プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです
おきてがみ
バナーをクリックしてURLを記入すると
訪問履歴を残せます
ログインしないで閲覧するFC2の方も
利用してください

最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

往く者・来る者 (後編 1)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



エリアにおける序列をシロベエが少々露骨な方法でシンゲンに因果を含ませてから3日後、私はまたシシマルエリアを訪れた。

こんな短いスパンでこのエリアを再訪するのは実に久しぶりのことだ。

とはいっても、シロベエとシンゲンの諍いに心を砕いたわけではない。

だいたいにおいてシロベエとシンゲンが起こすあの手の小競り合いは常態化していると思われ、いまさら一時しのぎの仲裁などしてもなんの意味もないことは明らかだ。

それに、そもそも野良猫社会には彼・彼女らなりの確固とした秩序や掟があり、ニンゲンが介入する余地など端からありはしない。

私の目的は、あくまでもあの日に初めて姿を見せたシャムMixの動向を知ることだった。


scenery160701_01.jpg

scenery160701_02.jpg


ところがエサ場を中心として、その周辺の駐車場や空き地をひととおり捜してみたが、シャムMixの姿はどこにもなかった。

《やはりシャムMixはこのエリアで暮らしているのではなく、あの日たまたま通りかかっただけなのか?》


160701-08_019.jpg

シャムMixを捜しているときに、自身は草むらに身を隠しているつもりなのかもしれないが、実際は100メートル先からでも見分けられる状態のシンゲンに会った。


160701-08_020.jpg

160701-08_021.jpg

シンゲンは私が近づいて話しかけても、心ここにあらずといった風でこれといった反応をしめさない。

焦点の定まらないぼんやりとした目つきをして、表情も何やら屈託ありげだ。

もしかしたらシロベエとの軋轢のせいで心身ともに疲弊しているかもしれず、そうであるなら今はそっとしてほしいだろうから、私は「シンゲン、またな」と一言声をかけてその場をはなれた。


私はそれから無駄だとは思ったが、シャムMixの姿を求めて先日彼女が去っていったのとは逆の方角へも足を延ばした。


scenery160701_05.jpg

scenery160701_06.jpg


エサ場から少し離れた駐車場のそばを通りかかったとき、私の視界の片隅を小さな影がよぎった


160701-08_001.jpg

はっとして、反射的に振りかえるとそれは黒猫だった。

一瞬、数年前にこのエリアから突然姿を消した『クロベエ』が帰ってきたのかと思ったのだが、体付きが明らかに違っている。

「違う黒猫だ!」私は心の中で思わず声をあげた。


160701-08_002.jpg

160701-08_003.jpg

黒猫は私の存在を気にとめることなく物陰に姿を消した。

そこで私は足音を忍ばせてゆっくりと障害物の反対側にまわりこんだ。


160701-08_004.jpg

そうして古タイヤの脇にうずくまっている黒猫と私は向かい合った。

これまでここで黒猫の姿を見たのは、先述したエリア生え抜きのクロベエだけだ。


160701-08_005b.jpg

160701-08_006b.jpg


猫の被毛の柄は千差万別だが、ソリッドタイプの白と黒は個体選別が難しい。とりわけ黒猫の識別は難度が高い。(あくまでも私にとってはということだが)

