プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト


検索フォーム
里親募集


偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

約束 (後編 2)




ビクが何におびえているのか、私にもすぐ分かった。なんとなれば、カメラをかまえている私の視界が影をとらえたからだ。

160505_121.jpg

160505_122.jpg

影は私の背後を右から左へと通りすぎた。見ると、それは自転車に乗るひとりの男性だった。


160505_123.jpg


このように、たとえ私という顔見知りのニンゲンがすぐ側にいたとしても、それによってビクの警戒心が軽減されることはまったくない。

ビクの頭には私が外敵から護ってくれるという期待は毫もないようだ。


160505_124.jpg


これがほかの海岸猫、たとえばリンやランだったなら、私が側にいるとあからさまに警戒を緩めて見知らぬ人が近づいても逃げなかったりする。

しかしビクの場合にはこの世で信じられるのは唯一自分だけであって、けっしてほかの者をたのみにしない、というのが揺るぎない信念であり生きるすべなのだ。


160505_125.jpg


先にも述べたが、野良猫として生きていくにはこれほど適した性質はない。が、やはり一抹のさびしさ感じる。

そもそもビクをこのような性格にしたのはほかでもない我々ニンゲンだし、もとはといえば野良猫という存在をつくりだしたのも我々ニンゲンだ。

それと思うと、私自身も忸怩たるものがある。


160505_126.jpg

160505_127.jpg


ビクは捨て猫ではなく野良猫の母から生まれた生粋の野良猫なので、当然のことだがニンゲンと一緒に暮らした経験は皆無だ。

ボウガン事件の衝撃が強すぎて、Kさんにビクの家族について尋ねるのを忘れたが、初めてビクに会ったときにはすでに母親も兄弟もいなかったと記憶している。


160505_128.jpg

160505_129.jpg


そんなビクにとってはおそらく防砂林が『家』であり、世話をしてくれるボランティアの人が『家族』」なのだろう。

ただし、ビクがボランティアの人と過ごせるのは、1日の内でほんのわずかな時間でしかない。


160505_130.jpg

160505_131.jpg


ニンゲンから多くの愛情を注がれることなく育ったビクは、だから臆病なくせに信頼できるニンゲンにだけは懸命に愛情を求めるのかもしれないな、と私は思った。


160505_132.jpg

160505_133.jpg


いったんは警戒を緩めて私の方へ歩み寄ってきたビクだったが、今度は植込みのさらに奥へ隠れてしまう。

160505_134.jpg

160505_135.jpg


私はビクが植込みの陰に身を隠したのを機に、エリアを去ることにした。


160505_136.jpg

160505_137.jpg


私はビクに声をかけた。「ビク、今日はこれで帰るよ。今度来るときまで元気でいろよ」

そうして後ずさりながら私はその場をゆっくりと離れていった。

ビクの視界から外れたところできびすを返すと、停めてあった自転車のほうへ歩きながらカメラをバッグにしまい、そのまま肩に背負いなおした。

私はそれから、自転車を押して海辺沿いをはしる道路に出た。自転車にまたがりペダルに片方の足をのせて、走り出そうとした瞬間だった。

何の気なしに‥‥、しかし何かに引きつけられるように私は後ろを振りかえった。










160505_143.jpg

すると植込みの入り口に佇んで、私を見送るようにこちらを向いているビクと眼があった。

ビクにこのような形で見つめられることは、今までなかったはずだ。少なくとも私の記憶では。


160505_138.jpg


私は別れ際にこうして海岸猫に見送られることを苦手としている。

