プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです
おきてがみ
バナーをクリックしてURLを記入すると
訪問履歴を残せます
ログインしないで閲覧するFC2の方も
利用してください

最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

捨て猫エレジー (後編 1)


暦の上はもちろん実質的にも春を迎えているのだが、今年の春は牛歩のような緩慢な歩みに徹して一向に気温が上がらず、季節はずれの肌寒い天気がつづいている。

記録的な暖かさに終わった “冬” が、まるで自分の不作為を反省し、その汚名返上のために捲土重来を期しているかのようだ。


scenery1603_06.jpg

scenery1603_01.jpg


何はともあれ春の到来が遅れている事態は、私にとっては僥倖に他ならない。

なんとなれば私が調子を崩すのは、日ごとに気温が上昇する春先だからだ。

この時期をことさら厭うのは自分だけの気質によるものだと長らく思い込んでいたのだが、多くの人が同じように嫌忌していることを私はやがて知ることになる。


scenery1603_02.jpg

scenery1603_03.jpg


というのも、自殺者が多い季節は春であり、わけても3月は1年を通して最も多いと内閣府が発表したからだ。

そして内閣府はその統計結果をもとに、3月を『 自殺対策強化月間 』と定め、これまで以上の対応策を講ずると表明した。

3月に自殺者が多い原因としては、私のように『 木の芽時 』と呼ばれる季節の変わり目自体に精神が影響されることに加えて、新年度を目の前に進学、転校、就職などの新しい環境の重圧を受けるためだと言われている。

ちなみに、内閣府がおこなった自殺防止策は実際に自殺者の減少に効果があったのかどうか、私は寡聞にして知らない。


scenery1603_04.jpg

scenery1603_05.jpg


それはさておき‥‥、春が足踏みをしている間隙をついて私は再び海岸へ赴くことにした。



1603_002.jpg

1603_003.jpg
名を呼ぶと、チビ太郎はいつものように灌木の奥からすぐに姿をあらわした。


眼の状態はこころなしか前回より悪化しているように見受けられる。
1603_004.jpg

1603_005.jpg

1603_006.jpg
やがてチビ太郎は何かを訴えるように鳴き声をあげはじめた。前回会ったときは殆ど声を発しなかったチビ太郎だけに、その声音からはある種の切迫感が感じとれる。


チビ太郎の眼はボランティアさんの手により何らかの手当を受けているのか、もちろん私の与り知るところではない。
1603_007.jpg

1603_008.jpg

1603_009.jpg
それにたとえ実情を知っていたとしても、今の私に口を差しはさむ筋合いなど微塵もありはしないのだ。


1603_010.jpg

1603_011.jpg
チビ太郎はおもむろに腰をあげると、ゆっくりとした足取りでこちらに近づいてくる。


1603_022.jpg
そうしてチビ太郎は私の足もとまでやってくると、にわかに穏やかな表情をつくり鳴き声も発しなくなった。


そこで私はポケットから取りだしたティッシュでチビ太郎の両眼にたまっていた眼ヤニをそっとぬぐいとる。

そのあいだ、チビ太郎は腰を下ろした姿勢で身動きもせずにおとなしくしていた。

たとえ人馴れした猫であっても眼を触れば嫌がると思うのだが、それゆえチビ太郎の神妙な態度はかえって哀れみを誘う。


1603_012.jpg

1603_013.jpg
私がエリアの中を見まわっていると、チビ太郎は後を付いてくる。


それならば、このままエサ場までチビ太郎を誘導して食事を与えようと私は思った。
1603_014.jpg

1603_015.jpg
ところがそれなりの訳があるのだろう、チビ太郎はとつぜん立ち止まりその場に座り込んだ。


私も立ち止まりチビ太郎に話しかける。「どうしたチビ太郎、ゴハンを食べにエサ場へ行こう」
1603_016b.jpg

1603_017b.jpg

1603_018b.jpg
しかしチビ太郎は無言のままで動く気配を見せない。


ならばと私もチビ太郎の正面にしゃがんで、その幾分困惑した面持ちから彼の思いを推測してみることにした。
1603_019.jpg

1603_020.jpg
たとえ村上春樹の小説に登場する『 ナカタさん 』のように猫語を解さなくても、猫と長年付き合っていれば、彼らの気持ちを汲みとれるようになる。もちろん飽くまでもおぼろげにというレベルでの話だが。


1603_021.jpg
チビ太郎はどうやら、私がいつも利用しているエサ場で食事をするのは、あまり気が進まないようだ。


そこで私はチビ太郎の意向を汲みとり、もうひとつのエサ場で食事をさせることにした。

このエリアにエサ場が2箇所あるのことは当初から知っていたが、私は灌木に囲まれた狭隘なエサ場をあえて避けていた。

なんとなれば、相性の悪い猫たちに食事を与える場合、そこはあまりに狭くて不都合だったからだ。

しかし改めて思えば、たまにほかの猫の姿を目にすることがあるが、実際にこのエリアに棲みついているのは今やチビ太郎だけで、もはやなんの差し支えもない。


1603_023.jpg

1603_024.jpg
私の推察した通り、灌木の茂みの中にあるエサ場で待っていると、じきにチビ太郎もやってきた。


チビ太郎の嗜好は先日把握したので、今回も同じ猫缶を持参してきている。まずはそれを与えた。
1603_025.jpg

1603_026.jpg
私がチビ太郎にしてやれるのは、こうしておやつ代わりに猫缶を与えることくらいだ。


「チビ太郎うまいか?、足りなかったらお代わりもあるからお腹いっぱい食べな」と言ってはみたものの、先述したように何回かに分けて少しずつ食べるのが猫本来の食性だ。
1603_027.jpg

