プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト


検索フォーム
里親募集


偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

捨て猫エレジー (中編)


チビ太郎は私の脚にぴたりと身体を寄せたまま身じろぎしない。

160228_025.jpg
気まぐれに訪ねてくる私にさえ、こうやって親愛の情をしめすチビ太郎の胸中を忖度すると、私は遣る瀬ない気持ちになる。


この感情はまた、自分が彼の状況を知りながら、なんら有効的な救済の手を差しのべられない無力感からも起因している。
160228_031.jpg
私はチビ太郎の身体を撫でながらつぶやくように語りかける。「チビ太郎ごめんな、何もしてやれなくて」


すると‥‥。
160228_032b.jpg
チビ太郎は “涙” で潤んだ目で、私の顔を見あげた。


私に唯一できるのは、こうして食事を与えて一時的に空腹をやわらげてやることだけだ。
160228_033b.jpg

160228_034.jpg
チビ太郎にとって私という存在は、ニンゲン社会にたとえるなら、ときどき土産の菓子折りを持ってくる顔見知りのおじさんといったところかもしれない。


そんなニンゲンなどいなくてもチビ太郎は生きてゆける。自分でも承知しているが、結局私のやっていることは一時しのぎの弥縫策的な行為でしかないのだ。
160228_035.jpg

160228_036.jpg
私はだから、雨の日も風の日も休まず、野良猫たちの世話をするボランティアの人たちに深い尊敬の念をいだいている。


チビ太郎の命脈が保たれているのも、そんな心優しい人の無償の厚意のおかげだ。
160228_038.jpg

160228_039.jpg
あまり腹は減っていないのか、チビ太郎は猫缶を少し口にしただけで食べるのをやめてしまった。


160228_040.jpg

160228_041.jpg
しばらくトレイの前に留まっていたチビ太郎だったが、やがて思いを定めたようにその場を離れていく。


日々を必死で生きている野良猫だから、ふつう食べ物の選り好みはしないものなのだが‥‥。
ダメ元を覚悟のうえで、持参していたべつのメーカーの猫缶を開けてみた。

160228_042.jpg

160228_043.jpg
するとあに図らんや、新たなトレイに盛ったその猫缶をチビ太郎は貪るように食べはじめた。


猫缶を食した経験がないので、私に味のちがいは分からない。しかし形状といい色合いといい、両者に異同はないように見えるのだが、チビ太郎の舌はその差異を明確に感じとっているのだ。
160228_044.jpg

160228_045.jpg
キャットフードを販売する各メーカーは、原材料を厳選し栄養素のバランスを考慮し、さらに猫の嗜好にあわせた製品を開発していると謳っているが、果たしてそれをすべての猫が好むとは限らない。


160228_046.jpg

160228_047.jpg
トレイから顔をあげて舌舐めずりをするチビ太郎。今度こそは腹が充たされたのだろう。


と思ったら、チビ太郎は殆どを食べのこした最初のトレイに意味ありげな視線を投げかける。
160228_048.jpg

160228_049.jpg
もしかしたら自分の口にはあわないから今は食べないけれど、あとで腹が減ったら食べてもいいな、と考えているのかもしれない。


多量の猫缶が残ったら、たいていの場合私はエサ場近くのカラスに奪取されにくいところに置いていく。
160228_051.jpg

160228_050.jpg



猫はニンゲンのように決まった時間にまとまめて食事をせず、何回かにわけて少しずつ食べる習性をもっている。

これは約13万年前に中東の砂漠地帯に生息していた、猫のルーツである『 リビアヤマネコ 』の食性が伝搬したというのが定説だ。

そして時間を定めて食事を与えられた猫は、自由に食事をさせた猫に比べて協調性を欠き攻撃的になったという実験結果がある。

さらには一度に大量に食べると、尿のPH(ペーハー)やMg(マグネシウム)、H3PO4(リン酸)に大きな変化が起きる。

つまりは‥‥。


160228_053.jpg

160228_054.jpg


猫本来の食性を鑑みないで、ニンゲンの食生活にあわせて食事の時間と回数を決めるのは大きな誤謬であり、待っているのは悪い結果でしかないのだ。

もし食性以外の猫の習性を矯正しようと試みても、同じくけっして望ましい帰結をもたらさないだろう。

そもそもある意味においては、文明に飼い馴らされて柔弱になったニンゲン(無論私をも含めて)とは対照的に、猫はいまだに野生の本能を頑なに保持している気高い生き物と言える。


