プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
里親募集


偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

ニューカマー (中編)




「お前は誰だ?」とか「何処から来たんだ?」などと猫に尋ねても、答えが返ってくるはずのないことはもちろん私も承知している。

だがこういう場面に逢着した場合、ほかの言葉が浮かんでこないのだから仕方がない。

そこで私は馬鹿のひとつ覚えのように、ふたたび幼い海岸猫に訊いてみた。

「お前は誰だ?、何処から来たんだ?」と。

160315_054.jpg

160315_055.jpg

160315_056.jpg
しかし灰シロ猫は今回も私の問いかけを完全に無視し、あくびしながら背骨を大きく湾曲させて伸びをした。


灰シロ猫と私の間には4メートルほどの距離しかなく、当然灰シロ猫は私の存在に気づいているはず。

なのにこの泰然とした物腰態度はいったいどういうことだ‥‥?


160315_057.jpg

160315_058.jpg
カメラを持った見知らぬニンゲンが目の前にいるというのに、あろうことか灰シロ猫はその間合いを自ら詰めてきた。


松の幹を見据える灰シロ猫‥‥、爪を研ぐつもりなのか?
160315_059.jpg

160315_060.jpg
いや、これは爪研ぎではなく、松の木を利用した『 伸び 』のバリエーションのひとつだと思われる。何故なら幹にかけた前足をまったく動かしていないからだ。


灰シロ猫は松の木から前足をおろしたとたん、何のためらいもなくこちらに向かって歩を進めてくる。
160315_061b.jpg

160315_064b.jpg
我々の距離はついに2メートルを切り、戸惑った私は思わず背筋をのけぞらせながら後ずさった。


初見の海岸猫、それもまだ仔猫といってもいい海岸猫にこちらが気圧されるなんて経験は今回が初めてであり、そしておそらく向後も二度とないだろうと思われる。

この灰シロ猫の出自は不明だが、猫の性格形成には父親の遺伝子が大きな影響力を持つという説が正しいのなら、この子の父親は『 豪胆 』な猫にちがいない


私の脇を昂然とした足付きで横切ってゆく灰シロ猫。
160315_062b.jpg

160315_063.jpg
この行為は穿った見方をすれば、『 示威行動 』ともとれる。まったく何という大胆不敵な猫だ。


ただこの物おじしない行動だけでは元飼い猫だったのか、はたまた生粋の野良なのか、簡単には判断できない。

なんとなれば、生粋の野良のなかには最初から人懐こい子もいるし、それとは逆に飼い主に遺棄されたばかりであってもニンゲンを忌避する子はいるからだ。


160315_065.jpg

160315_066.jpg


かかる状況にあってはまず、母猫や同じ月齢の兄弟が近くにいないかを確かめる必要がある。

がしかし、その可能性はかなり低いだろう、というのもこのエサ場に来てからすでに20分ほど経っているが、近くに家族がいるならとっくに姿を見せていると考えられるからだ。


160315_067.jpg

160315_068.jpg


この灰シロ猫について今現在判明しているのは、月齢が半年くらいの男子ということくらいだ。

どういういきさつでこの子がこのエリアで暮らすようになったのか‥‥、いずれ関係者に会って訊いてみるしかないな、と私は思った。


160315_069.jpg

160315_070.jpg
ここにきて、灰シロ猫はようやく私の顔をまともに見た。まるでたった今、その存在に気づいたかのように。


少し憂いを含んだ幼い猫の表情がなにを物語っているのか、私の凡眼では読み取れない。
160315_071.jpg

160315_072.jpg


いずれにしろ生後半年ほどの幼い猫が親とはなれて独り海岸で暮らすようになるまでには、辛く悲しい目にあったにちがいなく、無邪気な振る舞いを見ただけにかえって不憫に思う。


160315_073.jpg

160315_074.jpg


またこの子が此処に住みついた時期については、自分の運命を受け入れた諦観といってもいい雰囲気を漂わせているところを見るかぎり、最近のことではないだろうと推測できる。


160315_075.jpg

160315_076.jpg

160315_077.jpg
私がそんな思いに耽っていたら、灰シロ猫はあくびをしながらこちらに歩み寄ってきた。


この再接近に対して私はその場に佇み、ただシャッターを切ることだけに専念した。
160315_078.jpg

160315_079.jpg


いくら人を警戒しない猫であっても敢えてこちらからは手を出さない、これは私が野良猫と付き合ううちに自然と習得した対応方法だ。

そもそも私が野良猫に関わる目的は彼らと親密な間柄になることではなく、彼らを観察しその実態をブログで発信することにある。

しかしそうして発信した記事を読者諸氏がどう受けとめるのか、それはそれぞれ違うだろうし、管理人である私はコメントなどの内容から推察するしかない。


160315_080.jpg

160315_081.jpg


過去においては、私のブログ(旧ブログ)を読んだのをきっかけに野良猫の保護活動を始めたという、望外なメールが寄せられたこともあったが、あくまで稀な例だ。

それに私もそこまで求めている訳ではなく、これまで実情を知らないという理由で野良猫に無関心だった人が少しでも彼らに温かい目を向けてくれたなら、私にとって本懐なのだ


エサ場の入り口で立ちどまっている灰シロ猫。
160315_082.jpg

160315_083.jpg

160315_084.jpg
灰シロ猫はやがて、長い尻尾を上げたままエサ場のなかへ姿を消した。


scenery160315_08.jpg
今日はまだその姿を見せていないリンの娘を捜すために、私はふたたび遊歩道へ戻った。


すると、緊張した面持ちで遊歩道の上に佇んでいるリンと目があった。
《 あんなところでいったい何をしているんだ、リンは? 》

160315_022.jpg

160315_023.jpg
私の姿を認めたのをきっかけとしたように、リンは慎重な足運びで灌木の茂みに近づいていく。


そして灌木の手前でうずくまり、耳をそばだててその奥を凝視しはじめた。
160315_024.jpg
常ならぬリンの挙動から推しはかると、どうやら灌木の奥に何者かが潜んでいるようだ。

今日はすでに初見の海岸猫ふたりと遭遇しているのに、また新たな猫との出会いが待っているとでもいうのか‥‥。



〈つづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

No title

こんにちは
新たな猫ちゃんとの出会いが まだ続くような ラストだったのですが
はたして・・(*^-^*)


もしかしたら 体調が思わしくないところをおして お母さん猫ちゃん
(リンちゃんの娘)の様子を見に行って下さったのではないでしょうか・・ 
もしそうでしたら wabiさんに お世話をおかけしてしまい ごめんなさい。 ほんとうにありがとうございます。
 
夏バテなど 暑さからの疲れは 気力も落ちてしまうかも知れないので 
どうかくれぐれも お身体に無理をされませんよう・・
体調にお気をつけて下さいね(*^-^*)

ねこ眠りさんへ

復調までもう少し

もったいをつけた『引き』で終わらせてしまい申し訳ありません。
次回、期待に添えるといいのですが、おそらくは‥‥。(笑)

さて今回の話は、初春の頃の話なのでお気遣いは無用です。
却ってお気を遣わせる内容になったことをお詫びいたします。
ご心配のリンの娘は息災にしていると思われます。

私は少しずつではありますが、回復の方向へ向かっています。
ただ前回、回答したように、春先より始まった食欲不振が
改善されず、未だに体重の減少が続いていて、
海岸へ行けるまでには復調していません。
この食欲不振も精神的なことが原因だと推測されますので、
今しばらく時間がかかる気がします。

いつもお気遣いいただいて感謝しています。
ねこ眠りさんにおかれましても、残暑厳しき折、
ますますのご自愛をお祈りしております。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~