プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
里親募集


偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

臆病な猫 (中編)




ビクは野良猫の母親から生まれた、言うところの『 生粋の野良 』だ。

以前暮らしていたエリア内にかつてあった、小さな掘っ立て小屋の中で生まれたと、当時世話をしていたKさんが教えてくれた。

つまりビクはニンゲンと生活を共にした経験をまったく持っていない。

私はだから、ビクに会うたびについ考えてしまう、彼女にとってニンゲンとはどんな存在なのだろうか、と。


160228b_040.jpg

160228b_041.jpg
海岸で生まれ育ったビクにとっては、防砂林と隣接する砂浜が世界のすべてだ。
ただしビクが砂浜へ足を踏み入れた光景を、私はついぞ見たことがない。



陽が落ちてからのビクの行動を私は知る由もないが、少なくとも日中は防砂林の奥で隠遁者のようにひっそりと暮らしているようだ。
160228b_048.jpg

160228b_049.jpg
そして自分のホームグラウンドともいうべきその防砂林のなかにいても、ビクが警戒心を解くことはほとんどないように見受けられる。


こうして食事しているときも例外ではない。
160228b_042.jpg

160228b_043.jpg

160228b_044.jpg

というより、自ずと無防備になる食事中の方が警戒モードをより高いものに引き上げている

たとえそこが人目につき難い場所であったとしても、だ。

むろん他の海岸猫も食事中には外敵の接近に注意をはらっているが、ビクほど神経質な動きは見せない。

160228b_045.jpg

160228b_046.jpg

160228b_047.jpg

ちなみに私が海岸猫を撮影する際は、カメラの腕が未熟ということもあり、「下手な鉄砲も数打てば当たる」の諺にならって、多くのカットを撮るようにしている。

しかしすべての瞬間をカメラに収めるのは、当然のことながら現実的に不可能である。

さて、いささか婉曲な言い回しになったが、私が読者諸氏に伝えたいのは、以下の事実だ‥‥。

160228b_050.jpg

160228b_051.jpg

さっきからビクが執拗と思えるほどあたりに目を配っているが、「実際はもっと頻繁に視線を巡らせていた」ということ。

もちろん正確な回数は憶えていない。

ただ写真に記録されている回数の倍近くの頻度だったと、おぼろげながら記憶している。

160228b_052.jpg

160228b_053.jpg

猫の性格は「臆病」と「大胆」に大別され、それを決定するのは父親から伝搬される遺伝子というのが通説になっている。

だがそれだけでは、どうしてビクが他の海岸猫よりも警戒心が強く怯懦な性格になったのかの理由としてははなはだ弱い。

160228b_054.jpg

160228b_055.jpg

だから私としては、あの “おぞましい事件” がビクの性格形成に暗くて深刻な影を落としているのでは、と思わずにはいられない。

猫も喜怒哀楽の感情を持つ生き物であるからには、『心的外傷(トラウマ) 』を抱えこんだとしても不思議ではないだろう。

160228b_056.jpg

160228b_057.jpg

160228b_058.jpg
食事を終えたビクは、このあとどうするかを決めかねているようだ。

私はあえてビクの歓心を買うような言動をとらないで、彼女の自由意志にまかせてただ傍観していることにした。

ややあってビクはトレイから離れると、短い脚をちょこちょこと動かして私の眼の前を横切っていく。まるで私の存在など眼中にないかのように。
160228b_059.jpg

160228b_060.jpg

160228b_061.jpg
ビクはそれから、その軽快な歩度を保ったままで灌木のあいだを縫うように進んでいった。


やがて防砂ネットくぐり抜けると、そのまま防砂林のあいだに設けられた通路を横断してゆく。
160228b_062.jpg

160228b_063.jpg

160228b_064.jpg
ビクのその後ろ姿を見送る私の心は複雑だった。

なんとなれば自分を忘れられたのは寂しいけれど、ニンゲンを安易に信用しないビクの行動に安堵感を覚えたからだ。

ビクがとなりの防砂林に足を踏み入れた、まさにその刹那だった。ビクは私の方をちらりと顧みた。
160228b_065.jpg

160228b_066.jpg

160228b_067.jpg
ほんの一瞬間ではあるが、確かにビクは私の顔を一瞥した。

「今の目顔は何かの意思表示なのか‥‥?」私は慌ただしく思いを巡らせる。


scenery160228_09.jpg

私は考えあぐねた末にビクの後を追って、となりの防砂林に入っていくことにした。

そして、とりあえず防砂ネットの裂け目から中をのぞきこんだ。

すると‥‥。

ビクは私がやって来ることをあらかじめ知っていたかのように、防砂ネットから3メートル程のところにこちらを向いて端座していた。
160228b_068.jpg

160228b_069b.jpg
「ビク‥‥!」思いがけないビクの応対に私は驚き、防砂ネットの外で立ちすくんでしまった。


ビクと私は数秒間そのまま向かいあっていただろうか‥‥、先に動いたのはビクだった
160228b_070.jpg
おもむろに腰をあげたビクは、迷いのない足付きでこちらへ向かって歩きだした。ビクの動きが予測できない私は、思わず後ずさる。