なんとなれば、彼・彼女らにそうされると何だが自分がひどく悪いことをしているような罪悪感を感じてしまい、その場を離れられなくなってしまうからだ。

だからたいていは海岸猫がほかのことに気をとられて、私の存在をわすれた隙をついてそっと立ち去るようにしている。

理想的な状況は、彼・彼女らが先に防砂林の奥にでも姿を隠してくれることだ。そうすれば私は安心してエリアを離れられる。


160505_144.jpg


だからこういう事態になったら、もう一度彼・彼女らの元にもどり、先に述べた私が望む状況を待ってからあらためてエリアを離れるようにしている。

しかしこのときは自分でも何故だか分からないのだが、私はビクの見送りをそのまま受け入れることにした。


160505_141.jpg


またいつもの私なら、こんな場面はまずカメラにおさめない。※〔1〕

なのに今回は「わざわざバッグからカメラを取りだして」までビクの姿を撮影した。

どうしてこの日にかぎってこんな行動をとったのか、今考えても私自身理解できない。


160505_140b.jpg


結局、心の一部をその場に残してきたような奇妙な感覚を宿したまま、私はビクが住むエリアをあとにした。


scenery160505_21.jpg

scenery160505_07b.jpg

scenery160505_11b.jpg


ビクとそんな奇妙な別れかたをした日から数えてちょうど7週目の午前9時すぎだった。

知人のHさんからケータイにメールが届いたのは。

Hさんから午前中にメールが来たことなどそれまで一度もなかったので、私は何やら不穏なものを感じた。

はたして、そんな私の予感は的中した。


scenery160505_26.jpg


そのメールにはこう書かれたあった。

「今日の明け方、海岸猫のビクちゃんが亡くなりました」と。

あまりに唐突なことでにわかに信じられなかった私は、何かの間違いかHさんの勘違いかもしれないと思い、おりかえし確認のメールをおくった。


scenery160505_25.jpg


すると今度はケータイにHさんから電話がかかってきた。

そしてそのときに至るまでの詳細な経緯をおしえてくれた。

その結果ビクの死は間違いや勘違いではないと、私もようやく納得する。

この7週間のあいだに、ビクの身に何があったのかは分からない。しかし‥‥。

何はともあれ、12年の生涯をいきなり閉じて、ビクは逝ってしまったのだ。


scenery160505_28.jpg


その翌日‥‥。

ビクが生まれ育った以前のエリア内の防砂林に関係者が参集し、ビクを埋葬することになった。


160624_014.jpg


私が指定された場所に着いたとき、ビクは四肢を伸ばしてシートのうえに身体を横たえていた。


160624_001.jpg

160624_002.jpg


私はビクがこんなふうに「寛いで」いるのを初めて見たような気がする。

ビクにしたところで、こんな無防備な格好で眠るのはおそらく初めてだろう。

そんなことを考えていると、私は少し不思議な感慨にとらわれた。


160624_003b.jpg


防砂林にはビクを看取ったHさんのほかにも、ビクの死を悼む人たちが駆けつけていた。

そんな中にあってもビクは微動だにしないで、ただこんこんと眠りつづけている。


160624_004.jpg


《 もう何も怖れることはないし、何者も警戒しなくていいんだ‥‥ 》

私は心の中でそうつぶやきながらビクの身体を撫でた。

しかしビクの身体は以前のしっとりとした艶やかさをうしなっていたし、だいいち私の掌は何も感じとることができなかった。


160624_005.jpg


そうしてビクの身体を撫でたことで、彼女がほんとうに死んでしまったのだという実感が私の胸に急に湧いてきた。

その直後、鼻の奥につんとした痛みがはしる。

だがここで泣くわけにはいかない。私は唇をぎゅっと噛んでがまんする。


160624_006b.jpg

またひとり、ビクをよく知る人が悲報を聞いてやってきた。