だからこの黒猫とは今回が初見になるのか‥‥、私に確信はない。


160701-08_007c.jpg

それというのも、ひと月ほど前から黒猫を何度か目撃しているからだ。

* * *

まず海岸において黒猫を最初に目撃したのはランエリアだった。

灌木の奥に腹ばってじっとランの様子をうかがっている黒猫をたまたま発見した。

kuroneko531_01.jpg

kuroneko531_02b.jpg

私を見つめる黒猫の双眸には警戒心とか猜疑心といったものがあまり感じられない。

この黒猫とは初見かと思ったのだが、実は数日前にここから200メートルほど離れた場所で体付きのよく似た黒猫を私は目撃していた。


kuroneko531_03b.jpg


ただし、そこは海岸ではなく国道の反対側の市道で、そのとき黒猫は海岸とは逆の方角へ歩いていて、そのままとある民家の門扉の下をするりとくぐっていった。

むろんその黒猫が目の前にいる黒猫と同一なのかは断言できないが、距離的にも更に猫全体に占める黒猫の割合を考えても、同じ猫である可能性は極めて高い。

そしてそうであるのなら、飼い猫が命を賭してまで交通量の多い国道を渡って海岸まで来ることは考えられないので、おそらく野良猫だと思われる。


kuroneko531_05b.jpg

kuroneko531_06.jpg

このとき、ランはお気に入りの場所でのんびりくつろいでいた。

表情にも警戒感や緊張感は微塵も感じられない。

黒猫の存在に気づいていないのか、それとも気づいていながら黙殺しているのか、私には判断がつきかねた。

私が写真を撮るために近づくと、黒猫は身体をひるがえして防砂林の奥へ逃げてしまった。


それから3日後の同じ夕刻だった。

私がランエリアを訪れたとき、すでに黒猫がいて、ランと2メートルほどの距離で対峙していた。

kuroneko603_06.jpg

kuroneko603_08.jpg

kuroneko603_20b.jpg

ランは前回とは打って変わった緊張した面持ちで一瞬たりとも黒猫から眼をはなさず、その動きを追う。


kuroneko603_09.jpg

kuroneko603_10.jpg

一方の黒猫はというと、顔貌がずいぶんと変わっていた。

防砂林のいたるところに張り巡らされている蜘蛛の巣を顔面にくっつけているのは仕方ないが、左眼が半分以上ふさがっている。


kuroneko603_12.jpg

kuroneko603_11.jpg

黒猫が前回と同じように灌木の中に入りこんだために、ふたりの隔たりは4メートルほどに広がる。

そのせいか、さきほどの張りつめた緊張感はいくぶん薄れ、ランも落ち着きを取りもどしている。


kuroneko603_22.jpg

kuroneko603_21.jpg

黒猫の顔をよく見ると、左眼の上に引っかかれたような傷がある。

おそらくはほかの猫と喧嘩をして負ったもので、その傷せいで左眼がふさがっているのだろう。


kuroneko603_23.jpg

私が来てからすでに20分以上が経過している。

リンと黒猫はその前から相対していたのだから、猫同士の睨み合いにしてはいささか長い。


kuroneko603_24.jpg

kuroneko603_25.jpg

膠着状態にしびれを切らしたのか、黒猫は灌木の更に奥へ引っこんでしまう。

冒頭で述べたように、野良猫同士の諍いにニンゲンが介入しても根本的な解決にはならないので、私はふたりをそのままにしてその場から立ち去った。


そしてつぎにこの黒猫と遭遇したのは5日後、リンエリアでのことだった。

kuroneko608_14.jpg

kuroneko608_15b.jpg

黒猫の眼の状態は更に悪化し、左眼は完全にふさがっていた。

飼い猫ならなんらかの治療を受けているはずだから、やはりこの黒猫は野良猫であり、そして命をかけて国道を渡らなければならない事情があったのだろう。


kuroneko608_16b.jpg

kuroneko608_17.jpg

左眼の傷が物語るように、ほかの猫との争いにやぶれて、もともとの定住地から離れざるを得なくなったのかもしれない。


kuroneko608_18d.jpg

kuroneko608_19d.jpg

そのとき、私の視界の左隅にサキが現れた。どうやらサキも黒猫の存在に気づいたようだ。


kuroneko608_20c.jpg

kuroneko608_21c.jpg

kuroneko608_22c.jpg

kuroneko608_37.jpg

kuroneko608_38.jpg

見ていると、サキは姿勢を低く保って、字義どおり抜き足差し足で黒猫へ近づいていく。


kuroneko608_39.jpg

kuroneko608_40.jpg

kuroneko608_41.jpg

kuroneko608_42.jpg

そしてその動きは、まるでスローモーションかコマ送りのような極めてゆっくりとしたもので、少なくとも私の耳には足音はまったく聞こえない。


