバ白の子は顧みようとせず、目の前の猫缶だけに集中している。
150814_98.jpg

150814_99.jpg
サバ白の子にいたっては、食べ始めてからただの一度も顔をあげていない。


150814_100.jpg

150814_101.jpg


海岸で生まれた仔猫を見るたびに、私の心にはある想いが否が応でも湧きあがってくる。

その想いとは‥‥。


150814_102.jpg


《 自身の持つ生命力でさまざまな苦難に打ち克ち、そして自身の持つ運でいつの日か心ある人に保護されますように 》 という切なる願いだ。

しかし、私のこの願いはたいていの場合叶うことはない。


150814_103.jpg


この海岸で生まれた猫が1歳を迎えることは稀で、大半がそれまでに死亡するか行方不明になる。

行方不明の子がすべて不幸な目にあったとは思わない。だがこの事実は猫たちの海岸での暮らしがいかに過酷であるかを示唆している。


150814_105.jpg

150814_106.jpg


ニンゲン同様、猫も生まれてくる時と場所を自分では選べない。

だからといって同じ猫でありながら純血種には何十万円もの値段がつき、名もない野良猫は危険な戸外で暮らすか殺処分されるのでは、懸け隔てがあまりにも大きい。※〔1〕


150814_107.jpg

150814_108.jpg
この野良猫の母子が末永くしあわせに暮らせるときは、はたしてこの日本にやってくるのだろうか。


そして私はこうして気まぐれに彼らのもとを訪れては、食事を与え撮影した写真でブログに記事を書きながら、その日がくるのをただ待っていることしかできないのか。

そうであるのなら、私がやっていることは野良猫たちの救済にこれっぽっちも寄与していない。

いったい私は何をしているのだろう?

だいたい私には今以上に何かできることがあるのだろうか?

そもそも私は何者なんだ‥‥!?



〈つづく〉



脚注
※〔1〕もちろん純血種の犬や猫のすべてが、温かい家に迎えられるわけではないと知っている。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


あなたのちょっとした配慮で小さな命が救われる。


#猫バンバン PROJECT MOVIE by NISSAN
#KnockKnockCats






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

No title

こんにちは 
また おじゃま致しました(^-^;

同じ猫でありながら純血種には何十万円もの値段がつき、
名もない野良猫は危険な戸外で暮らすか殺処分される・・・
その純血種すら 人間に無理に産まされ 障害を持って
産まれやすい為に 何分の一かは 長く生きられないと・・ 

ほんとう何が何だか 分からないような人間社会です・・

野良猫も家猫も 少々の危険に気をつけながらも 外の世界を
自由に安心して歩けるような日は・・ もうこないのでしょうか・・
 
私も 私には何ができるのかなぁ・・って・・ずっと分からずにいます

過酷な環境のもとで

wabiさんのブログを拝見する度に
近くだったら、保護したい衝動に
かられます。
せめて、リン親子は行方不明になったりせず、過酷な中でも成長を見ていきたい…wabiさんのブログを通してですが…そう切に思ってしまいます。
wabiさんから頂いた「りん」と言う名前。次に舞い降りた天使に名付けました。
確かに、お転婆です(笑)
この命を大事に育てていきたいと思います。

No title

wabiさん こんにちわ^^

ぼくは、ペットショップの猫には愛情は感じません。
猫は好きなのですが、絶対、野良猫の方が良いです。

また、海とか公園とかに、よく散歩に行くのですが、そこで出会った野良猫は、たまらなく愛しいです。
でも、ぼくも自分には何もできないということを自覚していますので、野良猫とお友達になってしまうと、たまらなくつらいのです。

今は、野良猫を見ると、かわいそうになってつらいので、海岸に行くことは控えてるのですが、もう少ししたらお散歩を再開しようかなと思っています。

本当に、一刻も早く、日本が殺処分のない国になりますように願っております。

ねこ眠りさんへ

日本のペット事情

今回はコメントが寄せられたことにすぐ気づきました。(笑)

さて仰るようにペットショップの仔犬や仔猫も幸せとは言えませんが、
子供を産み続けさせられる母犬・母猫も悲惨な状況に置かれていますね。
最近になって法の規制が強化されましたが、すべての業者が遵守する
とは思えません。
いつの世も法の網を潜り抜けることに長けた悪徳業者がいますから。

とにかく、先進国でも稀な“生体展示販売”を一刻も早く
やめさせなければいけません。
そして“命”を金儲けのためだけの“商品”として扱うことに
規制をかけるべきです。
さらにはペットを求める側もペットショップではなく、
まず保健所や里子を斡旋している団体から引き取ることを
念頭におくべきでしょう。
こういう意識改革が国民レベルでおこなわれない限り
日本のペット事情は改善されないと思います。