160228_055.jpg

160228_056.jpg


猫の食性に関していえば、日本人の多くが誤解をしている事例がもうひとつある。

それは、 “猫の好物は魚” という通説だ。

以前当ブログでも述べたように、猫はたしかに純然たる肉食動物だが、かといってことさら魚を好んで食べるわけではない。

また “猫は魚好き” と思い込んでいるのは日本人くらいで、欧米人はそのような観念を持っていない。

日本人がかかる勘違いをするにいたった起因は、昔から日本においては魚を食することが多く、猫にもその残りを与えていたことによる、と言われている。


160228_057.jpg

160228_058.jpg


経験則にもとづく私見を述べさせてもらうと‥‥。

ニンゲンと猫が一緒に暮らす場合においては、ニンゲンの都合を猫に押しつけるのではなく、逆に猫の都合にニンゲンがあわせた方が良い関係をつづけられると思っている。

そのためには通常の観点ではなく、猫の観点から物事を見る必要がある。


チビ太郎がゆっくりとした歩度でエサ場から離れていく。
160228_059.jpg

160228_060.jpg
猫は独りでいることを好むと知っていても、私はチビ太郎の後ろ姿につい寂寥感を覚えてしまう。


scenery160228_03b.jpg


チビ太郎は食後の毛繕いを入念におこなっている。
160228_064.jpg

160228_065.jpg

160228_066.jpg
猫の綺麗好きはつとに知られていて、たとえ病のせいで体のどこかに痛みがあっても、そのために気分が落ち込んでいても食後の毛繕いはけっして怠らない。


160228_063.jpg

160228_062.jpg
先住猫たちをすべて追い出したこのエリアで跋扈していた2年前の威圧的な面影は、やはり病のせいで、今のチビ太郎には微塵も残っていない。


前回も述べたが、猫は時間の概念を持たないかわりに身体の衰えは自覚するだろうと私は思っている。


160228_067.jpg

160228_068.jpg


チビ太郎自身は黙して語らないから彼の本当の苦衷を私は知る由もなく、ただ推測するしかないのだが‥‥。

頑強な体躯と膂力、そして豪胆な気質をもっていたチビ太郎だから、なかんずく体力の衰えがもっとも辛いのではないだろうか。


160228_069.jpg

160228_070.jpg


そしてそうであるのなら、チビ太郎は体力の弱体化によって、これまで互角に対抗していた外敵から致命的な攻撃を受けることも覚悟しているのかもしれない。

もしも‥‥、私がチビ太郎とおなじ状況に置かれたとしたらどのように感じるだろう?


160228_071.jpg

160228_072.jpg


克己心の弱い私のことだから、おそらく悪化する一方の眼病と相貌の激変に周章狼狽し、急激な身体の衰えとさまざまな苦痛に悲鳴をあげながら、日々を懊悩のうちに送るだろう。

そして自分をこんな目にあわせた相手を激しく憎悪し、さらには怨みをはらすために復讐を考えるかもしれない。その相手が信じていた “親” なら尚更だ。


160228_074.jpg

160228_075.jpg


しかし一度ニンゲンと信頼関係を築いた猫は、余程のことがないかぎりそのニンゲンを裏切ったりはしない。

裏切るのはいつだってニンゲンの方だ。


scenery160228_01.jpg


理由こそ違えど二度もニンゲンに見捨てられたチビ太郎にしても、自分の置かれた苦境を訴えることもせず、自分をおとしいれた者へ怨嗟の声をあげるわけでもない。

長靴おじさんが海岸を去った日を境として寄る辺ない野良猫の身になったチビ太郎は、ただ懸命に生きようとしているだけだ。


160228_076.jpg

160228_077.jpg

160228_079.jpg


あるいは長靴おじさんが戻ってきて、再び一緒に暮らせるようになるのをチビ太郎は信じているのだろうか。

だから病の苦しみにも堪え、衰弱の恐怖にも立ち向かえるのかもしれない。


160228_080.jpg

160228_082.jpg

160228_083.jpg

160228_084.jpg


果たして、チビ太郎の望みがかなう日はやって来るのだろうか。


scenery160228_07.jpg



〈つづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



あなたのちょっとした配慮で小さな命が救われる。


#猫バンバン PROJECT MOVIE by NISSAN
#KnockKnockCats






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

No title

こんにちは
猫がそんなこと・・と思う方もいるかも知れないですが
私は、チビ太郎は 寒い夜や 目や身体が痛む時や お腹が空いて
堪らない時・・心細くなった時・・ 時々 長靴おじさんのことを
思い出しては もう一度 愛されて暮らした あの日々に戻りたいなぁ・・
戻ることができたらなぁ・・と思っていると思います
願いを叶えてあげれないことが 悲しいです・・

ねこ眠りさんへ

思い出

猫も眠っているときに夢を観ているようです。
我が家の愛猫もときどき「にゃご、にゃご」と寝言を
言いますから。

夢を観るくらいですから、ねこ眠りさんが仰るように
チビ太郎が昔のことを思い出していても不思議ではありません。
テント小屋で安逸に暮らしていた頃の思い出にひたっている
可能性が高いと思います。
その思い出には、きっと長靴おじさんが登場しているでしょうね。

おはようございます。

チビちゃんの目が気になりますね。
治療が必要なのでしょうか?


