プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです
おきてがみ
バナーをクリックしてURLを記入すると
訪問履歴を残せます
ログインしないで閲覧するFC2の方も
利用してください

最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

往く者・来る者 (前編)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



ここ数年のあいだに海岸猫の数は激減している。

チビ太郎やビクのように死亡が確認できる猫は少数であり、大半はある日突然ゆくえ知れずになる。

その中にはあとから考えれば、というていどの体調の不良が認められる場合もあるが、多くの海岸猫はなんの前ぶれもなく忽然と姿を消してしまう。

仲間と暮らしている猫は体力の衰えを自覚すると、ほかの猫にいじめられるのを避けるために集団から離れていくという。

ビクの場合もHさんに保護されず人目につかない防砂林の奥でひっそりと死んでいたら、遺骸も発見できなかった可能性が高く、行方不明の海岸猫の中にはそのような最期をむかえたものも少なからずいると推測される。

ところが海岸を去る猫がいれば、『ニューカマー』でも紹介したように、いかなる経緯があるのか不明だが、あらたに海岸へやってくる猫もいる。


scenery160628_01b.jpg

scenery160628_02b.jpg


私は久しぶりに『シシマルエリア』へ足を運んだ。

今年の春先に一度訪れているが、その際はごく短い滞在時間で終わったので、今回あらためて訪問しなおした。


160628_001.jpg

160628_002.jpg

エサ場をのぞくと、見知らぬ猫が置き餌をむさぼるように食べている最中だった。


160628_003.jpg

私の気配に気づいたのか、見知らぬ猫は警戒心のこもった面持ちで振りかえる。


160628_004.jpg

が、よほど腹が減っているようで、すぐにべつの食器へ鼻先をつっこんだ。

シャム柄とサビ柄が混ざった被毛を持つことから、この猫は雌だと思われる。


160628_005b.jpg

160628_006b.jpg

ふたたび振りかえったシャムMixに向かって、私は初見の猫に対してかならず言う言葉をかける。
「お前は誰だ?何処から来たんだ?」


だがシャムMixは視軸の定まらない目つきでこちらを見つめたまま、何も答えてくれない。


160628_007.jpg

よく見ると、この猫の眼はいわゆる『斜視』の状態を呈している。

『白目(眼球結膜)』がなく、『黒目(虹彩)』がほとんどをしめる猫の眼がそもそも斜視になるのか、といぶかる方もいらっしゃるだろう。

しかし猫にも斜視はあり、とくにシャム系は生まれつき『内斜視』が多い。※〔1〕

ニンゲンの斜視と症状が同じなら、遠近感がつかみにくかったり、ものが二重に見えたり、更には視力低下をまねくこともある。


160628_008b.jpg

160628_009b.jpg

このシャムMixにそのような症状が表れているのかどうか、むろん私には分からない。


160628_010.jpg

160628_011.jpg

160628_012.jpg

食事を終えたシャムMixはためらいがちではあるが、迷いのない足どりで駐車場の奥へ歩を進める。


160628_013.jpg

ところがシャムMixはいきなり足を止めると、すばやく身体をひるがえした。


160628_014.jpg

160628_015.jpg

どうやら車の修理をしているひとが立てた、比較的大きな音にびっくりしたようだ。


160628_017b.jpg

160628_065b.jpg

シャムMixはそのまま後ろも振りかえらずに駐車場から足早に離れていく。


160628_019.jpg

160628_020.jpg


このシャムMixとは今回が初対面だからはっきりしたことは言えないが、さきほどの狼狽ぶりを見ると、もしかしたらこのエリアに属していないのかもしれない、と私は思った。

近隣に自分のテリトリーを持っているのか、それとも流浪の身なのかは分からないけれど。


160628_021.jpg

160628_022.jpg


しかしこのエリアに隣接して小さなエサ場あったのはずっと以前で、今現在常設のエサ場があるという話は耳にしていない。

ただシャムMixが国道の北側から出張ってきている可能性もなくはなく、もしそうであるのなら情報が入ってくるアテはない。


160628_023b.jpg

160628_024b.jpg

どのような意図があるのか分からないが、シャムMixはときおりぴょんぴょん飛びはねながら走っていく。


160628_018b.jpg

この特徴的な走りかたは斜視となんらかの因果関係があるのだろうか?


