プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト


検索フォーム
里親募集


偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

捨て猫エレジー (後編 2)







春先から復調の兆しが見えてきたとはいえ、以前のように頻繁に海岸へ通うことはまだ叶わない。

精神の浮沈は自分でも予測がつかず、そのうえ凶事・吉事に関係なくささいな出来事をきっかけに制御不能な情動が起こるのでなかなか厄介だ。

そのような状態であっても、やはりチビ太郎のことが気掛かりで、前回訪れたときから数週間後私は少々無理を押して彼が棲むエリアへ足を運ぶことにした。


scenery1603_09.jpg

scenery1603_10.jpg

scenery1603_11.jpg


「チビーっ!」私はいつも通りにチビ太郎が潜んでいるであろう場所へ向かって名を呼んだ。
1603_048.jpg

1603_049.jpg
大抵はすぐに鳴き声をあげて姿を見せてくれるのだが、この日は何度名を呼んでもチビ太郎は姿を現さない。


開けた場所にあるエサ場には文字どおり猫の子一匹いなかった。
1603_050.jpg

1603_051c.jpg

1603_069b.jpg
また灌木に囲まれた第二のエサ場にも、誰かが潜んでいる気配は感じられない。


私はその場に留まり、チビ太郎の名前を呼んでは防砂林のなかにその気配を探っていた。
1603_052.jpg

1603_053.jpg
だが10分経っても20分経っても、チビ太郎は姿を現してくれなかった。


scenery1603_12.jpg


チビ太郎が棲むエリアからの帰途、2012年までチビ太郎が長靴おじさんと一緒に暮らしていたテント小屋のあった場所をたずねた。
1603_054.jpg

1603_055.jpg
防砂林に遺棄されたチビ太郎は、長靴おじさんに保護されてからの7年間、ここでそれなりに穏やかな生活を送っていた。


しかし久しぶりに訪れたその場所には、数年前までテント小屋があったことを示唆するものは何も残されていない。
1603_056.jpg
そのせいだろうか、この場に臨んでいると、長靴おじさんとチビ太郎がいたのはずっと昔のことのように感じられる。


scenery1603_15.jpg

scenery1603_14.jpg


それからの数週間、私は体調の比較的良好な日を選んで、だいたい10日に1度のペースで海岸へ足を運んだ。

ただほかのエリアにも懸念される案件が生起していたので、心ならずもチビ太郎に会いに行くのを先延ばしにしていた。


scenery1603_16.jpg

scenery1603_17.jpg

scenery1603_18.jpg


そして桜の花が散るころになって、私はようやくチビ太郎のいるエリアを訪れた。


1603_058.jpg


エリアの様子は、表面的には前回と何も変容していない。

少なくとも私の目にはそう映った。


1603_059.jpg

1603_060.jpg


ただそこからは、いわゆる “生活の匂い” というものが以前にも増して希薄になっているような印象を受ける。


1603_061.jpg


私はエサ場に隣接した防砂林の中に足を踏み入れた。

この区画の防砂林へ立ち入るのは、私にとってこのときが初めてになる。


1603_062.jpg


ところが私はまるで何者かに導かれるように、防砂林の奥へと進んでいった。

そうしてしばらく行くと、灌木の茂みが私の前に立ち塞がる。


1603_057.jpg


そこで私はその場にしゃがみ込んで周囲に視線を巡らせた。

そして “それ” が視界の隅に入ったとき、先ほどから私を誘導していたのが誰だったのか、私はその正体を知ることになる。


* * *


かつて防砂林の片隅にひとりの海岸猫がひっそりと暮らしていた。
チビ太郎_100619_001b
チビ太郎_100619_002

その海岸猫は仔猫のときに飼い主の手によって防砂林に捨てられた。
チビ太郎_100619_024
チビ太郎_100619_025
そして偶然通りかかったホームレスの男性に仔猫は拾われる。


『 チビ太郎 』と名付けられた仔猫は先天的か後天的か不明だが、そのとき既に眼を病んでいた。
チビ太郎_100619_026
チビ太郎_100619_027
チビ太郎を保護したホームレス‥‥、私が便宜上『 長靴おじさん 』と呼んでいるその男性は吐き捨てるように言った。


