プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
里親募集


偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

臆病な猫 (後編 )




「このエサ場はいつの頃から、此処にあるのだろう?」

160228b_091.jpg


ビクが『 東のエサ場 』から立ち去って久しいが、私はてっきり先ほど猫缶を与えた、この区画のとなりの防砂林を生活の拠点にしていると思っていた。

なんとなればその区画の防砂林からビクはよく姿を現していたし、ときおり海岸猫に食事を与えるときに使ったであろうトレイが残されていたからだ。


160228b_098.jpg

160228b_092.jpg


ちなみにビクが以前暮らしていた『 東のエサ場 』は、10名以上の海岸猫を擁する大所帯のエリアだった。

当時その猫たちは、Kさんという女性がひとりで世話をしていた。


160228b_093.jpg

160228b_094.jpg


ところがチビ太郎がエリアに出没するようになると、『 東のエサ場 』の海岸猫たちは彼を忌避し、やがて四散してしまった

するとKさんはそれを契機に海岸猫の世話をやめた。

仄聞したところによると、やめた原因は家庭の事情にもあったようで、おそらくはKさんにとって苦渋の選択だったに違いない。


私が『 東のエサ場 』でKさんと初めて会ったのは2010年の夏だった。

ビク2010-10
ビク2010-01b

そのときKさんは「ここの猫たちの世話を始めて8年ほどになります」と言った。

ということは、2002年から大所帯のエサ場をたったひとりで管理していたことになる。

ビク2010-02c

私がビクのことについて質問すると、Kさんは驚くべきことを語ってくれた。

それはビクが2歳のときに起こった、聞くだに “おぞましい出来事” だ。

ビク2010-05b

その日、Kさんはいつものようにエサ場にやって来た。

するとKさんを待っていたかのように、ビクはすでに姿を見せていたという。

しかしそのビクは極めて異様な姿でKさんを迎えた。

ビク2010-06

Kさんが近づいてよく見ると、ビクの小さな頭に『 ボウガン 』の矢が刺さっていたのだ※〔1〕

その矢はまるで女性の髪の束をまとめるために差し込まれたかんざしのように、ビクの頭を串刺しにしていたという。

ビク2010-07

驚いたKさんは自らの手で矢を引き抜こうとしたが、矢は頭蓋骨にがっちり食い込んでいてぴくりとも動かなった。

矢を抜くことをあきらめたKさんは、矢が刺さったままのビクを動物病院へと運びこんだ。

ビク2010-08b

そして獣医の手によってボウガンの矢はビクの頭から抜き取られた。

かかる大損傷を負いながらもビクは奇跡的に一命を取りとめ、また酷い後遺症も表れなかった。

ビク2010-04b

しかし今回ビクの写真を注意深く観察したところ、2、3年前から始まったと思っていた眼球が充血する症状が、すでにこのときから見られることに初めて気がついた。

もしかしたらこの眼の疾患はボウガンの矢で受けた損傷が原因かもしれない、と私はあらためて思った。

ビク2010-03b

おそらくは同一犯の仕業だと考えられるが、(サイコパスがこの街に何人もいると思いたくない)ブログを始めるきっかけを私に与えてくれた『 ミケ 』もボウガンの矢で首を射抜かれたと聞いている。

未だに野放し状態となっているその犯人に対して言うべき言葉を、私はもはや持ち合わせていない。

ビク2010-09

何故なら己の慰みのためだけに、無抵抗で無辜な猫をボウガンで狙い撃つニンゲンの心理状態は、私の理解不可能な領域にあるからだ。

結局のところ、このような別の世界の住人である犯人には私の声は届かないだろうし、たとえ届いたとしても私の言葉を解せないだろう。


この凄惨な事件はビクに心にいったい何をもたらしたのか、とはいっても、ビク自身に尋ねるわけにもいかず、彼女の表情や行動から推し測るほかないのだが‥‥。


160228b_095.jpg


前回も述べたように臆病で神経質なビクの気質は、先天的には父親の遺伝子によってある程度決定づけられたものだ。

さて前もって断っておくが、猫といえども後天的な性格形成というものは、思っているほど単純ではない、と私自身は思っている。

それでもボウガンの矢で頭を貫かれるという異状な体験が、ビクの性格形成に影響している可能性は否定できない


160228b_096.jpg

160228b_097.jpg


ではビクが誰彼の区別なしにすべてのニンゲンを恐れているかといえば、けっしてそんなことはない。

ビク自身が信頼しているという絶対的な条件が付帯するが、その条件を満たした者には極めて親密な態度で接してくる。

ときには他の人懐こい海岸猫よりも深い親愛の情を表わすことすらある。


私に対しても、毎回こうして足許に身体を横たえては、背中を撫でることを許してくれる。というより、実際は「背中を撫でなさい」と強要してくるのだ。
160228b_103.jpg

160228b_104.jpg
私はだから、ビクを訪ねたときは彼女の求めるままに、こうやって10分か15分のあいだ身体を撫でることになる。


おそらくは身体を触るという特権を与えられた他の人たちにも、ビクは同じ欲求をしているのだろう。
なんとなれば、ビクの被毛は野良猫とは思えないほどいつも艷やかだからだ。

