プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト


検索フォーム
里親募集


偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

往く者・来る者 (中編)




どのような事情があってシンゲンが海岸へやって来たのかは不明だが、去勢手術を施されていることから(耳カットもされている)、以前暮らしていたところではそれなりの処遇を受けていたと推察される。

またそういう境遇に置かれていたことから、おそらくはシロベエのようにニンゲンの手により遺棄されたのではなく、自らの足で海岸へ移ってきたと思われた。


シンゲン2014_06

シンゲン2014_07


そうしてこのエリアへやって来た当初のシンゲンは、なんの理由もなくほかの海岸猫を恫喝したり食事を横取りしたりと、はなはだ不遜な振るまいを見せていた。

おそらくそれらの行為は、シンゲンにとってあらたな環境に対する不安を払拭するための虚勢であり、エリアにおける自分の序列をあたうかぎり高いものにするための示威だったのだろう。

さながらやんちゃな転校生が空威張りによって、自分を実際より強く思わせるように‥‥。


シンゲン2014_08b

シンゲン2014_09b

シンゲン2014_14


だがそんなシンゲンの目論見は、シロベエによっていともあっさりと、そして完膚なきまでに粉砕される。


シンゲン2014_10

シンゲン20140209_11b

シンゲン2014_12

シンゲン2014_13


シロベエの一喝に縮みあがって遁走したのを機に、このエリアにおけるシンゲンの序列は最下段近くまで一気に落ちてしまった。


シンゲン20140905_14b


ところがシンゲンはそのあと、シロベエも一目置いているエリア生え抜きのコジローに取り入って自分に有利な地歩を築くという抜け目のなさを見せた。

言うなれば、「虎の威を借る狐」ならぬ「先住猫の威を借る新参猫」を画策したわけだ。


シンゲン20140905_15

しかしそんな遣り口はしょせん一時のがれの弥縫策であり、世の常としてそういうものはいずれ破綻する運命にある。

シンゲンの場合もその例にもれず、頼りとしていたコジローがエリアを去ったために、彼のはかりごとは水泡に帰した。

まあこうやって振りかえってみると、猫の社会もニンゲン社会と同様にそれなりに複雑でなかなか厄介なもののようだ。


160628_043.jpg

160628_044b.jpg

160628_045b.jpg

塀の向こう側に姿を消したシンゲンの動きを予測したのだろう、シロベエは不自由な後ろ脚を引きずりながらも足早に移動していった。


160628_054.jpg

160628_055.jpg

一方のシンゲンは、そんなシロベエの動きを知ってか知らでか、門扉に向かって民家の駐車スペースをのんびりと歩いてくる。


160628_047b.jpg

そして待ち構えていたシロベエと顔をあわせると、シンゲンは先ほどより若干威勢のいい声を発した。


160628_048.jpg

しかしシロベエはシンゲンの声など歯牙にもかけずに昂然とした足どりで近づいていく。

シンゲンは更に大きく甲高い声をあげるが、ふたりの優劣は尻尾の状態を見れば一目瞭然だ

自信たっぷりに尻尾を高く上げているシロベエに対して、シンゲンの尻尾は下げられている。

こちらからは確認できないが、おそらくシンゲンの尻尾は体の近くに引き寄せられていると思われ、これは相手に対する恐怖心や服従心の表れだ。


160628_049.jpg

と、ここで敵対心がないことをしめすために互いの鼻を近づけて相手の匂いを嗅ぐという、いわゆる『鼻キス』がおこなわれる。

予想外のなりゆきに私はちょっと驚いた。

シンゲンは思いがけないシロベエの出方にいくぶん緊張を緩めた様子だ。

がしかし‥‥。


160628_050.jpg

つぎの瞬間、シロベエはあたりに響きわたるひときわ大きな声を発してシンゲンを威圧した。

するとシンゲンはたちまち耳を寝かせ、姿勢を低くして防御態勢をとる。

シロベエがいつどこで習得したのか知らないが、この脅し方はきわめて実用的で効果的だな、と私は妙に感心した。


160628_051.jpg


なんとなれば間断なく威嚇しつづけるよりも、相手をいっとき安心させてから態度を豹変して脅せば、与える恐怖が増大するからだ。

それを証明するように、シロベエが甲高い唸り声をあげるたびにシンゲンは身体をこわばらせ、か細い哀訴の声をもらしている。


160628_052.jpg


ニンゲンの場合だって、体力的にも状況的にも絶対敵わない相手に脅しとすかしを巧妙に使い分けられたら失禁するほどびびってしまうだろう。

《剣呑、剣呑‥‥、シロベエみたいなニンゲンが周りにいなくてよかった》と私は思う。


160628_053.jpg

シンゲンは自分を卑小化させるために身体を縮めて地面に腹ばい、シロベエの顔色をうかがいながら哀しげな声をあげつづける。

「ボクはあたなに逆らいません。何故ならボクの身体はこんなに小さく力もないからです。だから許してください」とでも訴えているのだろうか?