「眼の病気に罹ったから、こいつは捨てられたんだ!」と。
チビ太郎_100619_028
長靴おじさんの看病の甲斐あって、やがてチビ太郎の病はその進行を止めた。


その後チビ太郎は長靴おじさんの庇護のもと、海岸猫としては比較的平穏な生活を送っている。
チビ太郎_100619_029
チビ太郎_100619_030
こうして穏やかな表情で眠っていられるのも、長靴おじさんとねぐらのテント小屋の存在があってこそだ。


一方、どのような経緯があったのか知る由もないが、独り防砂林で暮らす長靴おじさんにとっては、チビ太郎が安らぎを与えてくれる存在であることもまた事実だ。
チビ太郎_100619_031
チビ太郎_100619_032
チビ太郎_100619_033

私はこのふたりの生活がこれからも永続的につづくのだろうと、何の根拠もなく思っていた。

少なくともこのときは‥‥。



* * *


1603_063.jpg


「そうか、お前だったのか、私をこの場所へ案内してくれたのは!」








1603_064b.jpg

1603_065b.jpg

1603_066b.jpg


“チビ太郎” は灌木に挟まれたわずかなスペースに、ちょこなんという感じでかしこまっていた。


1603_067.jpg

1603_068.jpg


茶トラ猫のチビ太郎、享年11歳。

家猫だったチビ太郎は数奇な運命を辿った末に、今は防砂林の一隅でしずかに眠っている。


scenery1603_19_filtered.jpg

scenery1603_20_filtered.jpg

scenery1603_21_filtered.jpg

scenery1603_22_filtered.jpg


身体は防砂林の土の中にあっても、翼をとり戻したチビ太郎の魂は、空を駆けて長靴おじさんのもとへ行ったのかもしれない。

夕空に軌跡をえがく飛行機雲を見ているうちに、そんな想像が私の脳裏をよぎった。



〈了〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

ありがとう

今晩は。

「ちび太郎、ありがとう。」
心に浮かんだのは、この感情です。

辛い一生をごめんね。
でも、生きて、そこに生きてくれてありごとう。
もう、辛くはない?

私も、病持ち。
私も、家族から用無しと言われた身。

ちび太郎、生きてくれてありがとう。

ねこさんへ

生きる

家猫から捨て猫、そしてテント小屋とはいえ
長靴おじさんの飼い猫として暮らしたチビ太郎。
しかし長靴おじさんが病を得たのをきっかけに、
再び寄る辺ない野良猫の身になりました。
それからも懸命に生きたチビ太郎でしたが、
病魔には勝てませんでした。

おそらくは安らかな最期を迎えただろうと思います。

私も彼から多くのことを学びました。
主に“生きること”について。
ですので私もチビ太郎に感謝しています。
「ありがとうチビ太郎。そしてお疲れさま」

No title

チビ太郎ちゃんの ご冥福をお祈りします・・・

きっと 導かれたのは wabiさんとの
楽しかった 思い出があったから
チビ太郎ちゃんが 呼んだんだと思います
長靴おじさんがくれた 幸せのように
wabiさんとの思い出も チビ太郎ちゃんに
とっては 素敵な思い出だったと思います

チビ太郎ちゃん 安らかにね・・・

No title

ちび太郎ちゃんのご冥福をお祈りします。

長靴おじさんに大切に育てられていた日々は、幸せだったと思います。
きっと愛された長靴おじさんの側で、一緒に遊んでいることでしょうね。
愛情をたくさん頂いたwabiさんのことも、忘れないで感謝しています。
眠っている場所への不思議な導きは、
wabiさんの愛情に応えるためだったでしょうね。
安らかな最期だったと思います。葬られている場所にきれいなお花が・・・。
天国に帰ったちび太郎ちゃん・・・安らかに・・・。

panther 375さんへ

チビ太郎の導き

チビ太郎の死去に際し、ご厚情あふれるお悔やみの言葉を
いただき感謝しています。

私自身も不思議な体験をしたと感じています。
道しるべもない初めて足を踏み入れた防砂林なのに
殆ど迷うことなくチビ太郎のお墓にたどり着きました。
ボランティアの方が荒らされないようにと考えたのでしょう、
けっして発見しやすい場所ではないのです。