チビちゃんのお家があるようなので良かったです。(●^o^●)

事情は、あるにせよチビちゃんがかわいそうですね。
人間の温もりは、きっと忘れていないでしょう。

猫にも感情があると思います。
猫は、人間を裏切らないですし。

人間が一番残酷な生き物かも知れませんね。

Miyuさんへ

皆感情を持っています。

チビ太郎の眼病が今になって何故再発したのか‥‥、
あらたな疾病が起因になったのかもしれません。

かつてこのエリアには多くの海岸猫が暮らしていたので、
防砂林の中や植込みの中に手作りの猫ハウスが散在しています。
Miyuさん宅の猫ハウスのように立派ではありませんが、
いずれも雨露を防ぐには十分な強度を具えたモノです。

ニンゲンの喜怒哀楽とは表現方法が違うだけで、
猫などの動物にも感情はあると、私も思っています。

仰るように、ニンゲンほど残酷な生き物はこの地球上にはいません。
進化の過程で知恵を獲得したニンゲンは、同時に利己心を持つようになり、
それがために、他者に対して猜疑心や嫉妬心、更には憎しみや怨みをも
抱くようになったのでしょう。

No title

wabiさん 体調はいかがですか?
雨がポツポツ降ってきましたが
これから 梅雨入り、酷暑がやって来ます。
外で生活している生き物達にとって、居心地の良い季節は短いものですね。
体力の無いものたちは どんどんと 免疫力も奪われてしまいます。
チビ太郎ちゃんの 目。
人間ならば 回りが少し爛れた位でも 痛いと騒ぎます。。
あれだけの症状ならば 眼そのものも 痛いかもしれないと思うと 可哀想でなんとか。。してあげたくなります。。が。。
今、うちに来るコも 目がくちゃくちゃで、とても綺麗とは言えないです。
でも、食べている姿が愛らしいんですよ。

おこちゃんさんへ

強い精神力。

お気遣いありがとうございます。
心は相変わらずの低空飛行ですが、それなりに安定しています。
ただ睡眠障害が酷く、夜はまともに睡眠がとれません。(汗)

仰るように、外で暮らす猫にとって、これからの季節は鬱陶しいものになります。
とくに海岸で暮らす猫たちにとっては。
というのも夏の海岸には多くの人が訪れ、週末ごとに何かしらのイベントもおこなわれ、
かまびすしい音楽や歓声につつまれます。
大きな音や見知らぬニンゲンが苦手な海岸猫にとっては緊張を強いられる季節です。

チビ太郎に限らず、猫という生き物はけっして弱音を吐きません。
どんな苦痛に襲われても黙って堪えるだけです。
そういう意味では、ニンゲンなどよりよっぽど強い精神力を持っています。
だからよけいに不憫に感じるのですが‥‥。

No title

こんばんは~

本日記事を拝見させて頂いて
下手くそなので申し訳ないのですが
猫ちゃん達の写真をお借りいたしました。

雰囲気やデザインが違うということでしたら
申すわけないですがご連絡頂ければすぐに下げますので。

ちびちゃんを見た時目が潤んでしまって
あんなに愛情表現たっぷりしてめちゃくちゃ可愛らしいなって
でも目の病気はきっと治らないでしょうね。

あの子の精一杯の愛情表現を見ていると目が潤んでしまいますね。
最後がどんなに辛くても酷くても一度優しい家族と過ごした子達は
また戻りたいとそう思うだろうなぁと思います。

・pokopoko・ さんへ

愛情を希求

さっそく拡散記事を掲載していただきありがとうございます。
また、バナーまで作成していただき恐縮しております。
私が作ったものより直截的で分かりやすい、とても良いバナーです。

ただ出来ましたら、リンク先をトップページから専用ページに
変更していただくと幸甚です。
http://straycatstory.blog.fc2.com/blog-entry-1210.html
トップ掲載の告知をもっと早く改稿すればと反省しています。

チビ太郎は3年半前までテント小屋とはいえ家があり、長靴おじさんという親もいた、
いわゆる飼い猫でした。
しかしその生活は、チビ太郎の与り知らない事情で、ある日突然崩壊したのですから
さぞ驚き、途方に暮れたでしょう。
仰るように、一度温かい愛情を知ってしまうと、いつまでもそれを希求するようです。
その姿が不憫でなりません。

No title

リンク調子が良いときに
貼らせていただきますね。

何分、PCでなくてスマホなものですから、
うまく出きるかはわからないですけど。

おこちゃんさんへ

ご自愛のほどを

里親募集記事へのリンクは体調が戻ってからでいいですよ。
どうか無理しないで。

今回は画像ではなく『バナー』を作成し、
そのソースコードも公開しているので作業としては
ずっと簡単なものになっています。
ソースコードをコピペすれば完了ですから。
非公開コメント


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~