プロフィール

wabi

Author:wabi


治療の一環として始めた海岸散策
そこで知り合った海岸猫たちと交流を
深めるうちに彼らの魅力に心惹かれて2009年10月に旧ブログを開設

そして2015年9月に当ブログへ移転

⇒旧ブログはこちら

★プロフィール写真は元海岸猫の愛猫

■ブログ紹介
逆境にもめげず健気に そして懸命に
生きぬいている野良猫たちの哀切物語

『 海岸猫 』とは海岸で暮らす野良猫

おきてがみ
ランキングサイト
バナーをクリックして頂くと励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メール・コメント
メールソフトを使用する方はこちらから
黒ボタンを押すとお使いのメーラーが
起動します
更新通知メール
登録いただければブログの更新を
メールでお知らせします


提供:PINGOO!
アクセス情報
ゲストカウンター


アクセスマップ
ブログカウンター
タイムカウンター
スポンサーサイト


検索フォーム
里親募集


偉人の言葉
マザー・テレサ

愛の反対は憎しみではなく無関心

この世では大きいことはできません
小さなことを大きな愛でするだけ


マハトマ・ガンジー

国の偉大さ、道徳的発展は
その国における動物の扱い方で判る

迷い猫を捜しています
どんな些細な情報でもイイので


2010年1月23日
東京都荒川区東日暮里で行方不明
詳細は画像をクリックしてください


2012年8月5日
名古屋市緑区姥子山鳴海グランドで
行方不明
詳細は画像をクリックしてください
里親募集
犬や猫を入手できるのは
ペットショップだけではない

いつでも里親募集中



ネコジルシ猫の里親募集のページ

NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~

殺処分の現実
保健所や動物愛護センターは
保護施設ではない





毛皮の作り方
この映像を観てもあなたはまだ毛皮を
身に着けますか?

【閲覧注意】







この事実を知っていますか?
いつまでも《無知の知》を
標榜しているわけにはいかない









東京キャットガーディアン
東京キャットガーディアン シェルター&地域猫病院増設にご協力を

東京キャットガーディアン シェルター日記

日常のペット用品のお買い物で猫レスキュー ShippoTV通販部
Tree-LINK
旧ブログ
ミケとチビの湘南海岸物語

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ミケ・ミリオン募金支出報告
アクセス解析
利益
RSSリンクの表示
QRコード
QR

思慕 (前編)




前回の話で紹介したシャムMixや黒猫、茶トラがどういった経緯で海岸へやってきたのか、実際のところは私にも分からない。

ただ幼いアメショー柄のキジ白の子の場合は、自らの足で海岸へ来ることなどありえないので、飼い主の手によって遺棄されたと断言できる。

動物愛護法の罰則が強化されても、この手の “犯罪” はいっこうになくならない。

悲しくてやりきれないことだけれど‥‥。


scenery160328_01.jpg

scenery160328_02.jpg

scenery160328_03b.jpg


そしてここにも、ニンゲンの手によりゴミのように捨てられた子がいる。


160328_001.jpg

以前『ニューカマー』で紹介した灰シロ猫だ。

あの時点では、この幼い猫がどういういきさつでこのエリアに住みつくようになったのか分からなかった。


160328_002b.jpg

160328_003b.jpg


その後、複数の関係者に訊いたところ、この灰シロ猫は2015年の11月にいきなりこのエリアに現れたと言う。

とすれば、月齢にして2~3ヵ月のころだ。


160328_004b.jpg


生後2~3ヵ月の仔猫が自ら交通量の多い国道を渡って海岸へ来ることなど常識では考えられない。


160328_005.jpg


つまりは、この灰シロの子も酷薄なニンゲンによってここに捨てられたのだ。


160328_006.jpg

160328_007.jpg

160328_008.jpg


おそらくそのニンゲンは、飼い猫が産んでしまったけれど何らかの理由で飼えなくなったこの子の処置に困り、エサ場がある海岸なら生きていけるだろうと安易に考えたのだろう。

だが‥‥。


160328_009.jpg


海岸の実情を知っている者なら誰しもが、ここは猫の楽園などではけっしてなく、並外れた生命力とよほどの強運を持ちあわていなければ生き抜いていけないトコロだと確言するはずだ。