kuroneko608_23.jpg

しばらくして灌木の茂みの中から枯れ葉を踏む足音がひとしきり聞こえてきたが、ふたりが争っている様子はなく、やがて静寂がおとずれた。


kuroneko608_24.jpg

踏み分け道を使って灌木の茂みの反対側にまわり込んでみると、黒猫の姿は既になく、サキがあたりの匂いをさかんに嗅いでいた。


kuroneko608_25.jpg

kuroneko608_26.jpg

おそらくは黒猫が残していった匂いからその正体を探っているのだろう。

ちなみに猫の臭覚は犬にはおよばないものの、ニンゲンの1万倍から10万倍と言われている。


kuroneko608_29.jpg

ただならぬ気配を察知したのだろう、サキの母であるリンも現場にやって来ては娘と同様に下草の匂いを入念にしらべはじめた。


kuroneko608_30.jpg

kuroneko608_31.jpg

リンの表情は刃物のように鋭い。おおかた自分のテリトリーを侵犯した相手に思いを巡らせているのだろう。


kuroneko608_27.jpg

kuroneko608_28.jpg

幼いサキにとっては、自分のテリトリーに見知らぬ黒猫が侵入してきたことがショックだったのか、目を瞠って不安げな表情を見せている。※〔1〕


kuroneko608_32.jpg

kuroneko608_33.jpg

娘を見つめかえすリンの表情は険しい。「これくらいことであたふたするんじゃないわよ!」とでも母として、また野良猫の先輩としていましめているのかもしれない。


kuroneko608_36.jpg

kuroneko608_34.jpg

kuroneko608_35.jpg

結局この黒猫は、私の知るかぎりにおいては3度海岸猫のエサ場近くに出没した。

その後、ぱたりと姿を見せなくなったので、街へ戻ったのだろうと思っていたのだが‥‥。

* * *

だからもし同じ黒猫ならこの日が4度目の遭遇になるのだが、はたしてそうなのだろうか?

160701-08_008b.jpg

kuroneko608_43.jpg

いくぶん丸みをおびた顔の輪郭など類似点はある。しかし、いかんせん同一猫だと断定できる決定的な特徴が見あたらない。


kuroneko608_44.jpg

あの黒猫なら左眼の傷は完治していることになり、それはそれで喜ばしいことなのだが‥‥。

と、そのとき私の背後から猫の鳴き声が聞こえてきた。


160701-08_009.jpg

振りかえって見ると、声の主はシロベエだった。


160701-08_010.jpg

私には理由など知る由もないが、シロベエはご機嫌斜めなようで、断続的に甲高い声を発している。

この海岸猫は2010年の12月に突然エリアから姿を消した。

2週間後にひょっこり帰ってきたのだが、そのときには右後ろ脚を脱臼していた。


160701-08_011.jpg

だから歩く際などに、脱臼した右脚に重心がかかると腰ががくりと沈んでしまう。

ただシロベエ自身が痛みを感じている様子は見られないし、走ることや跳躍することに支障があるようにも感じられない。


160701-08_012c.jpg

160701-08_013c.jpg

シロベエの状態を見ていると、おそらくは関節がずれただけの『亜脱臼』ではなく、関節がはずれた『完全脱臼』だと思われ、そうであるのなら治療には全身麻酔での手術とリハビリが不可欠だ。

手術費用は数十万円かかり、また完治までは関節部を固定して数ヵ月を要すると言われている。

野良猫にそのような治療を施すのは現実的ではなく、だからボランティアさんも放置せざるを得なかったのだろう。


160701-08_016.jpg

160701-08_017.jpg

それはともかくとして、のんびりと草を食んでいるシロベエだが、私が気になるのは黒猫の存在を知っているのか、ということだ。

縄張り意識がことさら強いシロベエのことだから、ほかの猫が駐車場に現れたとなると、心中穏やかでいられるはずがない。


160701-08_018.jpg

黒猫の出現によってこのエリアにおける序列や力関係に、なんらかの波紋が生じるのだろうか?

更には前回記したように、この黒猫がシロベエの地歩をおびやかす存在になるのだろうか?

これらの疑問に対する答えは次回に譲ることにする。



〈つづく〉



脚注
※〔1〕発情していない雌猫は雄猫を近づけないし、場合によっては攻撃を加える。



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

おはようございます。

野良猫たちが、生き抜くことは想像を絶する苦難があるのでしょうね。
ケンカの後遺症が今後の生活に支障をきたすほどに戦うのでしょうか?

外猫のクロの傷が酷かったのは、ケンカするからなのでしょうね。
最近は、大人しく庭にじっとしていますから、歳を取ったせいかしら。

心配した、左足ももう大丈夫みたいです(^-^)

皆仲良く出来たら、良いのですが。

同一にゃん物?

