プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト


検索フォーム
里親募集


偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

ニューカマー (後編)




いったい誰が灌木の中にいるのか私もその正体を知りたいのだが、こういうとき私は大抵距離を置いて静観することにしている。
160315_025c.jpg

160315_121b.jpg


実質的には限定された領域で完結している野良猫の社会に、部外者であるニンゲンがむやみに首を突っ込むのは良策でないと思っているからだ。

たとえ喧嘩になったとしても弥縫策的な仲裁など何の役にも立たないし、また決着がつかないことでかえって遺恨を残すことも考えられる。


160315_122b.jpg


家猫同士の場合も基本的には同様で、劣位の者が逃げ場のないところへ追いつめられたり、優位の者が一方的に攻撃をしつづける状況にならない限りは傍観している方がいい。

なんとなれば野生の本能をいまだに墨守している猫、その猫社会における序列をニンゲンが無理やり変えたとしても、そこには歪んだ力関係が生じ、双方に解消されないわだかまりを抱かせる結果になるかもしれないからだ。※〔1〕

ただし、上記の事項はあくまでも私見であることを申し添えておく。


160315_026.jpg
灌木の奥に潜んでいた何者かが立ち去ったのか、やがてリンはおもむろにきびすを返すとこちらに向かってきた。


160315_027.jpg

160315_028.jpg


リンはこのエリアで最年長の海岸猫であり、また母親でもある。

だからおそらく自分のテリトリーを定期的に見回るのは、リンの務めであり慣習なのだろう。


リンがいた辺りの灌木の奥を覗くと、何と先刻リンと対峙していたサバ白猫の姿があった。
160315_029.jpg
当然リンも気づいているはず、それなのにこの場を離れたということは、このサバ白猫とリンは私が最初に感じたように見知った間柄なのかもしれない。


160315_034.jpg
ところがそんな私の反応を観察していたのか、振り向くとリンが緊張した面持ちで目を瞠っている。


そしてリンはふたたび灌木の茂みへ足早に近づいて行き、その奥を注視し始めた。このリンの行動に私は奇異な印象を受けた。
160315_030.jpg

160315_031.jpg

サバ白猫はたしかに灌木の茂みの中にいた。でもその事実はリンだって知っているはず、なのに何故いまさら警戒心をしめす必要があるのか、私にはさっぱり理解できない。

可能性として考えられるのは灌木の中に複数の猫がいた場合だが、しかしそんな偶然があるものだろうか。


160315_032.jpg

160315_033.jpg
さっきの場所にサバ白猫の姿はないし、リンの後ろ姿からも緊張感は感じられない。
今度こそサバ白猫は立ち去ったようだ。



その時である、数メートル先の遊歩道を横切る影が私の視界に飛びこんできたのは。
私はとっさにレンズをそちらに向け、シャッターを押した。

160315_085.jpg

160315_086.jpg
それは捜していたこの春に1歳を迎えたばかりのリンの娘だった。

《 待てよ、リンの娘が出てきたのは、さっきサバ白猫が潜んでいた同じ灌木の茂みだ 》

《 ということは‥‥、リンの娘とサバ白猫は灌木の中に仲良く潜んでいたのか? 》

このエリアの事情に疎い私は、その可能性を完全に否定できる立場にはないが、かといって肯定できる場面を目撃した訳でもない。


160315_087b.jpg


そんな私が知っているのは、サバ白猫が “太くて短い尻尾” の持ち主だという事実。

つまり‥‥。

サバ白猫の尻尾はリンやリンの娘と同じ形状をしている、とだけは明言できる。

この事実にどんな意味があるのか、残念ながら今の私は判断を下せるだけの情報を持っていない。


私はリンを引き連れ、リンの娘の後を追って防砂林の奥へ進んでいった。
160315_088.jpg

160315_089.jpg

というのは私の一方的な思いこみであって、リンとしては逆に私を “ 露払い役 ” にしてテリトリーを巡回しているつもりなのかもしれない。


リンはじきに私から離れ、周囲の匂いを丹念に嗅ぎはじめた。
160315_090.jpg

160315_091.jpg
テリトリーにほかの猫の匂い、とりわけマーキングの跡が残っていないか細心の注意をはらっていると思われる。


ところが私が一瞬目を離した隙にリンは松の木によじ登ってしまった。ちなみにリンは小柄なこともあって木登りを十八番(おはこ)としている。
160315_092.jpg


