プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

ランキングサイト
ブログランキングに参加しています
バナーをクリックして頂ければ嬉しいです
おきてがみ
バナーをクリックしてURLを記入すると
訪問履歴を残せます
ログインしないで閲覧するFC2の方も
利用してください

最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト









検索フォーム
偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】






この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

往く者・来る者 (後編 2)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村



5日後、私はまたシシマルエリアに足を運んだ。

前回訪れたのはその前に初めて見かけたシャムMixが気にかかったためだが、今回はエリアに突然あらわれた黒猫がその後どうなったかどうしても知りたかった。

以前にも述べたように、ここ数年のあいだに海岸猫の数は激減している。

5、6年前から比べると、個々の経緯は様々だが7割ほどの猫が海岸から去っていった。

だが最近になって前述のシャムMixや黒猫のように、ぎゃくに海岸へやってきた野良とおぼしき猫を目撃するようになった。

今回も黒猫の様子とともに、そんな猫たちを紹介しよう。


scenery160708_07b.jpg

scenery160708_08.jpg

scenery160708_09.jpg


記事にはしていないのだが、自宅からもっとも近いエサ場ということもあって、海岸へ行った際にはランの様子をうかがうのが半ば私の慣習になっている。

この日もシシマルエリアへ向かう途中、ランエリアに立ち寄った。


ranarea708_01.jpg

防砂林へ入るやいなや、ひとりの茶トラ猫が灌木の中でぽつねんとしている姿が目に飛びこんできた。

《そうか、この茶トラだったのか‥‥》私は思わず独りごちる。

がっちりした体躯をもつこの茶トラと私はこのときが初対面ではなかった。


ranarea708_12.jpg


実は、前日の夕刻にランエリアの近くでたまたま会った知人と立ち話をしている際、海岸沿いの道路を横断する茶トラを目撃している。

茶トラはすぐに防砂林脇の植込みに姿を消したので、私がその姿を目にしたのは寸秒の間だった。

そうそう頻繁に見知らぬ猫が海岸に出没することはないという先入観があったので、シシマルエリアからはそれなりの距離はあったが、そのときはてっきりシンゲンが出張ってきたと思ったのだ。


ranarea708_02.jpg

この茶トラをそれまで海岸で見かけたことはついぞなく、どういういきさつがあったのか分からないが、やはり左眼を負傷した黒猫と同様に街からやってきたと思われた。


ranarea708_03.jpg

野良猫とは思えない柔和な表情をしているので敵意や害意を抱いていそうにないが、茶トラは私が来たときからランをじっと見つめている。


ranarea708_04.jpg

そのランは茶トラの存在を知ってか知らでか、のんびりと毛づくろいをしていた。


ranarea708_05.jpg

ranarea708_06.jpg

香箱をつくっているところを見ると、茶トラも思いのほかリラックスしているらしい。

そこで私は「お前は何処から来たんだ?昨日からずっと海岸にいるのか?」と訊いてみたが、茶トラはこのおっさん何を言っているんだ、という風情で静かに見つめかえしてくるばかりだ。

街中から海岸へ出張ってくる行動範囲の広さから、この茶トラはおそらく雄だと思われる。


ranarea708_07.jpg

それにしてもランの呑気な様子を見ているうちに、野良猫としての自覚が欠如しているのではといささか心配になってきた。

しかし‥‥。


ranarea708_08.jpg

ranarea708_09.jpg

眼を閉じて一見まどろんでいるように見えるランだが、鋭い指向性と高い感度を有する耳だけはしっかり茶トラのいるほうに向けていることを見逃してはいけない。

だからもしランが茶トラの存在を知っていて、なおかつこういう態度をとっているのなら、相当に肝が据わっているといえる。


ranarea708_10.jpg

ranarea708_11b.jpg

ここにいても埒があかないと悟ったのか、しばらくすると茶トラは灌木の奥へ姿を消した。

その直前に私のほうを顧みた茶トラの表情は、なにかなし憂いを含んでいるようだった。

「元気でな‥‥」行くあてがあるのか気になったが、私には茶トラにそう声をかけるしかすべがなかった。


scenery160708_10.jpg

ランのエサ場をあとにした私は、一路シシマルエリアへと向かった。


160701-08_022b.jpg

エリアに着いた私を最初に迎えたのは、生え抜きの海岸猫すべてがいなくなったせいで棚ぼた式に登りつめたとはいえ、いまやこのエリアのボス的存在となったシロベエだった。※〔1〕