私としても、やはりチビ太郎が導いてくれたのだと思っています。

マコさんへ

見えない力が

チビ太郎へ心のこもったお悔やみの言葉をいただき感謝しています。

チビ太郎は天使の翼をとり戻し、長靴おじさんのところへ行ったのでしょう。
飢えの辛さも病の苦しさも感じることなく、今ごろはおじさんの側で
丸くなっているのかもしれません。

右も左も分からない初めての防砂林で、チビ太郎のお墓にたどり着けたのは、
見えない力が導いてくれたからだと思います。。
きっとチビ太郎に会いたいという私の願いを彼が叶えてくれたのでしょう。

No title

チビ太郎の最期に浮かんだ風景が、穏やかで温かい記憶だったと思いたいです。
こればかりはチビ太郎にしかわからない事ですが、そうであってほしいと願います。
wabiさんをその場所へ導いてくれてありがとう。
頑張ったね、チビ太郎。ゆっくり休んでね。

くまさつお母さまさんへ

穏やかに

病の苦しみは私にも分かりませんが、チビ太郎の最期は
穏やかだったと思います。
ちゃんと埋葬されているので、おそらく猫ハウスのなかで
眠るように息を引き取ったのでしょう。
そして今頃は長靴おじさんの側でゆっくりと過ごしている
はずです。

No title

こんにちは
チビ太郎ちゃんのご冥福をお祈りいたします

チビ太郎ちゃんは きっと 長靴おじさんのそばで 
温かい手で 優しく撫でてもらっている夢をみながら 
旅立ったような気もちがします・・  

どなたか 弔って下さった方が・・  
チビ太郎ちゃん 良かったね。 痛いことも寂しいことも 
もうなくなって・・ どうか 安らかに眠ってね・・

ねこ眠りさんへ

住み慣れた海岸で

チビ太郎へのご丁寧なお悔やみのお言葉をいただき
感謝しています。

私もチビ太郎は穏やかな最期を迎えただろうと
思っています。
おそらく眠るようにひっそりと。

埋葬してくれたのは、それまでチビ太郎の世話を
してくれていたご婦人だろうと推察しています。
おそらく給餌のためにエサ場を訪れたときに
チビ太郎を発見したのでしょう。

チビ太郎自身も住み慣れた海岸で眠ることを
願っていたと思います。

チビ太郎 安らかに。

ずっと、ずっと気になっていたチビ太郎。
痩せた姿を見て、どうかこの世での役目を終えるその時が穏やかでありますようにと
願っておりました。
墓標を見て思わず号泣してしまいましたが、ずっと寂しかったであろうチビ太郎が、
長靴おじさんの隣で安心した面持ちでぐっすり眠っている姿が浮かび、冥福だけを
祈る気持ちになれました。

チビ太郎、辛く寂しい思いをしながらも頑張って生きてくれてありがとう。
Wabiさん、そんなチビ太郎を気にかけてくださりありがとう。

No title

ちび太郎はなくなっていたのですね。。
とても気になってました。
長靴おじさんとの写真の ちび太郎は 何を思っていたのでしょう。
できることならば 一生を長靴おじさんの元で暮らして欲しかったです。
きっと、ずーっとおじさんが 迎えに来るのを待っていたかもしれない。。
。。おじさんにも事情があったのでしょうけれど。。なんだかとても悲しくおもいます。
おじさんも 本当ならば連れて行きたかったとは思いますが。

そして 追記されたコ。
まだ若そうなのに どうしてしまったのでしょう。

お世話の方たちに ご飯を貰っていたでしょうから
余り餓える事はなかったと思いますので、その点では家猫では無いけれど 幸せだったと思います。
何が起きたのか。。

ふたりが 今住んでいるのは
とてもいい所だと思います。
あちらの世界で今度こそは
幸せに穏やかに暮らせるように願っています。

沢山の子達が なくなっていくのは
忍びないです。
wabiさんも さぞかし気落ちしたことでしょう。。
お大事になさってください。
大河の時を思い出しました。
亡くなる前って どうしていつもと違う穏やかな顔をしてくれるのでしょう。
病でも事故でも 察しているのでしょうか。。
お悔やみ申し上げます。