新入りさんになるのでしょうか 。。

街で飼われている猫が ワザワザ遊びに来たはずもないか。。?

毛質、鼻の穴の形が 同じコの様に見えました。
目の上の 傷は。。^^;
治ったかな?

Miyuさんへ

共存

普通、猫同士の喧嘩で命を落とすような怪我を負うことはありません。
彼らは自分の縄張りを固守するとか、発情期にメスを巡る争いをするだけで、
相手を『憎む』ということはないと思われます。
飽くまでも生きる手段であり、自分の遺伝子を残す術であって、これらは野生の本能が
為せるわざでしょう。

敵対する者を憎悪し、『殺意』をもって臨むのはおそらくニンゲンだけだと思います。
ニンゲンは進化の過程において知恵を手に入れましたが、同時にほかの邪悪な感情も
抱くようになりましたから。

ですからMiyuさん宅を訪れた新たな黒猫も時間がたてば、先住猫のクロやミケちゃんと
共存できるでしょう。
彼・彼女らはニンゲンのように愚かではありませんから。きっと。

おこちゃんさんへ

限りなく同一猫に近い

黒猫を識別するのは本当に難しく、写真を何度も見比べても
同一猫と判断できる決定的な特徴を発見できずにいます。

でも黒猫はキジトラなどとちがってその数は多くなく、
また状況を考えれば、左眼を負傷した子とシシマルエリアに現れた子は
「限りなく同一猫に近い」と言えます。

No title

こんにちは
草むらのなかで 隠れているつもりかも知れない姿のシンゲンが
とても可愛らしくみえました。 本人にしたら そんな悠長な
気分ではないかも知れないのですが(^-^;

サキには ランがいてくれることが きっと心強いですね・・

黒猫が 同一猫ちゃんで 左目の傷が治っているのだといいなぁ・・
と・・     また次回を お待ちしています(*^-^*) 

匿名さんへ

同一猫なら

シンゲンは一見強面風ですが、本来は気が小さいようで、
そのギャップが彼の魅力のひとつになっています。
シロベエとの対立で身の細る思いをしているためか、
現実に痩せてしまったのが気掛かりです。

リンとサキは仲睦まじい母娘で、サキは母に甘え、
リンは娘を愛しんでいます。
見ていて微笑ましく感じるのですが、実際は彼女らの置かれた
状況を思うと手放しで喜べないのです。

さてシシマルエリアに現れた黒猫ですが、眼を負傷した黒猫と
同一だと断定するにいまだ至っていません。
しかしおそらく同じ黒猫だろうと、私は思っています。
というか、そうであってほしいと願っているのです。
仰るように、同一猫なら左眼が治っていることになりますから。

No title

あ・・どうして 名前が消えていたのか分からないのですが
うっかりと失礼を致しました。ごめんなさい(^-^;

サキの表情をみると いつも守ってあげたくなります。
この先も リンと無事に過ごせますように・・願っています(*^-^*)

ねこ眠りさんへ

ねこ眠りさんでしたか

コンピュータは正確かつ迅速ですが、いかんせん融通がききません。
それにいきなり不具合を起こしてしまいます。
名前が消えたのもシステム的なことが原因かもしれませんね。

最近私も写真データをアップロードしていると、
何度も「アップロードに失敗しました」という
メッセージが出てしまう不具合を経験しています。

さて、サキは母になったとはいえ、実際はまだ1歳半で、
まだまだ幼さを感じさせます。
そんな経験不足なサキを母のリンがカバーしているようです。

黒猫ちゃん

wabiさんの勘が当たってほしい。同一のにゃんこであってほしいですね。もし、そうでなければ怪我している目が心配です。
うちの捨て猫だった「ミケ」はおかげさまでスクスクと育ち、体重も拾った時の4倍に成長してます(笑)

のんちわわさんへ

黒猫

そうあってほしいという願いもあって、
私自身は同一猫だと思っています。
リンエリアで左眼がふさがった状態の黒猫を目撃してから
ほぼ1ヵ月経っているので傷が治っていても不思議では
ありませんから。

そうですか、“お転婆”なミケちゃん、
そんなに大きくなりましたか。
きっと、のんちわわさんとりんちゃんの愛情も
滋養となっているのでしょうね。(笑)
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~