プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト


検索フォーム
里親募集


偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

約束 (中編)




考えてみれば、突然訪問しておいて、以前がそうだからといっていつも歓待してくれると思うこと自体が間違っているのだ。

猫にだって感情の起伏や振幅はあるのだから。

そんな当たり前のことにあらためて思い至るというのは、私の心の何処かにビクの心情を軽視する思い上がった気持ちがあるのかもしれない

私はビクの機嫌が直るのを待つためと、そんな自分の心根を省みるために防砂林を離れて砂浜へ降りていった。


scenery160505_12.jpg

scenery160505_08e.jpg




160505_058b.jpg
しばらくして元に場所へもどってみると、ビクは安全な防砂林の奥へ身を隠すことなく、ネットの支柱にもたれるように佇んでいた。

しかし憂いを含んだビクの表情から、私は何も読みとれない。


160505_044.jpg

160505_045.jpg
海岸には強い海風が吹きすさんでいる。見ていると、海風に大きく揺らされた防砂ネットがビクの頭をはたいていく。


160505_056.jpg

160505_046.jpg

160505_047.jpg

160505_048.jpg
その後も海風にあおられた防砂ネットは、まるで往復ビンタをするように、ビクの頭を前から後ろから襲ってくる。

防砂ネットはその性質上、目が細かく丈夫にできていて重量もそこそこある。

そんなものに頭をはたかれたら、それなりの衝撃があると思うのだが、ビクはじっと耐えている。


160505_049.jpg

160505_050.jpg
が、その我慢も限界を超えたのか、ビクは「もう、イヤだ」というふうに舌舐めずりをすると、おもむろに体勢を変えた。


160505_051.jpg
そしてそのままゆっくりとした足運びで歩き始めた。


160505_052.jpg

160505_053.jpg


途中で進行方向を若干左に曲げたビクは、私の方へまっすぐ向かってくる。


160505_054b.jpg

160505_055.jpg


私はこのとき、反対側のネットの近くにしゃがんでファインダー越しにビクの動きをただ追っていた。

ビクに話しかけるとか、歓心を買うような素振りはいっさいしないで。


160505_059c.jpg
やがてビクは私の足元まで来ると、その場に腹這った。

この体勢の意味するところは、「ワタシの身体を撫でてイイわよ」というビクの承諾だ。

もっとはっきり言うと、「早く身体を撫でなさい!」という “下知” である。

ビクがどう思っているかは知らないけれど、少なくとも私はそう受け止めている。


160505_060.jpg

160505_061.jpg


身体を撫でるという行為は、ふたりにとって “挨拶” であり、欠くことのできない “儀式” だ。

だからこうしてビクの身体を撫でることで、初めてビクに会ったという実感が私の中に湧いてくる。

そしてビクが眼を細めて気持ち良さそうにすれば、その思いが掌を通して私に伝わってくる。


160505_062.jpg

160505_063.jpg


猫とニンゲンが意思疎通をはかる際に言葉はさして重要ではない。

何故なら、触れあっていれば互いの気持ちがある程度は通じるからで、こういう現象は『 以心伝心 』とか『 拈華微笑 』などと言われている。


160505_064b.jpg


『 野良猫と関わっていると心愉しいことなどほとんどなく、大抵はつらく遣り切れない思いをする 』と先に述べたが、こうやって実際に彼・彼女らと触れあっているとき、私は自分の心が和むのを覚える。

そういう意味でいうと、このひとときは私にとってとても貴重な時間なのだ。

ひょっとしたらビクも同じ想いを抱いているのかもしれない、と思うとなおさらである。


ひとしきり “儀式” をしたあと、ビクはいくぶん緊張を緩めたようだ。
160505_065.jpg

160505_066.jpg
なんとなれば、ビクの “ 座っている場所 ” が今までとは違っているからだ。

もしあなたに時間的余裕があれば、前編と今回の記事の前半を仔細に見直していただきたい。
(とくにビクが腰を据えている場所に留意して)