猫が高いところを好むのにはそれなりの理由がある。

まず外敵に襲われるリスクが低くなり、逃げるのにも都合がいいということが挙げられる。

そして視点が高くなると視認性が良くなって、敵の接近や獲物の居場所をいち早く察知できる。


160315_093.jpg

160315_094.jpg


猫はおおむね木登りが得意だが、なかには木登りが不得手なぶきっちょな猫もいる。

外敵が多い野良猫にとっては、木登りの得手不得手が生死を分けることも十分に考えられる。


160315_095.jpg


リンは生まれてからの3年間をホームレスの庇護のもと、防砂林にあったテント小屋で暮らしていた。

2013年の夏に、そのテント小屋が放火に遭ったのをきっかけとして、リンは野良猫生活を余儀なくされる。

リンが野良猫としてこれまで生き長らえてこられたのは、自身が持つ運動能力の高さが要因のひとつかもしれない。


160315_096.jpg

160315_097.jpg
防砂林の一隅を見つめて、リンがにわかに身構えた。さっそく何かを発見したようだ。


リンは視軸を保持したまま体勢を変えた。
160315_098.jpg

160315_099.jpg
リンが何を凝視しているのか私には確認できないけれど、リンの視線の角度からすると樹上にいる小鳥に照準を定めていると思われた。

私は何度か目撃しているが、肉食動物である猫は鳥も捕食する。※〔2〕


160315_100.jpg

160315_101.jpg

だがこのような状況では相手に気づかれないように近づくのは不可能だ。

驚異的な跳躍力か翼をリンが持っていれば話は違ってくるが。


対象物が動いたのだろう‥‥、その動きに合わせてリンも視線を移動させる。
160315_102.jpg

160315_103.jpg
どうやらリンが狙っていた獲物は何処かへ飛び去ったようだ。残念な素振りを見せないことから、リン自身も当初から捕獲できるとは思っていなかったのだろう。


リンは視線を元の方向に戻したが、さっきまでの張りつめた雰囲気は雲散している。
160315_104.jpg

160315_105.jpg
たぶん居心地が良いからだろうと思うのだが、リンはこうして木に登るとなかなか降りてこない。

そこで樹上のリンをそのままにして、私は最初に訪れたエサ場へ戻ることにした。


scenery160315_11.jpg

scenery160315_12b.jpg


エサ場には先ほどの灰シロ猫が独りぽつねんと佇んでいた。
160315_106.jpg
夕刻の海岸の様子を眺めている幼い海岸猫の後ろ姿には、なにがなし寂寥感が漂っている。


離ればなれになった母や兄弟のことを思い出しているだろうか。それとも‥‥。
160315_107.jpg
このような境遇に落とし入れられた自分の身をはかんでいるのだろうか?