皆が揃ったところでビクを埋葬することにした。

160624_007.jpg

160624_008.jpg


このエリアで暮らしていた海岸猫たちは、つい最近他界したチビ太郎の出現で全員が去っていった。

その中でもとくにビクはチビ太郎を嫌っていたという。

だからこの場所にビクを埋葬することにしたのは、できるだけチビ太郎の墓から離してあげたかったからなの、とボランティアのSさんがおしえてくれた。


160624_009.jpg

160624_012.jpg


私がHさんから聞いた今回の出来事の顛末を以下に記しておく。


◯ビクの世話をしているボランティアのSさんからビクの体調が急に悪くなったという報告を受ける。

◯翌日ビクの住むエリアを訪ねたが、ビクには会えなかった。

◯2日後、防砂林の中で元気なくうずくまっているビクを保護し、その足で動物病院へ搬送した。

◯しかし簡易血液検査での腎臓と肝臓の数値が通常より悪かった(どの程度かは分からない)ほかには、これといった疾患は見つからず治療も受けなかった。

◯かといってこのままビクを防砂林に戻すことはためらわれたので、自宅に連れ帰る。

◯翌朝、夜もまだ明けやらぬ午前3時半ころにビクが突然大きな鳴き声を2、3度発した。それは今まで聞いたことのない異様な鳴き声だった。

◯そこでビクを抱いて身体を撫でていたのだが、午前4時半ころにビクが息絶えていることに気づく。

◯ビクを診察した獣医から詳細な血液検査の結果がもたらされ、それによると血液から『農薬様の毒物』が検出されたという。


以上がHさんが語ってくれたあらましだ。

ここで私自身の意見や感想を述べるのは差し控えたい。

『農薬様の毒物』はどのような過程を経てビクの体内に入りこんだのか、そしてビクの死と何らかの因果関係があるのか、私には判断できないからだ。

ただこれだけは言っておきたい。

ビクを病院へ運び最期を看取ってくれたHさんには心から感謝している、と。

Hさんの行動がなければ、ビクはまちがいなく薄暗い防砂林の片隅で独りさびしく死んでいっただろう。


160624_010.jpg


できあがったばかりの墓に手を合わせているうちに、私の頭の中である想いが静かにめぐり始める。

私もいずれビクが向かった『あちら側』に行く。それがいつになるのか自分でも分からないけれど、避けられない現実としてかならずやってくる。

とはいえ少なからず汚れてしまった私の魂がビクの無垢な魂と同じところへ行けるのか、と自問すれば大いに不安を感じてしまう。

そんなわけで、何かの手違いか誰かの厚意で私がビクと同じところへ行けたとしたら、というあくまでも仮定の話になるのだが‥‥。


160624_011.jpg


伝承によると、誰かに愛された動物の魂はこの世を去ると天国の手前にある『虹の橋』のたもとへ行くと言われている。

ただ私は『あちら側』の決めごとやしきたりについてはそれ以上のことをあまり知らない。

だから私がそこへ行ったとしても、ビクにすんなり会えない可能性がある。

《 でもなビク、約束するよ、何があろうとお前を捜しあてると 》

《 そうして再会を果たしたなら、また身体を撫でさせておくれ 》


scenery160505_22.jpg


それまではゆっくり休めばいい。

『こちら側』では野良猫として、数々の辛酸をなめさせられたのだから。


scenery160505_23.jpg


そのまま真っすぐ帰宅する気持ちになれなかった私は、帰途リン親子が暮らすエリアを訪ねた。

160624_015.jpg

あいにくリンの姿はなかったが、代わりにリンの娘が迎えてくれた。


去年生まれたこの海岸猫は今春5名ものこどもを産んでいる。

160624_016.jpg

160624_017.jpg


ここで自己分析の真似ごとをしてみると‥‥、

このエリアに立ち寄ったのは生気に満ちあふれている猫と接したいと思ったからで、それはおそらくビクの死によって失われた心の均衡を復旧させようという感情が働いたからだろう。