大半の海岸猫は2年を経ずに海岸から姿を消してしまい、その後の彼・彼女らの消息は杳としてつかめない。


160328_010.jpg

160328_011.jpg


だからこの灰シロ猫がこのまま海岸で2歳をむかえられるかどうかは、ひとえにこの子自身の力と運にかかっているのだ。

世話をするボランティアの人たちは食事は与えてくれるけれど、海岸猫を直接守ってはくれないのだから。


160328_012b.jpg

160328_013.jpg

灌木の茂みの中から姿を現したのは、このエリアの最年長猫であるリンだ。

(先ほどちらりと姿を見せたのはリンの娘のサキだが、いつの間にか姿を消した)


160328_014b.jpg

リンの後ろ姿を見つめながら、灰シロの猫は尻尾を高くあげて身構えている。

その表情は何か良からぬことを企んでいるように見える。


160328_024.jpg

160328_015.jpg

そんな灰シロ猫を一顧だにしないで、リンは足早に私の脇をすり抜けていった。


160328_016c.jpg

160328_023b.jpg

灰シロ猫もリンのあとを追って、私の目の前を確固とした足どりで横切っていく。


160328_017b.jpg

このふたりはもちろん血縁関係にはないが、灰シロ猫が一方的にリンを慕っているフシがある。


160328_018.jpg

今も、リンが見ているのをじゅうぶん意識して、いかにもかまってほしそうに身体を横たえている。

まあそれも無理からぬことだと私は思った。


160328_019.jpg

160328_020.jpg

なんとなれば母に甘え、兄弟と遊びたい時期に、その家族と無理やり引き離されたのだから。


160328_021.jpg

160328_022.jpg

しかし、そんな灰シロ猫を見つめるリンの表情は思いのほか険しい。

前回このエリアを訪れたときも、リンは灰シロ猫にまったくといっていいほど関心を示さなかった。

これまで常に身内と暮らしていたリンにとっては、幼いとはいえやはりよそ者の猫は疎ましい存在なのだろうか。


160328_025.jpg

そのとき、我々のあいだを散歩中の犬が駆け抜けていった。

「ごめんなさい」と飼い主の女性が一声残して。


リンと灰シロ猫は犬の接近を察知すると、私の目の前からあっという間に姿を消してしまった。


160328_026.jpg

灰シロ猫はすぐそばの灌木の茂みに身をひそめていた。

まれにみる大胆不敵な灰シロ猫も、さすがに犬は苦手なようだ。


160328_027.jpg

160328_028.jpg

今までも散歩中の犬が通りかかるたびに、さっきのように素早く身を隠していたのだろう。

不謹慎な飼い主は、大型犬であってもノーリードで散歩させるから用心するに越したことはない。


160328_029.jpg

160328_030.jpg

保護されたサンマのように犬に襲われて大怪我をする場合だってある。

私自身も何度か目撃したし、話にも聞いているが、飼い主の中には海岸猫に犬をけしかける悪質な輩もいる。


160328_031.jpg

160328_032.jpg

野良猫にとって海岸は、野生動物などの通常の外敵以外にも警戒しなければならない敵がいる場所なのだ。

家猫の平均睡眠時間が14時間なのに比べて、野良猫のそれは8時間ほどだというのもうなずける。

こんな環境にあってはうかうか寝てなどいられないだろう。


160328_033.jpg

160328_034.jpg

避難していた灌木から姿を現したリンを出迎えるように、灰シロ猫は近づいていく。

そんな灰シロ猫にリンはどんな対応をするのだろう。私としては何らかのリアクションがあることを期待してファインダー越しに注視した。

ところが‥‥。


160328_035.jpg

160328_036.jpg

160328_037.jpg

「ジャマだからどきなさい!」とばかりに一睨して、リンは灰シロ猫を退けてしまった。

高圧的なリンの態度にあって、幼い灰シロ猫はひるんでしまう。


160328_038.jpg

160328_040.jpg

「やれやれ‥‥」リンのにべもない対応に私は思わず苦笑いをもらした。


160328_041.jpg

160328_042.jpg

けれど私の見るところでは、リンにつれなくされたことで灰シロ猫がめげている様子はない。


160328_056.jpg

まだ何かを目論んでいる雰囲気すら感じられる。


160328_043b.jpg

ふと前方を見やると、灌木のあいだからサキが顔をのぞかせていた。


160328_044.jpg

160328_045.jpg

何やら物言いたげな表情でこちらを様子をうかがっている。


160328_046.jpg

160328_047.jpg

160328_048.jpg

きっとリンの側にいることが嬉しくて仕方ないのだろう、灰シロ猫は跳ねるように走りまわる。


160328_055.jpg