160228b_105.jpg


ニンゲンを恐れながらも、ニンゲンの愛情を希求する臆病猫のビク。

私はそんなビクを見ていると、不憫に思うと同時にニンゲンとしてとても申し訳ない気持ちになる


160228b_106.jpg

160228b_107.jpg


しかしそんな私にしたところで、ビクにしてやれることはごく限られている。

ときおり訪れては、ビクの要求に従って身体を撫でてやり、おやつ代わりの猫缶を与えることしかできないのだ。


さっき食べ残した猫缶をビクがいつも使っている食器に移し替えてみた。
160228b_099.jpg

160228b_100.jpg
そして飲水もペットボトルに入れて持参してきた水と入れ替える。


そうしたところビクはおもむろに食器に近づくと、猫缶を食べ始めた。さっきより勢いよく。
160228b_101.jpg

160228b_102.jpg
しかも今度は周りを気にする神経質な素振りも見せない。
もしかしたら防砂林の深部にある自分のエサ場(住まい)、使い慣れた食器、そんな状況がビクに安心感を与えているのかもしれない。



scenery160228_10.jpg

scenery160228_11.jpg


ビクは今年、12歳を迎える。

野良猫が10歳を超えることは稀有なこと。

私の知るかぎりおいては、ビクのほかに10年以上生きた海岸猫は、稀代の野良『 ミケ(12歳) 』、扁平上皮癌と闘った『 ミリオン(11歳) 』、そして今春他界した『 チビ太郎(11歳) 』だけだ。※〔2〕※〔3〕

ビクはボウガンの矢で頭を射抜かれる危難に遭っても、奇跡的に回復するという強運の持ち主でもある。

ビクはだから、臆病な猫というだけでなく、“奇跡の猫” ・ “強運の猫” なのだ。

しかし‥‥、奇跡はその性質上、たびたび起こる現象ではない。

私はその現実をあとになって改めて思い知ることになる。



〈了〉



脚注
※〔1〕ボウガン:『株式会社ボウガン』の商品名。正式名は『クロスボウ』だが、広く人口に膾炙しているボウガンの名称を使った。
※〔2〕ミケ(12歳):あくまでも獣医の見立てによる推定年齢である。
※〔3〕チビ太郎(11歳):チビ太郎は途中の7年間を長靴おじさんの飼い猫として過ごしたから、純粋な野良猫とはいえない。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

No title

あれから更新を楽しみにしていました。今日読んでビクが大変な虐待を受けていたと知り驚いています。本当に酷いと思いました。そして怖いと思いました。よく生きていたと思います。ビクの気持ちを考えると悲しくなりますね。酷い人間には憤りを禁じ得ません。二度と無いことを祈っています。幸運にも生き延びたビクがこれからも健気に生きていってくれることを願っています。wabiさんよろしくおねがいします。

たまちょびさんへ

何故虐待を‥‥

更新が遅くて申し訳ありません。
現実の時間に更新が追いつかず、写真ばかりが溜まっています。
これは私のブログの特徴だとあきらめてください。(笑)

さてビクが危殆に瀕した“ボウガン事件”は、ニンゲンの酷薄さを
改めて関係者に知らしめました。
その後においては、これほど酷い虐待事件はありませんが、
海岸猫に対する間接的、直接的な虐めや嫌がらせは後を断ちません。
大半の海岸猫は民家から遠く離れた防砂林の中で暮らしています。
彼らはニンゲンに迷惑もかけずにひっそりと生きているだけです。
何故そんな彼らを傷つけるのか、私には到底理解できません。

No title

こんにちは
何の罪もない猫たちに 矢を射ることの出来る冷たい心の人も
いるけれど 寄り添ってきた猫ちゃんの毛を優しく撫でてあげて
ひもじくないよう気遣ってくれるwabiさんや kさんや 沢山の
温かい心の方々がいて・・ 
猫ちゃんたちと温かい心の方々に どうか 良いことが山ほどありますように・・   幸せなことが一杯ありますように・・祈っています(*^-^*)


ビクちゃんの続きが気がかりです・・

ねこ眠りさんへ

ニンゲンとは

記事にも記しましたが、この手の残虐な行為をする狂人の心境は
私には理解できません。
このような所業に対して、普通「人間のすることではない」と言いますが、
私が思うに、地球上で最も残酷な生き物は間違いなくニンゲン。
ですからこの場合、「如何にも人間のやりそうなことだ」と言うのが
正しいのでしょう。悲しいことですが。
もちろん野良猫を温かい目で見る人もいますし、救いの手を差し延べる
優しい人もいます。
そんな人が一人でも多くなることを願ってやみません。

No title

初めまして。

野良猫さん、
長生きしてくれるといいですね。

リンタン地域は極寒地域なので、野良猫さんの寿命は5~6年と言われています。
カラスも異様に多いし、弱った猫が襲われてるの見たことあります。

外敵にまけないでね、

うちの子も扁平上皮癌で亡くなりましたが、
病気と闘う生き様がすごくて、、頭が下がってました。

注がれた愛情に動物は応えてくれますよね。
野良猫さん達も、温かい気持ちで生きられますように。

ママ犬さんへ

野良猫が天寿を全うできる日

こちらこそ初めまして。

海岸に住む野良猫たちも短命で、おそらく平均寿命は
4~6年だろうと思います。
死因として考えられるのは事故、怪我、病気、暑さ寒さ、
カラスなどの外敵、そしてニンゲンの虐待などです。
またある日突然行方不明になる子も多く、ビクのように
10歳を超えられる猫はめったにいません。

野良猫が天寿を全うできるような社会環境の
整う日がくるのを願うばかりです。

海岸猫への激励、ありがとうございます。

体調不良~

こんばんは~
大丈夫ですか?
毎日猛暑続きですがこの暑さに
まいりそうです!
くれぐれもお大事になさってくださいね(´∀`*)

よっこたんさんへ

いずれ復活

お気遣いいただきありがとうございます。
まだ身体は思うように動いてくれませんが、
酷い抑うつ状態からは抜け出せたようです。
私の症状は季節とも密接な関連があるのですが、
夏は比較的調子がいいはずなので、少々戸惑っています。

今しばらく時間が必要だと感じていますが、いずれ復活します。
ご心配をおかけしました。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~