きなこっちさんへ

空を駆けて

チビ太郎へのご厚情あるお悔やみの言葉をいただき感謝しています。

野良猫の平均寿命を遥かに超えた11歳までチビ太郎は生き抜きました。
ただそれは約7年間を長靴おじさんの飼い猫として暮らしたからだと思います。
ですから飼い猫から寄る辺ない野良猫へ退転してからの4年間は、
チビ太郎にとっては辛く寂しいものだったでしょう。
それでもチビ太郎はニンゲンを恨むどころか、ニンゲンの愛情を希求しながら
懸命に生きました。
私の脚に身体をすり付けてくるチビ太郎を見るたびに、胸が張り裂けそうでした。

今チビ太郎は地上での苦しみや寂しさから開放され、空を駆けているはずです。

おこちゃんさんへ

どんな覚悟も役に立たず

長靴おじさんもチビ太郎と別れるのはきっと辛かったと思います。
でも入院していた病院、そしてその後行政に斡旋されたであろう住居、
いずれも猫を飼える環境ではありません。
だから長靴おじさんは、時折チビ太郎の様子を見に海岸まで来ていたのでしょう。

昨日亡くなった子は若くはありませんが、直接の死因は老衰でも病気でも
ありませんでした。
私にとっては思い入れのある海岸猫なので、いずれ記事にするつもりです。

これまで多くの海岸猫と悲しい別れをしてきているので、別れ際には常に
「これが今生の別れになるかもしれない」と思うようにしているのですが、
実際にそうなると、そんな覚悟など何の役にも立たず、激しい悲しみと後悔に
苛まれます。
追記記事にある「もう海岸猫とは関わりたくない」という文言は偽らざる
私の本心なのです。

今は何も

wabi様へ。
今は、何をどう言っても駄目なような気がします。
私自身が、駄目なんです。

老衰でも病気でもない…。
それが意味することを考えると、余りに辛いのです。

自分の情けない姿に重なって、
無力なことではなく、命の根源をゆるがす怒りに自分自身をコントロール出来ない状態だから。

wabi様、お辛い時間だと思います。

ねこさんへ

人為的要因

今朝、関係者数人が参集して、亡くなった海岸猫を
エサ場近くの防砂林に埋葬しました。
そこでこの子を看取った知人から動物病院で受けた
血液検査の結果を聞かされました。
血液の中に通常はある筈のないモノが検出されたそうです。
つまりこの子は、故意か過失か定かではありませんが、
自然死ではなく人為的な要因で命を絶たれたのです。

なんとも遣り切れない気持ちです。
そして同時に打ち震えるような怒りを感じます。

やはり

wabi様

人的要因。
やはりそうですね。

命を自分の所有物だと思っている思い上がった輩。
故意と決めつけることはできないでしょうが、
そう思えてしまうんです。

ヒトの命も所有物としている輩ばかり見てきたので。

そんな人間の愛を希求するこの子達が、本当の魂ではないのかと。
本当の愛を知っているのは、この子達ではないのかと。

wabi様、おからだ、気をつけて下さい。

虹の橋を渡たんだね

チビ太郎君、長靴おじさんを想いながら、安らかに、永久の眠りに就いたと想いたいです。辛い猫生の中で長靴おじさんと過ごした、穏やかな、愛しい月日が有ったから
こそ、一人に成って4年もの月日をいつかは長靴おじさんが迎えに来てくれると、長靴おじさんと過ごした日々が戻ってくる筈だと。そう想いながら耐えて来たんでしょうね。長靴おじさんと過ごした場所にお墓を建てて貰って。今頃は長靴おじさんに頭を撫でられて、体をくねらせて、ゴロゴロ鳴いてるでしょうね。そう有って欲しいとねがってます。

ねこさんへ

断罪されるべきは

いまだにショックから抜けだせないでいますが、
追記したように、いずれ私は立ち直ります。
そして薄幸な猫たちを護るつもりでいます。
彼らの命をゴミのように扱う酷薄なニンゲンがいる限り。