だがリンはそんな灰シロ猫をちらりと見ただけで、取り合おうともせず毛づくろいを始めた。


160328_049.jpg

灰シロ猫はリンを見据えたまま姿勢を低くして身構え、尻を小刻みにふるわせている。

《おいおい、そんなことして大丈夫なのか?》これから起こるであろうことを予期して、私は胸のうちに一抹の不安を覚えた。


160328_050b.jpg

だがそんな私の心配をよそに、灰シロ猫はリンを目がけて猛ダッシュした。


160328_051b.jpg

灰シロ猫の突進を察知したリンは寸前で身をひるがして回避する。

が、灰シロ猫は委細かまわず再びリンに躍りかかった。


160328_054b.jpg

160328_052b.jpg

なおも執拗にリンのあとを追う灰シロ猫。


160328_053.jpg

防砂ネットが邪魔をしてどういう状態かよく分からないが、ふたりの身体がもつれあう。

ただどちらも鳴き声は発していない。

生まれてからの3年間をホームレスの飼い猫として暮らし、その飼い主が海岸を去ってから今までの3年間を野良猫として暮らしてきたリン。

基本的には温順な性格だが、ぶしつけなマネをした我が子に猫パンチを放つ場面を何度か目撃している。

そんなリンのことだから、じゃれついたとはいえ、いきなり飛びかかってきた灰シロ猫に何らかのお仕置きをする可能性はじゅうぶんに考えられた。



〈つづく〉



ブログランキングに参加中
気に入って頂けたら下のバナーをクリックしてください
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

いつも応援ありがとうございます

【 コメントに関して 】
◆コメントは承認制です。
◆非公開コメントも可能です。
◆地名などの固有名詞を記したコメントはご遠慮ください。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

Comment

No title

こんにちは
「つづく」なので 次回に また続きを・・(^-^; でも
何となく、 年下で まだ遊びたい灰シロ猫ちゃんは 
リンちゃんに甘えて飛びかかったような気がします。 
お母さんみたいなリンちゃんは 少し怒っても そんなには
怒らないかも・・    また お待ちしていますね(*^-^*) 

灰シロ猫ちゃんも リンちゃんサキちゃん みんな・・
みんな どうか長生きしてほしいです・・

ねこ眠りさんへ

ただただ祈るしか

リンの反応は次回の更新をお待ちください。
このあとどうなるのだろう?、と次回に含みをもたせたところで
終わらせるのが続き物の常套手段とはいえ、いささか姑息な
遣り方だと心苦しく思っています。(笑)

外で暮らす野良猫(海岸猫)の身にはいつ何が起こるか分かりません。
毎日接しているボランティアの人たちにも、その兆しをさえ感じさせないで
突然いなくなることもしばしばです。
彼・彼女らの生活は常に危険と隣り合わせであり、その危険を未然に防ぐことも
できないので、ただただ祈るしかありません。

No title

今日は とても安心して 目を細めながら読めました。
灰シロちゃんは まだあどけないですね。
これから先 危険がないように願わずにいられません。

おこちゃんさんへ

感情の落差

灰シロは遊び盛りですからね。
動くものが目の前にあれば取り敢えず飛びかかっていく、という感じです。(笑)
それにリンを母のように思っているようで、この日はとにかくリンに
まとわりついていました。
ところが、記事にあるようにリンはまったく灰シロに関心を示さないのです。
ふたりのその感情の落差が切なさを、そしておかしさを醸し出していました。

No title

wabiさん おはようございます♪
そしてお久しぶりです お元気でしょうか

私は来週帰ってきます それまで待っていて下さいね

海岸猫の厳しさはこの記事を読むようになってから少しだけ理解しています
現実はもっと厳しい物だと推察しています

ただただ元気で居てねと願うしかありません

我が家も外猫のくろちゃんの面倒を見ています
家に入れて上げたいのですがね わんこがね
外猫としては最高の環境は作っているようです もうこの時間からご飯をお頂戴と言うそうです(笑

私は来週やっと帰ってくることが出来ます

はやとうりさんへ

海岸猫の実態

貴重な外泊の時間をさいてのコメント、ありがとうございます。

さて海岸猫の実際の暮らしぶりは、私にも分かりません。
昼間の彼・彼女らの生活はある程度想像できますが、
ひとけがなくなる夜や荒れた天候のときをどうやって凌いでいるのか、
おそらくボランティアの人にも実態はつかめていないでしょう。
ただ外で暮らす子の状況は、何が起きてもおかしくないことだけは皆知っています。
そしてそれを防ぐことは我々にはできないことも。

あと1周間の入院生活が穏やかなものであることを祈っています。
非公開コメント


東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~