そうすれば私の言わんとしている意味を分かってもらえると思う。


160505_067.jpg

160505_068.jpg


慧眼な読者のうちには、すぐに看破した方もいらっしゃるだろう。

そう、これまでビクが座っていたのは防砂ネットのすぐ側、それもネット自体が裂けている場所だ。


160505_069.jpg

160505_070.jpg


これが何を示唆しているのかというと‥‥、

ビクは自分に害を及ぼすおそれのある者が近づいてきたときに、すぐさま安全な防砂林に逃げ込めるところにいた、という事実にほかならない。


ということはつまり、いつでも逃走できる退路を常に確保していたのだ


160505_071.jpg

160505_072.jpg


無論、ほかの海岸猫も退路の確保には心を配っているが、ビクほど徹底している猫を私は知らない。

たとえ顔見知りのニンゲンが近くにいても簡単に警戒を解かない、この用心深さが私をしてビクを『 臆病猫 』と呼ばしめるゆえんである。


160505_073.jpg


当然のことながら猫にも表情の変化はある。

しばらく一緒にいるうちに、ビクの表情は穏やかなものに変わっていた。

そこで私は訊いてみた。「ビク、腹は減ってないか?」


scenery160505_09b.jpg

scenery160505_13.jpg


私はビクと一緒に、彼女のエサ場がある防砂林の中へ入っていった。

しかしここでもビクは私の望む行動をとってくれない。


160505_075.jpg
私に背を向けて地面に座り込んだビクは、ネットの裂け目から外の光景を眺めている。

自分に害意を持った者があとを追って来やしないかと警戒しているのだろうか。

それともこのまま唯々諾々と私をエサ場へ案内することに抵抗を感じているのだろうか。


160505_076b.jpg

160505_077b.jpg


いずれにしろ私はビクを急かすような言動を差し控えてじっと待つことにした。

何しろビクにとっての私は、時折やって来る顔見知りのニンゲンという存在でしかないのだ。


160505_074.jpg


そもそもこの防砂林の一画はビクのテリトリーであり、また住まいがある場所でもある。

私はそこにいきなり現れたただの来訪者であり、加えてよそ者でもあるわけで、そんな立場の者にとやかく言う資格などない。

『 野良猫のテリトリーにおいては、そこに住む猫の意思を尊重して謙虚な態度で臨むこと 』

これは今回、ビクが私に与えてくれた教訓である。

けれど、よくよく考えてみれば‥‥、

“謙虚な態度で臨む” というのは、すべての行為対象へ対する際の不可欠な心構えのような気がするのだが‥‥。



〈つづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

No title

今晩は。

ビクがあまりに私の思うところの「猫らしい猫」で、
この子の行く末を思うと、コメントできずにいました。

“謙虚な態度で臨む” というのは、すべての行為対象へ対する際の不可欠な心構えのような気がするのだが‥‥。

本当にその通りです。
さらに、自分の態度が傲慢そのものであるにもかかわらず、自分は謙虚である、と認めない人間が多すぎですよね。
まあ、今の時代、KYとか和とか絆とかいって、誰も指摘はしないんですけれどね。

ねこさんへ

すべての事象に対して

気まぐれで猜疑心が強く、臆病‥‥、
でも最終的には心を許したニンゲンに親愛の情を込めてすり寄ってくる人懐こい子。
確かにビクは猫の特性を持ち合わせている「猫らしい猫」ですね。

そんなビクは、私にとって最も付き合いの長い海岸猫でもあります。
ただ、ビクが住むエリアは自宅から離れているので頻繁には行けませんでしたが。
それもあってビクを訪ねた際には、大抵2時間以上彼女と一緒に過ごしたものです。
そのひと時は私にとって心和む貴重な時間でした。

人は、自分以外のニンゲンを含めたすべての生き物に、
そして自然界を含めたすべての事象に対しても謙虚であるべきだと思います。

No title

私はビクちゃんの 雰囲気がとても好きです。
笑ってはいけないかもしれません。。が、
前記事の 空中を 空振りして掻く後ろ足や
砂にめり込みそうな前足。
ボウガンでの過去は 驚きと怒りが込み上げて来ますが それでも 一瞬の動きに 何とも癒される魅力が いっぱい。

wabiさんの記事はいつもどきどきしてしまいますが それも外猫さんたちを 取り巻く厳しさなのでしょう。
毎回 登場してくるコ達の 安否が気になります。

おこちゃんさんへ

外で暮らす猫

まず、体調がすぐれないなかコメントを
寄せていただいたことに感謝しています。

さて、ビクは人間の年齢に換算すると60歳を超えている
“おばちゃん”なのですが、とても愛らしい猫です。
ただいつも何かに怯えている様子からは、
ビクのおかれた状況が垣間見えて、切なくなりますが。

外で暮らす猫の身には何が起こるか分からず、
そんな彼・彼女らの不安を少しでも和らげたいと思っているのですが、
コレといった解決策が見つからず、忸怩たる気持ちでいます。
非公開コメント


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~