仰るように野良猫たちは純粋にニンゲンの愛を求めています。
彼らはあくまでも無垢で無辜な存在です。
ただ懸命に生きているだけの存在です。
彼らに責任はなく、断罪されるべきは彼らを遺棄した
ニンゲンたちのはず‥‥。

お気遣いありがとうございます。

良惠さんへ

長靴おじさんのもとで

お悔やみの言葉ありがとうございます。

私もチビ太郎の最期は穏やかなものだったと思います。
いきなり飼い主である長靴おじさんがいなくなり、
飢えと寂しさに耐えた4年間を過ごしたのですから。

今ごろは長靴おじさんのもとで心安らかにしているでしょう。
良惠さんの想像どおり、おじさんに撫でられながら
気持ちよさそうに喉を鳴らしながら眠っているのでしょう。
これからもずっと‥‥。

No title

チビ太郎くんに続き、23日に息を引き取った猫さんは、
wabiさんにとっては、おそらく一番思い入れのあったアノ猫さんだったと
推察致します、それも人為的な要因で命が絶たれてしまったとは、、、
お辛いですね、おかける言葉もございません。

「私はいずれ立ち直るであろう」の言葉に救われました、
猫さんたち、安らかに。

wabi様、どうか ご自愛くださいますよう。

都わすれ(あんまぁ)さんへ

悲しみを乗り越えて

この海岸猫との付き合いは旧ブログを始めて数ヶ月後だったと
記憶しているので、もう6年半ほどになります。
そして6年半もの交誼を持ったのはチビ太郎とこの子だけでした。

重ねて述べますが、私はこの悲しみを乗り越えていずれ立ち直ります。
そうしないと、懸命に生きている猫たちに合わせる顔がありませんから。

お気遣いありがとうございます。

No title

wabiさん、ご病気を抱えながらも、いつも海岸猫たちに想いを添わせて関わり続けてくださり、心から感謝いたします。
チビ太郎は、その生い立ちや病気ゆえの顔立ちで、ひときわ印象に残る子でした。
引き取りたいと何度も思いながらも、チビ太郎の性格を考える時、我が家のような大家族の中ではかえって不幸せにさせてしまうだろうと、私のその思いは捨てざるを得ませんでした。
なんといっても、私などよりもっと気遣っておられるwabiさんをはじめ優しい人たちに、長年チビ太郎は顧みてもらっていたのですから。

wabiさんが、海岸猫たちの身の上の事で慟哭しながらも、さらに強い優しさと補強された覚悟をもって見守り続けておられる姿勢に本当に励まされ、また感謝しています。

それにしても、長靴おじさんのかたわらでこの上なく幸せそうなチビ太郎の表情と、チビ太郎が暮らしていた場所に向かって「チビ!!」と呼びかけるwabiさんの姿がせつなくてせつなくて、脳裏に焼き付いて離れそうにありません。
こころからの感謝をこめて…

ねこやしきさんへ

猫に生かされて

チビ太郎の生涯は波乱に満ちたものでした。
仔猫のときに海岸に遺棄されて野良猫に‥‥。
そして長靴おじさんに保護されて再び飼い猫に‥‥。

長靴おじさんと暮らした7年間は、チビ太郎にとっては幸せな時期だったと思います。
しかし長靴おじさんが病を得て海岸を去ってからは、再び寄る辺ない野良猫に戻りました。
このときは理由も分からず、本人はさぞ困惑しただろうと思います。
それでも彼は、持ち前の生命力を頼りにしたたかに生きていました。
眼の病のせいで強面に見えますが、本来のチビ太郎は人懐こくて甘えん坊です。
でも仲間の猫とは何故か友誼を結ぶことを厭い、最後まで孤高の姿勢を貫きました。
ですからねこやしきさんが仰るように、チビ太郎を多頭飼いの環境に置くことは無理だったと思います。

ブログでも何度か述べましたが、野良猫と関わっていると切なく悲しいことばかりで、
その度に私の心は深く傷付き、海岸へ足を運ぶことすらできなくなります。
ところが、そんなときに猫たちの顔を思い浮かべると、また彼らに会いたくなるのです。
そして久しぶりに訪れた私を以前と同じように迎えてくれる猫たちを見ると、
不思議と力が湧いてきます。
結局、私は猫たちに生かされているのでしょう。