160624_018.jpg

160624_019.jpg


ところで、この幼い海岸猫には『サキ(咲)』という名前をもうずいぶん前に付けている。が、今まで発表の機会を逸してばかりいた。

名前のいわれは一応あるけれど、言ってみればそんなどうでもいいことを今ここで開陳する心境にはなっていない。まだ。

とにかくこの海岸猫をこれからは「サキ」と呼ぶことだけは覚えておいていただきたい。


scenery160505_27.jpg


後日、別件で『湘南ネコ33(みみ)』のAさんからメールが来た際に、今回のビクのことを知らせたら、警察にとどけるべきだという返事をもらった。

Aさんによると、保健所や各保護団体、また心ある獣医は猫の虐待や不審死があった場合には警察へとどけでるという。

加えて、放っておけばほかの猫が犠牲になるかもしれないし、行為がエスカレートしてニンゲンに被害がおよぶ可能性もあるとAさんにさとされる。

その旨をHさんにつたえると、Hさんも了承してくれ動物病院でビクのカルテのコピーをもらい警察に被害届を提出し受理された。

そして最寄りの交番の警察官が定期的に現場を見まわってくれることになった。

私としてはビクの死が無駄にならないよう願うばかりだ。


それにつけてもつくづく思うのだが‥‥、

どうしてあのとき、私は後ろを振りかえったのだろう?

いったい何が‥‥いったい誰が、私を振りかえらせたのだろう?

160505_142b.jpg

ビクを弔って以来、防砂ネットの側で私を見送るビクの小さな姿がたびたび脳裏によみがえってくるようになった。

そしてその都度、ビクと交わした『約束』を思い起こしている。



〈了〉



脚注
※〔1〕私のおぼろげな記憶によると、ブログを始めた当初に私を見送る海岸猫の姿を数回撮影したように思う。



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

No title

涙流さずして読む事はできませんでした。。
ボーガンで怖くて痛い思いをして、
最期までこんな。。

同じ人間でも何でこんな酷い事ができるのかと
怒りしか込み上げてきません。

残った猫ちゃんは無事ですか?

二度とこんな悲劇が起こらない事を
願うばかりです。

No title

ビクちゃんの ご冥福を心よりお祈りいたします

ビクちゃん・・・ 色々と辛い目にあったけど
wabiさんや Hさん それに 他にも
優しくしてくれた人が こんなにいてよかったね
虹の橋では 怖いことなんてないからね
幸せに遊んで 皆が来るのを 待っててね

ビクちゃん 安らかにね・・・

minaさんへ

ただひっそりと

記事にも書きましたが、ビクの体内にどうして
毒物が入り込んだのか分かりませんが、
故意、過失いずれにしろ人為的であることには
ちがいがありません。

結局、ボウガン事件にしろ今回の毒物摂取にしろ、
ビクはニンゲンによって苦しめられた子でした。
近隣に住宅はないので、ビクは誰にも迷惑をかけず、
ただ防砂林の中でひっそりと暮らしていただけ。
どうしてそんな子が虐待にあうのか‥‥。
かわいそうでなりません。
今のところほかの子に被害は出ていません。

panther 375さんへ

こちらの世界でも

優しいお言葉ありがとうございます。

記事にあるとおり、ビクはいつも何かに怯えているような
臆病な子でした。
また顔見知りの人が訪れても、なかなか近づいてこないほど
警戒心の強い子でもありました。
ですから、今ごろは初めて心安らかにしていると思います。
ただ私としては、やはりこちらの世界でもそういう経験を
させてやりたかったです。

No title

こんにちは
前編の時・・その前のビクちゃん記事の時の最後の文から
悲しいお別れを 少しだけ覚悟していたのですが・・でも 
やっぱり とても悲しいです。   「約束」という題に、
どんな約束を ビクちゃんとされたのだろうと悲しいような
気持ちになっていました・・ 

ビクちゃん もう何にも怯えずに ゆっくり眠ってね。 
警戒しないで 楽しく遊んでね。 悲しいお別れだけど
wabiさんや皆さんに お弔いをしてもらえて良かったね・・ 
 
 
サキちゃんたちも とても心配です。
どうか 無事でいてくれますように・・

No title

びっくりしています。こんな結末になるなんて。とても悲しくて辛いです。ビクが最後にwabiさんを見送ったのも今思うと別れを感じていたのかなと不思議な気がします。海岸猫に酷い事をする人間がいると思うと本当に怒りがこみあげます。これからも被害が続くのではと心配です。それにしてもビクは最期にHさんに看取られ良かったと思いました。ひとりで亡くなっていたらあまりにもかわいそうです。またビクの死を聞いて集まってくれた人の数を見てビクはいろいろな人に愛されていたのだとわかりました。外で暮らす猫達は本当に毎日が危険と隣り合わせなのですね。それでもビクは優しい人間に会えて幸せな日々もあったのかと思います。wabiさんとの時間も幸せな時間だったと思います。ビクに一度も会ったことがない私でさえすごいショックですので、wabiさんのショックは相当だと思われます。ありがとうございました。

