プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
里親募集


偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

ニューカマー (前編)




初春‥‥。だが今年は春の到来が遅れていて、海岸に吹く風はまだ冷たい。
scenery160315_07.jpg

scenery160315_02.jpg

scenery160315_01.jpg

scenery160315_05.jpg

scenery160315_06.jpg
頭上を見あげると、上昇気流をとらえたトンビがいかにも気持ちよさそうに、弧を描きながらゆったりと滑空している。


私は久しぶりにリンの住むエリアを訪れた。

160315_001b.jpg
エリアの中をゆっくり歩きながら名を呼ぶと、リンはすぐに姿を現した。


そしてリンは側に寄ってきては、親愛の情をこめて私の脚に身体を擦りつけてくる。
160315_002.jpg

160315_003.jpg
以前会ったときよりリンは少し太っていた。おそらく去年の秋に篤志の方たちによってなされた避妊手術の影響だと思われる。


2年前に私自らリンに避妊手術を受けさせようと捕獲を試みたのだが、私に馴れているはずのリンの予想外の抵抗にあい、2度失敗した経緯がある。

その直後私は体調不良におちいり、長らく海岸へ来られなかった。その間にリンは出産をし、3名の子供をもうけた。

だから私は今でも捕獲の失敗をひどく悔やんでいる。


160315_004.jpg

160315_005.jpg


自分ではそんなつもりはないと思いたいのだが、抱くこともできるリンだから簡単に捕獲できるだろうという気の緩みが心のどこかにあったのかもしれない。

それでも、抱きあげてキャリーバッグに入れようとして逃げられた1度目の失策を自戒し、2度目は食べ物でキャリーバッグに誘導する方法を採った。

だが前回の記憶がリンの脳裏に残っていたのだろう、リンはけっしてキャリーバッグに入ろうとしなかった。


160315_006.jpg


不幸な子をこれ以上増やさないためにも、またリン自身を長生きさせるためにも、誰が避妊手術を受けさせようと、基本的には構わない。

だから当然、今回リンに避妊手術を受けさせてくれた人たちには感謝している。

ただ本来は、リンの生い立ちやその後の来歴を知る私がやるべきことだったと感じているのも事実だ。

とはいっても、偏狭なこだわりを持っていた訳ではなく、純粋にそうするのが自然だと思っただけなので、どうかそこのところは誤解しないでいただきたい。


160315_007.jpg


実際に捕獲を試みる以前に、その当時リンの世話をしていたホームレスの人にリンの避妊手術を2度申し入れてことごとく断られて歯がゆい思いをしている。

そのような経緯もあり、私はリンの捕獲失敗をことのほか後悔しているのだ。


私がそんな思いにとらわれているときだった。

背後に何かの気配を感じたのは‥‥。


振り向くと見知らぬ猫が灌木の茂みの側から、こちらの様子をうかがっていた。
160315_008.jpg

160315_009b.jpg

160315_010b.jpg
このエリアで暮らしている海岸猫なのか、それともたまたま通りかかった流浪の猫なのか、しばらく海岸から足が遠ざかっていた私には判断がつきかねた。


リンもその存在に気づいたらしく、いつの間にか私の足元にきて端座していた。
160315_011.jpg

160315_012.jpg
ふたりの間にはおおよそ6~7メートルほどの隔たりがある。リンとサバ白猫はその間合いを縮めることも延ばすこともせず、ただ黙って向きあっている。


猫は縄張り意識の強い動物なので、ほかの猫が自分のテリトリーに侵入してきたら、たいていの場合は威嚇して追いだそうとする。

しかし表情こそ確認できないが、リンは沈黙したまま身じろぎしない。


そしてサバ白猫の表情からも敵意や害意といった感情は微塵も感じられない。
160315_013.jpg

160315_014.jpg

160315_015.jpg
互いにこれといった行動をとらずに口を閉ざしたまま見つめ合っているのは、ふたりが既知の仲だからかもしれないな、と私は思った。


写真のデータをあとで調べて分かったことだが、サバ白猫の姿を視認してからこの時点まで2分以上経過している。
160315_016.jpg

160315_017.jpg
私はふたりに干渉しないように後ずさって、成りゆきをしずかに注視していた。


160315_053.jpg

160315_018.jpg
すると何かのきっかけがあったのか、それとも当初からの予定の行動なのか、サバ白猫はいきなり身をひるがえすと足早に遊歩道の奥へ歩きだした。