だがあいにく私は “猫語があまり得意ではない” ので正確なところは分からない。

けれど言いまわしは違ったとしても、意味合いにおいてはおそらくそんなに大きく外れていない、と私は思っている。


160628_056.jpg

極度の緊張感に耐えられなくなったのだろう、シンゲンは逃げ去った。後ろも見ないでまさに脱兎のごとく走り去った。

シロベエはだから、シンゲンのそんな周章ぶりを見て目的を達成したと思ったのか、後を追おうとはしない。


160628_057.jpg

シロベエからあるていどの距離を確保し、いわば安全圏に移動したにもかかわらず、シンゲンは耳をやや外に向け、背中を湾曲させ、尻尾を力なく下に垂らしている。

この体勢を見れば分かるように、シンゲンはいまだ恐怖にとらわれているのだ。


160628_059.jpg

ふたりの隔たりはおおよそ10メートル、それだけ遠ざかってもシロベエはシンゲンから眼を逸らさず彼の挙動を注視しつづけている。


160628_058.jpg


前回の記事で述べたように、猫同士にも相性の良し悪しがある。ただシンゲンとシロベエの場合にかぎれば、シロベエが一方的にシンゲンを嫌っている印象をうける。

ただその要因は分からない。だから単純に「虫が好かない」とか「なんとなく嫌いだ」とかの理由にならない理由かもしれない、と私自身は感じている。


160628_060.jpg

160628_061.jpg


ちなみに、猫の性格を決定するのは父親の遺伝子であり、それによって『豪胆・大胆』と『臆病・小心』に大別される、という説がある。

さてそれではシンゲンの性格はどちらに当てはまるのか、と考えてみたのだが‥‥、私には判断がつきかね、「どちらとも言えない」と答えるしかない。


160628_062.jpg


このエリアに現れた当初のシンゲンは強面ぶりをいかんなく発揮し、先述したようにほかの猫の食事を奪い取ったりする傍若無人な行動が目立っていた。


シンゲン2014_01

シンゲン2014_02

シンゲン2014_03


また私に対しても敵意をあらわにし、悪鬼のごとき形相で凄んできたものだ。


シンゲン2014_04

シンゲン2014_05


私はだから、この時点でシンゲンの性格は『豪胆・大胆』だと思っていた。


160628_063.jpg


ところがそれ以後のシンゲンはすっかりおとなしくなった‥‥、というか、シロベエによって手もなくはぎ取られた強がりの仮面は二度とかぶらなかった。


160628_067.jpg


だからシンゲンは外面的にいかつく見えても、実際は気弱で温順な猫なのかもしれない、と私は思っている。

それにもしかしたら、その上辺と中身の落差・ギャップが原因で、仲間から疎んじられて元の定住地を離れたのでは、とも思う。

そしてシロベエにいくら敵対視されようが、いまだにこのエリアで暮らしつづけているということは、以前いたところではもっとひどい目にあっていた可能性もある。


160628_068.jpg

160628_069b.jpg


それはともかく、久しぶりにシンゲンを見た私には少しばかり気がかりなことがある。

慧眼な読者のうちには、すでにお気づきの方もいらっしゃると思うが‥‥。

回想シーンに挿入した2年前の写真と比べて、現在のシンゲンはかなり痩せている。

もし別の場所でシンゲンと会っていたなら、同一猫とは思わなかったかもしれないほどの変わり様だ。


160628_070.jpg

160628_071b.jpg

160628_066.jpg


猫が、それも野良猫が痩せるのはけっして良い兆候ではなく、栄養不良か罹患している可能性も考えられる。

ただ2年前のシンゲンはいささか太り気味だったので、今が標準体重だと言われれば納得はできる。


160628_072.jpg

シンゲンが草むらに姿を消したので後を追うのをあきらめてあたりを見まわしていた私の視界に、こちらへ向かってくるシロベエの姿が映った。

《ん、シンゲンを追ってきたのか‥‥?もしそうなら、なかなか用心深いやつだな》


160628_073.jpg


猫は縄張り意識の強い動物であり、その領域に侵入してくる者がいれば体を張って駆逐しようとする。