160701-08_023b.jpg

160701-08_033.jpg

シロベエ自身にも自覚が生まれたのか、その立ち振るまいに尊大さを感じるのは、あながち私の錯覚だとも言いきれない。


160701-08_034.jpg

実際にこの駐車場の中心に近く、そして比較的高くて眺望のきく場所に陣取っているシロベエの姿態は、まるで玉座に横たわる王のようだ。

たとえ誰ひとり従属せず、何ひとつ権力がないとしても‥‥。


160701-08_035b.jpg

160701-08_036b.jpg

とはいえ仔猫ならいざ知らず、成猫にとって独りでいることはごく当たり前の状況であって、それにより痛痒を感じることはないはずだ。


160701-08_038b.jpg

だとするなら、現状はシロベエにしてみれば今までにないほど心地よいものなのかもしれない。


160701-08_037.jpg

160701-08_039.jpg

“玉座” で昼寝をはじめたシロベエをそのままにして、私はエサ場に誰かいないか調べることにした。


160701-08_024.jpg

そして駐車場を出てエサ場へ向かっていると、道路を横断しているシンゲンの後ろ姿が目に入った。

目的はちがっても、どうやらシンゲンと私の行き先は同じようだ。


160701-08_025.jpg

160701-08_026.jpg

160701-08_027.jpg

ところがてっきりエサ場へ行くものと思っていたシンゲンは、エサ場の中をちらりと見ただけでそのまま通り過ぎていく。

私もエサ場をのぞいてみたが、中には誰もいなかった。ということはつまり、先客のいるのを知ってシンゲンが遠慮したわけではない。

《いったい何処へ行こうとしているんだ、シンゲンは‥‥?》私はいぶかった。


160701-08_028.jpg

160701-08_029.jpg

くつろぐなら好適な場所が駐車場にいくつもあるのに、そうしないということはやはりシロベエに気がねしているからだろう。


160701-08_030.jpg


考えてみれば、義兄として、また強力な後ろ盾として頼りにしていたコジローのいなくなった今が、シンゲンにとって最もつらいときかもしれない。※〔2〕


160701-08_031.jpg

160701-08_032.jpg

硬いコンクリートであっても、今のシンゲンにはシロベエの目が届かないというだけで心穏やかでいられるのだろう。


160701-08_040.jpg

160701-08_041.jpg

160701-08_042.jpg

ここにきてシンゲンは、はじめて私と目をあわせた。「なんだおっさん、いたのか」という風に。

私の存在などとっくに気づいていたはず、なのにどういった理由によるかは知らないが、猫はよくこういう見えすいたマネをする。


160701-08_043.jpg

160701-08_044.jpg

160701-08_045.jpg

私は思わず「おおっ」と声をあげた。

なんとなれば、シンゲンの『ヘソ天ローリング』を見たのは初めてだったからだ。※〔3〕


160701-08_046.jpg

160701-08_047.jpg

シンゲンのいかにも猫らしい仕草を見ても、素直に「かわいい」と思えないのは、やはり彼が強面であるからで‥‥、

本来は人に対するのと同様に面構えで判断してはいけないのだが、猫の愛らしさはとどのつまり顔だちなんだなあ、とあらためて痛感した光景だ。※〔4〕

シンゲンにはたいへん申し訳ないのだが、こればかりはしかたがない。


160701-08_048.jpg

160701-08_049.jpg

160701-08_054b.jpg

駐車場に戻ってみると黒猫の姿があった。

黒猫は心地よい海風を受けながらつかの間の眠りに就いていた。


160701-08_050.jpg

私の気配に気づいたのだろう、黒猫はわずらわしそうに眼を開けた。

だがまぶた以外を動かすつもりは毛頭ないようで、あくまでも鷹揚にかまえている。

黒猫のその態度は、このエリアに何年も住みつづけている古参猫の風格を感じさせるほどだ。


160701-08_051.jpg


ところで「黒猫が目の前を横切ると不吉」だとか「黒猫は悪魔の使い」などと巷間言われているが、どちらも迷妄的信仰(迷妄)の類である。

元来日本において黒猫は『福猫』といわれて幸福の象徴だった

それに「黒猫には魔除けの力がある」とか「黒猫を飼うと病気が治る」などと信じられていて、通説によると沖田総司が労咳(肺結核)の完治を願って黒猫を飼っていたと言われている。