160315_019.jpg

160315_020.jpg

160315_021.jpg
そうしてサバ白猫は灌木の茂みの中に姿を消した。その間一度も後ろを振り返らなかった。


scenery160315_09.jpg


私はエリアにいくつかあるエサ場のうちで、最も古くからあるエサ場へ足を運んだ。
160315_035.jpg

160315_036.jpg
リンも私のあとを追うようにエサ場にやって来た。


このエリアで一緒に暮らしているはずのリンの娘の姿を捜したが、傘にかこまれたサ場に誰かが潜んでいる気配は感じとれなかった。
160315_037.jpg
少なくともこのときは‥‥。


リンは陽が傾いた海岸の情景をネット越しに眺めながら、何やら沈思している風情だ。
160315_038.jpg

160315_039.jpg
今の海岸での暮らしぶりについて考察しているのか、それとも生き別れた子供たちに想いを馳せているのか、残念ながら私にはうかがい知ることができない。


リンは姉妹のランとともに2010年4月27日、防砂林の中にあったホームレスのテント小屋で生を受けた。

テント小屋とはいえリンとランは一家眷属ともども室内飼い状態だったのだが、2012年の春に飼い主であるホームレスの男性は海岸から立ち去った。

その際に男性は知り合いのホームレスに猫たちを託した。


160315_040.jpg

160315_041.jpg


ところが外で飼われるようになってからしばらくすると、妊娠中のリンとラン以外の猫は全員いなくなったという。

その直後の2012年5月にリンとランは揃って出産した。

ランは出産後3名の子供のうちふたりだけを連れて、世話を受けていたホームレスのテント小屋を離れて別のエリアへ移り住んだ。


160315_042b.jpg


リンは生まれ育ったそのエリアに残ったのだが、2013年8月にテント小屋が放火に遭ってホームレスの人が防砂林から退去させられたために、寄る辺ない野良猫の身となる。

だがそんな境遇におちいったあとも、リンは防砂林の中で子供を育てながらたくましく生き抜いた。

結果としてリンもまた、周囲のニンゲンの事情のせいで運命を翻弄された犠牲者である。

私としてはこれ以上過酷な状況にリンが追いこまれないよう祈るばかりだ。


160315_043.jpg

160315_044.jpg

160315_045.jpg

160315_046.jpg

160315_052.jpg
ゆっくりとした足取りで私の目の前を横切ったリンは、そのままエサ場を去っていった。


《他のエサ場へ行くのかもしれない》、そう思った私は、さっきとは逆にリンのあとを追っていくことにした。

そうして傘にかこまれたエサ場を通りすぎようとしたときだった。

私の視界の片隅でなにかが動いた。


160315_047.jpg
とっさにリンの娘だ、と思った私はカメラをかまえて向きなおった。


しかしそこにいたのは別の猫だった。海岸ではついぞ見たことのない、灰色と白の被毛をまとった猫だった。
160315_048.jpg


私は興奮をおさえながらシャッターを切りつづけた。
160315_049.jpg

160315_050.jpg
顔を洗っているということは、今までエサ場のなかで昼寝をしていたのかもしれない。


灰シロの猫はまだ幼さが残る顔をあげた。身体の大きさから推すと生後半年くらいだろうか?
160315_051.jpg

いっときの高ぶりが徐々に治まってきた。

すると初対面の海岸猫を眼前にした際に言う言葉が、私の口から自然について出た。

「お前は誰だ‥‥?何処から来たんだ‥‥?」



〈つづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

No title

体調不良とあったので、心配していましたがまた新しい話が始まったので、ほっとして読みました。ビクの事も少し心配ですが、また違う猫の話がたのしみです。
体調が良いことを願っています。