エリア生え抜きの海岸猫がすべていなくなった現在、シロベエにとってはエリアの中心にある駐車場が自分の縄張りであり、固守すべきパーソナルスペースなのだ。

だからその駐車場にシンゲンが舞い戻らないか確認するために、ここまで出張って来たのだろう。


160628_074.jpg

160628_075b.jpg


シロベエとシンゲンの力関係が逆転しないかぎりは、ふたりだけしかいないこのエリアにおけるシロベエの地歩は盤石に見えた。

シロベエ自身もそう思っていただろうし、少なくともこのときまでは私もそう信じていた。

ところが‥‥。


scenery160628_03.jpg

scenery160628_04.jpg


その盤石に思えたシロベエのポジションをおびやかす者が、数日後に出現することになる。

それも思いがけないかたちで‥‥。



〈つづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

No title

こんにちは
シンゲンちゃんとシロベエちゃん(ちゃんが似合わない・・(^-^;)
とても 久しぶりにお顔が見れて 懐かしい気持ちがしました。
猫ちゃんたちの力関係は はっきりしていて可哀想ですが
猫ちゃん同士の決め事なので それでいいのですね。
シロベエのポジションをおびやかす者とは・・シロベエが怪我とか
しないといいのですが・・心配性なので もう心配しています(^-^;

蒸し暑い日が続いていたのに 急に少し寒くなったので 
体調に お気をつけて下さいね(*^-^*) 

ねこ眠りさんへ

奇妙な情勢

去勢手術をしているオス猫はメスを巡る諍いを
しなくなりますが、それでも縄張りを固守するという
野生の本能はなくならないようです。
このような争いは一時的に止められても、
誰もいないときに同じことを繰り返しますから
私も敢えて仲裁はせず成りゆきに任せます。

さて「シロベエのポジションをおびやかす者」ですが、
私が目撃した限りにおいては、争いごとを生起させるのではなく、
エリアに「奇妙な情勢」をもたらしました。

誰もが体調を崩しかねない季節の変わり目、ねこ眠りさんもご自愛ください。

No title

こんにちは。
いつも拝見しています。
最近は霊園などでの撮影で写真をネットに上げないように
と忠告される事がありました。
いたずらや、酷いときは殺される猫もいるとのことでした、が
写真が原因のような不調は違和感と、疑問を覚えます。
その方がそのまま猫を連れて餌をやっている姿をみて余計にそう思いました。
難しい問題ですね。

free-manさんへ

難しい問題

私は写真でいえば地名の入った看板などは最初から写さないようにするか、
構図的にどうしても入ってしまう場合はあとで加工し、
キャプションにも固有名詞を明記しないようにしています。
ただ、猫は生き物ですから常に姿を隠しているわけではなく、
その気がなくても猫を目にできる状況です。
なので、野良猫の存在を完全に隠せないのなら、逆に多くの人が
その野良猫を見守っているという事実を知らしめる方がいいのかも、
と思ってしまいます。
おっしゃるように難しい問題です。

スナップ写真を撮っているfree-manさんの場合は「肖像権」や
「プライバシー権」が絡んでご苦労されているのでは、と推測いたします。
私としてはfree-manさんがその手のトラブルに巻き込まれることなく、
これからも素敵な写真を発表してくれるよう願うばかりです。

No title

足が悪いシロベエよりも シンゲンの方が
顔も体つきも強そうに見えてしまいます。
外見では 分からないものですね。。

次回 何が起こるのかなぁ。。

おこちゃんさんへ

伏兵

今は痩せてしまったけれど、当初は体格もシンゲンの方が
ずっと大きかったのですが、何故かシロベエには最初から
敵いませんでした。
どうやら「人は見かけによらない」というのは猫の社会にも
当てはまるようです。

次回は意外な伏兵が登場します。
非公開コメント


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~