(ちなみに『吾輩は猫である』のモデルとなったのは夏目漱石自身が飼っていた元野良の黒猫である)

ところが明治以降に欧米の文化が日本に流入してきたおりに、「黒猫は不吉」という迷信も一緒に入ってきた。

そもそもそんな迷信が生まれたのはヨーロッパにおいておこなわれた『魔女狩り』の際に「黒猫は魔女の使い」などという根拠のない話が流布されたためだ。

そして黒いという理由だけで、黒猫は魔女とされた人たちとともに殺害された。

イタリアでは魔女狩りの名残りとして、今でも毎年6万匹もの黒猫が殺されつづけている。


160701-08_055.jpg


ここにほかの国における黒猫の扱いについて記しておく。

イングランド:黒猫が道を渡ったり自宅に入ってきたら縁起がよい。結婚祝いに黒猫を送ると新婦に幸せがおとずれる。

スコットランド:玄関先に見知らぬ黒猫がいたら、その家に繁栄がもたらされる。

アメリカ:黒猫が横切ると不幸が、白猫が横切ると幸運がもたらされる。

ベルギー:イーペルという町では19世紀末まで時計塔から黒猫を落として殺すという行事がおこなわれていた。
(現在はその反省として生きた黒猫の代わりにぬいぐるみを落とし、それを受けとめた人は幸運になるという祭りが催されている)


黒猫を「幸福の象徴」として捉えるのも「不幸の象徴」として捉えるのも、ともに迷信だが、少なくとも良い前兆として受けとめた場合には、いわれのない迫害や虐殺は起こりえない。

(どだい皮膚の色や毛の色で不当な差別をするのはニンゲンだけだ)

どうせ誤って信じるのなら‥‥、猫もニンゲンも幸せになれるほうを選ぶべきだ、と私は思う。


160701-08_056.jpg


だから私の身にもいずれ良いことが起こると信じたい。いや、ここははっきり「信じる」と言っておこう。

(皆さんも黒猫を見かけたら吉兆と思い、更に黒猫を家族として迎えれば幸せと繁栄がおとずれると信じましょう)


160701-08_052.jpg

160701-08_053.jpg


《それにしても‥‥》と私は首をかしげた。

黒猫は駐車場にいる。しかも死角になっているとはいえ、シロベエの目と鼻の先、4メートルほどのところにいる。


160701-08_057.jpg


それも黒猫は物陰に隠れているわけではなく、すぐ目につくところでのんびりくつろいでいるのだ。

だからシロベエはとうぜん気づいているはず。にもかかわらず、示威的な行動を起こさないのはどうしてなんだろう?


160701-08_058.jpg

160701-08_060.jpg


すでに黒猫と一戦交えて被毛の色のごとく “白黒” ついたのだろうか、それとも平和裏に野良猫社会における協定のようなものが結ばれたのだろうか。


160701-08_061c.jpg

160701-08_062.jpg


いずれにしろシロベエとの付き合いもすでに6年になるのだが、私はこの海岸猫の性格がいまだにつかめない。

野良猫にはさして珍しくないが、シロベエもいつ何処で生まれたのかなどの生い立ちに関することはいっさい分かっていない。

ある日突然このエリアに現れて、そのまま住みついてしまったのだ。


160701-08_063.jpg


その頃このエリアは大所帯だったのだが、シロベエはほかの猫たちにうとんじられていた。

それというのも、この海岸猫の行動がいささか奇矯だったので、皆が「触らぬ神に祟りなし」とばかりに関わりを避けていたからだ。


160701-08_065.jpg


個々の出来事はさすがに忘れてしまったが、ひとつ実例を挙げると、シロベエがこれといった理由もなく周りのいる仲間にいきなり喧嘩を吹っかけている現場をいくどか目撃した。