たまちょびさんへ

ビクのこと

私はときおり酷い抑うつ状態に陥ります。
そうなると身体が鉛のようになり、何かをしようとしても
うまく身体が動いてくれません。

今回の話は症状が酷くなる前に8割がたできあがっていたのものです。
ビクのことはこの話のあとに記事にするつもりでいます。

お気遣いありがとうございます。

No title

今晩は。

ビクの記事では、私自身が辛く、コメントが出来ずじまいでした。
海岸猫、自分でやってくるのでしょうか。

以前、私が住んでいた所では、すぐ目の前に「猫山」とよばれる山がありました。
捨てていくんです。
そこは犬の散歩路にも多く利用されていて、ドーベルマンをゴルフクラブ片手に連れている例の「猫狩り」飼い主もいました。

自分に出来ることが思いつかず、何匹の子を見送ったでしょう。

ねこさんへ

ご自分を責めないで

ビクの物語はまだ完結していません。
近々、後日談を記事にする予定です。

さて、成猫なら街から海岸へ流れてくることも考えられますが、
幼い猫が交通量の多い国道をひとりで超えて海岸まで来ることは
可能性としてはかなり低いです。
たいていは酷薄なニンゲンの手によって海岸へ遺棄されます。
いくら罰則が強化されても、こういう輩がいなくなることはありません。

7年ほど前のことですが、この海岸にも大型犬のリードを離し、
「行け!」と言って海岸猫を襲わせる鬼畜の話をホームレスの人から聞きました。

ねこさんの場合は凶暴なドーベルマン、そして凶器にもなるゴルフクラブを持った飼い主、
誰もが見て見ぬふりをする状況です。
またその当時は警察も積極的に動いてくれなかったと推測します。
ですから、あまりご自分を責めないでください。

No title

こんにちは
まだ 海岸に行かれるほどは 良くなっておられないとの・・
でも 心配をしていたので 今日の更新に 少しほっとしました(*^-^*)
まだまだ 暑い日が続くので どうかくれぐれも お大事にして下さいね(^-^;

(リンちゃんの娘)の仔猫たち・・里親さん募集のことで かえって 
お気を遣わせてしまって ごめんなさい・・ 心配ないと 教えて下さって
ありがとうございました。 ほっとしました(*^-^*)
海岸には また 体調がよくなられてから行かれて ご無理をなさらないように
どうか お気をつけて下さいね。

リンちゃんの話の続き・・ また お待ちしていますね(ゆっくりで!!(^-^))

ねこ眠りさんへ

「ゆっくり」と

私の症状は暑さとはあまり関係がないのですが、
それでも今回の体調不良で食欲が減退し、体重が減りましたから、
暑さに負けて身体に力が入りません。(笑)

リンの娘の子供のうち4名は里親さんに引き取られたのですが、
最後に保護されたキジトラの子は未だ申し込みがないようです。
生後3ヵ月以上の仔猫は、里親さんを見つけるのが困難になると
市民団体の方が言っていました。

お気遣いありがとうございます。
体力が戻るまで今しばらく時間を要しそうです。
更新も体調と相談しながら「ゆっくり」するつもりです。(笑)

No title

wabiさん

ありがとうございます。
wabiさんが、ビクのことを、親身になっておせわをしていたことが、よくわかりました。
感謝の気持ちで、いっぱいです。

そして、この場をかりて、ビクの世話をしていた他のボランティアの方にも、感謝の気持ちを伝えたいと思います。
ありがとうございました。

匿名さんへ

ビクに癒やされました

私自身はビクの暮らすエリアが自宅から
遠いということもあり、時々しか訪れていません。
そんな私の顔をずっと忘れないでいてくれ、
久しぶりに会ってもいつも身体をすり寄せて、
親愛の情を示してくれるビクによって私の心は
ずいぶん癒やされました。

ですから私もビクの世話を何年も続けていたKさんと、
そのあとを引き継いだSさんに心から感謝している次第です。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~