No title

おはようございます、wabiさん。

ビクが亡くなったのは、毒物が原因でしたか・・・

犯人は誰かわかりませんが、犯人を考えてみました。

どうして罪もない猫に毒を盛らなければならないのか?
日々の生活の中でストレスがあり、そういうストレスを発散するために、野良猫などにそのようなことをしてるのか?
ただ単に、弱いものをいじめることが好きなのか?

言えることは、こういうことをしている犯人には、いずれは自分自身にもはねかえってくるでしょう。

数年前、ぼくはビクを保護したいと思っていました。
今思えば、あの時に迷わずに保護してたらよかったのにと思います。

ビクのことを考えると、心が折れます。
ぼくにとって、ビクは、かけがえのない愛猫でした。
今は心が苦しいですが、冥福を祈りたいと思います。




ねこ眠りさんへ

虚しさ

ご指摘のように『臆病な猫』、そして今回の『約束』にも
いくつか「伏線」を張っていました。
それを覚えていたということは、ねこ眠りさんが
私のブログを熟読してくれた証であり、ありがたく思っています。

ビクとの「約束」は実際に墓に向かったときに交わしたものです。
(一方的ではありますが)
なので、今回のタイトルは記事を書く前から決めていました。

ビクの死は私に大きな心痛をもたらし、弔った日の午後から体調を崩し、
しばらく床に臥しました。
それは、ビクの死を悼む気持ちだけでなく、そのビクに対して
何もできなかった自分の不甲斐なさを責めた結果なのです。

記事を書いている最中にも虚しさを感じつづけていました。

たまちょびさんへ

生存確認

いつもは猫たちと別れたあとに後ろを振りかえることなどない私が
何故あのときにかぎって振りかえったのか、未だに分かりません。

仰るように外で暮らす子たちは常に危険と隣り合わせで、
いつ何が起こるか分かりません。
これまでにも何度か記事にしましたが、海岸猫への虐待はあとを絶たず、
まるで恒常化しているかのようです。
そして、海岸猫との悲しい別れを幾度もしているうちに、海岸へ行くことは
取材というより、彼・彼女らの生存確認が主目的になってしまいました。
海岸猫の無事な姿を見てはホッとし、別れ際には「これが最後になるかもしれない」と
自分に言い聞かせるのです。

いくら罰則が強化されても動物への虐待が無くなることはないでしょう。
ニンゲンが本心から改悛しないかぎりは‥‥。

ケンさんへ

いずれ報いを

歴史や今の世界を見渡して、つくづく思うのです。
本来ニンゲンは残酷な生き物であると。
そして、その残酷さを後天的に体得した理性で
抑えこんでいるだけなのだ、とも。
ニンゲンとほかの生き物との差異は、この「理性」だけ
かもしれません。

ニンゲン誰しも理性的でありたいと思っていますが、
しかし中にはそうでないニンゲンもいるのです。
ケンさんが仰るように、そんなニンゲンはいずれ報いを受けるでしょう。

私はビクが怒っているところを一度も見たことがありません。
そんなビクですから、すんなりと家猫になれただろうし、
愛くるしい仕草で飼い主をしあわせにしただろうと思います。
私もケンさんと同じで、事情さえ許せばビクを家に迎えたかったです。

おはようございます。

ビクちゃんのご冥福を祈ります。
Hさんの手の中で逝ってしまったのですね。
孤独じゃなくてよかったです。

人間の仕業であれば、悲しいことです。

大切な命を守りたいです。

Miyuさんへ

「人為的」な行為

お悔やみの言葉ありがとうございます。

仰るように、ビクがHさんに抱かれて最期を迎えられたことは
ほんとうに良かったと思います。
そして生涯最後の日につかの間の『家猫』になれたことも‥‥。
『神』の存在を少しではありますが、信じてもいいかな、と思いました。

血液検査で発見された『農薬様の毒物』がビクに死にどう関わっているのか、
私にも分かりません。
ただそんなものは自然界に存在しないので、なんらかの「人為的」な行為が
原因なのでしょう。
悲しいことですが‥‥。

wabiさんへ!!