コジローにいたっては、そういう予測不能な行動をとるシロベエを蛇蝎のごとく嫌い、自分からはけっして近寄らなかった。

そしてシロベエがエリア内でうろついているときには、コジローは隣接するべつのエリアへ一時的に避難していたくらいだ。


160701-08_066.jpg


エリアに波風を立ててばかりいるそんなシロベエのことを、私はいつしか「空気が読めない奴」と呼ぶようになった。

ただ幼い猫たちには不思議と慕われ、ともに里親さんに引き取られた『新入り猫』や『ツバサ』とじゃれあっている光景をよく見かけたものだ。

まあなにはともあれ‥‥。


160701-08_067.jpg


新参の黒猫も落ちついた様子だったし、シロベエとシンゲンの姿も確認できたし、これでこのエリアにおける私の目的はほぼ達成された。

そこで、来る途中で会った茶トラのその後とひとりでいるランのことが気になっていたので、このエリアでの撮影を終えて、ランのところへふたたび行ってみようと思った。

そんな矢先だった。

出し抜けに甲高い猫の鳴き声、というより叫び声が駐車場に響きわたったのは。


160701-08_068.jpg

160701-08_069.jpg


その第一声をきっかけに、叫び声が断続的に聞こえてきた。

シロベエも毛づくろいを中断してあたりを見まわしている。

鳴いているのは黒猫ではないし、シンゲンでもない。

一瞬、先日見かけたシャムMixの顔が頭に浮かんできたが、私はすぐにそれを打ち消した。

人目を避けてひっそりと暮らしている野良猫は、よほどのことがないかぎり鳴いたりしないものだ。それもこんな大声では‥‥。


「いったい誰がこんな派手な声で鳴いているんだ!?」


私は鳴き声をたよりに駐車場の奥へとゆっくり歩いていった。

しかし砂利のまじった土の駐車場、どうしても足音は立ってしまう。

その私の足音を聞きつけたのだろう、途中でその鳴き声はぴたりと止んだ。


160701-08_070.jpg

果たして、駐車場の隅にひとりのアメショー柄のキジ白猫がうずくまっていた

まだ幼さが残るこのキジ白とは初対面だ。


160701-08_071b.jpg

初見の海岸猫に言う決まり文句が、私の口から思わずついて出た。

「お前は誰だ?何処から来たんだ?」


160701-08_072b.jpg

160701-08_073b.jpg

しかし私の顔をしばらく見つめたキジ白は、正面に向きなおりふたたび大きな鳴き声をあげた。

まるで誰かに苦情を申し立てるような調子で。


160701-08_074b.jpg

160701-08_075b.jpg

160701-08_076.jpg

面差しや身体の大きさから推して、このキジ白は去年の秋に生まれたのだろう。

また初対面のニンゲンが側にいるにもかかわらず、逃げる素振りも見せないで安楽に香箱をつくっている人馴れした態度から、無慈悲なニンゲンの手によって遺棄された捨て猫だと思われる。

あらたに黒猫が加わったことで少々複雑な状況になったとはいえ、比較的平穏なこのエリアに波乱を起こすのは意外にもこの幼いキジ白なのだ。

さらには安泰だと思われたシロベエの地歩をおびやかすのもこの子なのだが、その模様はべつの機会に紹介したいと思う。


ただこれだけは皆さまにお伝えしておきたい。

このアメショー柄のキジ白の子の里親さんを募集しているということを。

詳細は里親募集のページ危険な防砂林から仔猫を救って!を参照してください。



〈了〉



脚注
※〔1〕仲間と群れない猫の社会にいわゆるヒエラルキーは存在しないが、個体同士の間には序列が介在している。
※〔2〕コジローがいなくなった経緯は『青天の霹靂 (後編 2)』を参照されたい。
※〔3〕ヘソ天ローリング:私が勝手につくった造語で、ヘソ天のポーズのまま身体を左右にゆらすことを言う。
※〔4〕『猫の愛らしさはとどのつまり顔だちなんだ』というのは「猫の可愛さ」について論じただけで、
       シンゲンを貶めているわけでも差別しているわけでもない。念のため。



ブログランキングに参加しています
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
いつも応援ありがとうございます



【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

No title

黒猫さん、茶トラさん、アメショー柄さん。。君と呼ぶべきかな? ちゃんがいいかなぁー?