1603_028.jpg
猫缶を美味しそうに頬ばるチビ太郎を見ているだけで、私の心は安らぎを覚える。ただし、ほんの束の間に過ぎないが。


しかしそうであっても、今のチビ太郎の状態を考えれば、普通に食欲があるだけでやはり安堵する。
1603_029.jpg

1603_030.jpg
叶うものなら、このまま小康状態を保ち長靴おじさんとの再会を果たしてほしい。


チビ太郎にしたって、“親” である長靴おじさんにもう一度会いたいはずだ。
1603_031.jpg

1603_032.jpg
ただその件についてはひとつ気がかりなことがある。それはチビ太郎が病に罹っている事実を長靴おじさんは知っているのか、ということだ。


仄聞したところによると、長靴おじさんは入院後も時折チビ太郎の様子を見にきていたようだが、チビ太郎が罹患してからはそういう目撃談を耳にしていない。
1603_033.jpg
あるいは知っていながら何らかの理由により海岸へ足を運ぶことができないのだろうか?


そのとき、この場にはまったくそぐわない1枚の貼り紙が、何気なく巡らせた私の視界に入った。
1603_034b.jpg
このたぐいの貼り紙は、ホームレスの人が無断で建てたテント小屋の側で幾度も目にしている。だが猫のエサ場で見るのは初めてだ。


隅に貼られたボランティアの人の切実な訴えが役人の良心を目覚めさせたからか、実際に猫ハウスなどを撤去していないから良いようなものの、私としてはやはり理解に苦しむ行為である。
1603_035.jpg
もっとも書面の最後にあるように、役所の助力を得て努力さえすれば、野良猫に自立の道が開けるというのなら話は別だ。


そんな益体もない考えに耽っているうちに、チビ太郎は食事を終えたようだ。
1603_036.jpg

1603_037.jpg

1603_038.jpg
やがてチビ太郎は緩慢な動きで発泡スチロールの蓋から降りる。


1603_039.jpg
半分ほど残したが、この場合は猫缶を咀嚼できる力をチビ太郎が未だに持っていることを喜ぶべきだ。


1603_040.jpg

1603_041.jpg


周りを灌木でかこまれた狹いエサ場の隅にうずくまるチビ太郎。彼の脳裏にはいったい何が去来しているのだろう。


1603_042.jpg

1603_043.jpg

1603_044.jpg


実の母や兄弟との束の間の暮らしを思い出しているのだろうか?

またはある日突然、その家族から引き離されて、薄暗い防砂林に独り置き去りにされたときの恐怖を思い出しているのだろうか?

それとも手作りのテント小屋で長靴おじさんと過ごした、心安らぐ日々を思い出しているのだろうか?

あるいは長靴おじさんが病を得て、自分を残して海岸から去ってしまったときの驚きと戸惑いを思い出しているのだろうか?

やはり、身体を損なってから今までの、辛く苦しい思いにとらわれているのだろうか?


1603_045.jpg

1603_046.jpg

1603_047.jpg


しかしチビ太郎の胸底深くに秘められている本意を、私は推し測ることができない。

「チビ太郎、お前をこんな境遇におとしいれたニンゲンに対して思いの丈を声高に叫んでもいいんだぞ」

私はそう話しかけたが、チビ太郎は名もない空間を見つめるばかりで何も語ろうとはしなかった。


scenery1603_07.jpg

scenery1603_08.jpg
私はほかの海岸猫に会うために、チビ太郎をそのままにして灌木の中のエサ場をあとにした。


だがこのとき、私はまだ知らなかった‥‥。

チビ太郎の病は私が考えている以上に進行している事実を。



〈つづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。






* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



あなたのちょっとした配慮で小さな命が救われる。


#猫バンバン PROJECT MOVIE by NISSAN
#KnockKnockCats






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

No title

こんにちは 
体調が保ちにくい今の季節・・ お身体に くれぐれも
気をつけて下さいね。(ご心配をおかけしていたかも
知れない私が ごめんなさい(^-^;)

「猫たちに罪はないので・・」そう書いて下さった方がいて 
猫ハウスが撤去されていなくて ほんとうに良かったです。
これからも 壊されないといいのですが・・心配です。
  
記事の最期の チビ太郎のことが気がかりで・・・切ないです。


 

ねこ眠りさんへ

猫ハウスは壊されます。

お気遣いありがとうございます。

実際に防砂林で作業する人たちは猫たちに優しいです。
だから貼り紙も融通のきかない役所の決まりで貼ったのだと思います。
でも猫ハウスは破壊されます。
猫嫌いな人の手によって。
猫ハウスをいくつも設置しているボランティア人が嘆いていました。
「作っても作っても、壊されていく」と。

最近は鳴りを潜めていますが、かつては私も腰痛で苦しみました。
これから不順な天候がつづきますから、どうかご自愛ください。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~