No title

(挑む)に 安心すると共に、
wabiさんへは 期待と楽しみが増えました。
お外の猫さんたちには 適切な言葉ではないけれど、表現が下手で ごめんなさい。

チビ太郎 この世では気を抜けなかっただろう

物質の無い場所では、精神の綺麗さだけが評価の対象だから、人間が他界してたどり着く場所より遙かに高い階層にいると思うけど、穏やかで永遠に幸福でいられることを祈っています。
もうこの物質世界には生まれてこなくていいからね。
長靴おじさんがいなくなってからは、きっとずっと怖い思いをしてたよね。

チビ太郎のような猫さんが30年後にはいなくなるように精一杯やってみるよ、今までは見て見ぬふりしてきたけど、やってみるよ。

天で会おうね。

おこちゃんさんへ

ほんの少し前進

私が挑戦する新たな取り組みを実現するには解決しなければならない
高い『壁』がいくつもあります。
結局は実現できずに途中で頓挫するかもしれません。
ただ最近になって同じ考えを持つ人達と知り合ったことで、
ほんの少しですが、前へ進めそうです。

ボンボンさんへ

猫たちのために

今の世はニンゲンにとっても無慈悲な世界です。
そして無辜な者が虐げられる不条理な世界でもあります。
まして寄る辺なき身の野良猫にとっては苦痛を強いられるだけの
“地獄”に等しい世界‥‥。
ボンボンさんが仰るように、そんな彼らが安息に過ごせるのは
精神世界にしかないのかもしれません。

ボンボンさんの挑もうとしているのは具体的にどういうものなのか、
私に知る由もありませんが、猫たちのために行動を起こす決断をなさったのですね。
もし私の拙いブログがそのきっかけになったのならばこれに優る喜びはありません。

No title

wabiさん

おひさしぶりです。

チビ太郎に続いて、またひとりの海岸猫がなくなったという猫は、●●●のことですか?

●●●は私にとっては、とても愛する猫なんです。

今は先住猫がいるためにほかの猫を飼うことはできませんが、●●●を飼いたかった。

●●●がいなくなるなんて、さびしすぎます。

ケンさんへ

悲しみに加えて

まず海岸猫の名を伏字に変更したことをお詫びします。
ただこの子のことはいずれ記事にするつもりですので、
今はまだ名を明かせないのです。

私もこの海岸猫とは親しくしていたので、
今回のことでひどく落ち込みました。
また関係者から死因は人為的な可能性があると聞き、
悲しみに加えてやり場のない怒りも感じています。

可愛いチビ太郎さん

wabiさん

私はチビ太郎が大好きでした。
wabiさんの足元でゴツンゴツンやってる時のチビ太郎がとっても可愛かった。
やせ細って現れた時は、泣きながら画面を撫でていました。

チビ太郎、辛い猫生だったけど 今は安らかですか?

ご冥福をお祈りします。

takoさんへ

チビ太郎は今

心のこもったお悔やみの言葉をいただきありがとうございます。

チビ太郎は眼病のせいで強面に見えますが、人懐こい子でした。
私が名を呼ぶとすぐに姿を現してくれ、takoさんが仰るように
頭突きをしながら身体をすり寄せてきました。
そんな無骨な親愛の表現もチビ太郎らしいものでした。

チビ太郎は今ごろ、長靴おじさんのもとで心安らかにしていると思います。

そうですとも

これからは、未来永劫。長靴おじさんの傍で、おだやかで安らかな日々が流れて行くのでしょうね❗出来うることなら、チビ太郎君が生きて居るうちにさせて挙げたかったかたですけど!誰にも判らないですよね。先の事は、内には17人居ます。先の事を考えると不安に成りますけど。生有るうちはみんなで楽しく生きようと、皆に言ってます🐱

良惠さんへ

苦界を離れて

この世は仏教用語で『苦界』と言われるほど苦しみが多い世界。
なかんずく野良猫にとっては生き抜くことさえ難しい世界です。
そんな世界を離れ、チビ太郎は愛する人のもとで心安らかにしているでしょう。

17にんの猫との生活はどんなものなのか、私には想像もできませんが、
忙しい毎日であっても沢山の楽しみがありそうですね。
非公開コメント


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~