海岸ねこさんが 減ることは 辛い事件 事故等で 悲しい事もあるけれど、黒猫ちゃん達の新入りが 増えることは 困ったことでもあるような。。


うちにも 黒猫さんが 2回程 顔を見せるようになりました。。(^_^;)

黒猫さん だーいすき!です。
赤いリボンをつけたいです。(^_^ゞ

No title

wabiさん

微力ですが、里親募集
拡散させて頂きます(*^^*)
写真お借りしますね♪

素敵な里親様に出会える事を願って☆

おこちゃんさんへ

幸福が訪れる前ぶれ

いなくなった海岸猫のうち、死亡が確認できたり
里親さんに引き取られた子はごく僅かで、
ほかの子はある日突然ゆくえしれずになったままです。

今回記事で紹介した、海岸にきた子たちの多くは
なんらかの事情により街に住めなくなった野良だと思われます。
そういう子の場合は、野良猫の数が増えたわけではないので、
まだいいのですが、最後に登場した幼いアメショー柄の子のように
明らかに遺棄された子の場合は話がまったく違ってきます。
愛玩動物をむやみに遺棄することは今や立派な犯罪ですから。

黒猫が来るということは、おこちゃんさんの家に幸福が訪れる前ぶれ。
きっと良いことが起こるでしょう。

minaさんへ

拡散記事

里親募集記事の拡散にご協力していただけるとのこと、本当に感謝しています。
写真はご自由に転載してくださって結構です。

本来なら私が引き取れるといいのですが、そうはできない事情を抱えているので、
寄る辺ない子たちがひとりでも多く幸せになってくれるよう祈るだけです。

こんばんは

シンゲンちゃんも、全てのこたちが可愛いです(●^o^●)

黒猫のこと、きっと幸せを運んで来てくれますよね。
我が家のクロも強面ですが、とっても可愛い声で甘えて来ます。

それでかわいい~と思える自分が幸せをもらっているのですから。

これから、寒くなりますので、温かい居場所が全てのにゃんこにありますように祈ります。

Miyuさんへ

猫と人間がともに幸せになるために

シンゲンの見た目はけっしてカワイイとは言えないのですが、
その外見と性格との落差が、何ともいえない雰囲気を醸し出しています。

Miyuさん宅の食客であるクロちゃんもなかなか味のある風貌をしていますね。
でもミケちゃんを優しく護っている光景などを拝見する度に「男だな!」と感じます。
クロちゃんが人間ならきっとモテるでしょう。(笑)

「黒猫は幸福の象徴」として、これまで受けてきた濡れ衣を晴らしていきたいですね。
猫と人間がともに幸せになるためにも‥‥。

No title

こんにちは 

ほんとうどの子も 可愛いですね(*^-^*)
強面のシンゲンちゃんも ギャップ萌え?でしょうか(^-^;
草むらに身を隠したつもりだったり ごろにゃんしたり
とても可愛らしいです♪

人間が 縁起を担いだりするのは それはそれでいいのかも
知れないけれど・・それが 他の動物の命を殺めたり 傷つけたり
苦しませたりするのは ものすごく間違っていると・・私も思います。

アメショー柄のキジ白猫ちゃんに里親さんが見つかりますように・・

ねこ眠りさんへ

歪んだ信仰心

強面、美顔にかかわりなく、猫の仕草には独特の可愛さがありますね。
シンゲンの場合は、おっしゃるように『ギャップ萌え』の要素が強いですが。(笑)
またシロベエにやり込められてばかりいるからでしょうか、
そこはかとない哀愁をさえ感じます。

縁起やジンクスをかつぐのは自由ですが、自分のなかで完結させるだけでなく
ほかのものへ被害が及ぶような行為は絶対に許せません。
科学が万能だとは言いませんが、少なくとも『命』を犠牲にする
「生贄」や「人身御供」などの歪んだ信仰心が生んだ悪習は
即刻やめるべきです。
非公開コメント



東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~