いつも感動していますが、今日の結末は余りにも悲しくて涙が出ました。心無い人が何故いるのだろうか・・・その人たちは猫たちに何の恨みがあるのだろうか・・!?農薬はうそであってほしい・・泣き)
幸い告訴を警察が受理されたことは進歩だと慰められました。!

湘南猫を愛する皆様には真に御苦労様と感謝の気持ちで合掌いたしました。虹の橋が存在してると信じたいです。愛)☆!!

No title

ビクちゃん
亡くなっていたのでしたか。。
泣きながら読みました。
前回の写真では 太い足でシッカリと
海岸の砂にめり込む様に歩いていたのに。。
ビクちゃんならば もっともっと長生きできたかもしれない。
だから 尚更 悔しくて悲しいです。

荒野鷹虎さんへ

罪深い生き物

20年前に私がこの地に移り住んだ直後にも
海岸猫へのひどい虐待事件がありました。
そして私が海岸猫と深く関わるようになってからも
疑わしい事例を含め数々の虐待の事例を耳にしています。

野良猫たちに罪はなく、罪があるとすれば野良猫という
存在をつくった我々ニンゲンのはずで、それを悔いるどころか
逆に猫達を虐待するとは‥‥、ニンゲンというのはつくづく
罪深い生き物だと感じています。

おこちゃんさんへ

我慢強い猫が

ビク自身もきっと悔しかっただろうと思います。
わけも分からず体調が悪くなり、死んでいったのですから。
亡くなる直前は苦しかったのでしょう、猫は総じて我慢強いのに
大きな声で鳴いたそうです。
救いだったのは、Hさんの腕の中で逝ったということで、
そうでなければ場所が防砂林ですから遺骸も見つからなかったかもしれません。

ご無沙汰です

泣かずにはいられません。
今動物病院へ通っていますが、雨の中毛布に包んで連れてこられた方がいらっしゃいました。
多分親猫は見捨てのだろうとおっしゃっていました。
一晩中泣いて朝からはしごをかけておじいちゃんと探したら納屋の屋根裏にいて
声も弱くなっているのでここへ来たと。

うちで見つけたから助けてやりたい、前にもこんなことがあったので
今度もきっと行けると思うと仰っていました。
必死で助けようとする人と命を奪う人。

きっとビクちゃんはWABIさんは安心できる人と思っていたんでしょうね。
ビクちゃんの記憶にしっかりと焼き付けておきたかったのかも。
気を落とさず彼らの記録を残してください。

ご無理なさいませんように。

orengeさんへ

小さな命

“小さい命を大切にあつかう”、このことが我々人間にとって、
そしてまわりにいる動物にとってもいかに重要な意味を持つか、
野良猫と関わっているとつくづく考えさせられます。

小さな命といえば、先日こんなことがありました。
コンビニの店頭に女性の店員がしゃがんで何かしているのです。
(私はそのとき、そばの喫煙所にいました)
よく見ると、這っているミミズをハガキ大の厚紙ですくい上げようとしていました。
そして厚紙のうえに載せたミミズをどうするつもりなのか、と引き続き見ていたら、
土のあるところまで運んでいってそこで放したのです。
こういう光景を目にすると自然に心が和みます。
私もこの夏、自宅そばのコンクリートの駐車場を這っていたミミズ3匹を土のうえに
運んだ経験があるので、その店員の行動に共感を覚えました。

ビクと別れた情景は写真に撮ったこともあり、脳裏に焼き付いています。
そしてビクがそのとき、私に何を言いたかったのかつい想像してしまうのです。

お気遣いありがとうございます。
非公開コメント


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~