あけすけな私の視線に気づいたのか、灰シロ猫が私との距離を詰めてきた。
160315_108b.jpg

160315_109b.jpg

160315_124.jpg

それにしてもニンゲンの存在を察知して逃げるどころか近づいてくるところなど、やはりこの子は相当に人馴れしている。

だからといって元飼い猫だと決めつけるのは早計で、たとえ生粋の野良であっても幼齢時期(生後数週間)に人と触れあう機会が多ければ人懐こい性格になる。


160315_110.jpg

160315_111.jpg
まれに見る人懐こい猫といえども最低限の警戒心はあるようで、灰シロ猫は松の根元にとどまり、それ以上近づいてこない。


私は独りごちるように言う。「それでいい、これからも剣呑なこの防砂林で暮らすなら、絶対に警戒を怠るんじゃない」

「此処には様々な外敵がいるけど、その中でもとくにニンゲンには十分用心するんだぞ」

「何と言ってもニンゲンはこの地球上で一番残酷な生き物なんだから」


160315_123.jpg
と諭してみたものの、好奇心旺盛な灰シロ猫の顔を見ていると、不安な気持ちは払拭できない。


リンが戻ってきたので、ふたりに食事を与えることにした。

リンの娘はさっき一度だけ、それも私の目の前を横切っただけで、結局その後は姿を見せなかった。

160315_112.jpg

160315_113.jpg
リンはあくまでも鷹揚に、そしてそれとは対照的に育ち盛り・食べ盛りの灰シロ猫は貪るように猫缶を食べる。


灰シロ猫はまともに咀嚼しないで呑み下すような食し方をしている。
160315_114.jpg

160315_115.jpg


私はまた独りごちる。「しっかり食べて、夏の暑さや冬の寒さ、そしてあらゆる外敵にも負けない強靭な肉体をつくるんだ」

「お前たちの食事の世話をしてくれる人はいる。だからといっていつもお前たちを護ってくれる訳じゃない」

「野良猫にとっての拠りどころは、結局自分自身しかないんだ」


160315_116.jpg

160315_117.jpg


ふたりがまるで本当の母子のように食事する光景を見て、私は少し安心した。
160315_119.jpg

160315_118.jpg
リンが傍にいてくれれば、幼い灰シロ猫の孤独感はいくらか和らぐかもしれない。


scenery160315_13.jpg

scenery160315_14.jpg
帰途について頭上を見あげると、鈍色の分厚い雲が海岸の空を覆いはじめていた。

《 またぞろ天気が崩れるのかもしれないな 》今日も未明まで雨が降っていた。

雨が降るのは仕方がないけれど、私としてはこれから降る雨は冷たい雨ではなく、できれば春本来の暖かい雨であってほしいと思う。

外で暮らすすべての猫たちのために‥‥。



〈了〉


脚注
※〔1〕どうしても相性が合わない場合は部屋を別けるなどして対応する
※〔2〕私が知るかぎりにおいては成功率はかなり低い。

ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

No title

またまた 登場にゃん達が増えましたね。
どういう関係なのか? 気になるところです。
グレイのコは まだ幼さがあって可愛い。
けれど、野良さんが増えてしまった事なので、
単純に可愛いなんて言ってはいけないのかなぁ。。

おこちゃん さんへ

可愛いけれど

海岸から姿を消す子もいれば、
今回のようにやって来る子もいる。
とくにやって来る子は自分の意志ではなく
酷薄なニンゲンによって遺棄される場合が
ほとんどです。
だから可愛いけれど、それ以上に可哀想そうに
思えてきます。

No title

こんにちは
(リンちゃんの娘)の仔たちが皆 里親さんになって下さる方が見つかって
とても嬉しいです(*^-^*)
お母さん(リンちゃんの娘)にも まだ他の 沢山の待っている仔たちにも 
優しい里親さんが見つかりますように・・ 心から願っています。
ご尽力されている wabiさんや 湘南ネコ33(みみ)さんやボランティアの
方々に感謝して ほんとう頭が下がる思いです。

「みんな幸せになるんだよーっ!」ですね♪♪(*^-^*)

ねこ眠りさんへ

本当に良かった

最後に保護されたキジトラの子は他のきょうだいよりも
身体が大きくなっていたことでなかなか里親さんが見つかりませんでした。
それが一転里親さんが決まり、無事に譲渡されました。
そしてその里親さん宅でくつろぐ写真が『湘南ネコ33』のAさんから
送られてきたのです。

ワンコと一緒に屈託のない表情をしているキジトラの子を見ていると、
本当に良かった、と思いました。
そして今回、5名の仔猫の里親さん探しに尽力いただいた『湘南ネコ33』の
関係者の方々に心から感謝した次第です。
非公開コメント


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~