あたかも明確な目印でもあるかのように、ビクは防砂林と通路との境界線で立ちどまった。
160228b_071.jpg

160228b_072.jpg
だがそれも寸秒のあいだで、ビクはすぐに足を踏み出した。


そうして‥‥、小さなハスキーボイスを発しながら、私の脚に身体をすり寄せてきた
160228b_073.jpg
ビクは私のことを忘れた訳ではなかったのだ。どうやら1年半の空白も、ビクの記憶を消去するのには不十分だったようだ。


海岸猫(野良猫)と関わっていると、辛く悲しいことばかり体験する。それでもこうして海岸猫の親愛の情に接すると、心に温かいものが湧いてくる。
160228b_074.jpg

160228b_075.jpg
とはいえ、そんな気持ちになれるのは束の間のことだ。


ビクは私を先導するように薄暗い防砂林の奥へと進んでいく。まるで大型船を曳航するタグボートのように。
160228b_076b.jpg

160228b_090.jpg
ビクが向かっているのは行く手に見えてきた、発泡スチロールと色とりどりの食器が雑然と取り散らされた場所のようだ。


160228b_077.jpg

160228b_078.jpg
ビクは発泡スチロールの板の上に載っかるとしずかに腰をおろした。


この区画の防砂林には幾度か入ったことはあるが、こんな深部まで足を踏み入れたのは私にとって今回が初めてのことだ。
160228b_079.jpg


あらためて周囲を見まわすと、いくつもの食器が散乱していた。
「そうか、ここはビクにとっての『 エサ場 』なんだ」と私は思わず独りごちる。

160228b_080.jpg

それにしては、いささか乱雑だと思われる読者の方もいるだろうが、いくら整頓しても軽量の食器などはカラスによって散らかされてしまうのだ。

160228b_081.jpg
その証拠にカラスが咥えるには重すぎる陶製の食器は、所定の場所(おそらく)に置かれている。


更に周辺を探索すると、しっかりした作りの『 猫ハウス 』が二つ並べてあった。
160228b_089.jpg

160228b_088.jpg
私もその姿を数回目撃しているが、このエリアにはもうひとり、黒シロ(キジ白かもしれない)の海岸猫が住んでいる。おそらくはその子とビクのための猫ハウスだろう。


160228b_082.jpg

160228b_083.jpg

私はこれまでビクのエサ場の場所を特定できないでいた。

海岸猫のエサ場は通常、人目につかない防砂林の中などに設置する。

とはいえ防砂林でもあまり奥深いところだと、世話をするボランティアの人の出入りが難儀になる。

160228b_084.jpg

160228b_085.jpg

そこで多くの場合は防砂ネットの近くで、なおかつ人目につかない場所にエサ場は設けられる。

このエリアのエサ場をあえて防砂林の深部に設置したのは、ボランティアの女性が、臆病で神経質なビクの性格を考慮したからかもしれない。

これといった明白な根拠がある訳ではないが、そんな気がした。

160228b_086.jpg

160228b_087.jpg

会った当初のビクの態度を、私はただにべもないものだと考えていたが、今はビクの本当の意図が理解できる。

ビクは私を招待したかったのだ。

防砂林の奥のひそやかな場所にある自分の「住まい」に。

私はそんなビクの心づくしが嬉しかった。



〈つづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

No title

こんにちは ビクちゃんは wabiさんを ご招待したかったのですね!(*^-^*)
猫ちゃんもワンちゃんも鳥たちも・・心が伝わって 「来てもいいよ」とか 
「来てね」とか・・ 思っていることが 本当に通じ合う時があるなぁ・・って思います。
言葉はなくても 気持ちが伝わってきた時 とても可愛くて愛しいです・・

ねこ眠りさんへ

以心伝心

エリアを移動してからのビクのエサ場が何処にあるのか
分からなかったのです。
そのことをビクが察知して、私を安心させるために
案内してくれたのかもしれません。(^-^)

相手が動物だと、言葉でコミュニケーションをとれませんが、
それがために心での触れ合いがより密になるのでしょうか。
いわゆる以心伝心とかあうんの呼吸のように。

No title

そうやって語られると、奥が深いですね。
応援しておきました。ポチッ

矢田@医療職兼業トレーダーさんへ

彼らの気持ち

長年猫と付き合っていると、彼らの考えが何となく
分かるようになります。
もちろん結果から帰納法的に推察することも
多いですが……。

No title

最近このブログを知りました。読んでいて感激しました。写真がたくさんありよくわかります。ブログを読むのが楽しみです。厳しい環境で生きている猫達に優しい眼差しで見ているwabiさん、これからも無理のないように更新していただけたらうれしいです。楽しみにしています。ビクちゃんの事は不思議な感じですが、招待してくれたのですね。猫との気持ちが通じたのですね。素晴らしいです。続きが楽しみです。

たまちょびさんへ



記事にあるように、ビクとはもう6年半ほどのつきあいがあり、
彼女が何を求めているのか、何となく分かります。
もちろん見当違いの思い込みもありますが……。(笑)

たまちょびさんが、私のブログに逢着したのは
きっと猫が取り持った縁でしょう。

更新が滞りがちな拙ブログですが、
これからも宜しくお願いいたします。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~