のんちわわさんへ

報告しておきます

私も彼らと別れるときは後ろ髪を引かれる思いと同時に
強い罪悪感におそわれます。
そして何もできない自分を情けなく思うのです。

さて、さっそくあらたな“天使”がのんちわわさんのもとへ
舞い降りたとのこと。
「おめでとうございます」
やはり『りんちゃん』はお転婆でしたか。(笑)
りんちゃんがワンコかニャンコかわかりませんが、
今度海岸でリンに会ったら報告しておきますね。

ケンさんへ

野良猫とかかわって

ペットショップで生体販売されている犬や猫たちは
“命”というより“商品”として扱われていますから
私も可愛いと思うよりある種の悲哀を感じてしまいます。
だからそういうところには近づきません。

私も野良猫とかかわり始めてから“楽しい”とか“嬉しい”と
感じることは滅多になく、大抵はつらく悲しい思いに駆られます。
それは彼らの命が、ほとんどの人に顧みられない存在だからです。
そこで必死に生きている命をまるでゴミのごとく扱うニンゲンの
なんと多いことか。
そういう輩を私は衷心から憎み唾棄します。

わんこです。

縁あって知り合いから譲り受けました。
やっぱり同居人のいない生活は私にも考えられませんでした。
虹の橋を渡ってしまった子もまだ、家にいますので、見守っていてくれてるかと。
いいお名前を頂いて感謝してます。
海岸のリン親子にもよろしくお伝え下さい。

のんちわわさんへ

出会い

わんちゃんですか、舞い降りた天使は。
人同士の出会いと同様に、人と動物の出会いも定められた運命であり
必然の出来事だと、私自身は思っています。
ですからお転婆だというりんちゃんも、
のんちわわさんと出会うべくして出会ったのですね。
リンに伝えておきます。

No title

こんばんは。

「自分は何者なんだ!」
これ、私が学校という現場で常に思い知らされていたことです。

「俺は教師なんだから!」「それでは社会で通用しない!」「正義は必ず勝つ!」
私は、それらが言えませんでした。
それらを絶えず口にして出世していくエリート教師が信じられませんでした。

そして、この3月。
首を切られました。
それで良かったかも。エリートに刃向かうのは身も心もずたずたになります。

自分に出来る限界、自分の能力のなさを受け入れ、
虫けらのような命を大切にしたい。

りん親子に限ったことではないです。
偽善と言えばそれまでかもしれません。
それでも、つながりを絶ちたくない命なのですよね。

まとまりが無くなってしまいましたが、
wabi様の一缶で少なくともお腹が少しでも膨らんだ子が居る。
これは本当です。

ねこさんへ

命題・定立

もしも「あなたは何者なんだ?」と訊かれて、すらすらと答えられる人が
いたとしたら、私はそのニンゲンを信用しないでしょう。
なんとなれば、それは「あなたな何のために生きているのか?」という代替質問にほかならず、
言下にその質問に答えられるのはおそらく傲慢な哲学を持ち、
想像力や洞察力の乏しいニンゲンだと思うからです。

“人は何のために生きているのか”、これは人間にとって最大の疑問であり、
それを定立しうるのはごくわずかな天才くらいだと私は思っています。
ですから、のらさんの考えが私には理解できます。

野良猫にかかわっている私にしてみても、常に“自分のやっていることに意味はあるのか”という
問いかけをし続けています。
もちろん答えはいまだに見つからず、これからも自らに問いかけ続けるでしょう。

貴重なご意見、ありがとうございました。

No title

こんにちは

私は昔 野良ネコを飼った事があります

冬いつもコタツの中に隠れて、私がただ足を中の入れただけで

噛みつく・吠える・引っ掻く・叩く もう大変でした!

膝の上に座ってくれる様になるまで、どれ位経ったかナ?

よっぽど 人間達からいじめられ 恐い痛いおもいをしたのでしょう・・・

何も悪い事していないのに、一生懸命に生きたいのに

何か辛いですネ!

青空さんへ

しあわせになる権利

猫は本来ニンゲンの側にいることを好む生き物なのに、
そこまで歯向かうからには、余程ひどい目にあったのでしょう。
野良猫とかかわっていて、いつになっても懐かない子がいたら、
「ああ、この子はニンゲンに虐められたんだな‥‥」と思って
しまいます。
どの猫だって虐待にあうために、そして殺処分されるために
生まれてきた訳ではないはず。
皆がしあわせに一生を全うできる日がくることを祈るばかりです。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~