駐車場に戻ると、足場材の上でシロベエが香箱をつくっていた。

160628_026.jpg

160628_027.jpg


エサ場に行く前に駐車場をひととおり見まわした際には気がつかなかった。

そのときは物陰に隠れていたのかしれないし、あるいは一時的に白いシートの保護色となって見のがしたのかもしれない。


160628_028.jpg

160628_029.jpg

いずれにしろ私の存在は気づいているはずなのに、シロベエは耳をわずかに動かすだけで眼を閉じたままじっとしている。


160628_064.jpg

160628_031.jpg

私がゆっくり近づいていくと、ようやく眼を開けた。


160628_030.jpg

しかしそれでもなお、シロベエは私を一顧だにしないで、あらぬ方向を見つめている。


160628_032.jpg

160628_033.jpg

私が何度かシャッターを切ると、シロベエはおもむろに身体を起こして毛づくろいをはじめた。

このエリアも例にもれず、ここ数年で猫の数が激減し、いっときは10名以上もいたのに今ではシロベエのほかには2014年の春から住みついているシンゲンがいるだけだ。

その結果としてシロベエはこのエリアで最古参の海岸猫になったが、この猫の出自や海岸へ来た経緯は詳らかではない。


160628_034.jpg

160628_035.jpg


シロベエが初めて海岸に姿を見せたのは2010年の初夏のことで、その頃のシロベエはどうして自分がこんなところにいるのかと、ひどく戸惑っているふうだった。

既に成猫だったことから、おそらくは酷薄な飼い主の手によって遺棄された、『捨て猫』だと思われる。


160628_036.jpg

160628_037.jpg

シロベエが背後を振りかえったまま、いきなり “吠えた”。憤怒の形相を浮かべながら。


160628_038.jpg

静かな駐車場にシロベエの怒声がひときわ大きく響きわたる。


160628_039.jpg

シロベエの視線をたどって振りかえると、塀の上にシンゲンの姿があった。

春先にこのエリアを訪れたとき、シンゲンは姿を見せなかったので会うのは久しぶりだ。


160628_040.jpg

聴覚の優れた猫だからシロベエの声はとうぜん耳に入っているはずなのに、シンゲンは塀の上を悠然と歩いてくる。

この間もシロベエは叫び声を上げつづけている。


160628_041.jpg

シンゲンもここにきて、ようやくシロベエに呼応するように鳴き声を発した。

だがその声はシロベエのそれに比べて、いかにも小さく弱々しいものだった。


160628_042.jpg

シロベエは塀の上のシンゲンを凝視したまま間合いをつめていく。

シンゲンがこのエリアに現れた当初、ふたりのあいだに生まれた軋轢はその後も解消されずにしっかり継続されているようだ。

ニンゲン社会と同様、猫社会にもこれといった理由がないにもかかわらず「ウマが合わない」とか「肌が合わない」という間柄が存在している。

このふたりのように‥‥。



〈つづく〉



脚注
※〔1〕内斜視:目が内側に寄って、いわゆる寄り目になる症状。
    いっぽう片方の目が外側を向く症状を『外斜視』という。



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

優しい人々に見守られる世界

“しっぽを持った天使”というブログ名が気になって、覗かせて頂きました。
覗いたのは「ビクの最後」の記事から。

たくさんの写真と記事ノートで綴られる「海岸猫の世界」は、
たくさんの「優しい人々」によって見守られる世界でもあったのですね。

シャムMix、シロベエ、シンゲン、・・今後の展開が気になります。

Graymanさんへ

野良猫を取り巻く状況

初めまして。

野良猫に対するニンゲンの態度は様々で、
大半の人はその存在を気にかけることもありません。
野良猫の世話をする人はごく少数で、そのほとんどが高齢者です。
そして野良猫を蛇蝎のごとく嫌い、餌を与えている人を
罵るのもまた、高齢者だったりします。

野良猫を取り巻く状況はここ数年で幾分改善されましたが、
全国的に見ると遅れている地域も多く、いまだ途上だと感じています。

私の拙いブログで彼らに関心を持ってくれる人がひとりでも増えることを
願っています。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~